Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『薔薇のために5』、「第31話 一人で暮らす」でございます。 

一人暮らしについて考えてみたいと思います。

家を飛び出した葵君はどうしているでしょうか。
いきさつはどうにせよ、巣立ちは自然なことですね。
自分で決めて自分で責任をもって生きていく。
立派ですね。

芙蓉さんの言う通り、探す必要があるのかどうか。
黙って出ていったのではなく、ちゃんと一言、置手紙をしていました。
<Sponsered Link>



今の世の中、進学や就職を機に、環境を変える人はきっと多いと思います。他県であったり、海外であったり、要するに生まれ育ったところから移動することですね。

 

家を出て一人で生きてみると、いろんな経験をします。

葵君は19歳ですから、この年なら普通に人ひとり暮らしをしている人はいっぱいいます。

 

芙蓉さんは楽観的に考えています。

葵君てどうなんでしょう。生活力はありそうですかね。

 

先立つものがあるのかどうか、経済は大事です。

自分で稼いだお金は,

人間、大事に使いますね。家事も自分がやらないといけないし、

自分を頼りに生きることに慣れていかないとね。

 

依存するなら自分にすること、でしょうか。

それまで、誰かのおかげで生きてこれたと知るときですね。

 

自分が気がつかなかったことをいろいろ気付くときでもあります。

最初は少し寂しいかもしれませんが、一国一城の主でもあります。

 

責任もあるけど、自由も手に入れることができます。

可愛い子には旅をさせよ。ですね。

 

さて葵君と菫さんの過去の思い出がわかってきます。

葵君いいとこありますよ。

菫さんとの絆はそういうことだったんですね。
<Sponsered Link>



ふくろうも、今回は葵君の一人旅見守っております。

人助けもしたし、葵君中々すごいなあ。

一人暮らしって病気になっても一人で何とか頑張るしかないです。

人間関係がよければ助けてくれる人もいます。

 

百合も葵君がいないと、相当寂しいはずです。

姉弟ですもんね。

 

相手のことを考えていたらばったり出会うことがありませんか。

シンクロするっていうんですかね。

 

百合は早速葵君とすれ違います。

葵君、火事にもあったんですね。

いきなりいろんなことに取り巻かれて大変でしたね。

 

まーたお姉さんを捕まえて一緒に暮らそうかと言ってますね葵君。

不安なんでしょうね。

寂しさから、誰かに依存することもあるでしょうが、

一人の生活を確立してほしい。

 

自立した人生は気持ちがいいですよね。

 

パートナーはその後でもじっくり選ぶことができます。

大人の視点で考えられるようになると、人生も進みますよ。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket