Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第42話』でございます。

ヨルイの診断、もう怪しいのですよ。

ヨンセンの出世もチェ尚宮が邪魔したいのです。

妊産婦に怪しい診断と薬を処方するヨルイでございます。

人が死のうと、赤ん坊が死のうと平気な医女がいるんですね。

ヨルイの正体はやがて先でわかってきますよ。
<Sponsered Link>



異変を知ったチャングムは慌てます。

クミョンとチェ尚宮とヨルイの3人は悪だくみをしていますね。

医女になったのはきっと人を助けたいというより別の意図があるはずですね。

チャングムは急いでヨンセンの食事を止めます。

食べ物で殺せばいいと考えるあたり悪者のやりそうなことですね。
自分に責任がかからないようにしたいはずです。

さて医女たちはヨンセンの脈をとっています。

シン教授は事実を確認しています。

ヨンセンの前でははっきりいませんが、何の企みだとシン教授はヨルイに迫ります。

厳しくしていただきたいですね。

ブラックな医女ヨルイでございます。

みんな騙されていたのです。
なのに追い出されないとはどういうことでしょう。
チャングムはヨルイに、許さないと宣言します。

闘う意志を見せたチャングムです。

チャングムが切れ者なのはわかっていると思います。

まずはヨンセンの食事を正しい方向に治すこと。

いい人たちは隙だらけですね。

チャングムはミン尚宮たちにヨンセンを守る方法を教えます。
こういった医学の知識が興味深いです。

人間の知恵が詰まっているのでしょうね。
いつも感心します。

先手を打つとチャングムはジョンホに話します。

どうするつもりでしょうか。

こういう時のチャングムは結構強引に進みますよね。

王の病歴を知りたいのだというのですが、危ない橋を渡っていきます。

人の言うことはたぶんききません。

それは命の危険が伴うと誰もが言いますが、行動してしまいます。

ふくろうは見ていて、本当に無謀だと思わずにはいられません。
聡明なチャングムの焦りはきっと混乱を招くでしょうね。

まあ、えっらそうに悪だくみするチェ一族に陰りが出てくれたらうれしいふくろうです。

チェ尚宮のいう免職に値する事象ですが、あなたは自分のことを棚に上げてよく言うよと思いますよ。
<Sponsered Link>



チャングムは急いでいます。

証拠をつかみたいからですが、周囲に嫌がられるのを覚悟で、そして危険を冒してしまいますね。

今回のチャングムは何だかちょっと思いました。

黙って借りる行為は、うーん、徳がつめそうにないと思います。
今まで馬力で乗り越えてきましたが、
少し情けない気がするのです。

目的のためには手段を選ぶ暇がないのはわかります。

何でも自分一人がやれる、そう思っているのでしょうかね。怖いもの知らずですね。

チャンドク医女が協力します。

心臓がバクバク言いそうな状況ですよ。

一方クミョンはジョンホと会います。何が目的でしょうか。

自分の思いをジョンホに打ち明けます。

ジョンホは当然戸惑います。言葉が出ませんね。

優しいから黙っているのですね。

確かにふくろうもクミョンのいうとおり、クミョンは哀れな女官だと思います。

チェ一族に生まれたクミョンは結局チェ尚宮のあとをついで行くのですね。

本当の友達はいませんね、クミョンにも。

別れた後不安になったジョンホは、慌ててクミョンを捜しに戻ります。

何かが終わった瞬間でした。

チェ尚宮たちは邪魔なチャングムに縁談を勧めます。

お喋りなおじさんをおばさんが止めて、チェ一族の陰謀を防いだようです。

誰も気づいていません。チャングムからこんな言葉が出るんですね。

おばさんも意見しています。いい人です。
人生はそんなに甘くはないです。きっと誰かに迷惑がかかります。

王妃様もだ増しています。

チャングム、おかしいですよね。

らしくないです。
人の道外れますか。

そうしているうちに王様の具合が悪くなります。

チャングムの言うように王様の病歴を視られたら解決できるかもしれません。
ですがそこに至る道は険しいでしょう。

<Sponsered Link>



Pocket