Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第43話』でございます。

チャングムのやったことは秘密にはできませんでした。チェ尚宮が早速足早にかぎつけてきたのです。

チャングムは事の大きさを実感したことでしょう。
多くの人が止めましたね。
<Sponsered Link>



好奇心、向学心はチャングムの得意とするところですが、今回ほど無謀なことは初めてですね。

自分の目的のためでしょうか。

異常なほど法を破って、それでもまだまだ続ける気でいました。
ふくろうはチャングムが足袋の中に本を隠す、泥棒みたいでしたね。

情けなくなった次第です。

ジョンホやチャンドクたちの心配がこのチャングムという人物にはあまりわかっていなかったようですね。

こたえない奴って感じが、何だか怖くなる時もあります。
気持はわかるけど、一人で何とかなっているわけではございません。
たくさんの人たちがチャングムを助けていたから無事でいられたのですね。

でも、とか言っている場合ではないのです。

命がなければ復讐もかないませんからね。
聡明と言われる彼女もやはり一人の人間なのですね。
ただ行き当たりばったりで、自分の思うままに何でもできるとは限りません。

味方の人たちに相談することも大事ですよ。

次第に、チェ尚宮たちとその他の悪人どもの間に亀裂が入り始めています。
うう、楽しみでございます。

宮中ってお金ですぐに転ぶものが何と多いことか。

わかりやすいですね。

王様の容体は芳しくないのです。
病名さえどうもよくわかりません。

今回もお料理のシーンが癒されます。

手をかけて作るのが素敵ですね。

さてチャングムは王様の病気を突き止めるためまだ勉強をするんですね。

こういうところが見ていて本当に心地いです。
あくなき探求心がなせる業ですね。
悩むチャングムにシンビはわけを聞きます。
知れば驚いたことでしょう。
<Sponsered Link>



ヨルイは実行犯ですから、悪事を平気でやり続けます。

シンビは様子を探ります。
一体何の薬を煎じているのでしょう。

つめたい人物です。
処方は誰にも見せていません。
ばかにしたはなしですね。

調査すると意外なことがわかってきます。
それにしても漢方の薬は難しい名前が多いですね。

ところでジョンホは謎の地図を見て思い出すことがありました。
倭人にことです。
地図のしるしに何かを感じています。

意図がどこかでつながってくるはずです。
チェ一族は宮中に救う害虫です。

金の力で支配しようとしますね。

チャングムのことでチェ尚宮が食い下がり、ついに王妃様に知られてしまいます。
やりすぎのチャングムは、王妃様の信頼を失います。

チャングム八方ふさがりですね。

正しければ何をやっても構わないってことはありません。

無謀軽率さが悔やまれます。

縛られたチャングムは何だか気力がなくなっている感じですよ、

怪しい一団に拉致されてしまいます。

さらに、最高尚宮も取り調べられます。

いやあ、会議は荒れまくります。
チェ尚宮は火に油を注ぎ続けます。
クミョンは監禁です。

仲間割れが始まりましたね。
ふくろう、この瞬間を待っておりましたよ。

どちらに軍配が上がることでしょう。

では。
<Sponsered Link>



Pocket