mimizuku3

本や映画を旅するふくろうの日記帳

投稿者:mimizuku3

班淑 皇帝の女傅(字幕版)14

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『班淑 皇帝の女傅(字幕版)14恋は思案の外』でございます。

衛英にけがをさせたことで班淑は食べ物がのどを通りません。

これは班淑にとってはよほどのことです。
班淑は衛英に恋をしています。
背負ってまで歩きましたもん。

こんな女性あまりいませんよね。
衛英を背負えるなんて何者?と思います。
<Sponsered Link>



何やら装飾品の髪飾りを送られて有頂天になって、そこら中に相談しまくって、やっとお返しに山椒を送ります。

この贈り物のお話は面白いですね。

そういう男女の間で交わす特別な贈り物なのですね。
すっかり、求婚されたと思ってしまった班淑ですが、衛英は誤解だと解こうとします。

ただ霍恒から見ると、衛英も好意をもっているのがわかるといいます。

感情のことは本人が自覚しているかどうか、わからないこともあるでしょう。
鄧しつのはなしもやっと詳しく知ることができました。

月錦にはすでにいいなづけがいたのです。

片思いだったのね。

別れるしかなかったのは天罰だと班淑は言います。

班淑が大騒ぎしたのは、好きな人だからですね。
自然にそうなってしまうのでしょう。

心の中にしまっておくことは班淑には無理です。
それと誰にでもわかってしまうタイプです。

嘘がつけないとも言えますね。

衛英は筋通しの人物ですし、原理原則が好きそうですね。

求婚ではないとわかった班淑は泣きます。
若いし幼い気もします。
大体衛英が紛らわしいものを、物事がわかっていない班淑に渡すからですね。

直情型の班淑ですから、深く考えずにすべてのことに行動してしまいます。

慌てずにじっくりゆっくりやることもあっていいですよ。

はじらいとか、つつましさとか、かけらもまだございません。

生徒の話、確かめないとね。
年長者に見てもらったほうが早いかもしれません。
自分的に楽観的に考えて行動するでしょう。

ただ紛らわしいかんざしみたいなものでしたね。

そんな繊細なもの、区別がつきにくいじゃないですか。
特に初心者ですし。
<Sponsered Link>



それにしても子孫繁栄の山椒なのですね。
いきなりそういうのを贈るものでしょうか。

班淑自身も単純ですから、何でも素早くワンタッチで動いてしまいますね。
ひとのいい班淑はまたまた気の毒な思いをします。

ところで新入生が入ってきましたよ。
乙班にも、勉強が好きそうなお子たちです。

班淑の講義は実用的なのがいいですね。生きていくための知恵が詰まっています。
素晴らしいです。

生徒には、世の中の現実を教えてほしいです。

若いのになかなか経験が豊富です。
他の人にはまねができませんよ。

ところで班淑を受け入れている姚にも見える衛英ですが、恋人を失った罪悪感から抜け出せていないと思います。

心の整理がついていないかな。

その部分がネックでしょう。

気が付かないうちに好きになっていた、という場合もあるでしょうね。

衛英が頭の中で思考するものと、感じているものが違うのをわかっていないかもしれません。
彼は彼なりに、傷を持ち苦しんできたのでしょうね。

その点、霍恒は自然体ですね。

姚絹さんから聞かされた衛英の過去の出来事は、かなり大変ですね。

班勇にしても難しい決断ですよ。

劉萱はなくなったのですね。
苦しまずに死なせてほしいと言いながら。

衛英は二十代しょうか。
班淑よりは年長に見えます。

学問を目指す女性が少しづつ増えた時代でしょうかね。

まだ学校と言っても公のものはこの内学堂しかないのかな。
ドラマではいつも女子だけの授業をみますが、実は衛英が教えている男子生徒もいるはずです。

教える内容は違っているかもしれません。
男性の場合は、即出世とかにかかわりますよね。

ど~んな時代だったんだろうなあ。

では。

<Sponsered Link>



Pocket

班淑 皇帝の女傅(字幕版)13

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『皇帝の女傅(字幕版)13花に嵐』でございます。

阿繡が強くなりましたね。
気分がめいった時に学友たちから励ましの贈り物がいっぱい届きます。

これは元気が出ますね。
<Sponsered Link>



その中に、聞喜公主が送ったさなぎがありました。
これが阿繡の目の前で蝶になるのです。
なかなか神秘的な瞬間ですね。

かくして北郷公主の悪だくみは逆に阿繡の名誉を高める結果になります。

鄧将軍や宮廷の偉い方々の前で、しっかりプレゼンしましたね。

痛快なのは、白将軍にいいたいことをはっきり言えたことです。

白将軍は辺境に皇太后が送りました。

やることが早いですね、皇太后さま。

さらにあの宋誠にも言いたいことをはっきりと言って、プライドを守りました。

早めに縁を切ってよかったかもしれません。

阿誠は頼りにならない人物だということがよくわかりましたよ。
このことが内学堂の評判をよくします。

入学希望者が増えました。
阿繡たち生徒の成長が見て取れますね。

班淑、やはりこのお嬢様たちにいい影響を与えていました。

皇太后さまからご褒美をいただきますよ。姚絹さんも、寇蘭芝も。

よかったです。

みんな明るくなりましたね。

ガッツを感じますよ。

劉艶は兄上に叱られていました。
悪だくみをしたのは事実です。
ばれますね。

さて、褒美をいただいたお祝いを、班淑、衛英、姚絹、霍恒、そして阿繡、阿綾で江家の別荘でします。

草原流の焼き肉、班淑がやっています。
故障はこのころからあったのですね。
おいしそうでした。

姚絹、霍恒のカップルはいいですね。
にあっています。

班淑は片思いでしょうか。
衛英に好意を持っているのは誰の眼にもはっきりしています。
<Sponsered Link>



ところで内学堂の生徒たちはいつみても可愛いです。
美しい絵巻物の中にいる感じです。
このドラマに描かれる景色、家屋、家具などは、本当にきれいですね。

見るだけで癒されます。

クラスの様子も、優雅な、花のようなお嬢様たちが、学問に励む姿も
素敵だと思います。

成長する生徒たちの姿が、みていて楽しいです。

そして、学問とは面白いなと思います。

班淑は姚絹さんよりは若い設定でしょうけど、まだまだ粗削りです。
しかし子供たちに与える影響力はすごいですね。

皇太后さまに見る目が合ったということですね。

阿繡とその父親、江氏を叱り飛ばし、学校でこれからもしっかり勉強するように
仕向けます。

班淑も草原ではいじわるされていたと言っていましたね。

でもつよくなってきたのですね。

誰しも何もない人生は歩めません。
きっと艱難辛苦はあります。

何とかなる程度に神様がしてくださるなら、もちろんありがたいのですが、
予期しないことが起こるものですね。

それでも、そういう苦労を乗り越えると、人は強くなります。

ドラマの中でも苦労して頑張る人がいると、ふくろうも応援したくなります。

それから焼き肉パーティのとき、阿繡の歌う歌がすごくよかったです。
最高でした。

もともとこのドラマで聞く中国語の音がきれいでふくろうは大好きです。
気持がいいのです。

特に姚絹さんの発音が好きです。
可愛いくて。

衛英のふく笛の曲もよかったですが、悲しみを感じましたね。

班淑と衛英は乗馬で競争をします。汗血馬がどうのこうのと班淑が言うので、
衛英もついつい、乗ってしまいますが、落馬してまた、また古傷を痛めます。

班淑は自分のことしか考えていなかったと悔やんでいます。それはまあ、その通りです。
衝動的な班淑ではあります。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

班淑 皇帝の女傅(字幕版)12

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『班淑 皇帝の女傅(字幕版)12雨降って地固まる』でございます。

衝動的な班淑は頭にきて衛英への不満を鄧しつにきいてもらっています。
生徒まで連れていくのは、草原流でしょうか。
かっとなって酒を飲むとか、闘鶏に連れ出すとか、やめないとね。

こういう行動はおっさんになってからやっていただきたい。
<Sponsered Link>



教師をしないなら、いいかもしれませんが、
いずれにしても班家にとっては汚点になるでしょう。

言いたい放題いったら、鄧しつは、お金がない班淑に、お金をわたします。

あの時衛英が劉艶にお金を渡させたのでお金がなかったのですね。

兄からだと言っていましたが鄧しつは基本的にはやさしいですね。
まあ、下心があるので、そこはそうでしょうけど。

後で班淑は大事なことを教えられますよ。
阿月さんが、衛英の行動は実は班淑を守ったのだということを教えてくれます。
若くて衝動的な班淑は区別がつかないのです。

衛英は急いで劉艶からことが大きくなるのを防いだのです。

そのことを知った班淑は衛英に会いに来ます。

二人で話し合って、和解します。
けがをしたのを心配のあまり、班淑は服を脱がせようとします。
草原ではそういうやり方で心配するらしいです。

そのことも含めて衛英は若い女性のたしなみを言い聞かせます。

そうそう、教えてやってほしいです。
デリケートとエレガンスとはほど遠い班淑でございます。

かみ砕いて教えればわかると思いますよ。

それと衝動的になるなということもちゃんと教えます。
深呼吸をしろと。
早口でガンガンしゃべって、挙句の果ては相手の胸ぐらをつかむのは、時と場合によると思います。悪い奴にはおもいッきりやるしかないですよ。

そうそう、すぐにかっとなって手を出すとかは生徒を教える身でやってはなりませんね。
衛英の言う通り、誰かが必ず見ています。

相手のわかるようにつたえてこそ教師でございます。

誰がが正しいという問題ではございません。

草原ではない場所で草原みたいに行動すれば周りの者には誤解されることが多いですよ。

班淑をなぐさめるのに、鄧将軍は統計の鶏を届けてきます。
なかなか面白いですね。

子どもらに見せてやれば喜びますよ。

教室ではまたまた劉艶がいたずらを仕掛けます。

飛び入りで鶏君が虫を食べますよ。

ここで阿綾が劉艶を刺激していますね。
普段のうっぷんがたまっていますね。
劉艶は自業自得とはいえ、この後大変あこちになっていきますよ。

面白くない劉艶は、白将軍と阿繡のことを言いふらすように画策します。

卑怯な子ですねつくづく。

阿繡のうわさを耳にした阿誠は、驚いてやってきて詰問します。

劉艶の悪事が引き起こしたのですね。
事がどんどん多大きくなっていきますね。

阿誠という若者、しっかりしろと言いたいふくろうです。

ま、その程度かもしれませんね。
<Sponsered Link>



肝の据わった男でもなく、真偽を確かめるにも、責任感がない。

恋人を信じてくれる男かどうか、阿繡もよく考えたほうがいいですね。

阿誠は若いからというわけではないですが、何だかひ弱そうな人物ですね。
たんに、ふくろうの好みでないということかもしれません。
阿繡は何も悪くないのですが、ひどく悲しい目にあっています。
そこが気の毒ですね。

阿誠にききたい、何をもって阿繡を信じるとか信じないとか判断するのか。
恋人の言い分をちゃんときいてほしい。

決まっていた縁談ではなく、お父さんがきっぱり断れなかったのです。

阿誠にははっきりとお父さんが態度でしめしましたね。
このことを何とかしようと、姚絹さんも班淑も頭を悩ませます。
霍恒にも頼みます。

姚絹さんのたのみですからことわりませんね。
霍恒はさわやかな人です。

蘭台で働くお父さんにも白将軍はひどい中傷をします。
お父さんは悔しい思いをします。
内学堂では生徒たちもうわさをしています。

信じる生徒もいますが、阿繡を弁護する子もいます。

劉艶は叱られる方がためになりますが、ひねくれているので、
困った子です。
人の言うことを簡単にうのみにしないように班淑は生徒にいいます。

江家に来た班淑は阿繡が南にやられるのを耳にします。

ここで班淑はこの親子にびしっと言いますよ。

認めないなら謝るなと。

お父さんにも、できることがあるでしょというわけです。

迫力のないお父さんにはためになる言葉です。

班淑のすごいところはこういうことです。

たんか切った班淑はかっこよかったです。

地位とか身分でなく、貧しくとも子のために戦うお父さんは偉いです。

愛は勝つ!と信じたいです。

班淑はこの内学堂の子供たちにとって必要な人物だと思います。

生きるためのことを教えることができます。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

班淑 皇帝の女傅(字幕版)11

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『班淑 皇帝の女傅(字幕版)11.一難去ってまた一難』でございます。

年内に祝言を上げると言ってしまった鄧しつの口が悪いのでしょうか。
泣かれると弱いのね。

蘭芝に詰め寄られて断れなかったのですね。
さすがに、すぐ断るとかはできないですよね。

いきなり来られては対処が難しいでしょうね。
方針がない。女性には全体的にはやさしいのですね。
<Sponsered Link>



蘭芝はご機嫌ですよ。自分の思うようにいくと思っているのですからね。

今回衛英は班淑に謝りますよ。
姚絹さんに言われましたよね。

今の班淑は精一杯やっていて、頑張っているのだと。

せめて味方になってほしいですね。
漢の標準で考えては班淑に酷ですからね。

違いを認めていただきたいです。

早口だし、語気は強いし単純だし、徹底的に言い負かさないといけないのかというくらい
今は余裕がないのです。
でも、謝罪のためにおいしいものもくれましたね。

ところで阿綾の口には戸がございません。
はやくから回りがそういう見方をするのはこまったものですね。

班淑が暴漢に襲われた事件では、劉艶との争いは我慢したほうがいいですね。
同じ土俵では、不利ですよ。狡猾な方に頭は働きます。

指導をすることを念頭に考えて、蘭芝みたいに情に訴えてみるのもいいかな。

まっすぐな班淑はまだまだそこまではできませんね。

いいたいことは言ったほうがいいとは思いますが、
深謀遠慮に向かっていってほしいです。

生徒との年齢差があまり開いていないのでしょうね。

若さが随所にさく裂しますね。

衛英がいったように、もっと熟慮が欲しい。
ただ若い班淑もちゃんと育ってほしいと思います。

姚絹さんは理解者ですね。
公平に物事を見られます。

そもそも、腐りかけたクラスだからこそ、皇太后は班淑に任せたのだと思います。

クラスのこういう関係図、変わったほうがいいと思いますよ。
劉艶にはみんなで対応できたらいいですね。

皇太后は班淑に任せてよかったと言っています。
女官長もちゃんとみていましたね。

生徒が変わってきたと思います。

さて、みんなで野外に出かけます。
霍恒さんの護衛付きです。

遠足ですね。

これはうれしいですね。身体を使いましょう。

グループ活動ですよ。
刺激が加わって授業が楽しいですね。

罰があると他の子は素早く動きます。
劉艶はほっておかれますね。

不味いですね。
<Sponsered Link>



こういうタイプを残さないように何か妥協も必要ですよ。

班淑、話し方もやり方も少し荒いです。

衛英に泣きついた劉艶でございます。
相変わらず
人の腹が読めない班淑は若いです。

教師としての対応はどうですかねえ。

劉艶の眼をごまかすというか、本当はほかに気持ちがあっても、とりあえず
適当にあしらっておくことも大事ですね。

でも生徒を連れて行ったところは、闘鶏場でした。
こういうセンスがまだまだですね。

ただ大人のおじさんみたいな感じです。
底知れない大人物という感じもしますが、
ここは一応教師としての行動を考えてほしい。

淑女にはとおいけど、
自由にやったほうが成果が出そうですね。

十代の女性だと思わなければ、すごいかな。
そこでまたまた鄧しつに会います。

この人大丈夫でしょうかね。

この人に国を守るお仕事はできるのでしょうか。
大物感がないですよね。

今回男装の班淑、可愛いですね。

闘鶏は文化でしょうか。
みんなすごく楽しみにしています。

さらに鄧将軍の優しい一面見ることができました。

いい人はいい人ですね。心が広い。
思いやりがございます。

兄貴でよければ、班淑の子分にでもしてあげたらいいと思います。

どんなにいい人でも、側室にはなりたくないと班淑は考えています。
はなから正室のお誘いではなかったと思います。
これは最初から失礼千万です。
班淑を軽く見ていますよ。

面白い関係ではありますが、妻ではない部分で自分のものにしたいというわけです。
ものごとを気にしない班淑ならなびくとでも?

月錦が忘れられない鄧将軍は、実は気の毒な人ですね。
でも、甘い甘い。
ひ弱に見えます。

ところで仲直りをしたはずの班淑と衛英はまた喧嘩をしました。

衛英は班淑に作戦くらいは前もって教えておいてほしいですね。

打ち合わせは必要です。
いきなりは食い違いが大きいです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket