mimizuku3

本や映画を旅するふくろうの日記帳

投稿者:mimizuku3

薔薇のために7 第44話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『薔薇のために7』、「第44話 ポーラスター」でございます。
すなわち北極星のことですね。
過去、ふくろうは冬のソナタを見たのを思い出しております。すごいですよね。
きっとずっと昔から、世界中の人たちがこの星を話題にしてきたことでしょう。

<Sponsered Link>




楓さんはついに諦めて帰ることにしました。未来が見えませんものね。むなしいばかりでしょう。
葵君としても難しいでしょう。
気を持たせずに親切にするとか、そんな器用なことができたらそれはそれで素晴らしいと思います。
あるいは今より大人になれば、そういう場合の対応にも余裕と人類愛を表現できるかもしれません。

形はいびつでも、悪気はないのです。
百合の注文にこたえられなくても、怒らないで上げてほしい。
今回のは普通に考えて、やはり不意打ちだと思うからです。

まさか、こんなことはないだろうと思っていたことだけに、予想と違ったら衝撃は大きいのです。

しかし、葵君はいい子ですから、ここはやはり悩みます。
自分がしんどかったら、いい子ばかりやっていられませんよね。

そりゃあ百合の言うように大人な対応ができれば、楓さんもいい思い出として帰っていけるでしょう。

もともとこの事態は想像力の欠如からきていると思うのです。いまさら言っても仕方がないですね。
子どもだった葵君の気持ちを確かめずに来た楓さんも楽天的といえば楽天的です。

百合のようないいお姉さんがいたからこそ、何とか形になったわけですね。
親戚なので、そういうところもあまり深刻に考えずにやってこれたのかもしれません。

<Sponsered Link>




親戚だったら、泊りに行ったりもありですよね。
誰か大人が根回しするとか、葵君の本心を確かめておくとか気の利く人はいなかったのでしょうか。

対するお母さん自体が、変わった方ですから、無理だったかもしれません。
そうなると当たって砕けた楓さんは、勇気あると思います。
とにかく頑張った。よくやったと思います。
嫌がられてもすぐにあきらめない、頑張ってみる姿勢は頼もしいです。

頑張ったんですよ。頑張ったんならいいじゃないですか。
ひとつ大人になるときが来たんです。

今回は葵君が悩んだ末に、ある行動に出ます。
思うようにいかないことなんですよ、恋って。

葵君は罪悪感を感じたのかな。ふくろうは罪悪感は持たなくてもいいと思うのです。
好きじゃないと言われたらさっさと引き下がるひともいるでしょう。
ただ、楓さんの思いは思っていたより、深かったんですね。

タイミングも難しかったと思います。
葵君側から見たら対処できない状況だったかも。
詳しくはわからないのですが、
究極、努力で何とかできることではないかもしれません。

ダメもとでもやるだけやった楓さんの幸せを祈りたいです。
この地球上でまだ出会いはありますからね。
では。

<Sponsered Link>



Pocket

薔薇のために7 第43話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『薔薇のために7』、「第43話 粉雪」でございます。
今回はしょっぱなから百合のぽってりお腹を拝見しています。ふくろうにとっても、他人事とは思えず思わずおおおおっと、ため息とも悲鳴ともつかない言葉が漏れてしまいました。

<Sponsered Link>




乙女の肉を無断でつまむ奴はふくろうだって許せませんね。
そんなに腹の肉が珍しいのか、と葵君にも言いたいです。
これは葵君のやきもちからくる迷惑行動ですね。

菫さんの変わりように、一人取り残された感を感じて焦っているのかもしれません。
兄弟って、いろんな意味で、競争になってしまいますね。

一方、葵君に振り向いてもらえないでも努力は続ける楓さんもすごいです。
なかなか頑張ってますね。人間頑張ったならいいじゃないですか。
凍死したら元も子もないですよね。

しかし、楓さんの心境も変化したみたいです。
月並みですが、この地球上に男性は星の数ほどいますからね。
いくらでも巡り合いのチャンスはあります。

若いんだから、この先葵君とまた仲良くやっていけるときがあるかもしれません。
先はわかりませんからね。

幸か不幸か葵君のせいで、げっそりしてきた百合でございます。
重たい布団をかぶって毎晩寝るような状態ですよね。

ふくろうでも御免こうむりたいですが、この花屋敷家にはいてほしいときの大人はいないんです。
実力で忍んで耐えるしかないのでしょうか。

<Sponsered Link>




実際ふくろうなんかは年を取っていますから、布団は軽いものがいいですね。
寝てる間に筋肉痛なんていやですもんね。

さて今回は、パウダースノーが出てまいります。
ふくろうの憧れでございます。
こういう雪はまだ見たことがありません。
ロマンチックですね。
一方、楓さんの豪快ないびきとともにこれまた百合はげっそりするのでございました。
とにかく生きてる百合って丈夫ですね。

ところで楓さん、暖かい百合になじんできましたが、やはり帰る決心がついた見たいです。
粉雪の舞う日、美しい自然の中で答えを出したのかな。

雪とか自然には人を癒す力があると思います。
雪が降るたびに、ふくろうは、時間が千年くらいポーンと昔に帰ってきそうな感覚になります。
雪って本当に不思議です。

<Sponsered Link>



Pocket

薔薇のために6 第42話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『薔薇のために6』、「第42話 日向の作文」でございます。

 

芙蓉さんの子供時代が語られます。

想像はできましたが、思った通りでしたね。





 

今の芙蓉さんがどうやって出来上がったのかがわかります。

婆やさんが芙蓉さんにとって、どれほど大事な存在かが理解できます。

 

女優のお母さんには期待できないとはわかっていても幼い芙蓉さんは

期待したはずです。

 

普通の子供なら当たり前のことですね。

芙蓉さんは何も悪くないですね。

 

お母さんは名前だけのお母さんでしたが、この家にはこういうお母さんに意見をする人が誰もいませんからね。

 

お母さんは怖いものなしで行動します。

押えがいないということはある意味不幸です。

 

しかし、芙蓉さんはなんて賢い子でしょう。

お母さんに怒りは持っていますが、ちゃんと育っています。

 

この家では子供のほうがちゃんとしています。

 

百合の言葉を借りれば、お母さんは嫌われている。

確かに、しょっちゅう大声でやりあっているわけではないですけど、

批判も何も、子供たちはみんな、どこかであきらめています。

 

子どもに美しいものを見せるならともかく、

このお母さんは自分が子供のまんまで生きています。行動様式がずっと子供の時から

変わらないなら、年を取ってる分、見るほうからすれば不快感は増していってます。

 

実際、子供が子供の面倒を見るのは無理です。

となるとこの家でたった一人の大人は婆やさんですね。

大人でモデルになる人がいれば、子供は何とか育つのではないでしょうか。





 

父親の力も母親の力も働いていない家で、きっと婆やさんが陰になり日向になり、

子供たちのために働いてこられたんですね。

 

子供のいない婆やさんの宝物を百合は見つけます。

婆やさんの気持ちは親も同然ですね。

 

ふくろうも、子ふくろうたちがくれた手紙とかを大事にしています。

宝ものです。

かけがえのないもの、世界に一つだけのものです。

 

幼い芙蓉さんが社会の目を気にしながら、子供なりに気を使って

心を捻じ曲げたりして、どうにかこうにか生きてきた姿が愛おしいです。

 

この家のお母さんが幸せだったのかどうか、よくわかりませんが

子供たちはどうだったのか、そのことをお母さんが考えたのかもわかりません。

 

ただお母さんに誰かを大事にすることが身についていたなら、もう少し人生の展開が違ったものになっていたでしょう。

 

大悪人ではないのに、外から見たら、身勝手な自分大好き人間に思われるかもしれませんね。どんな人にもそれなりの理由はあると思います。

 

それでも子供がいれば、何か一つくらいは自分を抑えて子供のためにすることがあってもいいですね。

 

変わるきっかけは人生で必ず与えられると思います。

 

ではまた。





Pocket

薔薇のために6 第41話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『薔薇のために6』、「第41話 ひとり分の夢」でございます。

 

菫さんは人生の整理のためか、セリさんのお墓参りに行きます。

その間花屋敷家は楓さんを巡って、葵君はピリピリ、百合は先輩として家事の指導をしながら、楓さんに寄り添っていますね。

時間とともに、百合の神通力が浸透していきます。

善意で接する百合でございます。

<Sponsered Link>



 

ひとは共に過ごす時間が多くなるとどうも波長が合うようになりますね。

これは大事なことです。

 

菫さんの中で百合の存在をどう定義するか、確定するまで時間がかかると思います。

しかし着実に進もうと菫さんは行動しています。

未来へと向かう姿です。

 

今回葵君は好きだからと押しかけられて困っています。

楓さんにすれば、もう一歩で詰みの予定かも知れませんが

ことはそう単純にはいきません。

 

人の気持ちを考えていくことで、まず同じ土俵に立てると思います。

ただし、好きかそうでないかの問題は、お互いが同じ気持ちになれないと

いいことにはなりませんね。

 

努力すれば変わる、かどうかはふくろうにはよくわかりません。

そういった性質のものだとは思えないのです。

 

楓さんは短期間に成長していきます。

相手にされていないのですから思うようにはいかないですよ。

 

それは誰のせい?

誰のせいなのか割り出すと言っても、誰かが何かをしたというわけではないのです。

むなしい独り相撲に終わると思います。
<Sponsered Link>



何の努力もせずに百合は葵君に好かれているのでしょうか。

百合の場合、セリさんを排除しようとはしません。

無理強いする恋はしたくないのです。

 

ふくろうも賛成です。

自然に寄り沿っていくなんてのが理想かも知れません。

今から疲れますよね。

 

先は長いんですから。

楓さん、葵君と話せるといいな。

話くらい、葵君はしてあげればいいんです。

 

いやなら嫌でいいけど、やさしくわかりやすい説明をしてあげればいいのですよ。

毅然と接すれば、楓さんもわかります。

 

これまで恋には我慢するだけの百合でしたが、初めて心が始めるようなことを菫さんから言われます。

正直な話で、菫さんが百合を大切に思う気持ちが伝わりました。

 

時間がかかるけど菫さんは誠実ですね。

この物語が始まったころからしたら、百合はどんどんきれいになってきています。

 

つぼみを大事に、ゆっくりと咲けばいいじゃないですか。

 

花を咲かせて、人生の花道をゆっくりと歩いていきましょう。

その時期が来るまでつぼみを大事に大事に抱いて温めておきましょう。

 

春が来るのももうすぐです。

では。

<Sponsered Link>



 

Pocket