ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

シンデレラと4人の騎士<ナイト> 最終話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第16話』
最終話です。

夫の手術の日に、立ち会わない妻です。
一つ間違えば危ないでしょうに。
もうこのあたり、何だか人間性を見た気がします。

家族や親せきなら、手術に
みんなで駆けつけてということもあるでしょうね。

総会の結果、会長の解任は否決されました。
やりました。
ユンソンに悪態をつく母親、ユンソンは耐えています。
お母さんを止めたかったユンソンですね。
やはり、ユンソンは好青年でした。
うれしいです。

堅実で誠実な有能な働き者です。
ハウォンのことも認めておりましたね。
彼を入れて4人のナイトなのですよね。
<Sponsered Link>



一方ジウンは目覚めません。
ジウンは覚悟して手術をしましたよね。
しかし、他の人たちは知りませんでした。
家族だと思ったのに。

これで、爺ちゃんは助かったけど、
孫は助からないのでは悲しすぎます。

事実を知ったハウォンは、気が気ではありません。

ユンソンは去ります。悲しいなあ。
個人的にユンソンはいい若者だと思いました。
そして夫人は離婚です。
ユンソンは夫人が母であることを初めて打ち明けます。

可愛そうですね。寡黙な青年は黙って出ていきます。

助かった会長は何を思ったでしょうか。
ふくろうなら、
なぜジウンが反抗しながらも助けてくれたのか、
深く考えたいですね。

お金をすべて捨てても、
ジウンのそばにいたいハウォンですが
ここに問題が起こります。

身内を助けないわけにはいかないハウォンです。
わかるけど、
身内が足を引っ張る形になってふくろうは残念です。

働いたお金があったのでよかったですけど、
お金持ちと知り合いでしょ、といわれても、
じゃ貸してもらえばいいとか、
ハウォンは考えないと思いますね。

お金の意味、一番よくわかっているハウォンですよね。

弁護士さんには相談しないんでしょうか。
一度に払えるなんてすごいことですよね。

お父さんは言うつもりはなかったけど、
知ってしまったらお父さんが大事なハウォンは
ほってはおけないです。
そういうやり方しかないのかもしれません。

ですがみんながみんなそうするとも思えませんけどね。
ハウォンみたいな苦労人はなかなかいないでしょう。
家族を捨てないのは偉いですが、
家族のほうももっと大人になっていただきたいですね。
退院したジウンは、ハウォンを捜します。
可愛そうですね。
これはないよね。
入院している間に去るなんて、
ちょっと辛すぎるでしょう。

お互いのことを思いながらもめていますね。

会長を裏切れないハウォンでしょうか。
何故ハウォンだけこんなことになるの?

ヘジとヒョンミンの場合は反対はないのかな。
疑問です。
ハウォンだけ、違うの?
会長の「君は我々と違う」といった言葉が
カチンと来ているふくろうです。

このドラマは家族再生の物語ですね。

ダメ男だった3人は今や頼りになるいい若者たちですね。
ハウォンは、ジウンの制止もきかずに去っていきます。
しかし、本心は違います。

泣き崩れるハウォンです。
心無い会長の言葉がこたえたのでしょうか。

本当の原因は何でしょうか。なぜ身を引くのでしょう。
ジウンは会長に迫ります。
もう我慢なりませんね。
肝臓を移植させてくれた孫に、まだぐだぐだと、
寝言を言ってるおじいさん、反省しなさいよ。

思いやりはどこに行ったのでしょう。

いうべきことは言っておきましょう。
これ以上不幸な人を作ってはなりません。

ジウンを慰めるソウですよ。
とことん潔いソウですね。
ふくろうはソウが一押しでございます。ソウ君最高!
<Sponsered Link>



一方ソウは、全国路上ライブを始めます。原点でしょうか。
マネージャーの助手ジャオンも新しく加わりました。
歌うソウはいつも素敵です。

ヒョンミンとへジはやっと恋人らしくなってまいりました。

さて意地悪だったハウォンの継母と姉、変わりましたよ。
お父さん、やりましたね。
家族になっています。
お父さんの力が必要だったのですね。

人生では何かは学ばねばなりません。

人は変われると信じたいふくろうです。

そして会長はハウォンに孫のことを尋ねます。
この時のハウォンの言葉はふくろうも同感です。

ジウンとの付き合いを許されるハウォンですよ。
まだ三か月たっていないんですねこのお話は。

会長の謝罪の言葉と指輪がジウンに渡されます。
でもこの指輪ジウンには見覚えがあるのです。

まだまだ、最後に明かされる仕掛けがございます。

「シンデレラの靴」皆さま覚えておられますか。
片方づつ、ユンソンとヒョンミンが拾っていたのでした。
「好きな人の下に行きたいと思ったらはいていけ、
逃げたり隠れたりするな」とヒョンミンは応援しています。

ジウンのお母さんの指輪が
ジウンのもとに戻ってまいります。
象徴的な展開ですね。息子のもとにかえる日、
その指輪が亡くなったハウォンのお母さんとの縁を
教えてくれます。

指輪は語る、でございますね。
亡き家族たちの思いもひとつになりますね。
忘れていた思い出の中に愛しい人はいたのです。

幼いジウンはハウォンにやっぱりやさしかったんですね。
そして、その時の約束を果たす二人です。

あのシンデレラの靴は素敵な場所に
シンデレラを連れて行ってくれるでしょうか。

祝福される二人になれそうですね。
亡くなっていたお母さんたちの思いが後押ししましたね。
二人の後ろにはいつでも
お母さんがついて守ってれたのだと思います。

やがてヒョンミンがユンソンを尋ねます。
ユンソンももう家族です。絶対そうですよ。

さらにサプライズは、最後の会長の赤い薔薇のシーンです。
許すこと、ですね。
みんなでこれから家族始めましょう。

ユンソンも喜ぶでしょう。
人は仲良くすれば幸せが何倍にもなりますよね。

この物語は、思いっきりハッピーエンドです。
ふくろうの大好きな物語です。

このドラマのOSTを毎日聞いています。
元気になれます。

シンデレラのハウォンがとっても素敵でしたね。

新鮮で美しい現代のシンデレラを思い出すとふくろうは勇気が出ます。
このドラマ、大好きです。
では。

<Sponsered Link>



Pocket

シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第15話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第15話』でございます。

検査の結果手術は可能です。
しかし、麻酔アレルギーというジウンの体質が危険らしいです。

それでもジウンは決心しましたね。愛でしょうか。
救世主ですよ。
自分が危険だけれども、おじいさんを助けたいとおもったのでしょう。

さてそれを聞いておばちゃまとソウとヒョンミンが
とった行動はご覧の通りです。
このように家族への愛が有り余っていたのですね。
慣れていないだけです。
あまり深刻でないのもいいですよ。
<Sponsered Link>



しかしハウォンに一喝されます。

家族初心者の集まりですかね。
ほほえましいですね、みんなの気持ちが。

特別室ですね、きっとジウンがいるのは。家族みんなで過ごせそうなくらい広いですね。
お金がありますね。

会長夫人、いったい何様でしょうね。
明らかに人が変わったように行動しています。
自分のやりたいように、
会長が眠っている病室で、謀反を企てています。

あなたは会長ではありません。
妻は夫の仕事の変わりはできません。
これは、会議でいわれましたね。

しかもこういう状況での役員招集は
いかにも胡散臭いやり方ですね。

手術の日と役員招集が同じ日なのです。
これはもう意図的にぶつけたのですね。

ここでヒョンミンは不審な動きが目に入ります。
夫の意図が見えています。
おかしいですよね。
ユンソンに会いに行きますよ。

意識のないときに妻によって追い落とされる夫ですね。
解任をここぞとばかりにやる人ってふくろうなら信用できません。

欲しいものは相手が寝ている隙に持って逃げる。
妻ではなかったか。違いますね。

ユンソンともめたヒョンミンは啖呵を切ります。
「俺が守る」と。

会長不在中の後継者問題が勃発です。
会長夫人は、本当にあほですねえ。
ユンソンのお母さんとは思えませんね。
いったいユンソンは敵に回ったのでしょうか。

会長も寝てはいますが
家の中にこういう人物を飼っていたと思うと
寝てる場合じゃないですよ。

身から出た錆でしょうか。

こういうお金に群がるような人ばかり寄ってくるのは、本当に大事な人を
遠ざけることばかりやってきたからですね。

今の今までなかなか見抜けなかったのも、結構自分勝手に自分の子供や孫を扱ってきたからではないでしょうか。

愛情はありますが、愛す家族が大事にする人たちを遠ざけたり排除したりを続けていましたね。

いまだに体質が変わったようには思えません。
だから孤独なのですね。
<Sponsered Link>



危機に孫3人は結束します。
ヒョンミンも行動を起こします。
会長への愛を3人が自覚してきたのですね。
お互い、心強いのを感じたと思いますよ。

手術の日が来ます。それは、総会の日と同じです。
手術が怖くないといえばうそになるとふくろうは思います。
ふくろうはやはり怖かったです。
あまり考えないようにしましたね。
ジウンのような立場ではなかったですけど、
家族がついていてくれたら、
勇気だして臨めると思います。
ハウォンにはジウンにずっとついてあげてほしいです。

ハヌルの3人が守ってくれると思います。
会長は起きてから対処しましょう。一つ一つですね。
夫人の言ったことはヒョンミンにでも、
聞いてもらえばいいでしょう。
決してみんなハウォンを追い出すような子ではないですよね。

ただハウォンは、こだわるでしょうけど。

さてヒョンミンとへジ、二人とも癒されますかね。
癒されるといいな。

やっと理解し合ったでしょうか。
今までのようなことはもうないほうがいいですね。

二人にも幸せになってもらいたいです。

それからへ次の夢をかなえてほしいです。
才能はあると思います。
笑顔が輝くヘジであってほしい。

さて最後の夜」とジウンは言います。
そうですねえ、普通でも不安な状況ですが、実はジウンにはみんなに話していないことがありました。

ふくろうは、なぜ黙っているのかなと心配になります。

ふくろうならみんなに相談くらいはするでしょうね。
だって自分が目が覚めないことだってあるのなら、

おじいさんを助けても、後でおじいさんも悲しい思いをするでしょうからね。

ひょっとして、本当に最後になるかもしれないなら、後悔しないようにしたほうがいいでしょう。
二人きりで過ごす夜でございます。
デートに繰り出す二人です。

気分転換したほうがいいですね。
さきはまだまだながいと思いたいですね。

さてヒョンミンの戦いでございます。
臨時株主総会の日に、若武者ヒョンミンは、
ハヌルを、守れるか。
御曹司やっとやる気になったのですね。

今まで食べさせてもらうだけだと思っていた
ヒョンミンが変わります。
いやいや成長著しいですね。
この状況は危機感がありますからね。

社長の座を狙っているものは山ほどいる。
ユンソンが言っていました。
妻を始めとして、その息子ユンソンまで、狙っているとしたら、
会長は人を見る目がないと思います。

孫を何とかしたいなら、先に自分が変わっていくことが必要だったかもしれません。
この状況になってヒョンミンもソウの、ジウンも、なかなか頼もしいじゃありませんか。
いいこですよ。

孫が遊び人や女たらしなのも遺伝じゃと言えるのかな。

会長自身も発展家だったのでしょうね。

ところでシンデレラのお母さんとお姉さんですが、見事にダメ娘とだめ母をやっていますね。
横着の極みの二人が、この先変わっていくのでしょうか。
お父さんの仕事かな。

何とかしていただきたいですね。
この先お父さんがなくなったら、またハウォンが苦労するかもしれませんよ。

株主総会はどうなったでしょうか。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第14話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第14話』でございます。

ハウォンがついついいってしまった言葉を
会長夫人が攻めます。
正直が災いしますね。苦労人のハウォンです。

人が良すぎるいい人はこういうことになるのかな。
高校生だから幼いといえば言えますか。

心がきれいなのですよ。

このドラマに出てくる4人の若者はみんなこころに寂しさを持っています。
実はハウォンも、この若者たちと家族だとふくろうは思いますよ。

ハウォンには泣きたいときも相談できる家族がいないのです。
ハヌㇽのいえの若者たちはやさしいから困ったときには相談したらいいのです。

世界は違わないです。
<Sponsered Link>



会長夫人の本来の姿が現れてきますね。
倒れたのはハウォンより、ユンソンと夫人のせいでしょうよ。

視聴者はみんな知っていますね。

夫のことを考えているのか謎ですね。
「ほしいものを奪ってやる」という感じが伝わってきますね。
まるで会長はもう再起できないものと勝手に決めています。

会長夫人をジウンはどう感じたでしょうか。
恩着せがましく、自分の言い分を並べましたね。

ジウンならこのおばさんはおかしいと感じたはずです。

ハウォンを悪く言いたかったのですね。
ジウンにはそんな小細工は通用しません。
ハヌルの家の若者たちは、みんなそれぞれにハウォンが好きですもの。

さて、家族の団結を試されそうですね。
倒れた理由をユンソンはわからないのでしょうか。本当に。
腹黒い夫人はユンソンをどうするつもりでしょうか。

ドナーの話が出てまいりますね。
身内で何とかなるものならいいんですね。
ただ、適合者がいなければ難しいでしょう。
3人の孫のためにも会長は復帰してほしいですね。

家族との折り合いが悪すぎるのも、
身から出た錆ではあるのですが、
息子3人を天国に召されてしまっていますから、
いいこともあってほしい。

ただ家族運が乏しいのは事実。
本当にこの人を思って尽くしてくれる人は
いないのでしょうか。
お金がなかったら相手にされないの?

夫人は会社の仕事をしている人ではないから、
この動きは越権行為だと思います。
少なくとも家族の行動ではないですね。
妻がすぐに夫の代役ができる仕事でしょうか。

ユンソンの本心が見えませんね。

今回は家族としての孫たちの気持ちが描かれます。
以前に比べたら、
この子たちは家族としてまとまってきましたね。
ハウォンのおかげですよ。

さて、ジウンは親の足跡を追います。
出会えるか、ジウン。
それほど親の情報が少ないのですね。

泣きたくなるでしょうね。見つけても。
この若者は苦労してきたと思いますよ。
だから、賢明な判断をしていくと思います。

ジウン、ついにお父さんと母さんを見つけました。
足跡が残っていました。
お母さんの気持がつづられておりました。

今明かされる、当時の事情でございます。
お母さんがどんなに耐えていたかを思うと、
ジウンはたまらないですね。
酷いですね。

人の人生をなんだと思っているのだと、
ふくろうも思います。

ここにきてヒョンミンもソウも
家族になっていますね完全に。チームワークいいですよ。

<Sponsered Link>



ユンソンの過去も今回見えてきます。
家庭運がなかったですねこの人も。
強くなりたかったでしょう。わかります。

この子がぐれずにちゃんと働いているだけで
偉いといいたいです。
お母さんも地獄を経験したんですね。
ただ、今どうしてこうなのか。

傷ついてきただけ、
幸せにもなってほしいと思います。
しかし、焦っているとやはり自分が転ぶかもしれません。
発想の貧困ですね。

今回ヒョンミンが久々に行動しています。
善意が少しづつ何かを変えるならいいですね。

ヒョンミンが忘れ物を取りに行くと、
意外なことがわかってきます。
ユンソンと会張夫人の関係に疑問が出てきます。
はやく気がつけ、ヒョンミン。

嘘を感じ取ったヒョンミンでございます。
ユンソンも岐路に立たされています。

ハウォンが追い出されるように出たハヌルの家ですが、
お父さんが心配してくれるのはうれしいですね。
お母さんの指輪の話が出ます。
お母さんが助けようとした人には
息子がいたらしいということです。

ヒョンミンはへジのために内緒であることをしています。
それはへジの夢をかなえることでした。
笑顔になれるでしょうか、へジも。

さて会長のスマホ、
ヒョンミンの手に来るようになっていましたね、やはり。

ソウには尽くしてくれる一番のファンがいましたね。
そいつがハウォンの居場所をソウに教えてくれました。
このジャヨンも苦労していますね。いい子です。
やがてジウンも病院に駆けつけますよ。

3本の矢の結束ですね。
「家族だから」の言葉が心に残ります。
だからみんなジウンを待っていたんですよ。

ジウンは回を追うごとにかっこよくなっていきますね。
骨、ありまくりですよ。

ヒョンミンもいい子になりました。
一皮むけていきますね。
嘘は見抜きます。

表情からはわかりにくいですが、ユンソン、揺れていますね。

さてどうなりますか。
寄り添う3人の従兄弟たちでございます。

最初、出ていくというハウォンに怒りをぶつけていたジウンです。
でもね、ハウォンだって、本当の気持ちと反対の行動をとらざるを得ないのですよ。
約束は約束だときっと思ったことでしょう。
律儀なハウォンをわかってあげてほしいですね。
何より家族を大事にしてほしいとジウンに言っていましたね。

ジウンの検査結果はどうだったでしょうか。
気になりますね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第13話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第13話』でございます。

やがてソウも、ハウォンも会長に呼び出されます。
恋愛禁止の職場でのお約束をこみで
ハウォンは契約しましたよね。

会長にとって都合のいい不平等契約だったとおもいます。
お金に困っているハウォンをいいように利用できたのですよね。

「君と我々は違う」という発言にジウンは反発します。
ソウはあきらめていますね。
出ていかせてはなりませんよね、ハウォンを。

最初に誰がジウンと仲良くなると予想したでしょうか。
犬猿の中でしたもん。
割りのいいバイトをして学資を稼ぐのが目的だったはずです。

今はやきもち合戦してはいますが、
仲は良くなかったですよね。
<Sponsered Link>



一方ドライブから帰ってきたへジとヒョンミン、
付き合ってみてわかることがありますね。
両者ヘロヘロでしたね。笑えます。
時間を長々と共有できてよかったですね。

今回は会長夫人の別の姿をユンソンは見てしまいます。
母親として生きたかったのでしょうね。
ユンソンの母としてやってやれなかったことをだれかにやっているのですね。

このお母さんも心に何か傷があるのかもしれません。
ユンソンを守れなかったことを悔やんでいるのですね。
共に暮らせなかったことを後悔するのは、子供を大事に思っているからですね。

ユンソンの生い立ちが気になりますね。
何故今まで一緒に住めなかったのか。

会長夫人が会長に内緒で何をしたいのか。
ここはちょっとフェアじゃないのでは、と思います。

さてそれぞれの恋どうなっていくのでしょうね。
恋するハウォンとジウンを待ち受ける運命が気になります。

へジは出ていくつもりでしょう。
ジウンはヒョンミンの尽力をへジに話します。

そしてハウォンに今までの意地悪を謝りますよ。おお。
二人だけの時間を過ごす幸せそうな二人ですね。
まだまだ脇が甘いですけど、仕方がないか。
べたべたしているのを会長に見られてしまいます。
隙あり!です。

ジウンとお料理。
チキンおいしそうですね。ふくろうも食べたくなりました。
ソウが突然現れて、隠れるジウン。
苦労しますね。

一方ハウォンのお父さんはヨンジンに会いに行きます。
しかし事実は違いました。
ハウォンはお父さんの子でした。
お母さんが死んだいきさつもききます。
人助けをして亡くなったんですね。
勇敢な人でしたよ。

お父さんは恨む前にやっぱり事実をちゃんと確認しないと
いけませんね。

ハウォンにお父さんからメールが来ます。そして謝ります。
確かに遺伝子検査を早くしたらよかったですね。
後悔先に立たず、ですね。

シンデレラのお父さんはある決断をします。
おこりますよ。迷いがなくなったお父さんは。
結果、継母と姉は報いを受けることになります。
今まで、家庭の中で、父親の力が働いていなかったのですから、
バランスが崩れていましたね。

まだ生ぬるいけど、今後お父さんが鍛えそうですね。

横着な継母と姉です。修業してもらいましょう。
こういうのでも放っておかないというお父さんはやさしいなとは思いますが、
こんな風で、ずっとやって行けるのかふくろうには疑問です。
まあでも、ハウォンが今まで苦労した分、お父さんはハウォンに幸せをもたらしてあげてほしいな。
<Sponsered Link>



一方ヒョンミンにも変化が起きていました。
よそよそしいですねヘジとはまだ。
ヘジは部屋探しです。

ヒョンミンの態度をはっきりしてあげたらいいのにね。
今までがあるかスッキリできないのかな。

会長がジウンとハウォンのイチャイチャを目撃しましたよ。
この二人は秘密にするんじゃなかったの。
無防備すぎます。
もっとうまくやれないのでしょうか。
ソウは二人をかばっていますね。
トップスターがコーヒーを入れてくれますよ。
この好青年は全部わかっていますが、
自分を抑えています。

さすが、ふくろう一押しのカン・ソウでございます。
かっこいいですねえ。

そしてまた会長の呼び出しです。
選択肢は、自分の未来を取るか、ハウォンをとるか、
困るハウォンです。

恋を知ったハウォンはジウンをあきらめますか。
ジウンのお母さんと同じ目に合うのでしょうか。
「存在自体が過ちだ」とか言うのでしょうか。
この言葉は失礼極まりないですね。
個人的に気にいらないのを、当り散らすのです。

ジウンの両親を不幸に突き落としたのは会長だったのですね。
そしてジウンのお父さんは自殺したんですね。

こんなにつらいことがあったのに、学んでいないですね。

ジウンにとっては許しがたい相手でしょうね。

へジが出ていったのを知ったヒョンミンは探します。
今度こそ本気で対処しなきゃね。
ヒョンミンに思い出が次々と蘇ります。

この二人の関係の障害は何でしょう。
このあたりがまだ描かれていませんね。

この回までずっと疑問だったヒョンミンの気持ち。
納得できる説明を聞きたかったです。
今回は
隠れていた事実が次第に現れてきます。
このドラマのファンとしてはこの回まで教えてもらえなかったのですが、
少し長すぎましたね。

さて、この家を出るとしても、どこに行けばいいのでしょう。
岐路に立たされるハウォンですね。
会長のいつものやり方なんでしょうね。
ハヌルを出ていく準備をしてるのかな。
解雇ですね。

今回こころに残ったことば、
「君のように、ただそばにいて笑ってくれるだけでいい」
カン・ソウの言葉は彼の本心ですね。いいシーンです。

一方、ヒョンミンついに語る。でございます。
お待たせしましたね。
10年前のあの日の出来事が原因で、
へジを避けていたのです。
ヒョンミンは逃げた自分を責めていたのですね。
ヘジも思いつかなかったでしょう。
別れるつもり?

一方、ジウンはあるものを見つけます。
お母さんにつながるもの、それは古いアルバムでした。

ところでユンソンはネあのクタイを付けています。
会長はそれを見逃さなかったです。
母と子で食事をしているのを会長は見てしまいます。
そして倒れてしまいます。

自分以外の人間を自分の思うように操りたい?

それは無理ですよ。会長。
神様から怒られます。

欲が深すぎ、わがままというものですね。

お願いしてやっていただくのが筋じゃないですか。

会長は不自由な方ですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket