ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

花郎<ファラン>(字幕版)エピソード19

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『花郎<ファラン>(字幕版)エピソード19』でございます。

さて、源花とはなんでしょうか。このあたりがふくろうにはわかりにくいのです。
若者たちを率いるのは男性ではなく、二人の女性だったという話。

なぜ女性なのでしょうか。
風月主の女性版という人もいますね。
新羅の国は女性の地位が低くなかったということか。

花郎自体、教育機関みたいだし、エリート集団ではあったのでしょうか。
<Sponsered Link>



ふくろうには女性が指導するとなると。芸能の部分かなと思うのですが。

最初スンミョン王女が登場したときに、武芸全般ならそれはそれでそこのところを描いてほしかったんですが、

みたところ、花郎たちより武芸に秀でているとは到底思えなかったのでした。

教養としての芸能などなら、教えられるかも、ですね。

見た目が、この王女様は、健康体には見えなくて、色も白いから、武芸で鍛えたというのも

病気が治るときのリハビリなどではと思ったりしました。

武芸の達人らしい発言、例えばソヌに「教えてやろうか」的なシーンがございましたが、
何だか説得力が感じられなかったのです。

だってソヌは習っていなくてもここまで生きています。習い始めたら上達がものすごく速かった。

蛇も虫も、ソヌが気が付かなければ王女はわからなかった。

これで武芸を教えてやろうかなどという発言は、理解しがたい。

花郎の中ではスロースターターのソヌは、昌王子との対決も勝利します。
ジディではどうだったかわかりませんよね。

王族のジディとスンミョンは兄妹ですが、
幸か不幸か、やはり世間知らないのです。

そう思うと、この人たちの思い込みのまま扶余に行って実践で試していたら、

命があったかどうか。
ソヌの何かはしなければ、の精神が突破口を開いたのでしたね。

さて、疫病がはやっていましたね。しかし薬剤はヨンシルが買い占めて手に入らない。

賤民の村を孤立させる理由、ききましたよ。アンジも驚いています。
重労働に従事させて、しかし、金脈の価値を知らせてはいない。それは民がそれを知ったら、独占できなくなるからですね。
王族、貴族の勝手な都合で、民はいかようにも生かされ、殺される。
賤民が都に入れないのはそういうことだったんですね。
情報操作でもあるのです。

何重にもむさぼる王族たちですね。
今回花郎の詩経の授業で風月主が解いていました。

大ネズミとは王族、すなわちジディたちです。

ウルク師匠の俳優さんの言葉は心に入ってきます。
きいていて心地いいです。

アロを源花にするという太后ですが、ソヌを動かすための布石です。

ソヌがアンジの息子というだけで、なぜにここまでするのか。

アンジの代わりに甘えるおばさんにしか見えませんね。
ここまで執拗にこの一家にかかわるのは異常な感じがします。

こうまでしてアンジにかかわっていたいのでしょうか。

いじわるするのが好意の裏返しとでも?
病んでいますよね。

嫌がっても甘えたいなんて、迷惑です。

<Sponsered Link>



ジディもいい奴ですが、時々、こういうにおいが出ますね。

ソヌを前にグダグダ並べる太后ですが、アンジにはとても相手にしてもらえないのですから、
アンジの子供たちに出してきますね。

ところでスンミョン王女はジディが兄のチヌン王だと気が付きます。
寂しい兄妹ですね。

この二人は幼いころから暖かい場所で暮らしたことがないのかもしれません。
可愛そうなことですね。

暖かくなくても母とのぎすぎすしたコミュニケーションだって、ないよりはましだと思います。

喧嘩だってコミュニケーションです。

ジディは自信喪失ですね。
気持はわかります。

何時もかくれていなければならなかったし、
行動力を養う機会がなかなかなかったのでしょう。
自分から動くように、ウィファがアドバイスをしています。

一方ソヌはフィギョンがアドバイスをします。
正しいと思ったらためらうなと。

ソヌとジディは本音で話しています。
ソヌはジディが王だと気づいているのかな。

やがてジディはアロに求婚しますが、寂しい若者にアロはしっかりと諭します。
このあたりアロって老成している感がございます。

なかなか冷静ですね。

ジディにとってためになることを言っていますよ。
ジディが王になれないのは、母親が退位せずにずっと王座に座つづけるからですね。

譲らない理由がふくろうには少しわかりにくいです。
息子が可愛い、子供である、そう言い続けますね。

ジディはこの後、行動に出ますよ。
そしてソヌには刺客が放たれます。
いったい誰が。

ソヌがまた気を失わなければいいのですが。
扶余では気を失ったりしなかったですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

花郎<ファラン>(字幕版)エピソード18

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『花郎<ファラン>(字幕版)エピソード18』でございます。

ついにソヌは自分が王だと名乗ります。

何としてもアロを救わねばなりません。
誰もできないことをやって行きます。

そして、昌王子との一対一の勝負に向かうソヌは腕を負傷させられます。
万が一でもソヌが勝つのではと考えたのでしょうか。

卑怯というのもなんですが、こんなものでしょうか。
オリンピックじゃありませんからね。
<Sponsered Link>



全ての命はソヌの肩にかかっています。

戦いの前に昌王子は何やら誓います。

形だけはきれいにやるみたいですね。

ソヌは次々と斬られてしまいます。

遊ばれているのです。

ソヌは精神を集中します。猛獣のカンが働くのかな。

やっと一太刀報います。
最後は素手での戦いです。ヴィジュアルではソヌのほうが若いと思います。

素手のほうが有利かな。

王子役の俳優さんはなかなか貫禄がございます。

猛獣としてはルールなんぞ考えないのが普通ですか。

これは果し合いと言ってもようするに殺し合いですから、きれいなものでは決してないのです。

醜く心が痛む光景に、一同は声が出ません。

みんないろんなことを考えたでしょうね。

剣術の腕はいまいちでも、命を懸けた戦いでは、思ったようにはいきませんね。

黙って見守るジディは何を考えたでしょうか。
ソヌは相手にいつも対等に接し、余すところなく勝つために動きます。
ためらっていては負けることを今までの人生で、十分にわかっているのだとふくろうは思いました。

理屈をこねたり考えたりしているとその分敗北に近づくでしょう。

昌王子は一応和親を約束しますが、民は死罪だといいます。

感覚的にソヌを危ない相手だと感じ、ソヌが命を懸けるのはアロのためだと見抜いています。

だから、ソヌが少しでもこまることをやっておきたいのだと思います。
今はいったん引き下がるが、次の機会に有利に立つために、今からすぐに相手に不利になるように手を打ちたいのかもしれません。ソヌに抱いた劣等感?みたいなものがあるのかな。

この王子は、腹黒いです。
スンミョン王女をはじめ、ジディ、パンリュ、スホ、この方たちは育ちが良すぎて
歯が立たない相手だと思います。

ソヌにしたって若くて経験が少ない。
ですが危機に瀕したら、野生のカンを総動員して体当たりですね。
壮絶な人生を生きてきた若者に思えます。

死が怖くないのかという王子ですが、ソヌには死を怖がる暇がありません。
死が怖くて正義をあきらめるなんてできない、ソヌでございます。

いったん一行は扶余を去りますが、ソヌたちは黙って引き下がりませんよ。

民はこんな時代をどうやって生き抜けばいいのでしょう。

民を救うソヌたちですが、実はこれこそが王子に大義名分を与えることになります。

行き着く暇もなく、次々に危険がやってまいりますね。

みんなきっと食事さえ満足にとってはいないでしょうに。

さきに希望があることがはっきりしていれば精神的には楽でしょうが、

さきが全く見えないのです。

行動することしかできないのですね。

花郎はみんな協力して民を逃がします。

ところが、こうかつな王子は、狩を始めることにします。
民を狩る、狩です。

こういうやり方は地獄に何度か落ちることになってほしいですね。

弓を射る王子。
民は殺されていきます。

地獄ですね。
こんなことをせずとも、民は飢えて死にそうなのですよ。

悪役の王子の俳優さん、いいですね。
物語が締まります。
演技力がありますね。

外国語なのですが声の調子で、感情が伝わってきます。

悪役ですが、そこのところは、ふくろうも心地よいなと思いました。
存在感がいい。
<Sponsered Link>



対するソヌは王様として正しい発言をしています。

罠にかかったのですね。
花郎たちも総攻撃を覚悟したその時に、花郎の旗が翻るのが見てきました。
いよいよ食えないおじさんの登場ですね。

風月主率いる花郎の一団がやってまいります。
風月主がどうしてもわらうせえるすまんに見えるふくろうでございます。

ま、それはともかく、
おじさんがちょっぴりかっこよく見えるシーンでございます。

昔はこうやって相手を見て、相手の力を測り、そしてどうするか決めたのでしょうね。
人を見る目もいりますね。

最後に、「チヌン」と言い残して王子は去っていきます。
ことばに重みがあるので、いい響きでした。

みんなで勝ち取った勝利ですね。

時が過ぎるにつれてジディは寡黙になっていきます。
わかる気がしますね。
自分は守られたわけですが、複雑でしょう。

仕立てたはずの王ソヌの評判は思ったよりもいいのです。
チソはまた何かしそうですね。

一方神国では疫病がはやっていて薬剤が不足しています。
原因はヨンシルが買い占めてしまったからです。

さて、無事に帰った花郎たちの食欲に食堂のおじさんはうれしそうですね。
ふくろうは、実はこのおじさんの隠れファンでございます。

キュートです。

この花郎たちが忍たま学園の忍たま立ちに見えるときがありますね。
それはそれで楽しいです。

今回はソヌとアロの関係がジディに知られてしまいます。

愛するものを守るため命を懸けたソヌとアロは愛し合っています。

ジディはやり場のない気持ちを持てあまします。

もしも、ジディが名乗っていたらどうだったでしょうか。

皆様どう思われます?

思いつきませんねふくろうは。もしかの場合はどうだったかなんて。

ソヌでよかったとは思います。

ある意味理屈じゃない部分で昌王子を黙らせることができたのはソヌだったからだという気がします。

パンリュは養父の期待にはこたえられなかったのですが、行動したのはよかったと思います。

人として救いようがございます。この子には。
スホはソヌをかばって傷を負いますが、ソヌを王だと思っていますから何かと敬語になってしまいますね。

スホはあまり神経質でないのが魅力です。

ラストでアロとソヌは気持ちを伝えあっています。
二人の言葉に、感動します。

お互いお互いにとってどんなに大切か、よくわかったのですね。

相手を大切に思うってこういうことですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

花郎<ファラン>(字幕版)エピソード17

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『花郎<ファラン>(字幕版)エピソード17』でございます。

贈り物を奪われた一行は百済の昌王子の下に到着します。

歓迎はされません。

贈り物を奪ったのは国境にいる貧しい民、新羅の民でした。

昌王子は民が品物を売りさばいていたのを捕まえて投獄します。
<Sponsered Link>



アロも巻き込まれて投獄されます。
事の次第を知ったソヌたちはアロを救い出そうとしますが、4人とも取り押さえられて投獄されてしまいます。

医者など帆と王女は怒りますが、アロを救いたかった花郎は王女の言葉に内心憤慨したでしょうね。

ヨンシルからの手紙で、随行する花郎の中にチヌン王がいると知った昌王子は、名乗り出ろと迫ります。
王に責任を問うと。

とらえた民を殺そうとする昌王子でございます。

王子という言葉から連想できにくい感じのする方ですが、こういったワイルドな方が現実味がありますね。

王子と呼んでいただけで、人殺しの頭目ですからね。

民の命が奪われるのを見て、王はどうすべきか。
ジディは苦悩します。

何人かがきり殺されて、緊迫した空位が流れます。
昌王子のやり方は恐怖政治ですね。
新羅の一行を恐怖に突き落とそうとします。

次に殺すものを前に並べるのですが中にアロがいました。
ソヌの顔色が変わります。

ジディが決心したより早くソヌが自分が王だと名乗り出ます。

まさにソヌは王ですね。雄々しく人々を導くにふさわしい感じです。
逃げない。そこがすごいです。

誰もがそう思うことでしょう。

事実を知るものはわずかです。

ソヌには期待してしまいますね。
英雄だと思います。

昌王子との交渉も見事です。
ためらわず王として行動するのでした。

アロを守るには自分が命を懸けるしかありません。

今までの過酷な人生が彼を逞しくしたのですね。
人生に無駄はない。

ぬくぬくと育っていないのですからね。
<Sponsered Link>



さて牢獄の中では、食い詰めて生きてきた民はすべての希望を失っています。
アロは励ますのですが、民からしたら、きれいな着物を着ているアロは、幸せな人生に見えるかもしれません。

母親と兄を失ったアロが希望を失わずに生きていることまではわかりにくいでしょう。

民は楽観的にはなれないのです。
どの国の民になろうと、盗みでもしないと飢えをしのげないのですね。

ソヌと昌王子の決闘ですかね。
負けたら王女は返さない。
そのほかは首を斬ると昌王子は言います。

王としてそれを受けて立つしかないですね。

アロと上にあえぐ民を救うため戦うのです。
心配するスホやジディに、守るものがあるから闘うとソヌは言います。

戦の経験があるとか剣がうまいとか、そういうレベルでは考えたくないです。
人と人との命を懸けた戦いです。

一方、花郎が死ぬかもしれないという情報が新羅にもたらされます。
打つ手があるのでしょうか。

太后、風月主、若者のピンチに大人たちはどう動きますか。
大体、主犯はわかっています。

朝議にも出てこない角干なんて、体調管理がどうしてもできないならクビにしてほしいですね。
花郎が死のうと、パンリュは養子なので、痛くもかゆくもないし、何がどうなろうと
自分が損はしないように動いています。

止めるスホに、とにかく何かしなくてはとソヌはこたえています。
いい答えですね。

そこは大事です。
今を変えることに集中です。
負けを考えて戦うソヌではございません。

全細胞を活性化して勝ちを取りに行くと思います。
完全アウェイですが、負けるわけにはいきません。
みんなの命がかかっています。

出ていくソヌの背に、ジディは「死ぬな」と声をかけます。

勝ちたいと強く強く思うことですね。

獄中、言葉は少なくなっている花郎たちです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

花郎<ファラン>(字幕版)エピソード16

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『花郎<ファラン>(字幕版)エピソード16』でございます。

神国の誇り、花郎。
いよいよ始動ですね。

表舞台でのお仕事に参ります。うまくいくといいですね。
守るといっても、和親のために行くのですから、護衛の者は数名なんですね。

多ければ戦と間違われるでしょう。

気になるのが、ヨンシルがパンリュに託したお手紙です。

どうせろくなことではないでしょう。いやな予感がします。
<Sponsered Link>



ところで、スンミョン王女が武術の達人には到底見えません。
達人には見えなくても、実力は少しはありそうです。
ただ前回は、ソヌを捕まえて、あたかも自分が手ほどきをしてやろうと言った発言がありましたね。

ふくろうにとっては得体のしれない人物が勝手なことを言っているとしか思えませんでした。
どの程度の強さかはわかりかねますが、花郎の腕が気にいらないという発言がよく見られますよね。

表立って批判されることがない階級だからか、何とも浮いています。

ソヌがものすごく怒るのも、わかります。

上から物を言いますね。
ソヌは連れていきたかった。
お前には目をかけてやるが、妹は雑用も医者の仕事もさせるぞ、ということですね。

喜ぶソヌではございませんが、王女の高慢さや非情さが不快ですね。

アロはソヌが王女を介抱するのを見て不安を募らせます。
夜になってやっと二人きりで話せましたね。
寂しくて不安なアロの告白もよかったな。
ソヌはソヌで、アロに対して申し訳なく思っています。

しかし、お互いの恋心は隠せません。
命の危険が待っているところで、ソヌに抱きしめてもらったら、アロは落ち着いたことでしょう。

愛が頼りですね。

この時代、いつ戦が起こっても不思議ではないこのあたりの国々は、油断が即命取りになります。

使節が運んでいく贈り物が貧困にあえぐ民に奪われます。

物を守るために民の命を奪おうとするときに、ジディが止めます。

世のなかにやっと足を踏み出した花郎たちでございます。
困ったことがない若者たちに早速の洗礼です。

ソヌは別ですね。
民の中で生きてきた、苦労人ですからね。

社会のことな知らなかった花郎たちも、世の中の動きを感じ始めています。

ジディがとっさに民を守った場面です。
まだ何者でもないジディ?かもしれませんが、こういうところはいいですね。
人として大事なことです。

命を大事にする、これを貫くのはなかなか難しい時代です。

一行は窮地に立たされます。
これで和親がうまくいくのか。不安ですね。

さて、アンジはチソ太后に会いたくないと告げます。二人の会話を聞く限り、
太后のほうが分が悪いですよ。
自分のやった非常な行いを考えれば周りを非難することじたい、おかしいのですから。
一人で相撲を取っています。

アンジのように家族を次々と殺されては、怒りもですが、ふくろうなら体調が最悪になっていると思います。

<Sponsered Link>



これでもかこれでもかと、踏みつけるやり方にアンジも我慢がならないでしょうね。

同じ目にあってもらいたくなるでしょう。
しかし、去るのもいい手だと思います。

ひどい目にあわされた分、癒される間もなく、さらにまだ何か搾取したいのかと、言いたくなります。

愛とは程遠いです。

涙を見ても心が動かない。
そういう状況、ふくろうにもよくわかります。

こちらが憎まないようにしているのをいいことに、わがままのしたい放題の人間はどこかでストップをかけてもらったほうがいいでしょうね。

それさえもしてもらえないのは、してくれる人がいないわけですよ。

誰もこんな迷惑な人とかかわりたくはないでしょう。

今回は一行が野外活動デ野宿することになります。

アロの生活力が素晴らしいです。ほれぼれするほど。

アロは天性のストーリーテラーでございますね。

どこに留学しても生きていけます。

人々の心をわしづかみです。

ソヌがいるので皆が飢えることはないでしょう。

そんな時でも元気に相撲を取るスホとパンリュ。
スホは楽観的なタイプですね。
体力残しておけばいいのに。

アロが必要だというジディと生きている理由だというソヌ。
そして、どうやらスンミョン王女もソヌが好きなようですね。

さらにソヌが大好きなハンソンですが、大事な兄のタンセが自分の代わりに祖父に打たれるのを見て泣きますね。

むちゃなじいさんでございます。

ラストでチャン王子の登場です。
使節団を対等には相手をしたくないようですね。
肚黒い感じです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket