ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

宮廷女官チャングムの誓い 第45話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第45話』でございます。

さあて、チャングムたちは無実の?悪人、チェ尚宮やクミョンたちを助けます。

悪人たちも慣れていない状況ですね。

どうやっても不安でしょう。

投獄されて情報がはいってきません。
<Sponsered Link>



オ・ギョムホは情勢を読んでチェ一族をどうするか考えています。
腹黒いですね。

書物から情報を得る医官たちですね。

臨床実験を行っているのはチャングムだけです。

目の前の現実を見るべきですね。

王の病を突き止めて戻ってまいりました。

いいところで内医正が知識をひけらかします。
チャングムは言い淀んでいましたが、慎重にするべきだと思ったからでしょう。

狐惑病。

似た症状を治療したチャングムは、病名ははっきりしないと言いましたね。

身分が違うとばかりに、チャングムをなじる内医正です。

会議はもめるばかりです。

病気が治ることが最優先尚でしょうに。

何だか論点がおかしい気がします。

治療法がなかなか決まりません。

王妃様に嘆願する重臣たち、いつものことですね。

王妃様が道を踏み外しているというのです。

其処で王妃様はそれに従うことにします。

チャングムは反対します。

しかし、ここで内医正に治療ができるのかやって見せてもらえばいいのはと、ふくろうは思います。

ある程度自分を守りながら主張したほうがいいと思いますね。

思いやってくれる相手ではないのですから。

誰が治療するのかを巡って牢獄でもチェ尚宮たちはやきもきしています。

しかし、王様の症状が改善されないのです。
チャングムの予見どうりになっています。

これはどうも難しい病気のようですね。
王様の体質も複雑なようです。

チャングムは正しい。でも危険な治療法しかないのかな。

鍼治療はしたことがないのですが、痛いのかどうかふくろうはいつも気になります。

チャングムの治療がいい意味たん青でチェ尚宮たちは解放されますが、余罪に関してはまだ謹慎するように言い渡されます。

このドラマの風景がふくろうは好きです。
藁屋根、甕などの焼き物、、山河、雪。
どれも癒されますね。

とにかくチャングムは忙しい身です。
どこにいるかも誰にも知らされていませんでした。

ほっとしたいのに、またまた投獄されます。

実は王様の眼が見えないのです。

責任を追及されるチャングムですね。
目まぐるしいですね。

王様の脈を実際に医女にとらせてもらえないのです。

制約の多いことですよ。

こうしている間に時間が過ぎますね。
会議は長引くばかりです。
<Sponsered Link>



やがて、王妃様がやって来ます。

ものごとはすべて政治権力と繋がっています。

王妃様も又例外ではないのですね。

王様より王妃様の力が大きくなるのも国がもめますね。

個人の問題ではないと言えます。

王妃様は決断します。

投獄されながらも王のために尽くす?ジョンホやチャングムです。

よくやると思います。

対等ではない相手のためにどこまで尽くせるのか、ふくろうにはわかりません。

民主主義ではない時代のドラマですから、ふくろうには理解できにくいのだともいます。

チャングム以外の医女性質は物事の見方が違いますね。

感情だけで見ている人もいます。

チャングムが失脚すれば喜ぶ人たちですね。

でも自分が難しい病気になったら、誰に治療してもらいたいと思いますか。

チャングムは慎重を期すためにまだ調査を続けます。

チャングムらしいですね。

一方チェ尚宮ヨルイを疑っています。

あくどさではヨルイはかなわないでしょう。
年季が足りません。

チャングムなら馬鹿にして悪態をつきまくっていましたが、

ヨルイの身分や、思考形態では太刀打ちできないでしょう。

ついにヨルイがパク尚宮と繋がっていると知られてしまいます。

さまざまな憶測や疑心暗鬼がチェ尚宮に生まれていきます。

チャングムの奮闘は続きます。

王妃様も賭けに出ておられます。

それにしても漢方の薬の話や治療法、興味深いですね。
見ていて何だかうっとり来ます。

それからいつものことですが、お料理する風景も素敵です。
みているほうも生きているなあと感じさせてくれますね。

大好きなシーンです。

では。

<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第44話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第44話』でございます。

愈々物が語りは佳境ですね。

今までおごり高ぶっていたチェ一族。

クミョンと、提調尚宮は投獄されますよ。

チャングムとハン尚宮が無実の罪で同じように過去に投獄されたのと同じです。
<Sponsered Link>



さて、あわやというところ、命を懸けて王妃様の命令に従うチャングムでございます。

危ないところでしたね。

チャンドク、ジョンホも、チャングムは亡くなったと周りに思わせて、その間に、王様の病気の原因と治療法を捜すチームですね。

チャングムは恐れ多くも、禁を犯しておりましたから、逃げられない場所にいます。

このプロジェクトに失敗したら、みんな一蓮托生で命がないかもしれません。

王様を助けられなければ死罪でしょうか。

過去のアヒル事件も調べるのでしょうか。
王様にかかわることですから、関連性はあります。

チャングムは済州島に戻ったということにしていますね。

ヨルイ、内医正はどちら派でしょうか。

水刺間も、チェ・パンスルの屋敷も捜査が入ります。

絶好の機会です。

無罪にして元気でまた悪事をやられるのも嫌ですよね。

クミョンは毒草まで指導するので草?がいっぱいあったので疑いが広がっています。
とくに秘伝の薬味を見せませんね。

おかしいなとクミョンの顔がいっています。

誰かが、たぶんヨルイですね。

秘伝の中身を変えています。

笑いだけを入れるのは医療従事者として終わっていますね。

食事に毒を盛るやら、医療に従事する者がその知識を利用して、やりたい放題の状況を

天罰を下してほしいふくろうです。

チェ一族の内医正への疑惑が頭をもたげます。

もともと悪人同志ですから、さもありなん、ですね。

一致団結なんてありえません。

オ議政は都合のいい方に転ぶ人です。

前の堤調尚宮の家に何とヨルイが来ています。
ヨルイはこの人に世話になっていたのです。

チェ尚宮に追い出されたのを恨んでいます。
チェ尚宮の秘密を握る人物です。

仕えるカードだとオ議政ははんだんしたでしょうね。

ジョンホの意見で、ほかの医官も王様を診察することになりました。

今、前の提調尚宮とオ議政が手を組みましたね。

オ議政はチェ一族をきるかもしれないですね。
<Sponsered Link>



この件に関してはクミョンたちは罪人ではないはずです。
敵はチャングムだけではないのですよ。悪人の人生ですからね。

さあ、チェ尚宮はどうするでしょう。わかったようですね。

内医正とヨルイは見に来ていましたから、わかったと思います。
確かめに来るのでしょうね。

一方、シンビの調査で王の細かい体質が次第に分かってきます。
記録されていないけど、ここがわからないと治療にならないのです。

内医正も調べておりますよ。

実はヨルイの正体を内医正は知らなかったのです。

内医正、よく考えないと危ないかもです。
以前の犯罪にかかわっていますから、黒は黒ですけどね。

このごろトックおじさんは密偵をやっておりますね。
まだチャングムの事実はこの人たちには知らされてはいませんね。
お口が羽根のように軽いですからね。

チャングムたちの研究は効果を出したようですね。

病名はともかく、治療は可能です。
自分の非をチェ一族が認めるわけはありません。

人として、ハン尚宮に謝罪をさせたいチャングムです。

クミョンとおばさんはねじれまくっていますから、反省などはしませんよ。
チャングムが考えるようにはまいりません。
悩みますね。
寒々とした雪景色がいいですね。屋根に乗っかっているだけでも
寒さが十分にわかります。

チャングムは黙っていればクミョンと堤調尚宮を殺せたのですが、
助けることにします。

このドラマ、しっかりした悪役がたくさん出てまいりますね。

だからこのドラマは面白いのでしょうね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第43話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第43話』でございます。

チャングムのやったことは秘密にはできませんでした。チェ尚宮が早速足早にかぎつけてきたのです。

チャングムは事の大きさを実感したことでしょう。
多くの人が止めましたね。
<Sponsered Link>



好奇心、向学心はチャングムの得意とするところですが、今回ほど無謀なことは初めてですね。

自分の目的のためでしょうか。

異常なほど法を破って、それでもまだまだ続ける気でいました。
ふくろうはチャングムが足袋の中に本を隠す、泥棒みたいでしたね。

情けなくなった次第です。

ジョンホやチャンドクたちの心配がこのチャングムという人物にはあまりわかっていなかったようですね。

こたえない奴って感じが、何だか怖くなる時もあります。
気持はわかるけど、一人で何とかなっているわけではございません。
たくさんの人たちがチャングムを助けていたから無事でいられたのですね。

でも、とか言っている場合ではないのです。

命がなければ復讐もかないませんからね。
聡明と言われる彼女もやはり一人の人間なのですね。
ただ行き当たりばったりで、自分の思うままに何でもできるとは限りません。

味方の人たちに相談することも大事ですよ。

次第に、チェ尚宮たちとその他の悪人どもの間に亀裂が入り始めています。
うう、楽しみでございます。

宮中ってお金ですぐに転ぶものが何と多いことか。

わかりやすいですね。

王様の容体は芳しくないのです。
病名さえどうもよくわかりません。

今回もお料理のシーンが癒されます。

手をかけて作るのが素敵ですね。

さてチャングムは王様の病気を突き止めるためまだ勉強をするんですね。

こういうところが見ていて本当に心地いです。
あくなき探求心がなせる業ですね。
悩むチャングムにシンビはわけを聞きます。
知れば驚いたことでしょう。
<Sponsered Link>



ヨルイは実行犯ですから、悪事を平気でやり続けます。

シンビは様子を探ります。
一体何の薬を煎じているのでしょう。

つめたい人物です。
処方は誰にも見せていません。
ばかにしたはなしですね。

調査すると意外なことがわかってきます。
それにしても漢方の薬は難しい名前が多いですね。

ところでジョンホは謎の地図を見て思い出すことがありました。
倭人にことです。
地図のしるしに何かを感じています。

意図がどこかでつながってくるはずです。
チェ一族は宮中に救う害虫です。

金の力で支配しようとしますね。

チャングムのことでチェ尚宮が食い下がり、ついに王妃様に知られてしまいます。
やりすぎのチャングムは、王妃様の信頼を失います。

チャングム八方ふさがりですね。

正しければ何をやっても構わないってことはありません。

無謀軽率さが悔やまれます。

縛られたチャングムは何だか気力がなくなっている感じですよ、

怪しい一団に拉致されてしまいます。

さらに、最高尚宮も取り調べられます。

いやあ、会議は荒れまくります。
チェ尚宮は火に油を注ぎ続けます。
クミョンは監禁です。

仲間割れが始まりましたね。
ふくろう、この瞬間を待っておりましたよ。

どちらに軍配が上がることでしょう。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第42話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第42話』でございます。

ヨルイの診断、もう怪しいのですよ。

ヨンセンの出世もチェ尚宮が邪魔したいのです。

妊産婦に怪しい診断と薬を処方するヨルイでございます。

人が死のうと、赤ん坊が死のうと平気な医女がいるんですね。

ヨルイの正体はやがて先でわかってきますよ。
<Sponsered Link>



異変を知ったチャングムは慌てます。

クミョンとチェ尚宮とヨルイの3人は悪だくみをしていますね。

医女になったのはきっと人を助けたいというより別の意図があるはずですね。

チャングムは急いでヨンセンの食事を止めます。

食べ物で殺せばいいと考えるあたり悪者のやりそうなことですね。
自分に責任がかからないようにしたいはずです。

さて医女たちはヨンセンの脈をとっています。

シン教授は事実を確認しています。

ヨンセンの前でははっきりいませんが、何の企みだとシン教授はヨルイに迫ります。

厳しくしていただきたいですね。

ブラックな医女ヨルイでございます。

みんな騙されていたのです。
なのに追い出されないとはどういうことでしょう。
チャングムはヨルイに、許さないと宣言します。

闘う意志を見せたチャングムです。

チャングムが切れ者なのはわかっていると思います。

まずはヨンセンの食事を正しい方向に治すこと。

いい人たちは隙だらけですね。

チャングムはミン尚宮たちにヨンセンを守る方法を教えます。
こういった医学の知識が興味深いです。

人間の知恵が詰まっているのでしょうね。
いつも感心します。

先手を打つとチャングムはジョンホに話します。

どうするつもりでしょうか。

こういう時のチャングムは結構強引に進みますよね。

王の病歴を知りたいのだというのですが、危ない橋を渡っていきます。

人の言うことはたぶんききません。

それは命の危険が伴うと誰もが言いますが、行動してしまいます。

ふくろうは見ていて、本当に無謀だと思わずにはいられません。
聡明なチャングムの焦りはきっと混乱を招くでしょうね。

まあ、えっらそうに悪だくみするチェ一族に陰りが出てくれたらうれしいふくろうです。

チェ尚宮のいう免職に値する事象ですが、あなたは自分のことを棚に上げてよく言うよと思いますよ。
<Sponsered Link>



チャングムは急いでいます。

証拠をつかみたいからですが、周囲に嫌がられるのを覚悟で、そして危険を冒してしまいますね。

今回のチャングムは何だかちょっと思いました。

黙って借りる行為は、うーん、徳がつめそうにないと思います。
今まで馬力で乗り越えてきましたが、
少し情けない気がするのです。

目的のためには手段を選ぶ暇がないのはわかります。

何でも自分一人がやれる、そう思っているのでしょうかね。怖いもの知らずですね。

チャンドク医女が協力します。

心臓がバクバク言いそうな状況ですよ。

一方クミョンはジョンホと会います。何が目的でしょうか。

自分の思いをジョンホに打ち明けます。

ジョンホは当然戸惑います。言葉が出ませんね。

優しいから黙っているのですね。

確かにふくろうもクミョンのいうとおり、クミョンは哀れな女官だと思います。

チェ一族に生まれたクミョンは結局チェ尚宮のあとをついで行くのですね。

本当の友達はいませんね、クミョンにも。

別れた後不安になったジョンホは、慌ててクミョンを捜しに戻ります。

何かが終わった瞬間でした。

チェ尚宮たちは邪魔なチャングムに縁談を勧めます。

お喋りなおじさんをおばさんが止めて、チェ一族の陰謀を防いだようです。

誰も気づいていません。チャングムからこんな言葉が出るんですね。

おばさんも意見しています。いい人です。
人生はそんなに甘くはないです。きっと誰かに迷惑がかかります。

王妃様もだ増しています。

チャングム、おかしいですよね。

らしくないです。
人の道外れますか。

そうしているうちに王様の具合が悪くなります。

チャングムの言うように王様の病歴を視られたら解決できるかもしれません。
ですがそこに至る道は険しいでしょう。

<Sponsered Link>



Pocket