Pocket

こんばんは、ふくろうです。『薔薇のために7』、「第48話 夜の花」でございます。
花といえば、作者の吉村さんの描かれるお花たちはすごく美しいですね。花を見るだけでもこの物語を読む楽しみがございます。
絵は見るだけのふくろうですが、美しいものは大好きです。
<Sponsered Link>




春めいてきましたね。
花屋敷の面々も春を楽しんでいるでしょうか。
もめ返す日々の葵君と百合ですが、仲のいい家族ですね。
言いたいことを言える。気兼ねなしに思った通りに。
これが家族のよさでしょうね。

菫さんもだいぶ落ちついてきたみたいだし、百合は定期便で菫さんの所に家事をしに行ってます。
葵君も百合が好きなので、毎日もめます。
血縁なのかどうかということは実際大変なことですよ。
結婚できるのかどうかにも関わってきますしね。

それもこれも、あのお母さんが原因でこうなっているんです。
過去は変えられませんよね。
親としてこういうことだけははっきりさせて上げてほしいと思います。
恋も愛も、やりにくくてかないませんよ。

本当のことを知らないのはやはり困りますね。
さて今回は葵君が百合と血縁ではない可能性かけていることがわかります。

一つの家でなかなかややこしい恋愛模様ですね。
葵君はあきらめない。
ユリがどちらかを選ぶとしたらどちらかはあきらめるしかないですね。
それもこれも事実が明らかになれば進退が決められます。
お母さんが一回きちんと整理して子供たちに説明をするべきですね。

世の中こんがらがっていますから、兄弟の鑑定をしないといけないのは実際
大変だと思います。
ま、必要と思った時点でありでしょうけど、くたびれますね。
<Sponsered Link>




花でふくろうが好きなのが、薔薇に、蓮華にコスモスですね。
春の植物園は花盛りになります。
平地にあるところだったら植物園にも足しげくいけそうに思います。
お花見はどこかの庭園でも見に行けるとうれしいですね。
植物のエネルギーを感じて、元気になれます。

我が家の家の周りに数年前にうえた水仙の花が毎年春に咲き始めます。
律儀にきれいに毎年繰り返される自然のドラマがうれしいです。
今日は天気も良く、坂の途中で、一人転がって遊んでいる猫に会いました。

のびのびした猫がこの界隈に多く住んでいます。
新顔も増えていますが、見えなくなった猫はどうしたのかなと心配だったりします。
歩いていると猫のほうから話しかけてくれることがあり、その日は楽しい気分で過ごせます。

山里の春、猫も鹿も元気です。
狸は久しく姿を見ません。
時代が変わったのかもしれません。

次第に明らかにされる花屋敷ファミリーの人生、みんなで何とか乗り切れるでしょうか。

では。
<Sponsered Link>



Pocket