Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は阿部謹也さんの『中世を旅する人びと』でございます。

ヨーロッパ庶民生活点描、でございます。

そもそも歴史は好きですが、学校で習ったこと以外にはなかなか本も読むことがなく、
じゃ、何を読みたいのかとあれこれ考えておりました。

タイトルに惹かれてまず読んでみようと思ったのがこの本です。
<Sponsered Link>



読んでみて、ふくろうは何も知らなかったと改めて思いました。

ドラマになったものはそこそこ興味を持てるので今まではそういった基準で読んでいましたね。

読書の趣味を生きている間は確実に続行したいと思い、
歴史も生きている間にどのくらい読めるか、挑戦したいと思っています。

人間はどういう風に生きてきたのか、自分の国以外にも興味のもてそうなものがあれば読んでおきたいです。

今は、多忙な毎日の中で読書の時間をいかに確保するかをいつも考えています。

細切れ時間しか、ふくろうには与えられません。

読書も、計画的に地道に進めています。

昔若いころに、伯父が、読みたいと持って買った本があって、70歳を過ぎていたので、何だか読むのがつらいといい、
お前が読んでから内容を教えてほしいといわれたことがあります。

早速読んでから、内容を教えて上げました。

その頃は、そんなものかなと思いましたが、自分も年を重ねてきて、
目標がなかったら読めないかもしれないなと、とにかく、脳みそを使い続けるのだと、
肝に銘じて取り組んでいます。

とは言え、コミックから歴史まで自分の興味のあるものをとにかくたくさん読みたいと思っています。

図書館の本を全部読むのを目標にしようかと思いましたが、

読みたい本が全てあるということはなく、

やはり自分で、買い求めたりするものもあります。
なので、やりくりも考えなくてはなりません。

図書館でリクエストをする時に、新刊を希望することもあります。
ただし、人気作品は順番待ちが長かったりします。
<Sponsered Link>



年齢を考えて、やはり購入も多くなりますね。

この『中世を旅する人びと』を時間をかけて読みながら、知らなかったことだらけでございました。

庶民の暮らしこそ、今ふくろうが最も知りたい興味深いところですね。

この本の内容は深く、今まで持っていた先入観が変わっていきました。

中世のヨーロッパの生活は、ふくろうには全く想像ができないことばかりでした。

こういう細かい歴史も知ったうえで、文学や小説を読みたいなと思います。

文章からイメージできるものや、感覚が違うものに思えてきます。

人には様々な人生があり、いろんなことを思って生きているのだなとつくづく思いました。

この地球上で、いろんなことがあったのだと思うと、表面だけではいうかがい知れないものがたくさんありますね。

これからふくろうは、もっと深い歴史の本も読んで、映画やドラマ、それにコミックも、歴史ものが好きなのでたくさん見たいです。
歴史観が変われば、みた後の感想も変わるかもしれませんね。

今まで読んできた歴史小説とこれからの歴史小説は変わるかもしれませんね。
おとぎ話やファンタジーも、人々の生活の中から生まれてきたのですね。

遠くに旅をする予定はないふくろうは、今後も書物や映画でいろんなところに旅をするつもりです。
この本は心にずっしりときました。

では。
<Sponsered Link>



Pocket