2018年10月の記事一覧

本や映画を旅するふくろうの日記帳

月別:2018年10月

宮廷女官チャングムの誓い 第4話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第4話』でございます。

元気な子ですからね。チャングムは、王様のお夜食をダメにして、ヨンセンと一緒に蔵に閉じ込められます。
当然ですね。
これはチャングムが悪いです。

普通の子ではないですね。予測がつかない子です。

あと先を慎重に考えることがございません。

<Sponsered Link>



ところでレンコンと生姜で何かすぐに作ってしまうハン尚宮はすごいですね。
このドラマでの調理風景は素敵です。

カン。トックのおじさんは副業に精を出しておりますよ。
もしかして出版禁止の出版物でしょうか。

見つかったら大変ですね。しかし、商売は相手があって成り立つもの。
女官たちもお得意さんですから、営業できますね。
手書きですねおじさんの。

才能でしょうか。

それでもおじさんはチャングムのことをハン尚宮に頼んでいますね。
いいおじさんですね。

血つながりはありませんけど。

さて蔵ではチャングムがヨンセンの治療をしていたのです。
生活力ありますね。

ハン尚宮はチャングムの才能に気が付きますか。
訓育尚宮からお仕置きを受けるチャングムです。

いって聞かせる時間が惜しいのでしょうか。

要領も悪いけど、規律に従わなかったチャングムがいけませんね。

子どもが夜中に、
命の危険があるかもしれません。

幼いといえば幼いけど、懲りないタイプなのできっちりわからせる必要があるかもしれません。

バツとして集団に入れてもらえません。

それでも門前の小僧をやっていますね。根性はあるようです。

例の謀反以来チェ尚宮一族は現在の王様の側近についています。

ところでいよいよチャングムたちが尚宮たちの部屋庫に選ばれる時期になりました。

チャングムには資格が与えられそうにありません。

チャングムは試験を受けさせてくれるよう頼みます。行動力ありますね。

試練を呼び込む娘です。

手段の中では誰かかばってくれたり、引き立ててくれたら、うまくいくかもしれませんが、
天涯孤独のうえ身分のこともあり、コネもなく、荒波の中で泳いでいます。

今回4歳で試験を受ける子がいます。
え~~~~~っですよ。

実際にこんな年齢くらいからこの場所に入れるのでしょうか。
幼稚園ではございません。この子はおむつがいりそうでした。

ヨンロの意地悪のおかげでチャングムが試験を受けらえることになります。
いくらなんでもこんな幼い子をおけを持たせて一晩中立たせるなんで非常識ですね。

みんなが驚いたことにチャングムはただの小娘ではございませんでした。
記憶力抜群ですね。

故事にも強いのです。
やったね。逸材ですわ、このこは。

礼儀作法は大人顔負けです。話し方が淑女
ですね。

ハン尚宮がチャングムを預かることになるのですが、ハン尚宮はなかなか厳しいですよ。
チャングムの同輩たちはいつも意地悪を仕掛けてきます。
同輩だけでなく先輩もです。
<Sponsered Link>



ロクでもない子らがチャングムを疎外しようとします。
相手の悪意を感じても味方がいないのでこどくですね。
ヨンセンだけが味方と言えば味方です。

この子も可愛いですね。
ハン尚宮の指導は深そうですね。チャングムに考えさせるやり方です。
禅問答でしょうか。
なかなかほめてもらえないチャングムでございますよ。

おいしそうなホタテの煮物ですね。
いやもう、このドラマは唾が出ますね。
食べたくなりますもん。

土雨が襲ってきます。
この時期に食べ物が腐ってしまいます。
原因がよくわからないので宮中は大騒ぎになります。

この事態にチャングムが一人とった対応が功を奏します。

尚宮たちが原因がわからなかったのに、チャングムのおかげで一部無事でしたね。
お母さんの教えが生きています。

水がいかに大事かわかりますね。
現代を違い、飲み水が濁ることがあったのですね。

ハン尚宮と話すチャングムが涙を流すシーンがあります。お母さんが亡くなったことを思い出してしまったのですね。
ちょっぴり心が痛いでしょうね。

小さな女の子たちが料理の下ごしらえに勤しむ姿がいいなと思います。

心を込めて食べる人を思って料理を作る、いいお話ですね。

子供たちはクミョンのうわさをしています。
神童だって。

こんな小さい子が親元を離れて暮らすことができるなんてふくろうには信じらえないです。

行くところがないチャングムはここで頑張るしかありませんね。
小さなチャングムが可愛いです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第3話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い エピソード3』でございます。

天涯孤独となったチャングムはとぼとぼと村に。
そして、倒れてしまいます。

カン・トックの家に棲ませてもらうことになります。
おばさんは強欲な感じですね。

早起きのチャングムが役に立つのを見抜き、しっかり働かせます。
<Sponsered Link>



チャングムは小さな淑女ですね。
よく気が付いておばさんも笑顔になります。

おばさんお性格はきつそうだけど、おじさんがどうもさぼりの常習犯らしく、こうなったのでしょうね。

おじさんは時々いやいつも?お酒をこっそり売ったり、さぼって飲みに行きますよ。
おじさんは、料理の腕はいいと思います。

チャングムが働きものですから、好都合なのでしょう。

幼いチャングムがよく働くのは今は亡きお母さんの教育のたまものですね。
聡明なチャングムは生活力がございます。
家事もこなせそうですね。

夜、お母さんやお父さんのことを思い出すのでしょうね。
一人で声を立てずに涙を流します。
いやあ、わかるなあ。

親と一緒に暮らせない寂しさはこうやって我慢するしかないですね。
どこで暮らそうと味方はいません。
しかし、生きていなければ、生きなきゃとチャングムも悲しさを忘れて体を動かしてるのでしょうね。

さて、社会の大きな転換期がやってまいります。

暴君の燕山君を退けて新しい王様を据えようという動きがあります。
時期が来たと判断したようですね。

燕山君、もうやりすぎています。
国中が震撼しています。
血の雨を降らしていました。

ただクーデターをやるためには情報を時期王に伝える必要があります。

何も知らないチャングムも、お酒を運ぶことで実はこの企てに役立っています。

王様にも敬語で答えています。淑女みたいで可愛いですね。

チャングムの就職活動は、お母さんの言葉に従って女官になりたいのでした。
お酒をもっていって、ちゃっかり交渉していましたね。
女官になるということは生涯結婚できないということにもなります。
王様に気にいられれば将来が開けるかもしれません。

尚宮になって、お目見えできれば側室にもなれるのです。

でも運でしょうね、そういうのは。

<Sponsered Link>



ほとんどの民は貧困で喘いでいます。
最高尚宮になるという夢、お母さんの夢でもあったのですね。

利口な娘だといろんな人が思うチャングムの前には大きな壁が立ちふさがっています。

後ろ盾のない子には宮殿は冷たく思えます。

親と幼いころにわかれる運命は過酷だと思います。

生きなきゃ、チャングム。

さて、なんとか宮殿に住み込めるようになったチャングムでございます。

子供たちの中でも、疎外されそうになります。

意地悪なヨンロがしきります。

ヨンセンはカメを持ち込んできましたが、ヨンロに放り投げられてしまいます。

大人の介入しない場所では、さまざまなことが起こりますね。

相変わらずチャングムはマイぺースです。

お母さんから聞いたあるものをチャングムは探したいのでした、

その時にはんさんぐんたちにみつかってしまいます。
王様の夜食をおじゃんにしてしまい、ハン尚宮はしょうがとレンコンでつくりなおします。

このBGM、好きですね。
これを聞くとお料理がしたくなります。
このドラマの料理のシーンは楽しいです。

ハン尚宮の見事な包丁さばきに見とれるチャングムでした。

宮廷料理でしょうかね。
色とりどりの豪華料理が見られます。

そこもこのドラマの魅力ですね。

チャングムはこの時にクミョンという女の子と出会います。
小さな女の子たちが働く姿が可愛いです。

みんなすごく長い髪をしています。
当時のシャンプーはどうやっていたのでしょうね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第2話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第2話』でございます。

幼いチャングムは好奇心の大きい子です。
しかもエネルギーがあふれていますね。

学問にも興味がございました。
けれども、勉強はしてはならない、と両親に言われています。

はいはいということを聞くタイプの子でもないようですね。チャングムは。

頭のいい子でしょう。
できるのにやるなというのはむごいです。
言いつけを守らないとムチ出で足を打たれます。
<Sponsered Link>



チャングムの足には内出血がすでに広範囲に残っていましたね。
これを見るとチャングムは元気のいい子だろうなと思います。

普通に自然な心の持ち主だと思います。

親としては潜伏状態で生きていますから、生存が知られたら大変なことになります。

だから家族を守るためには仕方がないのです。

お父さんは鍛冶屋としても腕がいいようで、宮殿から尚宮が注文に来ます。

夫婦でひやりとすることでしょうね。

目立たないように生きていこうとしていますから。

母親のミョンイは料理上手です。全職が宮殿の食事係でした。

お料理のシーンがふくろうは大好きです。
おいしそうだなとついついのぞき込んでしまいますね。

さて、今回はお父さんが祭りで相撲をとり、強すぎて妬まれ、白丁の身分だと知られ、濡れ衣を着せられて連れていかれようとします。

とたん、チャングムは、話してはならなかった、父親の過去の職業を叫んでしまいます。結果、情報が周囲に見抜かれてしまい、連れていかれてしまいます。

うーん、あの老師の言った通りですが、
チャングムの口の軽さにふくろう少なからず憤りを感じたシーンでした。

恐ろしくて口が動かない、という場合もあるだろうし、

なぜこの時点ですっかり白状してしまうのか。

助けようと思ったのでしょうね。
しかし、それが通る環境ではないのです。

そこは子供だからわからなかった。

しかし、いったん口から出た言葉はもう元には戻りません。

両親ともに、生きるのが必死で、しつけや教育などをする時間もなかなかなかったと思います。

希望を与えたかったというお父さんの愛情が裏目に出たとも言えます。
親の言っていた言葉の意味がこの後チャングムのは嫌というほどわかっていきます。

がけの上で暮らしていたともいえる人生ですね。

チャングムが人に気兼ねをするとかはありませんから、
親は、軍官の衣装など証拠になるものは消滅させておくべきでしたね。

似顔絵まで回ってきて、いつかは見つかるかもしれませんでしたが。

この村は宮殿からものすごく遠距離ではないのでしょうね。尚宮が歩いてこられるくらいですから。

都では粛清が始まっています。
王の逆鱗に触れたら誰でもあの世行きなのでした。

恐怖におびえながら、みんな生きていたのですね。

なんか、国が亡びる方向に行っていませんかね。

<Sponsered Link>



ミョンイはチャングムを連れて夫の行方を捜します。
チャングムも男の子に姿を変えています。

ミョンイは、ハン尚宮に連絡を取ります。

涙の再会ですね。二人は親友でした。

併しこれがあだとなっていきます。気がせいて油断したのですね。
宮中は恐ろしいところですのに。

ミョンイが生きていたのをチェ尚宮に見られてしまいます。

ミョンイはチャングムと一緒にチェ・パンスルにつかまってしまいます。
このチェ一族は、燕山君のほうですね。

チェ家から役人に連行される二人は途中を狙われ、ミョンイは弓で打たれてしまいます。
非力な母娘は頼れるものがございません。

洞窟でミョンイは弱っていきます。
命の終わりを悟ったのか、手紙をしたためます。

手の打ちようがない状態でしょうね。

予言どうりになっていきますね。

母親としてミョンイは何を言い残すのでしょうか。

チャングムはこれからいうことを聞くと母親に約束します。

生き抜いてほしいとミョンイは伝えます。
お前は多くの人を救うだろう。

死にゆく母にできることはもうありませんね。
チャングムにでいることをチャングムはやります。
母との別れですね。

子どもを残していく母親は心残りも大きいでしょう。

命のバトンはチャングムに渡されました。

人は一人で生きているものではございませんね。
チャングムがどうか守られて生きていけますように。
お喋りで楽観的な少女チャングムの未来が気になります。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

尚衣院- サンイウオン -

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『尚衣院-サンイウォン-』でございます。

時代劇のパク・シネさん、初めて見たかな。

気品ある王妃の役が光っておりました。

朝鮮王朝の王様たちの衣料について、いろんなことがわかりました。

主人公は、ドルソクとゴンジンという二人の仕立てをするデザイナーの物語です。
<Sponsered Link>



王朝の衣装の裏話が興味深かったです。

一つの道に一生をかけて生きる人たちの姿が心地いいです。

ドルソクは両班になる日を夢見て働いておりました。

そりゃあなりたいですよね。

王様や王妃様の着られる衣服はいつみても業かで美しいですね。

パク・シネさん演じる王妃様は悲しい人生を耐えています。

王様は王様で、日陰で生きてきて、兄が亡くなってやっと王様になりました。

しかし、王様の生活は面白くないことばかりです。

兄への劣等感やプライドが邪魔して、王妃様とも打ち解けられないのです。

王妃様のせいではございません。

王妃様は長い間耐えてこられました。

この二人の間で、衣服を作ることで人間関係を変えていこうとするゴンジン。

人間ドラマと、衣服もたらす喜びが感じられて楽しい映画でした。
ラストで誰が幸せになったのか、一言では言えません。

王妃様は王様にいいたいことを言いました。
今後もずっと冷たい関係に終始するのかな。

この人たちは自分から動きませんよね。
ゴンジンが王妃様を思うようになっていくのが描かれています。

ですがゴンジンは最後まで王妃様になにも求めませんでした。

結ばれなくても、このくらい徹底して愛するのは見ていてすがすがしいですね。

登場人物の中で、ゴンジンが型破りなデザイナーとして市井で生きる姿が輝いていましたね。

王様に愛されない王妃様に、引き立つ素晴らしい衣装を用意するところが楽しかったですね。

あの、王妃様が静々と入ってこられるシーンがとても美しかったなあ。

ヘアスタイルが素敵でしたね。
<Sponsered Link>



それから裾の長いドレス。
色合いも浮つかない金や白が主体で、品格を感じました。
周囲を威圧せず、さりとて、尊敬を集めることができるドレスと髪型でした。

本当に美しかったです。

上品でしたね。

ゴンジンの作った王様の狩の衣装が好きでした。動くと素敵なシルエットになりますね。

それから王妃様が着こなした
ゴンジンの新作の数々が柔らかくて上品でよかったと思います。

男性の官服の、サイズについての考察も面白かったです。

袖が長いこと。
最初に飲みながら腕を袖から出そうとするしぐさの意味が、みていくとなるほどと分かりました。

長いと困っていますね。

衣服に関する映画らしく細かいところまで描かれておりました。

ゴンジンの登場で、ドルソクは嫉妬心に燃えていきます。

王妃様の衣服に情熱を傾けるゴンジンのデザインを真似してソイの衣装を作っています。

この衣装も素敵でした。
ただ王妃様となると、唯一の存在という感覚を表現したのでしょうね。

命を顧みず、ゴンジンは、王妃様のために美しいものを作るのでした。

愛でしょうね。
この人に来てもらいたい、そんな思いで作ったのです。

見返りは求めず、王妃様に幸せになってもらいたかった、純粋な愛情だと思いました。

なんか、ゴンジンはセンスのいいデザイナーですが、時代に受け入れられないほど先をいっていたのでしょうね。

間違いなくカリスマデザイナーで才能の塊と言えます。

生まれるのがはやすぎたのか。
いやいや王妃様とかかわることなく、市井で生きればもっと長生きしたはずです。

パク・シネさんが優雅で美しかったのが見ていてうれしかったですね。

ゴンジンが自分が亡くなるかもしれないと思っていたのか、ドルソクに、両班の衣服を残していました。
その才能をねたみながらも、反面愛していたと思いました。
ゴンジンの気持ちを思い、涙しました。
王様はこの話ではいいことはありませんが、
この後少しでも成長していただければと思いました。

王妃様は、王妃の間はきっと慈善事業に精を出されるかもと思いました。

生きがいを見つけて、そしてゴンジンの思いを忘れずに長生きしていただき、

是非王朝の権力者になっていただきたいです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket