Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『薔薇のために7』、「第46話 冬芽」でございます。
菫さんの小説が二作目もヒットでした。
菫さんは学業の傍ら、書く気になっています。

しかし、有名になると、私生活のほうが騒がしくなってまいります。これはもう、どこか一人で暮らすほうがいいかもしれません。
いい意味での自立ですね。菫さんみたいにそうしたいと思えばそうできる環境って、ありがたいですよね。
<Sponsered Link>




この花屋敷家では経済的に裕福ですし、もちろんお母さんは現役ですからね。
すんなりと実行できます。幸せなことですよ。

裕福だからこそ、お母さんも何とか遊んでいられるのかもしれません。
裕福以外の部分では、子供たちはつらいことが多かったかもしれませんから、
部屋を探す時にお金がなくて苦労するのだけはなくてよかったです。

現実に部屋探しを何度もふくろうはやってきました。
こまごまと、お金以外にも考えるべきことがありますね。

実はふくろう、父が昔は転勤族で、今更ながら母が大変だったろうと思います。
友人も転勤族がいるので、ふくろうが引っ越す時に手伝いに来てもらいましたが、手際のいいことに
感心しました。無駄がない。
ふくろう、とてもそうはなれないですね。
改めて尊敬しましたね。

さて、菫さんが出ていくとなると、百合は泣きたくなります。
菫さんの本は売れまくっているし、仕事が入ってきます。
何て幸せな新人作家でしょう。
作家だけで食べていける方はひと握りでしょうね。すごいことですよ。
<Sponsered Link>



今までふくろうは気がつきませんでしたね。いったい菫さんのどこにそんな才能が眠っていたのでしょうね。
どうやったらそんなお子様が育つのか知りたいです。

菫さんが家を出る決心をしたのには大事なわけがあるみたいです。

百合に対する気持ちをどうするのかも考えています。近すぎたら見えないこともある。

実際に子供の巣立ちは親の人生も変えます。大人になっていけば、距離もあるほうが楽ですね。
なんていうか、風が入るほうが付き合いやすい気がします。

元気に暮らしていてくれたら、それだけでありがたいです。
生まれて来てくれたことがありがたいし、子供のほうも離れて暮らしながら親のありがたみも思い知ってほしいですね。
親のほうも、寂しいけど、自分の人生を生きていきたいですよね。

ふくろうも健康年齢をできるだけ伸ばして、未来を創っていこうと思います。
子どもも親も自分のことはできるだけ自分でできるほうがいいですよね。
今後の目標はそれです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket