Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『班淑 皇帝の女傅(字幕版)35一枚の紙にも裏表』でございます。

裁判、大詰めですよ。

劉艶登場です。
師の応援でございます。
<Sponsered Link>



この女優さんもきれいですね。魅力があります。
朱明堂の言うことが嘘である証拠が次々と出てまいります。
探偵団、やりましたね。

誰も見ていないと思ってやりたい放題でしたが、
世間の眼はごまかせません。

生徒達、こういう風にちゃんと筋道を立ててたたかえるのですね。

これも教育の成果が出ています。

あくどい側室は顔に入れ墨をされますよ。

一生消えませんね。

出藍の誉れ、班淑は生徒たちをほめましたね。
シッカリしています。

こういったいい例を歴史に残してほしいですね。
困っている女性が大勢いると思います。

ところで、蘭芝は嫁ぎ先でひどい目にあっていました。
それを知った班淑は手紙を書きます。

蘭芝は勇気を出して戦います。

泣いてばかりはいられません。
悔しいですね。
この時代は女性がひどい目にあうのは珍しいことではなかったのです。
そんなものだと思わされています。
幸せになれなくても仕方がない。

自己評価を低くしたのは男性主体の世の中でしょうか。

助けを求めることさえしないのです。

班淑は女生徒に女誡を教えていきます。
男性とうまく付き合う方法です。
そのほかにも収入を得て自立する方法など、役に立つものがいっぱいです。

女性が泣かずに生きていけることを考えていますね。
騙されないように教育してほしいです。

さらに護身術も、心も体も鍛えていけますよ。
非道なことに泣かないようにしないとね。

蘭芝が再就職して内学堂のもどれるように班淑は鄧しつに頼んでいます。

蘭芝はひどい扱いに怒りをこらえきれません。
「遠慮するな」と班淑が書いた手紙を読み返しています。

間一髪のところに鄧しつが乗り込んできましたね。
ナイスでした。

和離のための立会人に来たのです。
大将軍が相手ですから、相手はどうにもできません。
はなしがはやかったです。

蘭芝と鄧しつ、本ねで喧嘩していますね。
蘭芝も建前ではなく、話しています。
何はともあれよかったです。
嫁入り道具も取りかえせました。

蘭芝は帰り道の馬車の中で泣き続けていました。

無事に都に戻れてよかったです。
<Sponsered Link>



一方官学の男子生徒も、外に行きたがっていました。

そこで班淑は耕作をさせます。

陛下ももちろん畑を耕しています。
可愛いです。

ここにいるのはほとんどが乳母日傘の若君です。
ぶつぶつ言うのですが班淑は、なぜこんなことをさせるのかということをちゃんと説明して、納得させます。

ここが大事なところですね。

何故かがわかれば、学ぶ姿勢が違ってきます。
いろんな意味での実りが大きいですね。

特に陛下も変わってきています。

素直に普通に物事を判断しています。豊の言うことにも大人みたいにこたえていました。
豊は陛下を思い通りに動かしたいでしょうが、陛下が変わってきているので、

次の何かをたくらんでいます。

やがて狩に行く許可が皇太后から出ます。
班淑への信頼があるからですね。

子どもを持ったことがないのに子育てが上手なのはなぜか。
班淑は草原で子供を遊んであげていました。

面倒見がいいですからね。

子どもを産んでいようとそうでなかろうと、
子どもの気持ちがわかる人はうまく対処できますね。

一言多い班淑ですが、皇太后は納得しています。
陛下が素直な息子になっていますからね。

借りの、護衛には霍恒が行きますよ。

心強いですね。
うってつけですよ。

班祝が教えるようになってから生徒たちは意欲的になっています。

生徒の悩みを解決するために命を懸けていますね。

本気で力になってくれる人がいるとわかれば、生徒も幸せなことです。

それにして朱丁のお母さん、よかったです。
朱丁はいい大人になりそうです。

誰かが誰かのために喜ぶようなことをする。
その連鎖が、世の中を明るくするのだと思います。

草原では女性の地位が低くないのですね。

いい話ですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket