ふくろうの  books and movies
検索:

トキメキ!弘文学院 最終話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 最終話 大団円』
でございます。
ハッピーエンドになりそうな感じでしょうか。

さて、傲天のピンチにあの達人がまたまた立ち上がります。
皆様、秘技がみられますよ。脳裏に焼き付けておきましょうね。
ふくろうも感動しましたよ。
とぼけていそうで、頼りになるかたですね。
実はこの物語りの中では、
一番強いのはこの人だろうとふくろうは思っていました。
緊張感があまりないのにすごい技ができるなんて、
きっと達人だと思ったのです。
<Sponsered Link>



その達人は今も昔も、家の中では頭が上がらない、ここも面白いですね。
必殺仕事人の、中村主水さんを彷彿とさせますね。

あのかたも、本当は凄腕なのに、家の中では頭が上がらないのでしたね。
それもいいですね。世を忍ぶ仮の姿に違いありません。
能ある鷹は爪を隠すって言いますもん。

息子が父親を超える瞬間が見られますよ皆様。
文星若様がついに、どうしようもない偽善者の父親の
公孫毅に引導を渡します。
「人になれ」ということですね。

墨瞳もいちまい噛んでいます。オーケー、オーケー。
もう嫌なおじさんでしかない公孫毅でございます。

老いては子に従ったほうがいいですよね。
っていうかこんなに悪党なのに、
孝行をしてもらえるんですから、
感謝しないといけませんね。

流刑になってみんなで流刑地に行きます。
きれいな墨瞳と久々に笑顔の素敵な文星さん
を見ました。
やはり、文星さんは父親を捨てられないのですね。
それはそれで偉いと思います。

公孫は悪人ですが、大事に余生を送るかもしれませんね。
子どもに大事にされて最期は何かに気が付くのかな。

一方毒に倒れた傲天は雲ひを守ってのことですね。
愛ですよ、愛。
「何があろうとも守る・・」って泣きそうです。
<Sponsered Link>



しかし毒に解毒剤がないのですよ。え~、困ってしまいますよね。
どこまでも公孫毅のやることですから、かわいげがないですね。
ここまで来て傲天の命は果てるのでしょうか。
こんな終わりってあり?
雲ひの恋はどうなるの?

このまま何だかシリアスなタッチになっていくのですが、
そこはそれ、
楽しいドラマとしてはラストもばっちり考えています。
やっぱり救いはちゃんと用意されていましたね。
ビックリさせないでほしいですね。

このまま主人公が泣いて終わるとか死んで終わるとか、
このドラマの雰囲気と違いますからね。
だってこれは、コメディでしょ。

弘文学院は再興されますよ。本当によかったですね。
金くんが劉学監にそっくりになってました。
同じ事やってるみたいです。
でも向いてます。
この金君、しぶとい方でしたね。
苦労人でもあります。

青春を生きる面々の将来も垣間見えます。
みんな才能がありますね。
希望が見えています。

安心して見終えることができますよ。

この中の登場人物はみんな大好きです。
これは元気になるドラマだと思います。

もう、ふくろうは二かいは見ています。
雰囲気が好きです。
心を明るくしてくれるドラマでした。

とにかく見ながら大声で笑えました。
中国語のドラマのなかでは大好きな作品です。
特に音楽が好きでした。
素敵な曲をきけて楽しかったです。

中国語を聞くのも楽しかったです。
ことばって不思議ですね。

このドラマで感情表現を見ていましたが、
コメディの落ちもツボもはまりました。
万国共通なんですね。
では。

<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第43話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第43話 最後の攻防』
でございます。

天宝君と容月は将来の約束をしました。
よかったわあ。
お似合いのきれいなカップルですよね。
幸せそうな二人を見ていると、ふくろうも
幸せな気分です。
癒されます。
まるで絵にかいたような二人ですね。

見ていてすがすがしいです。
久々にこういう名実ともにいい感じのカップルをみました。
今回の天宝の衣装もいいですね。
色合いも素敵です。おしゃれです。

<Sponsered Link>



さて狡猾な公孫毅を何とかしたいですね。
こういう悪人が病気にもならず元気でいるのが
信じられません。
墨瞳のことば、「私は意志がない」でしたか、
この女性の生き様が現れていて切なくなりますね。

しかも、悪党に忠誠を誓う人生です。
悪党に従う人生、やめましょうよ。
恩はもう返したはずです。

奴隷になっていたのですから。
もう十分です。

悪党が長生きするのはふくろう、反対ですね。
長生きして、少しでも善行を行うならまだしも、
迷惑のかけ放題です。

むしろ、息子に見捨てられないのが不思議です。
文星さんは、やさしいですね。

東方殿は公孫毅にどうやって王手をかけるのでしょうか。
用心深い悪党なんて、許せません。
東方殿のお部屋はすごくきれいですね。
こういうインテリアはいいなとおもいます。

<Sponsered Link>



悪党はまだ息子と対立し、
正論を言う文星さんに、悪態の付き放題です。

悪党でも、人はかわいげがあるかどうかが大事だと思います。
このおじさんにはそこがスコーンと欠けています。
友達がいないタイプの悪党ですね。

とにかく公孫毅の毒の牙を抜いてしまいたいですね。
大悪党の風格はないですね。

卑劣なやり方しかしないんです。

息子との言い争いは、確かに親子のものではないと思います。
他人なら、利用したとかしないとか、わかります。
英雄豪傑でもないくせに、天下は狙いたいのです。
身の程知らずのおじさんですよ。

誰かの言い草ではないけれど、
生かしておいても空気の無駄、てやつです。
人を殺しても、自分のためなら平気ですから、
息子も使用人と同様に、使ってきました。
けち臭いです。

これで文星さんに反抗期がなかったら、
彼きっと病気になると思います。
自分の手は汚さずに、人を利用するだけの人物には
明るい未来は来ません。
その上欲は深すぎる、貪欲さは人一倍です。

公孫に愛される要素がどこにあるのよ、と思います。
誰もこの人を嫌いますが、一人芝居を一人で続けています。
そういうのは気にならないのでしょうね。
幸せでしょうか。
そんなわけないですよね。

ふくろうはしばらく文星さんの反抗期を見守りたいです
問題おやじを乗り越えていかなければね。
この人はどんどん変わってきています。
こういう父親はいつか倒すのもいいです。
従順すぎたのです、いままでは。

こわいものがなかった公孫だって年寄りになっていきます。
このおじさん、本当の意味で苦労を知らないのでは。

さて武器を巡って小競り合いが続いています。
弘文学院の生徒たちも世直しに、
一役買っていますよ。
みんなで世の中を変えていきましょう。
たくさんの目があるほうがいいですね。

雲ひはいったいどうするのでしょうか。
正義の目は曇っていないようですよ。

次回最終話が楽しみです。
では。
<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第42話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第42話 引き裂かれた愛』
でございます。

いったい誰の愛が引き裂かれるのか。
信じるってなかなか大変なことですよね。
そのためには愛する者同士で秘密はないほうがいいでしょう。

弱みがあれば悪ものは即利用しようとします。
かぎつけるのもはやいです。
なんでも利用します。
ある意味すごいけど。
<Sponsered Link>



雲ひの耳にも毒を垂らす公孫毅でございます。

文星さんといい、雲ひといい、ひとがいいと、
悪い奴に簡単に操られ振り回されるんですね。
本当に怒りを覚えます。

この手の悪いやからは支配的で、情報操作が巧みです。
こんな年齢まできっと不幸せだったのだと思いますが、
自分のためには人の幸せにはどんどん水を差しますね。
第一次分がおかしいなんて考えない輩です。

身内は難しいかもしれませんから、ここはひとつ多くの人の力を借りて
懲らしめていただきたいです。

こういう支配的な人間の思うつぼっていうのは
腹立たしいことですよ。
悪いやからは悪知恵にたけています。
善人は悪い奴から見たら隙だらけでしょうね。
すなわち、カモにされてしまいます。

雲ひのような一本気なタイプはコロッと利用されると思います。
頭に血が上ってしまうと、見えるものが見えません。
たとえば傲天の気持ち、
雲ひは信じられないということでしょうか。
確固たる決意みたいなものがまだないのでしょうね。

普通、こんなに恋愛に邪魔が入ってくるとはだれも考えません。

文星さんみたいにそばに支配的な人間がいないだけでも
雲ひのほうが人生は明るいですね。

支配的な相手のそばからは距離を置くのがいいでしょう。
復讐を考える前に、逃げておくことです。
こういう相手が改心するとは思えませんよ。

<Sponsered Link>



傲天と雲ひの仲を裂くなど朝飯前の公孫毅です。
いつかきっと天罰が当たるとふくろうは思っています。
神様にお仕置きをしていただきたいですね。

こういう悪い奴に怖いものがないなんて
本人のためになりません。
傲天のお父さんは殺されて浮かばれませんね。
いつまでも公孫毅がのさばっているのが間違いです。
とにかくこのおじさんは用意周到な悪です。奸臣です。

もとをたたなきゃダメ。ぜひ傲天にやってもらいたいですね。
今回新たな裏切り者が発覚します。
気が付きませんでしたね。
うっかりしておりました。
こういう時代でも、スパイはいます。

傲天はすべてを予想して冷静に対処しています。
悪事は必ずばれますよ。

雲ひも、公孫がどんな奴なのかは知らなかったと思います。
だから、嘘だって突っぱねてほしかったけど、
できませんでした。

その程度の愛かと思えばそうなんでしょうね。
その程度ですぐに壊れるものなんだと思います。

実際、親と恋人くらいは無条件でかばってみたいですね。
事実がどうこうというより、相手はこちらが動揺して不幸になるのを待っているのです。
動じなければ、相手もだまることがあります。

ふくろうも今までに経験済みです。
どんな言葉で支配しようとやってきても、
自分はその件は許しているのだと表明すると、
悪者も思うようにはできませんからね。

学院が復活するまで、
みんなで辛抱してがんばってほしいです。
学院の面々はふくろう大好きなので、
いつも応援していますよ。
今回文星さんのいう言葉が心に残りました。
人の命より野心が大事な父親なんて、偽善者ですからね。

みんなの正義の心が集まれば何かが変わるでしょう。

では。

<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第41話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第41話 公孫毅の陰謀』
でございます。

人前で父と呼ばせてもらえない、なぜですかね。
わけがわかりませんね。
どうして息子を日陰の身にしておくのか、ですね。

もっとも、こんな悪いおじさんを父と呼びたいのか、
ふくろうにも、疑問です。
老獪な公孫毅です。
文星さんを丸め込んでしまうのではとふくろうは心配です。
<Sponsered Link>



こういう人物、結構いますよね。
言葉巧みに実の子まで利用する。
異常としか思えません。

大体悪人でも自分の子は可愛がっているお話が多いです。

きっと何か
悪いものがとりついて離れないのかもしれません。
それも一つや二つではない、
団体で巣食っている感じがします。
心が邪だと、
きっと悪いものに乗っ取られていくのだと思います。

そういう筋金入りの悪いお父さんを相手に
文星さんはよく頑張って来たと思います。
孝行息子でございますよ。

親に尽くしてきてこんなむなしい人生を我慢しているのです。

青春ゼロ、恋人ゼロ、未来への夢もゼロじゃないですか。
悔やみますよね。
今からでも遅くない。

せっかく目千両のイケメンに生まれてきたのに、
この世でいいことなーんにもないのでは、
ふくろうだったら、生きているうちから化けて出そうな気がします。

自立しましょう。物理的にも精神的にも、
自分でご飯を作って食べる生活をしましょう。
といいたいふくろうです。

現実を知って、確実な人生を歩まなければ、
もったいないですよ。
公孫毅はほとんど病気です。

<Sponsered Link>



しかしこの人を改心させるのは
文星さん一人では荷が重い気がします。
墨瞳は文星さんの代わりに、
今回は公孫毅にわりといいにくいことを言っています。
はたから見ても、
文星さんはかわいそうな子だったのでしょう。

公孫毅の教育観を聞くつもりはありません。
勘違いも甚だしいのです。
親としては本当に役に立たないおじさんです。

これぐらい腹黒くなって悪の完成品になったら、
同情はできませんね。
口からまき散らす毒だけでも、相当なものです。

善の字を捨てるとこうなるわけですね。
人間としての良心はもう残っていないのでしょうか。

さて雲ひは文星を思いやっています。
傲天は複雑ですね。雲ひが知らないことがあります。
その秘密を傲天は雲ひにはまだ話していません。
話せませんよね。

そうこうしている間にも世の中では悪事が進行しています。
傲天は真実をあばけるでしょうか。

今回も天宝や大同の着物は素敵ですね。
このドラマを見る楽しみの一つには、豪華な衣装があります。
色がいいなといつもおもいますね。

慕容月と、呉天宝の恋が実ることを祈りたいです。
ことをつま弾きながら詩を語る容月が素敵です。
二人とも教養がありますね。容月の衣装も素敵です。
風流だなあ。

ところで文星さんはまたまた傷つくことになります。
自分の甘さに気が付くでしょう。

実の父親にまたまた欺かれるなんて。
飢えているほうが、現実を見誤るのだと思います。
甘い甘い。
もう尽くすなら線引きをちゃんとしたほうがいいですね。
文星さんは大人ですもん。

それにしても、悔しいですね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第40話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第40話 血の代償』
でございます。

傲天は文星さんを信用しています。
密偵としての人生を歩むのは同じですね。

傲天にとっても弘文学院は大事な出会いだったんですね。
彼もまた変わったんです。

自分で人生を選べなかったことを、人は後悔するかもしれません。
<Sponsered Link>



弘文学院の教師はボランティアですから、
天職としていいかどうか。
対価はいただかないとね。
仲間が学院再建に向けて動き出していますよ。楽しみですね。

文星さんと傲天は一触即発ですか。
傲天らしくないですね。
雲ひもそう感じています。

いやこれは何かある。でもよくわかりません。

このあたりのアクションなかなかいいですね。
宙に浮かぶってすごすぎます。
空中戦ですよ。
二人とも仙人みたいです。
いやあもう、このあたりはやはりファンタジーだなと思いました。

そして文星さんは倒れます。
墨瞳は危篤の文星さんのために雲ひに会いに行きます。
彼女の口から文星さんの真実が語られます。
愛なんですよね。文星さんの裏切りは。
生きる望みは雲ひにかかっていますね。

そうですねえ、微妙だけど。
人としていった方がいいかもしれません。
文星さん、気の毒な青年です。
無意識に雲ひを呼んでいます。

愛することはできなくても、
生きていてほしいという雲ひの気持ちは伝わってほしい。

一方、天宝の家は没落するのかな。
でも天宝は本当にいいやつですから。
男の中の男です。この人は家を再興すると思いますよ。
人に好かれるから大丈夫。

雲ひパパは二妹のマジックハンドにつかまってしまいます。
パパはとことんこの家の女性には弱いですよね。
雲ひのママもきっと強い女性だったと思います。

文星さんが危篤になっても、
公孫殿は、愛し方がわからないのでしょうか。
悪いことばかりしてきて習、性となっていますね。
人の心はどこにあるのでしょう。

<Sponsered Link>



公孫殿のことばで、
文星さんは「自分でこの人生を選んだ」と言ってますよね。
ふくろうは違うと思います。
年のいかない幼い子が
自分の人生を自分の意志で本当に決められるかどうか。

公孫は偽善者です。
そういうことまで息子のせいにするのでしょうか。
本当の親子なのに、悲しいですね。

ふくろうも波乱万丈の人生で、
文星さんと同じことを言われた経験があります。
それは実の親ではなかったけれど、
返す言葉がなかったです。

幼くして自分で人生を選ばざるを得なかった文星さんに
心から同情しますね。
あなたのせいじゃないといってあげたい。

あなたがその時大人みたいに考えられたら
消してそんな道を選ばなかったかもしれないから。
幼いうちからそういうひどい相手に思うままにされたら、
その時は気が付かなくても、
普通に友達がいたりしたら、世間ではどうなのか、
自分の置かれた境遇を思い知ったと思います。

ただ文星さんにはそういう相談できる友達がいなかった。
公孫は、そういう純粋な息子を思うように支配できたはずです。

ふくろうにも、思い出したくない似たようなことがあります。
悔しくて心が痛みます。

思い出したくないので思い出さないように
ほかの楽しいことで心をいっぱいにするように努めて生きてきました。
時間がもったいないですよね。

されど文星さんには公孫は父親です。
そう簡単には縁は切れそうにないですね。

この先公孫はまだまだあがきそうですね。
人として可愛げが欲しいところです。

いつか変わる日が来るでしょうか。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第39話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第39話 学院再建への道』
でございます。

楽しい弘文学院が閉校になってから
生徒たちはいったい何をしているのでしょうか。

みんなで一緒にいた時間は貴重な時間でしたよね。

さて女性として暮らす宋文文、なかなかかわいいですね。
学監のもとに有志が集まって学院再建を話し合っています。
向学心に燃えるメンバーですね。
いい話になるといいですね。
<Sponsered Link>



傲天のお尻も回復したでしょうか。
傲天、薬は自分でお尻に塗りましょうよ。
しかし、お尻くらい、自分で薬を塗りにくい場所もありませんね。

そうでないと、二妹とおばあ様が
未来のプランをどんどん立ててしまいそうです。
この二人の結束は固く、無敵艦隊ですよ。
雲ひパパは、打つ手がありませんね。
魅入られているといいますか、呪われてるかな。
この方はこの上の強い女性軍からは逃げられない運命ですね。

さて傲天と文星さんは、
同じように密偵として育てられたんです。
お互い似た様な人生かもしれません。
孤独と背中合わせの人生ですよ。
文星さんは父親の奴隷みたいですね。
親の愛を感じたことがない子供です。

そうですねえ、人として公孫殿はすでにくるっています。
若い二人は友人になれそうですね。
この二人は、ある意味わかりあえるのでしょう。

文星さんは正しい道を行くことができるでしょうか。
父親を倒すことになるとしても。

大同と文文がうまくいってるなら、
天宝と容月もお似合いですよね。
今回容月から出る光線がすごいですよ。
容月や文文のヘアスタイルが素敵ですね。
衣装も素敵です。

時代劇を見る楽しみはこういった時代の衣装とかヘアスタイルとか、
武器とがよろいとか、とにかく興味は尽きませんね。
できるだけ物語を作る人はその時代の詳細に迫ってもらいたいです。

この物語でも、美しさがあるなとふくろうは楽しんでいます。

<Sponsered Link>



とにかくこの登場人物たちには幸せになってほしいですね。
まあ、大同が元気になってよかったです。
自分の本当の気持ちに気が付いて、いよいよ告白ですかね。

学院再建に文星さんはお金を出そうとしますが、
みんなから軽蔑されてしまいます。
まあお金持ちの若様ですからついついそんアことを言ってしまうのでしょう。
文文以外は敵対しています。

文星さんの知られざる行動がわかってきますね。
事情があったのです。
誰にも、その大変さをわかってもらえていないのでした。
報われないイケメンですよ。

今のところ仕方がないですね。
学院を売ったといって学監は受け取りません。
文星さんには友達がいません。
良心が残っているからこそ、償いたいと思うんですね。
気の毒ですね。
誰か、彼をわかってあげてほしいです。

ところで傲天と雲ひがデートしているスポット、
湖みたいな場所がいいなと思います。
このドラマの風景は癒されますね。
ゆったりとのんびりと平安に過ごせそうな感じです。
いろんなふくろうの見たことのない風景がまだまだあるのでしょうね。

このドラマはどういう結末になるんでしょうか。
若者の力で世の中を少しでも変えていけたらと思います。
とりあえず黒幕を倒したいですね。
黒幕のおかげでみんなが、迷惑しているのです。

はっきり言って黒幕以外のすべての人々が、と言いたいですね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket

veronica MARS2 第3話  不義と詐欺

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『veronica MARS2 第3話 不義と詐欺』でございます。

地元の成功者シリーズの授業でございます。
カサブランカ氏の登場です。
この授業なかなか面白そうですね。

カサブランカ氏はディックとビーバーことキャシディのパパですね。
今回ヴェロニカはキャシディからある捜査を頼まれます。

継母の浮気の証拠を見つけてほしいという話ですよ。
殺伐とした雰囲気ですね。

<Sponsered Link>



息子としても黙っていられないようですね。
ディックは何にも考えていないようですけどね。
見るからにケンドールはおかしいです。
こんな母親いりませんよね。
それにカサブランカ氏は
キャシディにもっと注目してあげてほしいです。

父親も放任なわけですから、子供もそういう風に育つかもしれません。

ケンドール・カサブランカ。なんかまともな感じではない経歴です。
ヴェロニカは捜査開始です。
白昼、男性と会っていました。バッグを交換?しましたね。あれっ?

そして更なる証拠をつかむため、ヴェロニカは策を講じます。
実に面白いですね。

やがてわかったことは、サンドパイパーというホテルが、
パンフとは大違いだったこと。
Mr.モンタナの存在を知ったヴェロニカは
カサブランカ氏の詐欺に気が付きます。

早速先生に忠告です。この先生はなかなか立派ですよ。
今、その株を売ることは
損害を誰かに譲ることになるといいました。
その通りです。
だから売らなかったのでしょうか。

先生の退職後の夢も遠のきましたね。
身をもってそういうことを今度は授業で語れるでしょう。
苦労人の先生ですね。

一方、ヴェロニカに保安官から呼び出しがかかります。
18歳の成人ですね。
モランが死体で見つかった時に
手のひらにヴェロニカの名前が書かれていましたよね。
撲殺されていたモランにはヴェロニカは一度だけ、
事故現場で会ったことがありました。

でもなぜ、名前がそんなことに?
ヴェロニカにどんな関係があるのでしょう。
パパには内緒にするヴェロニカです。

モランの捜査も同時進行です。
遺品の中も見ました。
すると、エコールズと一緒に撮った写真がありました。
実はリリー殺しの件でヴェロニカは裁判で証人に立つのです。
なんか見えてきましたね。

さてパパのロマンスは進行中ですよ。
厳しい突っ込みをするヴェロニカです。
パパの結婚はあり得るのでしょうか。
二人きりの旅である人物に出会います。
アリシアは知らないというのですが。
パパは印税が入る生活です。
うらやましいですね。
ま、でも、ここまで苦労してきましたからね。当然です。

パパは知りませんがアリシアに声をかけた彼は捜査官みたいです。
何故アリシアの家に?
怪しい感じですね。

<Sponsered Link>



ウォレスとジャッキーもつきあっているのでしょうか。
高飛車な女のこですね。
何かとお金があるのをにおわせてきます。
本当に財閥ならそんなことをする必要がありますかね。
パパは確か、有名な人ですよね。

自分大好き女、ヴェロニカがつけた名前です。
ヴェロニカの感が何かささやいているのでしょうね。
でもウォレスのために黙っています。
本当はウォレスには似合わないとヴェロニカは思っていますね。

ダンカンとローガンの関係も一触即発です。
ローガンはすでに自暴自棄でございます。
ケンドール捜査の先にローガンがいます。
ヴェロニカが忠告に来ます。

腹立たしい限りですけどね。
しかしここでもヴェロニカは気が付いたことがあります。
エコールズと、モランの関係です。
バスの事故はヴェロニカを狙ったものだったと判明します。

今回コートニーの歌もなかなか良かったですね。

さて、カサブランカ氏は逃亡するみたいですよ。
ばれたかな、詐欺をやっていたのが。

屋上からヘリコプターでトンづらします。
何だか人格者とは程遠いなあ。
逃げ足も速いですね。リスク多すぎですね。
カサブランカもカサブランカですが、
ケンドールも似たり寄ったりですね。

夫婦でいるのが似合ってるといったほうがいいのかどうか。
どちらも不誠実な人間同士です。類は友を呼ぶって言いますけど、
確かにそうですね。

こんな女性を母親に選ぶセンスが、子供からしたら、怖いでしょう。
カサブランカ氏みたいなタイプが家庭を持っている。
形があるだけで、何にもなっていませんね。
息子たちが気の毒です。

もちろん、ローガンもすさまじく気の毒だし、
ダンカンも確かに一人暮らしのほうが平和でしょう。

18歳で成人になる国ですから、自立心はみんな持ってるのかな。
それにしても、こういう時代なんですね。
子どもに責任を持つということをどういう風に考えるのかは、
それぞれでしょうね。

このドラマに出てくる親たちは何だか悲しいです。
どこかに救いがあるのか、ふくろうはそう考えてみています。

確かにみんな何かを背負っています。
みんな登場人物たちはどうやって幸せを見つけていくのかな。
どのケースもスケールが大きすぎる気がして、
ふくろうは頭がくらくらします。
では。

<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第38話

Pocket

モーニング!
今日は『トキメキ!弘文学院 第38話 父子の葛藤』
でございます。

学院が閉校されて、金君は他校に行ってます。
たかる輩がいるんですね。
立ち悪いやつらです。
まあ、金君自身、自分が貴族であると偽っているからでもありますね。
彼の場合はどうなんでしょう。

まだ誰にもばれてはいませんかね。
見えもプライドもあるわけです。
<Sponsered Link>



しかし、お金に汚いのはいけませんね。
困った時に助けてくれたのは呉天宝です。ヒュー。

いい人ですね、天宝君は。
いい性格っていうか、おおらかというか。
行動のペースがふくろうも好きです。
ねちねこない性格なので、いいなあ。
適度に、お堅くないのがいいです。

さて文文と傲天は療養が必要です。
お尻の問題がすっきり解決するには、
時間が必要でしょう。

医学の天才、慕容月がいますからね。
容月さんは笑うと可愛いですね。

さて今回は、雲ひのパパが黒幕と手を切る意思表示をします。
お決まりの襲われるシーンですが、
意外な結末になります。
痛快で豪快なシーンです。

二妹がなかなか強いのでびっくり。
さらに強い人がまだいましたね。
さすがの墨瞳も引き上げていきました。
ああいうすご技を始めてみましたよ。

そのあとも、何だか意外な展開が待っています。
戦いながら雲ひのパパもわけがわからないでしょう。

今回は文星さんの苦悩が気の毒でした。
大好きな雲ひに、事実を話して、
思い切り軽蔑されます。

<Sponsered Link>



こたえましたね。
雲ひがきついことを言うなんてよほどのことですよ。
やけっぱちの文星さんは、荒れます。
でも、雲ひを守りたかったんですよね。
だから宋文文を裏切る形になったんです。
そのことは雲ひには言っていません。
切ないです。

黒幕は相変わらず
息子である文星さんを支配しようとします。
ふくろうは文星さんがかわいそうでなりません。
自立を阻む親って、なんなのよといいたいです。
苦労が足りませんね。

子どもが自立してくれるからこそ親は安心して旅立てますからね。

まともに生きようとするからこそ、文星さんは悩むんですよ。
悪いことをどんどんやって平気な神経は持ち合わせていません。
彼は普通の青年です。

愛は報われなくても、
人としてはいい関係でありたいですよね。
文星さんの中にたまっていた怒りが大爆発した感じです。
いい子をやってきたからでしょうか。

いい歳していますから、
家出しても一人で生きていけそうですよね。
こういう親とではうまくいく方がおかしいです。
自立すること、距離を適度にとるのも大事ですよね。

文星さんはそれでも父親の公孫さんを大切に思っているようです。
そこも普通の若者ですよ。
そういうもんです、家族というのは。

どんな権力者も、年には勝てません。
いずれはわが子の世話になるんです。
いい加減その口から毒を出すのはやめないといけませんね。
ふくろうには横着な毒じいさんにしか見えません。
幸せとは程遠いですね。
こういう人はきっと、文星さんのお母さんも大切にはしていませんね。

長年こんな人生では、垢がしっかりついていて、なかなか落とせないようです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第37話

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第37話 宋文文を救え!』
でございます。

君主を欺いた罪で宋文文は囚われてしまいました。
しかし、弘文学院の仲間たちは、宋文文を救えないかと
頭を悩ませています。

みんなで悩むのがいいですね。
一人ではどうにもならないことでも、
みんなで知恵を絞りましょう。
<Sponsered Link>



一方大同は閉じ込められています。
この子はすぐにお仕置きされてしまいますね。

文文を思えばいてもたってもいられません。
大同の想いの強さに両親も折れていきます。

そういう感じの両親なら大同は幸せですね。
陛下への嘆願をしに、
弘文学院の仲間はそろって出かけます。
一方、陛下の近くでは、東方殿と公孫がもめています。

やがて宋文文の刑が決まります。

こういう刑を時代劇ではよく見ますが、
その威力をふくろうは見誤っていました。

このドラマでも相当こたえる刑として描かれています。
もう、文文のお尻が可愛そうで見ていられませんでした。
叩かれるとお尻の皮膚は柔らかいから
あんなふうになるんですね。
とても一人で、すべての回数を耐えられるとは思えません。

そこで、傲天も途中から文文を助けるために
あることを実行しますよ。

<Sponsered Link>



ウン、これはよかったです。
でないと文文は死んでしまうかもしれません。

それにしても、刑罰がこれだなんて、
いったいどういう理由で
こんな刑が考えられたのでしょう。

公孫と文星さんの間にも亀裂ができていますね。
これも当然といえば当然です。
親子でも文星さんは別人格です。
親離れといいますか、巣立ちはしてもいいのでは。
黒幕にいつまでも支配される人生はつらいと思います。

文星さんは
学院のみんなと一緒に行動したいんでしょうね。

一方文文だけでなく
弘文学院にも、厳しい処置が待っていました。

たった一人で生きてきた宋文文が
女性の姿でなく男性の姿で入学したのは、
無理もないことかもしれません。
たぶん家族がいませんよね。

身を守るためと東方殿が言っていましたね。
文文はたった一人で生きていく覚悟でしょう。
その点は東方殿も同じです。

やさしい大山もお料理で応援してましたね。
すごいですね。そういう風に表現できるんです。

みんなやれるだけのことはやりました。

さて文文と傲天のお尻が心配ですね。
百もお尻を叩かれる刑だったんですね。
命に係わる厳しい刑です。
わけあったとは言え、酷いです。
二人とも当分うつ伏せでないと、ねられませんね。
すわれそうにないし。

傲天が体を張って文文を助けようとするのが
優しいなと思いました。

なんかお尻って無防備だなとしみじみ思いました。
今までそういうこと考えたことがなかったなあ。

傲天はできることをして文文を助けるんですね。
わけあって頑張るのがいいですね。

生きていればまだ未来があります。
今はいったん引っ込んでも時期を待ちましょう。
勇気ある撤退みたいな、そんなのがいいかもです。
力を付けて、ゆっくり対処してはどうでしょうか。

まだまだみんな若いし先は長いんです。
黒幕だって年を取っていくのだし、
いつどうなるかわかりませんからね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第36話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第36話 つながった想い』
でございます。

大同の想いと文文の想いが、
いよいよすっきりとした形になりますね。
文文が男性なのか女性なのか、見てるふくろうには
女性であることは明白だったので、
大同にはわかってもいいと思っていました。

だってハッピーエンドになりますよね。
それに天宝だって助かります。

<Sponsered Link>



お話の展開としては、
誰もそんなことを疑ったことがないという
状況でここまで来ています。
視覚的にはふくろうには十分女性に見える文文なのですが、
何故か気が付かない面々ばかりです。

今まで気が付いていたのは傲天くらいのものです。
ただ文星さんは、疑っていましたね。

大体こういう設定のなかで女性であるのを隠すにしても、
ゆったりと余裕でお風呂に入っていますね。
隙だらけといえます。

ドラマですからそうなんでしょうが、
普通は油断できないと思ったら、
こんな自分の家みたいなリラックスしたはいり方はしませんよね。

逮捕する連中から見たら、絶好のチャンスでもあります。
学院は大騒ぎですよ。

事実がわかった大同はうれしいばかりですが、
迫る危機に戦闘モードに入ります。いいやつ。

しかし、文文は出てきます。
つかまっていってしまいます。
責任感からでしょうか。
みんなに迷惑をかけたくないし、大同が第一大変なことになりますね。
せっかく大同と両思いだと分かったのに。
切ないです。
何故文文はいつも逆境に生きなければならないのでしょう。

さて、囚われの身の雲ひでございます。
なぜこの武道の達人が捕まってしまったのかふくろうにはわかりにくいのですが、
助けに向かうパパと傲天です。
敵同士ですが雲ひのためには共同戦線でまいりましょう。

<Sponsered Link>



今回文星さんは死を覚悟します。
もう、この人も可愛そうですね。ここで文星さんが死んじゃったら、ふくろうも
やっぱり悲しいですね。

どうやら学生たちも高官の親たちに
文文を助けてくれるように嘆願しています。
大同もまともな思考ですね。
大同は矛盾をついています。
そしてお父さんから監禁されます。
この子はどうやっても監禁されますね。
うたれ強いかも、です。

弘文学院は気持ちを一つにして、
文文を救おうとしています。
学監を少し見直しました。

一方黒幕対東方殿も、火花をちらします。
東方殿は陛下の側近ですからかなり高い地位ですね。
こうしてみると有能な女性の社会進出は昔もあったのですね。

とにかく宮廷は陰謀渦巻く場所なんですね。
油断できないところです。

傲天のパパも、陥れられたのでしたね。
悔しいですね。
黒幕にはもはや人望はないですね。
恨みや怒りが集まってくると思います。

幸せな人生は送れませんよ。
誰だって年を取ってだれかの世話になるときが来ます。
可愛げのある人間でありたいですね。

宋文文の運命はどうなるのでしょう。
誰か助けてくれるのでしょうか。
仲間の祈りが通じるといいですね。

文星さんの行動も、傲天に相談できたらよかったんですよ。
隠し事があると、結局足並みがそろわないことになります。
美青年の文星さんは孤独な運命を生きてきたのです。

文星さんも黒幕にずっと操られてきたわけですね。
悪役が約束を守るかどうかわかりません。
根本的に悪役なんですから。
そういうのが血を分けた父親だというのが腹が立ちますよ。

文文がけなげで泣けます。
確かに偽ったと言うことにはなりますが、おいそれと事情を明かすわけにはいかなかったと思います。
濡れ衣で親が殺されているのですから。
わかったら、一番に命を狙われますね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket