Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『薔薇のために5』、「第34話 だから消せない」でございます。
 

不穏な雰囲気の花屋敷家にまたまたセリさんの親友という人がやってきます。

次から次に、百合が心配することが増えていきます。
こういう風に勝手にやってきて出入りできる家って
すごいです。

しかもその女性の目的が何だかふくろうには理解しにくいのですが、面白くないのが菫さんをターゲットにしている点です。
<Sponsered Link>



さらに、百合に対するひどいやり方を菫さんもびしっと言ってくれないものでしょうか。

百合も怒りが爆発して、いつものことですが言いたいことはいった方がすっきりしますね。

 

現実にこういう人が存在するかどうかわかりませんが、他の人の人生より、自の人生の心配でもしたらいいのにと思いました。

 

菫さんの過去の状態を少しでも知っているなら、よせよと言いたいところです。

 

この家のメンバーはみんな大人ですが、誰かもっと年長者の人が、人生の指導をしてあげてほしいと思います。

 

家の主はお母さんですかね?よくわからないです。

 

まあ百合が反撃するかなと思ってふくろうは見ています。

 

セリさんが生きていたらまずこういったことや百合にしても、悩むことが減っていたかもしれませんね。

 

菫さんの視界には百合は入らないですね。

人生はそんなもんですよね。

 

いずれにしても菫さんは人生を組み立て直す必要はありますね。

花屋敷家のメンバーそれぞれみんなそうですよね。

 

今は菫さん自体が状況を正しく把握することができないわけで、

時間をかけたいところです。 

大事なことだからあわてないで確かめるべきです。

菫さん以外の人のほうが正しく把握していると思いますよ。
<Sponsered Link>



人間自分のことが一番わかりにくいですね。

百合の恋は前途多難です。

百合には自信がないし、笑いものになる独り相撲はできません。

 

百合が来てから百合のそばで眠る菫さんの症状は、ある種の兆しだとふくろうは思っています。

 

菫さんが次のステージに行くための。たぶんそこが入口ですね。

セリさんの親友という女性の魂胆がまだよくわかりません。
意味があるのか。

 

百合は芙蓉さんに相談しましたが、このお姉さんはこういう時身内として身びいきしてくれそうにないですね。

 

誰かに相談してこういう風に言われたらふくろうだったらがっくりします。

冷静さも大事ですけど、百合の味方になってほしいです。

 

この家では百合は新参者です。

歴史がない。

 

他のメンバーの知り合いも、百合にはやさしくないことが多いです。

 

それでもめげずに残っている百合はえらい。

とりあえず応援したいふくろうです。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket