Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『薔薇のために4』、「第26話 夜明けの三日月」でございます。
 

さて、百合が倒れた結果、世の中には大変困る人たちが出てきます。

いい大人なので何とかすればいいようなものの、この変わった人たちを病気の百合は放っておけないのです。

しかし、病ではなにもできません。
芙蓉さんに頼むことになりました。
<Sponsered Link>



葵君と菫さんがいうように、あの芙蓉さんが、そんな人助けの類を不承不承ながらも引き受けるなんて、その変わりようがすごいですね。

 

猫吉さんは粉ミルクで生きている様子。

ありえませんよ、大の大人が倒れちゃいますよ。

 

朦朧としながらも芙蓉さんに会えて,猛然と仕事がはかどります。

猫吉さん芙蓉さんに本気ですよ。

 

猫吉さんは変わってますがいい人だと思いますね、ふくろうは。

 

今回面白いのは猫吉作の漫画のタイトルです。

内容のほうは押してしるべしですが、なかなかに刺激的なものばかりを多作していますね。

 

猫吉さんの頭の中、想像できませんが、確かに漫画の数だけ部屋の数がある気がします。

芙蓉さんを大輪の花にたとえる猫吉さん、すごい詩人だと思いました。

 

なるべく早く帰りたいそっけな芙蓉さんに、考えるスキをあたえない猫吉ペースがすごいです。あの芙蓉さんが動いてますからね。

 

そこにやってくる友人の悩みを聞いていた猫吉さんの対応が興味深いです。

 

怒った猫吉さんが素敵です。

ともだちだからこそでしょうね。

 

それにしても、初恋は実らないといいますね。

猫吉さんの初恋ストーリーこそ、漫画に描いてほしいふくろうです。

絶対に面白いと思います。
<Sponsered Link>



 

ついに芙蓉さんは猫吉さんと自転車の相乗りです。

しかも坂道を降りていく。

 

ふくろうなんかもう坂道を自転車で降りていくのはごめんですね。

ジャングルジムに上るのが苦手になったのと似たような理由からですが、

もう怖いです。

 

猫吉さんの告白なかなか素敵だと思います。

夜明けの三日月を自転車で道行きです。

まるで詩の中を生きているみたいな二人ですね。世の中からちょっと隠れた二人だけの時間。

 

これはちょっと素敵な時間ですよ。映画の中のシーンにありそうな感じです。

 

皆さま、自転車の二人乗りは危険だと思います。

荒野の中を二人だけで自転車で行く、みたいな状況なら、対向車がないので、

まだ違うかもしれませんが、坂はあぶないかも、ですね。

 

無鉄砲みたいで、猫吉さんは結構いい人ですよね。

 

こんなデートいいですね。

芙蓉さんの恋、ふくろう応援しています。

時期が来れば花は咲くんですから。

芙蓉さんの孤独が癒されたらいいですね。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket