mimizuku3

本や映画を旅するふくろうの日記帳

投稿者:mimizuku3

明朗少女成功記 第8話

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『明朗少女成功記 第8話』でございます。

お墓の前で
両親に話しかけるギテでございます。
人は最悪の時には親に話したくなりますね。
泣けばいいんです、しっかり。
たまっているものをどんどん出して、スペースを開けてみましょう。
そうしたらいい風が入ってきます。

やり直せますよ。
<Sponsered Link>



困った時の友達が本当の友達だと思います。
ギテにはどうやらそんな人がいないようですね。
そのあたり、人徳とは無縁の人生を送ってきたということでしょうね。

それがわかっただけでもいいと思います。
「うちに来いよ」なんて言ってほしくても
そんなことは期待できません。

ソックおっぱの家にヤンスン一家と
ギテまで集結ですね。
どんだけソックオッパは救済するつもりでしょう。

ヤンスンの両親はいつも通りに常識外れですし、
ソックおっぱは心が広いと思います。
それはヤンスンへの好意に基づくもの、とも言えますね。
それをいいことに両親は絶好調ですね。

ヤンスンの誕生日、朝からお食事会ですが、
片づけのほうはお母さんはやらないようです。
ヤンスンが自分で片づけています。ため息が出ますね。
この夫婦はとことん正業には就かないようですね。
親としても、子供がくたびれてしまうでしょう。

ギテのプレゼントにヤンスンの反応は厳しいものでした。
そりゃあそうです。地道にやり直す姿勢が見られません。
ギテの金銭感覚では、すぐにまた食べられなくなると思います。
金もゼロ、協調性もゼロ。可愛げも皆無です。

カードも全部止まったままですからね。
今までのそういう感覚は恐ろしいですね。
今やホームレスとヤンスンに言われたおじさんは、
ヘアピンをプレゼントです。

可愛いですよね。できる範囲でやるほうがいいですよ。
一方ソックおっぱのプレゼントは花束です。

<Sponsered Link>



さてナヒを巡ってチュンテとそのパパでは温度差が出ています。
なるほどね、一枚岩ではないのですね。
悪人、仲良く一致団結ってありえないでしょう。

悪党が一致団結していなくても平気ですけど、
ナヒもギテを陥れても幸せそうではないです。
復讐なんてそんなもんだと思います。

そしてボべのお兄ちゃん思いの気持ち、
暖かいですね。家族っていいですね。

ボべの存在がヨンチャンに与える影響も見逃せませんね。
それから塩をまかれるチュンテ、ですね。
お手伝いのおばちゃまも嫌っています。
ナメクジ以下の扱いですね。

今回カードを止められたギテはヤンスンから部屋を
もらうのですが、素直になれません。
長年のくせが抜けません。

感謝はしているのかもしれませんが、
口を開けば吠えるばかりです。
身内でもないとなかなかそういうことまでは教えてくれないでしょうね。

他人はそんなしつけの部分まで、面倒は見てくれません。

ギテも孤独に生きてきたんでしょうね。
食べることには困ったことがなかったのでしょう。
そういう苦労がないと、気が付かないことも多いです。
食べられるのは幸せなことだと感じられる感性は大事です。

このままじゃあ終われない、そうギテは思ったはずです。
まだ若いんです。
道は必ず見えてきます。

応援してくれるヤンスン、社長など
いますから決して一人ではありません。

本当の独りぼっちではないんです。
幸せじゃないですか。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket

明朗少女成功記 第7話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『明朗少女成功記 第7話』でございます。

最初の回のあたりで、
ヤンスンの夢のシーンが出てまいりましたよね。
王子様が出ていました。
このドラマを象徴するような
なつかしくもどこか垢抜けしない愉快なシーンでしたね。
緊張感は全然ありません。ヤンスン自体が前向き人間なので、
明るい雰囲気でした。
<Sponsered Link>



さて、ギテはさして仕事もしていないのに、
するすると乗っ取られるなんて、情けないというか
ふくろうもショックですね。

性格の悪さを補う経営手腕とかがあるかと期待しておりましたのに。
どこにとりえがあるのかといいたいです。

要するに甘い体質の王子様に試練の時が来たのですね。
人に恨まれているのも気がつかなかったということですね。
金魚の野球チームまで特別合宿に出る羽目になったのです。

ギテとヤンスンの暮らしにいやおうなしに登場した金魚でございます。

ギテはまさかと思う人に裏切られます。
ファンウ製造法もすべてチュンテの手に落ちました。
ヨンチャンまでも裏切ったのです。

この件でヨンちゃんはあとでこっぴどくボべに絞られます。
社長は倒れて入院です。

ナヒはまだ事の重大さに気がつかないのでしょうか。
後悔することになると思いますよ。

チュンテのやったことは暴力も含めて犯罪です。
ですがギテがこれを機会に変われるならいいですね。
感情に任せて動くギテですが、
考えなしなのに、成功するわけもなく、
とらえられて、命が危ないですよ。
いいとこなしですね。

挙句の果てにソックおっぱに助けてもらうんです。
計画性ゼロ、会社への愛はどこにあるの、ですね。
ソックさんが気持ちを込めてギテを殴るシーンでの
言葉がグッときます。
これぞ、愛のムチ、でございますね。
<Sponsered Link>



社長の補佐を怠ったということでしょうか。
社長はギてには厳しいことを言えないのかもしれません。
そうですねえ、仕事を本気でやっていたのかと思います。
さらに、ソックおっぱの愛する会社を破産に追い込んだ。

ヤンスンはギテをそばで見守ろうとします。
おじさんと少女の組み合わせが新鮮ですね。
この二人に恋は降ってくるでしょうか。

一方ヤンスンの両親は、ソックおっぱの家に居候です。
なぜそのようなことに?
ソックおっぱっていい人すぎますね。
現実的にはなかなかあり得ない気がしますね。

ナヒがかかわってギテを失脚に追い込んだと知った
社長はまたまた倒れてしまいます。
おばかはそこここにいましたね。

やがてチュンテは手にした製造法をギテの目の前で
燃やします。
所詮紙は紙ですから燃えてしまいます。

何だこいつも物を知らないのね、とふくろうは思いました。
人の失脚を狙うのに一生懸命で、勉強はしていないのでしょう。

新たな化粧品を作るとは言いますが、
そう簡単なことではないですよね。

横着な悪党って、頭の中だけで簡単に自分の都合のいいように
考えるんですね。
人生、そんなに甘くはないですよ。

思い知る日が来ます、必ず。
神様の愛が降り注ぐ日を待ちましょうか。
チュンテもナヒも救われる日がきっときますよ。

ギテが両親のお墓の前で泣いた日が懐かしく感じられる日が
きっと来ると思います。
一回リセット、ですね。
人生先は長いです。

何度でもやり直しはききます。若いんですから。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket

明朗少女成功記 第6話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『明朗少女成功記 第6話』でございます。

会社の野球の試合の決勝戦です。
ギテはヤンスンに再会します。
なるほど、会社規模でスポーツ大会があるんですね。
よかったですね。おじさん。
<Sponsered Link>



しかし、おじさんの青春は押して知るべしですね。
野球少年だったのはわかります。
家族を失っていますから、寂しい少年時代だったかな。
で、性格が最悪になっていったんでしょうか。

一年たって再会したヤンスンはすっかり速球投手です。
元気そうでよかったですね。

さて水面下ではギテを失脚させる作戦が進行中です。
こういうところを見抜けない社長やギテが歯がゆいですね。
つまり周りの人を見る目が曇っているのかな。

ギテが今まで周囲を傷つけたのは事実です。
傲慢でしたね。
このあと思い知ることになります。
これもまた自業自得ということでしょうか。
人の気持ちを考えて生きてこなかった部分が
こういう結果になっていったのかもしれません。

もちろん悪いことをする方が悪いのは当然ですけど。
部下を従わせる上司の力不足、権威不足から、
下克上が起こってくるかもしれません。

さらに社長までも失脚させたいチュンテ親子です。
こんなパパだから息子も後ろ姿を見て育ったのかな。

ヤンスンは両親が刑務所に入っていたので、
地方で働いていたんですね。
面会するのに近いからですね。
豆腐をもって待っているヤンスンです。
家族思いでいいこだなあ。

<Sponsered Link>



ヤンスンはやさしい子ですね。
見放さないんですね。
両親の更生を願っています。
この親からどうしてこんな子が生まれたのかと不思議に思います。

たぶんおばあちゃんが育てたからでしょうね。

ボべは研修生として頑張っていましたね。
えらい。ヤンスンの強い味方ですね。

チュンテの裏切りは用意周到ですね。
ナヒの留学のわけは誰も知りません。
ナヒは事の重大さがわからないんでしょうね。
ナヒも罠にかかったと思います。
自分が悪いんですけどね。

そこで自首して自分の罪を認めれば、
つけ込まれることはなかったと思います。

一方おじさんはヤンスンのいった言葉がこたえています。
ヤンスンも何か心残りがありそうですね。

偶然、実家でおじさんと出会いますよ。
おじさんやけにうれしそうですね。

で、お食事はラーメンなのね。
韓国ドラマでは、
ラーメンを作って食べるシーンがよく出てきますね。
ふくろうもそれを見るたびにラーメンが食べたくなります。

実はおじさんがヤンスンの実家を買っていたのですね。
え?なんでなんで?
価値があるとしたらヤンスンの大事な家だから、でしょうね。
ナヒがそのケータイに電話することは予測できていません。
やはり人間て完璧ではないですね。

予測できないことが誰でもあります。

ナヒははやくお母さんに本当のことを話すといいのにね。
怒りでナヒは悪事に手を染めていきます。

そして、いよいよその日がやってきました。
チュンテはしてやったりですね。

それにしても家の中にホームベースを置いているなんて
ビックリですよ。
玄関マットの代わりにできそうかな。
ホームベースがホームにあるわけです。
人生は野球だ~、というわけですね。

赤札が次々と貼られていきます。
ギテは怒り狂いますが、もうどうしようもありません。

まんまと騙されてしまったギテはどうなるのでしょう。
パニくるおじさんを前にヤンスンはどうするのでしょうか。

次回でまた。

<Sponsered Link>



Pocket

veronica MARS  第14話 マーズVS.マーズ

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『veronica MARS』「第14話 マーズVS.マーズ」でございます。
ローガンからヴェロニカはお母さんを探すよう頼まれます。
「無事だとわかればいいから」と。
ローガンはヴェロニカについて保管官事務所に来て、大声を出したりします。

冷静にはなれないでしょうね。
ローガンには大切なママだったはず。生きていると信じたいですよ
というわけで、ローガンのお守をしながら今回ヴェロニカはお仕事しますよ。
<Sponsered Link>



気のいいレオには謝っておきましょうね。ふくろうはレオのファンです。
落ち着いていていい青年ですよね。

ところで目撃者なんて、嘘を言う人もざらにいるんですね。
インタビューされたりして報酬を得るのが目的ですね。
それこそどこにでもそんな人がいるんですね。

今回パパが依頼されたルークス先生の調査と、
ヴェロニカがルークス先生を助けたくてキャリーを調査するのと、
二人のマーズが対立します。

キャリーはどうして授業中に爆弾発言をしたのでしょう。
先生の言い分と食い違いますね。
ただ先生が何か恨まれている気がしました。
カギを返しましたね。どうなってるの?

学校ではもちろんキャリーに対する風当たりがひどくなっていきます。

キャリーの親がパパに調査を依頼したことで、
ヴェロニカは機嫌が悪くなります。
先生を信じたいヴェロニカは、先生の授業は楽しかったんですね。

いったい事実はどうなのか、この点をはっきりさせていけばわかるでしょう。

先入観を持って調査をするのは危険ですよ。

しかし、出てくる情報は先生には不利なものでした。
今回娘の行動の先を読んだパパに一杯食わされます。

いつもヴェロニカを見て思うのですが、時間の使い方がうまいですね。
情報収集力もですが、
いくつかの案件を抱えて同時進行で解決していける力がすごいです。

無駄がないですね。相当にフットワークがいいです。
誰かに出会ったら会話一つも無駄にしていません。
探偵の動きがしみ込んでいるといえます。

いいことばかりのようですが、時には知らなくてもいいことを知ることで
しんどい思いもするでしょう。

この職業の宿命みたいなものですね。

<Sponsered Link>



捜査中にヴェロニカの頭の中のファイルから記憶が流れてきます。
やや画像の質の違った感じのシーンですね。
こういうシーンでヴェロニカの心情とか過去の記憶とかを
視聴者に理解しやすくなっていますね。

映像の使い方がいいですね。

さて案件の一つがローガンのママの行方です。
少年の目撃談とママの最期の映像が決め手でした。
橋の上から落ちるところが見えました。

家で自殺するのでなく、
なぜ遺体が探しにくいような場所で飛び降りたのか。
相当家にはいたくなかったのかなと思いました。
そういう状況から逃げて自由になりたい思いで、
衝動的に行動したのかもしれませんね。
ローガンのために生きていてほしかったなあ。
ローガンのこと考える余裕はなかったのでしょうね。

はやくローガンと家を出ていたらと思います。
もったいないことですね。残念です。

次がヴェロニカの兄弟かも知れないダンカンの病気の情報。
ダンカンてあまり人を疑わなというか、おおらかというか
ヴェロニカにきかれると、何でも話しています。
主治医のカルテにエイブルクーンツのカルテを見つけます。

それからルークス先生の件。
ケータイでヴェロニカはあることを思いつきます。
それで先生の窮地を救ったのですが、
その後またまたあることに気が付きます。
ヴェロニカのアンテナはすごいですね。

先生の裏の顔が見えてしまいました。
イニシャルSKにたどり着きます。
そこで本当に悪いのは誰かがわかります。
そしてキャリーの行動の理由も。

ゲームはそこから逆転します。
事実は複雑でしたね。
秘密はばれるということですね。

なので、当分は代理の先生が歴史を受け持ちます。
パパとのけんかも仲直りします。

後がリリーの殺人事件の調査。ですね。
エイブル・クーンツの事情がヴェロニカにはわかったみたいです。
面会に行ってそのことをクーンツに告げると、
クーンツの表情が変わりましたね。

このあたりのヴェロニカって鋭いですね。
親友の事件の謎を解いて真犯人を探すのはものすごく強い願望でしょう。
だんだんヴェロニカは核心近づいていっている気がします。

まだ正式な探偵ではないですが、
ヴェロニカ個人で友達の依頼を引き受けて、
この子は卒業までに大学の学資をためると思います。

ただ、情報社会だなとつくづく思いますね。
こうやって調べたらたいていのことは知られるわけです。
ある意味怖いなという気もします。

しかし、犯罪に関しては本当のことが明るみに出る必要がありますね。

たまにヴェロニカはお茶目なこともやるみたいですが、そこは少々目をつむっても、
全ての経験は無駄にはなりません。

そういうお仕事に将来着いたら、特別な権限は与えられるのでしょうけど。
ヴェロニカがどういう大人になるのかなとふくろうは楽しみです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket