2018年11月の記事一覧

本や映画を旅するふくろうの日記帳

月別:2018年11月

宮廷女官チャングムの誓い 第32話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第32話』でございます。

チャンドク医女が出払っていたときに、チャングムは倭寇の首領を治療することになりましたね。

この時点で、チャングムがいたからこそ他の人たちは助かったのでした。

だけど、実際、こんなことが起こったら、パニックですよね。みんなで相談してからねなんて、悠長なことはできません。

ひとりひとりが発する言葉で、どういう結果が待つのか誰も考えていられないでしょう。

トックおじさんが早速いろいろしゃべってしまいます。うーん。

しょうがないなあ。
<Sponsered Link>



それにしてもチャングムの人生はいつもこういう風に追い込まれるのですね。

人助けをしてさらに義禁府にしょっぴかれてしまいます。

なんか気が遠くなりそうです、ふくろうも。

心が折れないようにしたいです。

人生が、いつもジェットコースターなチャングムでございますね。

ジョンホがチャングムのために宮中に戻らないことを知ったチャングムはジョンホに話します。

ジョンホのお父さんも年齢が高いのですね。
息子がもどってくるのを楽しみにしていたのです。
ふくろうもお父さんに同情します。

済州島を目指してジョンホを伴わないで戻る途中のこと。
ハン尚宮が埋められている場所に向かいます。

実はここはよその土地だったのですね。
勝手に墓を作ったことをその土地にすむ若様にいわれたチャングムですが、

若様の顔色が気になってついていきます。
病気の見当がつくなんてさすがはチャングムです。

お金持ちのお父さんがチャングムを嫌うのですが。この若様は人相を見ることができるのでした。
チャングムは人を救う人相だといいます。

若様はチャングムを信じます。

チャングムは凝り性なのかな。

いきなり若様についていくのも少々驚きました。
初志貫徹じゃなかったの?

そしてそのことがあって、実は医女の試験があることを知るのです。

なるほど、意味のあることだったのですね。

ハン尚宮のみちびきかもしれません。

ウンベク医師はチャングムに試験のあることをいいませんでしたね。
例のことにこだわっているのですね。
<Sponsered Link>



やがてチャングムは試験にぎりぎり間に合います。

3人ずついちどに面接で試験があります。
ウンベクは試験官として復讐のことを聞きますね。
罪人でも助けると他の人はこたえます。

チャングムは考え中としますね。
素直ですから、すぐにはこたえられないのです。
はっきり言えないので言わなかった、それでいいですね。
先に延ばしてまず取り掛かる、でいいでしょう。

さて、試験発表の日、チャングムは受かっておりました。
優秀さは誰が見てもわかります。

このドラマみていくと、料理をしたくなりました。
水刺間の料理をする人たちを見るといいなあと思い、自分もやろうと思うのです。

それから、チャングムが精進する様子が大好きです。例えばあの和綴じの本を読んでいきますよね。

口に出して覚えていきますね。

あの勉強法はいいと思います。
チャングムが勉強するのを見たらそりゃあもう、勉強がしたくなるのです。

影響力があるドラマです。

チャングムがやっているのを見ると、単純に面白そうだなと思うのですよ。

努力して道を開くチャングム、は、いつもこれでもかと逆境が待っています。

頑張るしかないチャングムを見ていると、ふくろうも頑張ろうと思えるのです。

そういう意味で、元気をもらえるドラマですね。

<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第31話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第31話』でございます。

チャングムの新しい目標は医女になて宮廷に戻ることです。
しかし、ウンベク医師は、怒りをもって医術を学ぶことを叱ります。

復讐のために、これは実はチャンドク医女が行おうとしたことでもありました。

いかすことと殺すことを同時に勉強し生かすツボと殺すツボを一緒に覚えたとのことでした。

そして苦しみましたね。
<Sponsered Link>



済州島に来てからチャングムの着物の衿が擦り切れていますね。
何だかチャングムの心情と似ている気がします。

医学を目指して鍼を打つ練習もしますが、失敗をしてはいけないと思いなかなかうまく打てません。

師匠のチャンドクにうって危険な目あわせたのが理由らしいです。

さて敵討ちを一体どうするのか。
難しいところです。

気持はわかります。
ジョンホもチャングムの気持ちを聞くだけです。

倭寇の襲撃に備えてジョンホは留守にしてしまいます。

雪が降っていますね。いいですね。
寒々とした感じが伝わってきます。

首医女も留守にします。

警備が手薄になります。
其処に急患が参ります。おじさんでした。カン・トック。チャングムを訪ねてはるばる済州島までやってきたのですね。

鍼に自信が持てないチャングムでございます。デカいお灸をすえています。

あれ、おじさん、おばさんに子どもができたのに、もう失ったお言っています。

お気の毒ですね。

風の強い夜、チャングムはまた外にでています。

危機管理がどうもいけませんね。

そこに何者かが現れてきます。見たところ倭寇でしょうか。
歴史はよくわかりませんがピンチでございます。

これは避難しかないでしょうね。
日本語が聞こえます。

逃げ遅れたものはつかまっています。

おじさんもチャングムも牢の中でございます。

曲者たちはどうやら医者を捜しているようですね。
おじさんの口は軽いですよ。

ここであなたが言う?
<Sponsered Link>



追い詰められるチャングムでございますよ。

無理難題を暴力で強制するわけですね。

助けてくれない人ばかりですね。

今がチャンスだとしたら、チャングムは感覚を研ぎ澄ませます。

おじさんを救うためにチャングムは開眼したようですね。

しかし、チャングムを連れてここを去るというのですよ。

ジョンホが連絡してきました。

やがてチャングムたちはジョンホたちによって助けられます。

今日もふぶいています。冬のロケは過酷そうですね。
しかし、この済州島のシーンは好きです。

おじさんは手柄話にしています。

調子が良すぎです。

チャングムの人生を象徴するようにふぶいています。

ジョンホの思いがチャングムを包んでいますから、暖かい一コマでしょうね。
幸せな時間です。

支えがあると人生がいい感じになっていきますよ。
おじさんは元気です。

そしてまたまたチャングムは逮捕されます。

今回、鍼がうてないと思い込んでいましたが、思わぬ展開でチャングムは会得しました。

喜ばしいことですが、国の掟がのしかかります。

チャングムが鍼を使って治療したからこそ、
蛇、ムカデ、

みんなが生きていられるのは、チャングムがいたからですよ。

優秀なのは確かです。

チャングムは虫毒による治療法まで習っています。

蛇、ムカデ、ナメクジなどを使って治療ができるなんてすごいですね。

生き物の存在価値を思いました。

なるほど。

<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第30話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。

今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第30話』でございます。

反抗しながら、チャングムは宮中に戻るために医女を目指します。
復讐をしたいのでしたね。

それからのチャングムはものすごいパワーで学びは始めます。
この時代、紙も貴重ですね。

今のように豊富に使えません。
チャングムは暗唱しながら寸暇を惜しんで復讐しています。

優秀なうえに勤勉ですからめきめき実力をつけていきますよ。

先輩たちから嫉妬されますが、師匠が厳しいのでピリピリしています。
<Sponsered Link>



またいじわるされますかね。

雪が降っています。こういうシーンがふくろうは大好きです。

チャングムは確かに逸材です。

集中力が違います。

こういう風にして勉強するチャングムを見るたびに。勉強するのは面白いなと思います。

道を開くには与えられたチャンスを生かすしかないですね。

水刺間でも医学書まで読んでいましたし、人生に無駄はないとつくづく思いました。

女官だったと気の人生の貯金は結構あると思います。

それがどこかで出てまいります。

チャングムがハン尚宮から学んだことも勉強するのに生きています。
今、顔色を見る勉強をしています。
これができるなんてすごいと思います。

昔なので今思えば、驚くような方法で勉強しますね。

楽ができないので、実力もつく気がします。
苦労や努力は裏切りませんものね。

ジョンホはチャングムにいいたいことがあるようですね。

愛が育っています。

たぶん運命の出会いでしょうか。

若いころの苦労は無駄にはなりませんね。

師匠も厳しいけど、ハン尚宮にたえたチャングムですから
めきめき実力がついていきます。

土台があるからですね。

和綴じの本をどっさり読まされます。

暗記すれば後で理解できる。チャンドク医女は言い切りましたね。
実はこの勉強法もいいなとふくろうは思います。

勉強のための運動神経を鍛えることになると思います。

さて、寂しいヨンセンは宮中で、ぼうっと生きておりますね。

実は王様がヨンセンを気にいり、ヨンセンは身分が変わります。
何と、何が起きるか人生はわかりませんね。

側室のひとりになるのです。

一方クミョンは、チェ尚宮とは違った方法で最高尚宮を目指します。
チャングムがやっていた訓練を子供にさせています。
いいものはいいといいたいのですね。

負けたとクミョンは思っています。
実力ではないと。
小細工をせずに勝てたはずだと。
<Sponsered Link>



チェ尚宮の目標は大きな権力なのでした。

クミョンはジョンホのことでも傷ついています。

おばさまが 悪いのだと言ったことになります。

クミョンもつらいですね。

ジョンホに言われたことが心に残っています。
クミョンはチェ尚宮のチームにいるのですから、
こういう人生になりますね。

ヨンセンが側室になりますが、
お化粧してもらっています。
王様の前ではヨンセンは緊張しています。
それはそうですねえ。
ヨンセンは可愛い娘ですね。

一方、クミョンとチェ尚宮は口もききませんね。

この出来事に驚いたのはミン尚宮はじめ水刺間の女官たちです。
およよ、特別尚宮でございますよ。ヨンセンは。
チェ尚宮もクミョンも頭を下げます。

部屋が一つもらえるんでしたよね。
素敵なお部屋です。
色使いが可愛いです。

ヨンセンも優雅で上品ですよ。

ヨンセンは王様にチャングムやハン尚宮のことを申し上げるつもりですが、ミン尚宮が止めます。

チャングムが危なくなると。

一方トックおじさんとおばさんは子供の生まれるのを楽しみに待っています。

子どもは宝ですからね。

乳児死亡率は高い時代でしょうね。
育ったら奇跡かもしれません。

今回も雪が降っています。いいですね。
雪も見たくてチャングムを見ています。

チャングムの修業は進みます。

手の感覚は鋭いですね。さすがチャングムです。
ゴッドハンドです。

人間て不思議ですね。

実は今回、ウンベク医師にチャングムは再会しますよ。
医女と医師、チャングム応援団です。

チャングムを育てる人たちでございます。

この二人の出会いも、なかなか面白い。
いきなり、つかみかかられるのです。

熱いですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第29話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第29話』でございます。

済州島に来てからのチャングムは表情が反抗的で濁っていますね。

今まで素直に生きてきたわけですが、人生のあまりの過酷な展開に、希望が持てないでいるのでしょうね。

チャンドクという医女に不信感も持っています。

確かにチャングムが思い描くようなタイプの人物ではないのでしょう。

頑固で口も悪いし、
お金持ちからはどっさり治療費をいただくのです。
<Sponsered Link>



しかし、それにはわけがございました。
チャングムや、ハン尚宮に比較したら、清濁混合という言葉がぴったりくる方だと思います。

純粋なだけでは生き残れないと思います。

ふくろうは、政治力がハン尚宮やミョンイ、チョン尚宮、それにチャングムには足りなかった気がします。
才能、人柄、実力がありながら、なんでこういう事になっているのか。

ですよね。
悪にやられすぎな気がしておりました。

その点チャンドク医女はやり手で、食えないお方のようです。

それもいいなと思います。

こういう人が必要です。

ジョンホもチャングムの後を追って済州島にやって来ましたが、チャンドク医女に協力することになりましたよ。

済州島では水が金よりも大事だということです。

庶民は真水にありつけないのです。

薬は塩水で飲んではだめだとチャングムが言っています。

行く道を失っているチャングムですが、今までの食べ物を作るほうの修業が無駄ではなかったことを実感しますね。

チャンドク医女は宮中に行けるのに、断るのです。

そこでチャングムは医女になればまた宮中に戻れるかもしれないと気が付きます。

ジョンホに医女になると、もう宣言しています。
本当にこの子は楽観的な子ですね。
何がどうやらあまりわかっていないうちからどんどん前に行きますよ。

さて今回トックおじさんは事情があってアヒルばかり夫婦で食べておりましたら、
なんと、おばさんは妊娠したらしいのでした。

イルト、これが以前ふくろうが知っていたこの夫婦の一人息子ですが、
亡くなっていたんですね。
おばさんが今始めて明かす、知られざる家族の歴史でございます。

なーんだ、そうだったのですね。
何にもでてこなかったので、ふくろうは気をもんでいましたよ。

誰も言葉にしないので、知りませんでした。
<Sponsered Link>



この時代、子供のうちに亡くなる割合は現代よりはるかに多かったのでしょうね。

謎が今日一つ解けました。

実はアヒルについてチャングムも、ジョンホの協力を得て、アヒルと硫黄について調べるつもりです。

ハン尚宮は明らかに冤罪だとわかっているのに、すべてが裏目に出て、今こんなことになっています。

チェ尚宮は思い通りに最高尚宮になりました。
水刺間の権力の構図がまたチェ一族の天下になり、
ミン尚宮やヨンセンはひっそりと過ごしています。

本当に宮中には妖怪が憑りついておりますよ。

チャングムの大事な人たちはすべて殺されてしまいました。

この後チャングムの目標がどうなるかは、はっきりわかりませんが、
医女になる、というのが光の中に見えた希望でしょうか。

チャングムは何かをやりながら力をためて行きしかないですね。

なんせ悪者のほうが協力者が多いのですから、ここはいったん退却して、また再挑戦するしかございません。

人は挫折してまた意欲の出る道を見つけて生きていくのですね。

ということは、人間にはいくつかは絶対に道が開けていくと確信できます。

チャングムなら、何をやっても、頭角を現すと思います。
狭い宮中に戻りたいのでしょうが、本来、もっと広い世界で活躍も可能な人材だと思いますね。

聡明、前向き、情け深い、あきらめない、チャングムにはいいところがたくさんありますね。
これらは何かをやり遂げる人が持つものだと思います。

済州島の風景、雪景色やふぶく雪、寒い時の撮影でしょうね。

寒さの中で研ぎ澄まされていくチャングムのこれからを見守りたいふくろうです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket