Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『キルミー・ヒールミー(字幕版) 第18話』でございます。

久々にシン・セギ登場でございます。

リジンの言うこともよく聞きますね。

随分変わったと思います。
セギはセギなりにリジンに気を使ってはいたのですね。
ドヒョンと記憶を共有できるといいましたね。
それは、便利になりました。
<Sponsered Link>



人格全員が記憶を共有でだきたら少しやりやすくなりますね。

ドヒョンは自分が火をつけたと知ってショックだったのです。
だから今セギが出てきたのかな。

回想シーンではジュンピョが女の子を捜しに戻っていきましたね。
ソヨンの娘を虐待しながら、助けに行ったのかな。
何にしてもその日から、ドヒョンと呼ばれて男の子は返事をするようになったのです。

長くてややこしい関係なので、すぐにはふくろうには理解しにくかったのですが、

修復の方向に向かっているのはわかります。

男の子の本当の名前はジュニョンでした。

戸籍を得るためには子供の性別を変えただけで何とか今日まで来たのですね。

本物のドヒョン、すなわちリジンは田いなかったものとしてスンジンは口をつぐんだのです。

実は、ドヒョンをゆすろうとしたアレックスにリジンとセギは会います。
と言ってもこのアレックスはリジンに手を出そうとして、鼻に指を突っ込まれてしまいます。
攻撃は最大の防御ですもんね。

リオンが鍛えた妹ですから、先制攻撃を仕掛けました。

アレックスはセギを知っていましたね。
セギが一緒でよかったかな、とふくろうは思いました。

ギジュンはドヒョンの弱みを握ろうとしていました。

このドラマはすごく複雑になっています。
もう、セギとかになっても、ふくろうもそういう在り方になれましたけど、
最初はなかなかなれなくて、頭の中がシーンとしていました。

この物語のミステリーの部分が次第に明らかになってまいります。
二人が苦しみも増えていきましたが、きっと峠を越えたらいい結果になるかもしれません。

リジンも、ドヒョンも、とにかく癒されて苦しまないようになってほしいです。
ドヒョンが普通の人間として普通の人生を歩んで行けることが第一でしょうね。

後継者とかはその後で考えてほしいです。

守るにはどうしたらいいのでしょうか。
せめて家族が力を合わせてほしい。
<Sponsered Link>



さて、サンリのリジンの家に着いたときはドヒョンでも、リジンのおとうさんに会ったときはフェリー・パクが来ていました。ローカルな発音ですよね。

ドヒョンの持つこういう状況がこの物語をややこしくしています。
ある意味、物語の予測ができにくいところが面白いですね。

お父さんがパクの頭をバンバンたたくときは、ふくろうも不安になりました。
次に誰かの人格が出てくるかもしれないでしょ。

そして、ヨソプ、さらに、恐怖のヨナがついにやってまいります。

そのうえ泊めるとしたら誰の部屋に泊めるかという究極の難題がございます。
これはもめにもめて、じゃんけんでリオンがかち、リジンの部屋でヨナは寝ることになります。
外でよかったらリナのところもありかもしれませんね。
リナはフレンドリ―ですから。

リジンとの主導権争いも見ものですね。

その後に、ドヒョンです。
再び告白ですか。
二人は離れられない縁があるようですね。

このドラマはラブコメですよね。

ヨナの格好のママひとり車で帰路につくドヒョンがふっと漏らした微笑みが素敵でした。
このシーンは好きですね。

明るい未来につながっていくとおもいますね。

みんなで笑って話せる日がきっと来るでしょう。

長くひん曲がっていた道を、やっと二人でともに戦っていく覚悟を決めたのです。

思うような未来は来ます。
苦労をしてきた二人の徳というものがきっとあるでしょう。

我慢せずに描きたい未来を描くと決めたら、
そこに続く道に出られます。

動き始めますよ。

これからいよいよラストに向かっていろんなことがなるようになっていくかな。

では。
<Sponsered Link>



Pocket