Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日はジャン・スピラーさんの『前世ソウルリーディング』でございます。訳は東川恭子さんです。
この本にであったのはかれこれ十数年前でございます。
本屋さんで目があった本です。いや、手を振ってたかもしれません。
読んでみて、早速買いました。もう、擦り切れるくらい読んでます。
ふくろうは人生の指南書だと思っています。

原題が「Astrology for the soul by Jan Spiller」です。
あなたの魂はどこから来たのか。

<Sponsered Link>




占いの本の一つだとばかりと思っていましたが、とんでもない本でした。
このジャン・スピラーさんのサイとも楽しいので行ったり来たりしています。
スピラーさんの占星術はこの分厚い本に詰まっています。
「ドラゴンヘッド占星術」でございます。

知りたいことがこんなに具体的にわかりやすく書かれている占星術の本は初めてです。
書かれていることに納得しました。
今までわからなかったことが解けました。
それからずっとそばに置いて読み続けています。

自分という存在はどんな存在なのかをはっきりと知ることができます。
今現在の課題は何かを確実に示してくれる本です。
ふくろうにとっては羅針盤でございます。
この本には導かれ見守られている感じがします。

東川恭子さんの邦訳も大変素晴らしいです。
この本の日本語がわかりやすく素敵なのだと思います。
読みたいときに何度も何度も読み返すふくろうですよ。

この本に出会う前まで疑問に思っていたことに答えが出てきたって感じでした。
スピラーさんはこの本を職業上の秘密だとおっしゃっています。
すごい衝撃でした。

なぜここまで書けるのか、などど考えている暇もなく、何度も何度も読みましたね。
自分が人生で目指すものは何か、はっきりわかると、霧の中で道が見えてきます。

目の前の霧が晴れた一冊です。

現在進行形の人生で、今どの地点に自分がいるかを見極めるのにたまに読んで
達成していたら、次の目標をどこにするかを考えています。

<Sponsered Link>




わからなかった自分の人生の謎の数々が解け始めてから、バランスを取って歩こうと試みるようにしています。
それにしても私のことをどうしてこんなによく知っているのでしょうと、スピラーさんにきいてみたいです。

実際自分が困っていることの解決のための指針が示されているので、助かります。
いつでも読みたくなったら読んでいます。
今や裏表紙なんかなくなっています。
占星術の本ですが、只者ではないのです。
ふくろうをここまで導いてくれた
逆境での戦友だと思っています。

ボロボロになるまで読みました。ライン引きまくりです。
それほど人生を変えたかったです。
あんまりすごかったので仲の良いお友達にすすめたほどです。
初めて読んで満足できる本に出会ったと思いました。

生きるための指針をっじっくりとわかりやすく書いてあります。
少なくともふくろうには乾いた土地に水がしみ込むように入ってきました。

こんなにも自分のことを知らなかったのか。
何度も突き当たる問題にはどう対処すればいいのか。
納得できたところから今世で即実行です。

自分が目指すものはなにか。
どこを目指してどういきるのか。
何のために今ここにいるのか。

この本では自分の人生での基本的な課題を
ドラゴンヘッドのある星座でみます。
また今世自分が生まれた星座で取り組む課題も書かれています。

自分を知り自分の進路を知り、人生の航路を
頑張って進むための、本当に頼りになるパートナーですね。
ふくろうはおかげでめげずに進んでいます。
心から感謝したい一冊です。

では。

<Sponsered Link>



Pocket