2019年01月12日の記事一覧

本や映画を旅するふくろうの日記帳

日別:2019年01月12日

シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第10話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第10話』でございます。

あれ、恋占いしてますよ、ハウォンが。
乙女の青春してますね、ハウォン。
相手の気持ちを知りたいですよね。
相手にきくのが一番だと思いますよ。

ここでジウンはわけもなく、
ハードに試されることになります。
ハウォンを好きなら怒らないだろうという意見ですが、
試す前に、嫌われていた場合も、考えておかないとね。

なんせハウォンですから、やることが的確で見事にヒットいたします。
見ていて小気味いいほどやってしまいます。

ジウン、おおらかなのでしょうか。
<Sponsered Link>



弱者をよそおうハウォンですね。
そういうキャラではないよね。

そして、心配や差し入れについて指摘します。
可愛くなりますね。
ジウンに、好意を示してもらいたいのよね。
わかります。

ところでいじわる親子も元気そうですね。
妄想しています。
独自の世界です。他の人には理解できません。

この後、
世の中甘くはないことを思い知らされることになると思います。
関わろうとしている相手は、
まったく違った世界に住んでいるのです。

この物語のなかに、
こういう裕福な人たちとそうでない人たちと
描かれています。

裕福な世界の頂点にいるようなヒョンミンが
壊れていきそうですね。
ジウンの大事な車のコレクション、
こわしていいのかな。

物を大事にしないヒョンミン、罰が当たりますよ。

不機嫌になるハウォンにソウは
「僕は君の方がいい」と、いいます。
お世辞じゃなかったとふくろうは思いますよ。
ソウの新アルバム「告白」リリースされます。
この曲、素敵です。
ソウはこれを送りたい人がいそうですね。

初恋、いいなあ。
ソウはデカくてかわいいですよね。
このアルバムのライブをハウォンにせがまれて歌います。
いいシーンです。
いやといえませんよね。
それに副題はハウォンでしたよね。

たった一人のためにスーパースターが本気の心を込めてハウォンだけのためにうたうのです。

もったいないというか、うらやましすぎますね。

これではたいていの女性は落ちるでしょう。
それほど素敵すぎるソウでした。

ため息が出ちゃうのでございます。

ふくろう、ソウの声が大好きです。いい声ですね。ほれぼれします。

さて、どうしたというのでしょう。
何を感じたのかな。
途中でハウォンは遠慮しちゃいますよ。
ソウの声で、癒されますね。
こういう気持ちで曲や詩を作ることができるのも
幸せだと思うなあ。
ハウォンが気が付かない。
ソウの気持ちが、切ないです。
ときめくシーンですよね。ここは。

一方ジウンも、差し入れしますよ。
さらにユンソンも
ハウォンにはものすごく過保護ですね。
この人は好意のある人には、
とにかく超がつくほど気を付けるのね。
ユンソンには、
ハウォンは一緒にいたら気が楽になれる妹でしょうね。

病院への付き添いはジウンのお役目になりました。おお。

今回は会長夫人が実の子のユンソンに
お見合いを勝手にセッティングします。
ユンソンには怒りが込み上げます。
普段から寡黙なユンソンだけに、怒りはMAXですね。
実の親子であることは会長には隠しています。

お金持ちの人と縁組をして幸せになってほしい
という意図ですね。
12年の間一緒に暮らしていなかったのにはどんな理由があるのでしょうか。
よほどのことかもしれませんね。
誰かを忘れて生きる、そういっていましたね。
ユンソンは笑顔なんて思い出さずにいきてきたのでしょうか。

とにかくお金とお金をたくさん持っている人を
追いかける人がたくさん出てきます。
ここでまたもう一つの親子が出てきましたね。
こういう仕掛けにふくろうも驚いています。
わかりやすいですね。

会長は後継者を決めていませんからね。
これから一波乱ありそうな感じですね。

しかし、母親として子どもの気持ちを考えてはいませんね。
病んでいる人かもしれません。
誰かを利用しても、それを肯定しています。

今後の展開が気になります。

<Sponsered Link>



ハウォンの足、復活いたしますよ。

丈夫なシンデレラでございます。
ドクターが何度も何度も念を押しましたね。Dr,の太鼓判ですね。
ジウンもしっかり聞いていました。
残念なほど丈夫なハウォンでございます。

それにしても自力で帰れですって。
ふくれるハウォンです。
しかし、ポカやってますよ。

さてドライブにジウンは連れて行ってくれますよ。
楽しそうですね。
ききたいことを聞こうとしたときに、邪魔が入ります。

一方ヒョンミンはへジからの電話に出ません。

大体付き合えないといいながら、
俺を好きだといったくせにとか、
矛盾したことをグダグダ言ってましたね。

へジはほかの男と付き合っていいのかいけないのか、
どっちなんだよといいたいですね。
都合のいいことを言ってんじゃありません。
甘えていますよね。
へジを振るけど、でも俺のことを一番すきでいてほしい?

やっぱりダサ男ですね。
ヒョンミンとへジの関係がいまいちスッキリしたらいいな。
一つのドラマの中で、複数の関係を描くわけですよね。
へジはジウンをヒョンミンをあきらめたときのスペアだと
思っているのでしょうか。

ジウンに好きな人がいたら、
こうはなかなかいかないかもしれませんよね。

結局、困っているへジをハヌルの家にジウンが連れてきます。
当分ここで暮らす、となると、
ハウォンもヒョンミンも複雑ですね。

ジウンに好意を持っているハウォンはあまり楽しくはないでしょう。
我慢しかないですね。
自分よりヘジのところに駆けつけたことが
ショックなハウォンです。

視聴するふくろうには事情が分かっています。

まだハウォンは知りません。

孫が連れてきた友人には会長はなんにも言わないのでしょうか。
まあユンソンさんがしっかり仕切っていますから、
任せているのかもしれません。
今回ハウォンに使いまわされるジウンの表情に笑えます。

回を追うごとに主人公のイケメン立ちがかっこよく見えてきますね。

楽しいドラマです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第9話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第9話』でございます。

酒癖って、飲ませてみたらいろいろわかってきますね。

あれは夢だったのか、それとも現実だったのか、ハウォンは酔いがさめて
夢ではなかったことに気が付きます。
そして朝から大事件が起こります。

事件現場、気を失っているハウォンは病院に運ばれます。
自分で転んでしまったんですね。
軽い脳震盪でした。

これで合宿は終了ですね。
それぞれに思い出を残して、ミッションのほうはどうでしたかね。
<Sponsered Link>



しかし、あれはファースト何とかではなかったのか。
ジウンも酔っぱらった勢いでしょうね。
こういうのは後でじわっと聞いてくるかもしれませんね。

とにかくハヌルの家に帰りましょう。
この合宿で、ヒョンミンとへジは冷たい関係のままですね。
へジが気の毒になります。無視し続けるのも、筋金入りです。

それでもへジはあきらめていません。それはそれで根性ありますね。
ただヒョンミンに取りつく島がないのです。
へジのアプローチはすべて空振りにされてしまいます。

財閥ダサ男になって世間を騒がせてから、落ち着いたと思ったら、
やっぱりただのいじわる男ですよね。
こいつには人生に気づきということはないのか。
コミュニケーションがキャッチボールになっていなくても、
自分の一人芝居を続けるのかな。

さて会長の臓器移植に走り回るユンソンです。
会長が家族には内緒にするようにしています。
順番待ちですね。
だけどお金次第で優先されるという話が出てきます。

一方、負傷したハウォンに手を貸そうとする4人が笑えます。
こんなにみんな親切だったのね。
心拍数も血圧も上がりっぱなしのハウォンですね。
一気に青春の真っただ中に置かれた状況です。
恥ずかしくて、元気丸出しではねています。
今まで誰かに支えてもらうことはなかったと思います。
慣れていませんよ。

おばちゃまもハウォンにごちそうを用意していました。
おや、ソウはハウォンにサービスしています。
よく気が付く子ですね。
親友にはなれます。3人の中では一番まともな感じがします。

ハウォンの言う「友達」という言葉に反応するソウでございます。
友達と決めつけられるのは心外でしょうね。

まあ、大食いのハウォンに食欲がないのですから、
これはもしかしたら、もしかするのかもしれません。
ハウォン史上ありえない事態です。

記憶にないとジウンもハウォンも言っています。
そういうことでいいじゃないですか。
忘れましょう。

復活したヒョンミンは
ハウォンに服を買うといって出ていきます。
無駄に元気ですね。
いらないというものは買いに行くという。

いつでもワンマンショーでございます。
お金の無駄使いですよ。

ソウもパパラッチにハウォンとの2ショットを取られています。
それでも自分よりハウォンのことを気にかけるあたり、
やさしい性格ですね。
素直な好意です。

しかしこの写真が流出したら、
ハウォンが髪の毛をむしられそうですね。
ハヌルとの因縁浅からぬハウォンですから
非常にまずいです。

ここでソウの大決心がなされるはずです。
このスキャンダルに勝るものといえば
例のあの禁断の写真しかないでしょう。違うかな。

ジウンは避けるハウォンも、ソウには素直ですね。
それにしても3人、親切な騎士になっていますね。

この旅行のミッション、達成でしょうか。
会長もユンソンに楽しむように言っていましたね。

とにかくまた一つ家族らしくなりましたね。

家族の部分が描かれているのは、
ハウォンと、あとヒョンミンとジウンの事情くらいです。
登場人物が多いのですべて入れることはできないのかな。

さてヒョンミンは、お買い物から帰ってまいりました。
着やすい服。ですね。ヒットかな。
ハウォン、意外とありがたかったかもですね。

やり場のない体力をなぜハウォンに使うのかと
ふくろうは思うのですが、
へジとのことは時間が解決するのでしょうか。
<Sponsered Link>



一方、会長はドナーの割り込みはしないといいました。
なるほどねえ。
ジウンは、
スマホにうつった写真にとびあがっていましたね。

ソウは相変わらずまともに親切です。
尽くすイケメントップスターが見られますよ。

気が付くしやさしいし、
ふくろうはソウ一押しですね。
それをのぞき見るジウンです。

ジウンの回想シーンもよかったです。
ひとりでにやついています。
しっかり思い出はしまっておきましょうね。

その後おばちゃまと、シャツを巡る攻防がありました。
個性的なおばちゃまですね。
このどっしり感と安定感が魅力です。

へジをほめるハウォンと話すヒョンミンですね。
この頃は女の子と遊んでいませんね。
へジの本気について語るハウォン。
ヒョンミンは不安があるのでしょうか。
愛しているならどうしたいのか、
前に進む道を描く気はないのですかね。

へジの笑顔を奪っている気がします。楽しくないよね。
恋しているのに。

この二人、ほとんど暗いシーンばかりですね。
ヒョンミンがねちねちと繰り返す話が陰気なせいですね。
これもコミュニケーションです、
ヒョンミンなりに変わっているのかもしれません。

へジはジウンのそばにいたいといいますが、
もう、みんな病んでますね。
ハウォンも気が気ではありません。ジウンが気になっています。

さてイケメンスターのソウは新曲の製作中です、
かっこいいです。
仕事中の男性は魅力的に見えます。

ところで、
シャンプーをしているハウォンは大ピンチに陥りますが、
そこにジウンがやってきます。
騎士は、シャンプーをする羽目になります。
悲鳴が聞こえたらかけつけないわけにはいきません。
便利すぎる家も考え物ですね。笑えます。

ひっくり返って助けを求めるシンデレラは
ふくろうも初めてですね。
結局、ハウォンに尽くすジウンかな。
随分と男前のシンデレラのハウォンでしたが、
恋になれていないので、行動がぎくしゃくします。

イケメン3人に対してはハウォンは本音で対処していますよね。
そこで時間ともに、3人が変化します。
それと同時にハウォンも、変わってきたのです。

こんがらがってきた関係をこの若者たちはどうしていきますかね。
不器用でも、自分の力で何ができるかやってみたらいいのです。

ジウンの本心はどうなんでしょうか。
へジは本当に一番大切な人なのかどうか。

泣いてる人、昔のジウンのお母さんがそうだったんですね。
だから放っておけないのでしょう。
それはもちろんジウンのいいところですね。
ただ、やたら誰にでも駆けつけるのは、誤解されそうですね。

ヒョンミンへの対抗心もあったのかもしれませんが、今はどうやらハウォンに好意を持っていると思いますね。

このイケメンにもはっきりしてほしいです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket