Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『薔薇のために3』、「第16話 芙蓉」でございます。
今回は芙蓉さんの人物像に迫ります。
この巻まで、ふくろうは、芙蓉さんのおかげでこのお話が分かりやすかったなと思っています。

一番年長の子供ですから、語り部みたいな役割を果たしていたと思うのです。

ただクールだったり、親切だったり、どういう人なのかというと、いまいちわかりにくいです。
<Sponsered Link>



冷めたお姉さんだなと思っていました。
しかし、本当のところ、表に出していないことがきっとありそうです。

何をするでもなく、ただ寝ていたり、家事は一切手を出さないひとですし、先頭切って兄弟をしつけるタイプのお姉さんでもありません。

 

寝て体力をためといて、スパイスのきいた批評を繰り出すお姉さんですね。
特にお母さんとは大変厳しい関係に見えます。

 

そうですねえ、一言でいえばまれに見る横着なお姉さんを演じている人でしょうか。

なぜそんなことになっているのか、きっとお母さんに対する反抗期が続いているのかもしれません。
愛とか夢とか幸せとかと一線を画して、違った空間で生きている感じです。

同性の親子はお互いに厳しくなるという人もいます。
どうなんでしょうねえ。

 

ただ芙蓉さんを見ていて、人生を100%諦めているとも思えません。

見かけとは違う気持ちを隠して持っている気がします。

 

何かをあきらめたのか、意欲的には見えません。自分としての積極的な意思表示が

あまり感じられないですね。

 

でも何かを待っている気もします。きっと幼いころから本当の気持ちを素直に出すことが

ためらわれる人生だったのかな。
<Sponsered Link>



失望の連続だったとか、自分を大切に思えないとか、ふくろうはそんな想像をしています。

今まで、一切自分のことを百合に話してはいません。

 

漫画家の猫吉さんは芙蓉さんを、偏っていると言います。

芙蓉さんの何とも言えない結婚生活を知ってふくろうも、お疲れさまと言いたくなりました。

 

失敗のない人間はどこにもいません。芙蓉さんもしんどい経験から学んで今に至っているのですね。

つらいことをお母さんに受け止めてもらえたのでしょうか。

期待するだけ無駄かもしれません。

実の親子でも、難しいことはありますよ。

芙蓉さんは素敵な人ですし、

本当は傷つきやすい女性かもしれませんね。

 

現在人生に対して腰が引けているとしても、きっとまた花を咲かせるときは来ます。

人間、自分を大切にできるのは、やっぱり誰かに大切にされる経験が必要ではないでしょうか。

それが難しいとしても、何かいい方法を見つけられますよ。

 

いきなり結婚とかではなくても、どこかに必要な人になるとか、誰かのために働いて

感謝されるとか、社会の愛を経験するのもいいかもしれません。

 

この世に生まれてきて必要のない人なんて一人もいません。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket