Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『班淑 皇帝の女傅(字幕版)14恋は思案の外』でございます。

衛英にけがをさせたことで班淑は食べ物がのどを通りません。

これは班淑にとってはよほどのことです。
班淑は衛英に恋をしています。
背負ってまで歩きましたもん。

こんな女性あまりいませんよね。
衛英を背負えるなんて何者?と思います。
<Sponsered Link>



何やら装飾品の髪飾りを送られて有頂天になって、そこら中に相談しまくって、やっとお返しに山椒を送ります。

この贈り物のお話は面白いですね。

そういう男女の間で交わす特別な贈り物なのですね。
すっかり、求婚されたと思ってしまった班淑ですが、衛英は誤解だと解こうとします。

ただ霍恒から見ると、衛英も好意をもっているのがわかるといいます。

感情のことは本人が自覚しているかどうか、わからないこともあるでしょう。
鄧しつのはなしもやっと詳しく知ることができました。

月錦にはすでにいいなづけがいたのです。

片思いだったのね。

別れるしかなかったのは天罰だと班淑は言います。

班淑が大騒ぎしたのは、好きな人だからですね。
自然にそうなってしまうのでしょう。

心の中にしまっておくことは班淑には無理です。
それと誰にでもわかってしまうタイプです。

嘘がつけないとも言えますね。

衛英は筋通しの人物ですし、原理原則が好きそうですね。

求婚ではないとわかった班淑は泣きます。
若いし幼い気もします。
大体衛英が紛らわしいものを、物事がわかっていない班淑に渡すからですね。

直情型の班淑ですから、深く考えずにすべてのことに行動してしまいます。

慌てずにじっくりゆっくりやることもあっていいですよ。

はじらいとか、つつましさとか、かけらもまだございません。

生徒の話、確かめないとね。
年長者に見てもらったほうが早いかもしれません。
自分的に楽観的に考えて行動するでしょう。

ただ紛らわしいかんざしみたいなものでしたね。

そんな繊細なもの、区別がつきにくいじゃないですか。
特に初心者ですし。
<Sponsered Link>



それにしても子孫繁栄の山椒なのですね。
いきなりそういうのを贈るものでしょうか。

班淑自身も単純ですから、何でも素早くワンタッチで動いてしまいますね。
ひとのいい班淑はまたまた気の毒な思いをします。

ところで新入生が入ってきましたよ。
乙班にも、勉強が好きそうなお子たちです。

班淑の講義は実用的なのがいいですね。生きていくための知恵が詰まっています。
素晴らしいです。

生徒には、世の中の現実を教えてほしいです。

若いのになかなか経験が豊富です。
他の人にはまねができませんよ。

ところで班淑を受け入れている姚にも見える衛英ですが、恋人を失った罪悪感から抜け出せていないと思います。

心の整理がついていないかな。

その部分がネックでしょう。

気が付かないうちに好きになっていた、という場合もあるでしょうね。

衛英が頭の中で思考するものと、感じているものが違うのをわかっていないかもしれません。
彼は彼なりに、傷を持ち苦しんできたのでしょうね。

その点、霍恒は自然体ですね。

姚絹さんから聞かされた衛英の過去の出来事は、かなり大変ですね。

班勇にしても難しい決断ですよ。

劉萱はなくなったのですね。
苦しまずに死なせてほしいと言いながら。

衛英は二十代しょうか。
班淑よりは年長に見えます。

学問を目指す女性が少しづつ増えた時代でしょうかね。

まだ学校と言っても公のものはこの内学堂しかないのかな。
ドラマではいつも女子だけの授業をみますが、実は衛英が教えている男子生徒もいるはずです。

教える内容は違っているかもしれません。
男性の場合は、即出世とかにかかわりますよね。

ど~んな時代だったんだろうなあ。

では。

<Sponsered Link>



Pocket