ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

veronicaMARS3 第2話  社交クラブ初体験

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『veronicaMARS3 第2話 社交クラブ初体験』でございます。

レイプと丸刈りですね。

ヴェロニカも経験があるのですが、薬を飲まされてのことが多いようです。
許せないですね。

寮の部屋に男性を連れ込むことはご法度ですね。
いったんヴェロニカたちがかえってきたときに、電気をつけてしまえばよかったのですね。

このあたり気を利かせる?
やっぱり寮のルールをきっちりさせていくしかないですね。
防げたものは防げたのに。
<Sponsered Link>



自由にすれば、いや自由にするという暗黙の了解が全部が全部そうとは限らないし、
ルールを守らないものに気を使うことはないですよね。

人の眼があれば防げたケースかもしれません。
こういう事件ひんぱんに起こっています。

ヴェロニカは犯人を捜し始めます。

是非やってほしい。
パーカーのお母さんはパーカーをやめさせようとしますが、
マックはパーカーに残るように言います。

まあてっきお楽しみだと思い込んで犯罪を見逃したわけですからね。
パーカーのことをそういう風な子だと思い込んでいたんです。

今回はヴェロニカが潜入捜査をします。

ふくろうは社交クラブの存在がよく理解できません。
お金のある子が寄り集まってきそうですね。

ヴェロニカ、お嬢様モードですよ。

可愛い花柄の服を着ています。

いったい社交クラブって何をするんでしょうかね。
夜にパーティがございます。
もちろんヴェロニカは招待されます。
パイシグから男の子も来ていました。
ディックもいます。

そして追い返されるヴェロニカでございます。
キャンパスタクシーというのがあるんですね。
ヴェロニカは再度調査に謎の部屋に乗り込みますよ。
そこでヴェロニカはあるものを見ます。
大麻の栽培をしていました。

この記事をヴェロニカは待ってくれと言ったのですが記事は出ることになります。
ヴェロニカはまだまだですね。

男子学生の話を全部信じられるでしょうか。

さて、今回出てくる、とある教授の授業、何だかすごそうです。
これで何がどうなるのか知りたいですね。

危険じゃないかな。心配です。

それにしても拷問のお話や写真、ふくろうは耐えられませんでした。

ふくろうは興味があまりないのでそう思うのかもしれません。
ふくろうだったら安定剤が途中で必要になりそうです。
実験みたいな授業ですね。
一日にトイレは3回とかは、ふくろうは猛反対ですね。
ふくろうならすぐに吐くと思いました。

その実験が済んだ後の授業で、ローガンはストリーキングやっちゃいます。
この子はなんというか、ふくろうには言葉がないです。
みなしごになったローガンは、自ら心に傷を負っているかもしれません。

原始時代に帰りたい願望があるのかな。

普通に日本でもこういうことをしたら逮捕されるでしょうよ。
しかし、このドラマにはディックといい、ローガンといい、学内ではやりたい放題です。

どういう心理でしょうか。

驚かせたいということでしょうか。
授業の後遺症が出たのかもとふくろうは思いました。
下ネタというのが、工夫がない気がします。
だって前もやってなかったですか、こういうのを。

本当にどの子も少しづつ病んでいますね。

おおらかに先生たちは受け止めるのでしょうか。
<Sponsered Link>



今回ではパパの動向やらがとぎれとぎれに出てまいります。

これ、面白いやり方なんですが、もう少しまとまって流して下さったら、ふくろうなんかにはわかりやすいです。

ケンドールに銃を向けていた男はどうなったのか、もう少し詳しく描写してほしいと思います。

あれっと思う間に、進んでいるので、ふくろうはいささか気持ちが追いついていけなかったですね。

いつもいくつか並行して捜査をするシーンが出てきます。
斬新でいいんだけど、
目まぐるしくて、う~ん、ふくろう、年のせいかなと今思いました。
若い方なら切り替えがこのくらいのほうがいいのかな。

いずれにしてもこの短い時間内に、アメリカのいろんなことが盛り込まれた作品だと思いますね。

パパもヴェロニカも、親子で今回は気分を変える必要がありますね。

さてさて、パパはといいますとヒッチハイクの末に、保安官事務所にたどり着きました。
よかったわ~。

かえってきたパパは落ち込んでいます。
でも、追い出されてしまったのですから難しかったですね。
殺されそうになって、それでもその相手を守ることは可能でしょうか。

しくじって誰かがひどい目にあったということでした。
ヴィニーが関与していましたね。

依頼したのはケンドールでした。
どうしてリアムが現れて兄貴を殺せたのでしょう。

さらに線路沿いの罠に気が付かずにまんまとはまってしまって、弟に殺されてしまう兄。
兄弟の間が最悪の関係ですね。

どっちもどっちに育ってしまっているのが悲しいです。

この二人はどっちも地獄に落ちそうな兄弟です。
人間の心が残っていない気がします。

何人も人の命を奪って生きているなんてお呼びがかかりそうな人生ですよね。

リアムは、この先、いったいどうなるのか、どうしてやりたい放題が許されるのか。
最後はどうなるのか見たいです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

veronicaMARS3 第1話  女子大生探偵ヴェロニカ

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『veronicaMARS3 第1話 女子大生探偵ヴェロニカ』でございます。

ついにここまで来ましたね。

いよいよヴェロニカの大学生活がスタートします。
ブロンドの髪にカールがかかっていますよ。
大人っぽいしセクシーですね。

プロファイリングの授業にヴェロニカはいます。
楽しそうな授業です。
ランドリー教授も面白そうですね。

このプロファイリングの講義、面白そうです。
この講義なら、ふくろうも受けてみたいと思いました。
興味があります。

謎解きにヴェロニカが新記録を出しますよ。さすがです。
経験も知能もなかなかすごいです。

ティムの突っ込みにちゃんと切り返しています。
かっこいいなあ。
<Sponsered Link>



さておなじみのタイトル曲が流れると楽しいですね。

ところでハースト大にヴェロニカもローガンも、ウォレスも、マックも入学したんですね。
あれ、ヴェロニカはスタンフォードに行くのではなかったのかな。
合格通知がきてたと思いますね。
ローガンの部屋の合鍵をヴェロニカは渡されますね。
大人の世界に入っています。

マックはカウンセリングとか受けているようですね。
分析医という言葉が出てきました。
ビーバーとのことが尾を引いているのですね。

無理もないです。マックの服をビーバーは持っていったまま、死んだのでしたね。
意味不明。いやビーバーの持っている問題がそこにあるのかもしれません。

悲しい最後でした。

カサブランカ兄弟には治療がいるのではなかったか。
誰も気が付かず放りっ放しの少年たちがどう育つのか、
お母さんのほうに引き取られることはできなかったのでしょうか。

お母さんもいろいろか。

事情があったのかな。
お母さんは泣いていると思いますよ。
同じ母親としてふくろうも耐えられない思いですね。

誰かこの子等のことを真剣に考えてくれていたか。どうなんでしょう。
愛情をかけてくれる人がいたらと思いました。

今回はいきなりヴィニー・ヴァンロウがマーズ探偵事務所に来ました。
何かあるのでしょうか。
バックアップも元気そうですよ。

一方、ウォレスはピズと寮で同室になります。
いい感じの青年ですね。

ピズは荷物を盗まれてしまって困っていて、ウォレスはヴェロニカを紹介します。

ハースト大歓迎委員会というのにピズはコロッと騙されたみたいです。
セレブじゃなさそうなピズの荷物まで取りなんて、
せこいですね。

保安官に頼むといっていたピズはヴェロニカに頼むことに速攻決めます。
美人にはとことん弱いかも。

この部屋にミニのバスケットボールがあります。
このアイデアはいいなあ。

基本的にふくろうも玉入れが好きでございます。
<Sponsered Link>



今回の捜査も面白いですよ。

このドラマは、青春もしながら推理の面白さも堪能できます。
はいってみると闘争がございました。
この大学のお姉さんたちは元気ですね。
自分たちで問題を解決しようとしているのでしょう。

レイプと丸刈りがはやっているのかな。

女子大生たちのなかに、なんとディック・カサブランカが登場します。
その前にこの子は入学したんでしたっけ。
何しに来たのだと思いますけど。

どうやらシュワちゃんのおかげだということはわかりました。
アメリカってそうなのね。

実はパパがケンドールから依頼されて、リアムの兄が出所するのを迎えに行きます。
リアムとは仲は良くないのでした。

恨みに思っているようです。
余生をケンド—ルと過ごすといってますけど、
この男も人を見る目がないと思います。

この後、パパが危険にさらされます。
パパ、逃げて。

ヴィニーがかかわっていたようですが、ケンドールが消えてしまいましたね。

パパの留守にローガンがいます。
バックアップは買収されたのでしょうか。

ヴェロニカの捜査で次々とわかる事実。
キャンパスにある手がかりを救いとっていきます。

一方、マックの同室の相手は、マックには好きになれないようですね。
ライブに誘ってくれてほっとしたのに、パーカーというルームメイトがくっついてきます。

新人ですからみんなで仲良くしましょうね。

早速大学でヴェロニカは捜査を展開しています。
犯罪に関してはカンが働くヴェロニカにはどんどんわかってきます。

3人の少年が来ますが、お姉さんをだまそうとしても無理ですからね。

それにしても、ディックはマックを傷つけることを言いますね。
やることがない人がやることです。
ものすごく荒れている感じです。
よって立つところはこの子にはいったい何でしょうね。

ようやくローガンのところにディックはやってきます。

それから、ティム役の人はもしかして、以前ラッキーやっていた人かなと思いました。
違うかな。
ピズとヴェロニカは最後の仕上げ見に言ってましたね。

保安官事務所のスタッフに手を回してありましたからね。

ピズの件は一件落着です。特別料金ですね。

マックとヴェロニカが寮に帰るとパーカーが丸刈りで泣いていました。
早速、また事件ですか。

ヴェロニカは関わらないわけにはいかないでしょうね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

veronicaMARS2 第22話 卒業式の夜

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『veronicaMARS2 第22話 卒業式の夜』でございます。

アーロンが無罪になってがっかりですよ。
諦めるしかないのでしょうね。

マーズ家としては先に進みましょう。
天が罰を下すと思いますよ。
でも力が抜けますよね。
法の裁きは明らかにおかしい。
まだまだウッディの件がございます。
ヴァンロウがやってきて、あれ彼は留置場にいたんですね。
このシーンは面白いですね。

図々しい人ですがふくろうは大好きです。
捜査をする様子が面白いですね。
パパはすごいですね。
あー、このドラマは本当に勉強になります。
<Sponsered Link>



それからヴェロニカは夢を見ます。ママが出てまいります。
家族はヴェロニカの永遠のテーマかもしれません。

さらにダンカンも出てまいります。
彼にも会いたいでしょうね。

それからリリーにも会います。
つじつまが合うようなどこかおかしいような、
夢らしいといいますか、
ふわふわした世界ですね。

さて、やっと高校の卒業式でございます。
パパうれしいですよね。

ヴェロニカを応援する声も聞こえて、孤立していたと思っていたヴェロニカは
ビックリですよ。大歓声です。
校長先生も寂しいでしょうね。
みんなヴェロニカの良さを認めているんですね。
ところが、イーライに逮捕状が出ます。
式には出席させてもらえませんでした。

やっぱりサンパーを殺したと疑われているのでしょうか。
ガム食べながらこんな風な仕事をする保安官はふくろうも好きになれないな。

卒業したので、パパとニューヨークに。

ウォレスはジャッキーを追いかけていきます。
実はジャッキーには隠していたことがありました。
JFK空港でウォレスを見つけたジャッキーは本当のことを話します。

もう終わりでしょうね。
子どももいるので、ジャッキーは働くしかないでしょう。

ウッディはすぐにつかまりました。パパいかす~。
この男もどこで狂ったのか。
子どもは殺さないといいますが、殺したと同じ事をしたのだとわからなきゃね。

やがてヴェロニカはビーバーがシャークスにいたことを知って、慌てます。
マックが危ない。

きかれるかもしれないとは思わずにストレートな内容を留守電に入れます。
恋人同士なら、用心していないとそれこそ危ないです。

迂闊ですね、探偵さん。
ビーバーはおそらく虐待の後遺症で普通の男の子に慣れていないのだと思います。

恋も。愛し合うことができないのが可愛そうです。
おばかなディックにもいじめられてきたでしょう。

アーロンと遭遇したヴェロニカは悔しい思いをしますね。

そして、屋上に呼び出されたヴェロニカにビーバーは、ヴェロニカの口から
きかされる事実を、隠そうといいます。
ヴェロニカの推理はすごいですね。

ビーバーは爆破犯でした。

こういう風に育ってしまったのが残念ですね。

自分の思いを復讐に向けていったのですね。

そしてベロニカの性感染症の原因だということも。
全てがつながりました。
<Sponsered Link>



パパの命も今や風前の灯火だと分かったヴェロニカは、
泣き崩れます。

ビーバーが爆破したのですね。
飛び降りろとビーバーは迫ります。
近くにいるローガンに助けを求めるヴェロニカです。

こういう時はなぜかローガン登場ですね。
何故かこういうときは彼は冴えています。

ビーバーは一人屋上から飛び降りてしまいます。
ママ悲しむよ。

可愛そうですね。

泣き疲れたヴェロニカを抱いたまま、幼いヴェロニカとパパのビデオを見ています。
子役のヴェロニカがとってもかわいいですよ。
それに、どうでもいいことですけど、相当前のはずなのに、パパのヘアスタイルは今と変わっていないのです。

ふくろうの予想はもっと若いころはあったと思ったのですが。

一方、アーロンはケンドールと一緒いましたが、
音もなく命を奪われてしまいます。
その男はダンカンに連絡をしていました。

もとFBIのあの人ですね。
黒幕はダンカン・ケイン、子供をあやしながら天誅を下したのです。
これもアッという感じですね。

恨みを晴らさないではいられないダンカンでしょうね。
子どもと浜辺で遊んでいながら、セレブは命令を下していたのでした。

こういう風になるとはふくろうも思っていませんでした。
きっと視聴者くらいでしょうね。知っているのは。
闇から闇に葬られると思います。
マーズ家もこの調査はしないでしょうから。
ただヴェロニカやパパなら、見当はつくと思います。

アーロンは自業自得ですね。
ローガンもどう思うのか。ローガンの後見人はお姉さんになるのかな。
気になりますね。

お姉さんにはママは遺産をのこしていませんでしたから、弁護士さんがどうかするのかな。

この結末は、レンタカーで帰ったパパは無事でした。
ラムに感謝?かな。

いや天の神様でしょうか。

ビーバーは自殺なので保険金は下りないのですが、遺産を残していました。
パパのところにケンドールが仕事の依頼をしに来ます。

パパを待つヴェロニ化のシーンでこのシリーズは終わっています。

DVDには撮影秘話も入っていて、これが結構面白かったです。

ふくろうにはネプチューン高校は大きいというイメージがありましたが、
セットを見たらなかなか良く工夫がされていたのが印象的でした。

楽屋はトレーラーだし、
お食事もちゃんと用意されていました。

ここまで見て、もうネプチューンが大好きになっています。
登場人物の一人一人に愛着がわきますね。

行きたい世界になっています。
そこに行けばヴェロニカたちがいる、そう思うとなんだか楽しいですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

veronicaMARS2 第21話 アーロン・エコールズ裁判

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『veronicaMARS2 第21話 アーロン・エコールズ裁判』でございます。

ヴェロニカは証人に立ちます。
明らかに、歪曲されています。
さらに、感染症の件を明らかにされます。
パパ、ショックですよね。
チームマーズとしては弱体化しますよ。

味方にも秘密があったのです。
こういうばれ方はしかし最悪さけたかったでしょうね。
相手からすればヴェロニカも十分ターゲットにして、戦いを挑んでいるのでした。
<Sponsered Link>



大体、ここの若者たちは、自由奔放なので、付けがいつかは回ってきますが、
こういう時に回ってくるのは、身から出た錆でしょうか。

この事件にヴェロニカの感染症が関係あるとでもいうのでしょうか。
いずれにしてもこういうことは追及してきますね。

冒頭でアーロンが証言していますね。
嘘を平気でつけるお仕事なので、裁判も演技に過ぎないのでしょう。

ヴェロニカやパパが正直に証言することが次々と自分の首を絞める結果になっていきます。

確かにヴェロニカのやり方は人に自慢できるやり方ではありません。
誰かに知られなければ構わない、そういう線引きの中にあります。
やばいやり方です。

かといって、そうでもしなければ、
太刀打ちできないでしょう。

ところでイーライはヴェロニカに代数を教えてほしいと頼みます。
ビーバーとマックが面倒を見ますよ。
卒業がかかっています。
こういう協力はいいですね。
助け合える関係があったのね。うれしいです。

そこにあのラッキーが首になった腹いせに、拳銃を持って現れます。
さすがにアメリカのドラマです。

どんどん犯罪も加速しますね。

本物の銃弾は入っていませんでしたが、ラッキーは撃たれてしまいます。
即死です。

常識とか、正義とか、正直とか、子供には落ち着いて教えたいことが、実際の現実では
ほとんど有効に機能しない場面がたくさん出てきます。

親として子供を守るためには自衛策がいるでしょう。
このドラマにも拳銃いつも出てきます。

ラッキーは死んでしまいますが、この場面では銃弾が入っていたと考えられて
撃たれるのは仕方がなかったのでしょうね。

この後出てくるラッキ―のいろんな事実を知ったら、気の毒だったなとふくろうは思います。

捜査の結果、ラッキーがウッディに脅迫メールを送っていたことがわかります。
ジアと勉強するヴェロニカにミッションが下ります。

ウッディのPCを探りますよ。この家何だか暗いですね。
こういうシーンはスリルがありますね。
ここでヴェロニカは、大変なことを知ります。
何故ラッキーがウッディを恨んでいたか、ですね。
ローガンの話や、会話のテープから、虐待それも性的虐待もあったのかと、
ふくろう予想しました。
詳しくはストレートな言葉で語られなかったので、少しわかりにくかったです。
この国の人ならすぐにわかる部分でしょうね。

過去シャークスで何があったのか、マーズ親子は捜査を進めます。
ウッディは真っ黒ですね。変態と子供たちに言われていましたね。

このシャークスの中の何にんかがバスの事故で亡くなっています。
関連があるのかな。

パパはラッキーが、ウッディの家のどこかに爆弾を仕掛けていたと注意を促すのですが、
ウッディは聞きません。
ラストで、パパが言ったことは正しかったことがわかりますよ。
<Sponsered Link>



さて、ローガン親子の会話、人間の親子の会話ではないですね。

裁判ではローガンは父親に不利な証言をしますが、
アーロンは無罪になるんですよ。

なんだ、この裁判は茶番でしかないのですね。
身体の力が抜ける判決です。
この民主主義の国は正義とかは金で買える代物なのかと腹が立ちました。

後は神様の手にゆだねるしかないのでしょうか。
殺した事実を隠蔽しても、人間界でいかに他を欺けても、

未来永劫そういうわがままが続くとは思いません。

どこかで、バランスをとる日が来ると思います。

リリーが祟るしかないなんて、悲しすぎますよね。

命がけで戦ったヴェロニカたちは気の毒でした。
異常な高校生の娘がさも何かしでかしたというシナリオの書き替えられていました。

公正な裁判であってほしいけど、
どちらがうまく立ち回るかで、判決が決まっては嫌ですね。
手際のわるいほうが出し抜かれて終わる?

裁判では殺人で死刑になるかとふくろうは思ったのですが、
この州では、正義を守る守り手がいったい誰なのかと言いたかったです。

人間のやることだから完璧はない。
金や権力で正義が左右されては、誰を信じたらいいのでしょう。
他人事ではなく、いつか自分にも降りかかることです。

ローガンは父親に恋人を殺されています。
証言は、取り上げられなかったのでしょうか。
大体、こんなむちゃくちゃな親子、ありえないです。

息子の恋人に手を出して殺しても、平気で無罪を主張する父親。
そもそもローガンが、なぜ、テープを手に入れ、消去したのか。

父親を無罪にしたかったから?
だけど、自分のやったことが大罪だから、司法取引に応じている。
わけがわかりにくいです。

父親に対する愛情があるのかないのか。
しかし、彼がその大罪を犯したことで、父親は無罪を勝ち取った。
これは事実ですよね。ローガンの深層心理がふくろうにはわからないです。

一方、テレンスには自由になったと思いきや、足かせがかかります。
悪い奴がとことん優位に立っています。

この後は見世物として生きなければなりません。

自分がやったことの責任を取るしかないのでしょうか。
すごい才能を持ちながら、残念な人生になりますね。

脇が甘いってことでしょうか。
ジャッキーを守るためには親としてこうするしかないのでしょうね。

このドラマで展開される人生は、ふくろうには驚くばかりです。
悲惨な人生にみんな、はまっていきます。

サンパーがいなくなって、その結末は誰も知らなかったのですが、
ラストでイーライがサンパーを痛めつけていたことをラム保安官に知られます。

これは大事になるでしょう。
しかし、証言した親子も、誰かの回し者ではないかとついつい疑いたくなりますね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket