Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は吉村明美さんの『薔薇のために1』、「第3話 その人は昔」でございます。

つまるところ、百合は、お手伝いとしてこのお屋敷に就職したってことですよね。
モラハラそのたもろもろのハラスメントありまくりの職場でございます。
家族という名の会社?ですかね。
家族も経営していくものですね。
経営者がしっかりしていないといけません。
<Sponsered Link>



まだ若い百合は希望をどこかに持っていると思われます。
家族と呼べるものは欲しいですね。
とは言えこの家の家族は、なかなか変わったものぞろいですから、

普通の家族を思い描く百合には驚くことばかりです。
同性の兄弟姉妹であれば、どうってことないことでも、
異性の兄弟がいる場合は、また趣が変わってきます。
こういう部分は親が気を付けないとややこしいことになります。
もちろん子供の性格にもよりますね。

 

ふくろうは子供のころから家庭運がそもそもなかったので、
よその家族と比べてどうのこうのと思い悩んだことはあまりなかったです。

幼いなりにしょうがないと思っていたのかもしれません。
子供のいなかった親戚で世話になりながら大きくなりました。
人には言えない厳しい部分もずいぶんありました。
子どもだったので周りや世間のひとが自分をどう思っていたかなんて
丸で考える暇がなかったです。
<Sponsered Link>



そこは今考えると幸せだったなと思います。
その時感じたことがあります。人は言葉によって殴られることもあるということ。
こたえるんですよ、本当に。

子どもがそういうのを相手に何をどうやって戦って生きるか。
今思えば、その頃に自分に応援歌でも作ってやりたい。
若いから何とか乗り切れたこともあります。パワーがあれば救われますね。

 
百合は4人を相手にこき使われていますね。
シンデレラも大きくなった時に読んだら、別の味わいがありました。

この屋敷に住むメンバーは美しい見かけのうらに、それぞれが問題を抱えています。

これはおいおいわかってきます。

 

親不在の家庭で、家族の結束力があまり感じられないのですが、個人のいいところに目を向けながら読んでいると、何だか憎めないメンバーです。

だから百合はここで頑張っているのかなと思います。
現実ではあまり考えられないけど、なにか惹かれるものがあれば、そこにとどまっていられます。

若いころは自分を外から見ることができなかったりします。あとから考えれば、効率の悪い歩き方をしているかもしれませんね。でも、人生に無駄はありません。
つらいときは、自分をごまかしながら生きるのも一つの方法です。

つらさの中にそれでもいいことを探す、これにつきます。
百合はどうでしょうか。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket