Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『薔薇のために8』、「第52話 君の植えた薔薇」、「第53話 赤い鳥小鳥」でございます。
お母さん、何もしないように見えていましたが、薔薇を植えたのはお母さんだったんですね。

<Sponsered Link>




お母さんの枕野一郎さんに対する愛情の証でしょうか。
薔薇を植えた。そして今も、薔薇は咲き続けるようにお母さんがしていたんですね。
枕野さんが生きている間は、お母さんは枕野さんとともに時間を過ごしていたのではなかったのかな。
好きな人がいるのに遊びまわるなら、いったい何のために、と思いますね。

枕野さん、きつかったでしょうね。その頃のお母さんにもう少しだけでも思いやりがあればと、
ふくろうは思いました。
結果、枕野さんが亡くなった後、長い年月を寂しく過ごしていくことになりましたね。

枕野さんの娘の百合が現れても、決してやさしい言葉をかけることなく、わが道を生きています。
菫さんも同じではないだろうか。百合は考えてしまいます。

さて秋がやってまいりました。
百合の悩みは、菫さんに愛されたいことですね。

愛されるのに、何番目でいいですからねと、いう人がいるでしょうか。片思いでいいなんて
一生ずっとそれでいいという人はその世界に住むしかないでしょうね。
普通はそれではむなしすぎると思います。

片思いというのは、お互いの間に感情の交流がないですね。だから自分の世界だけで生きることになりますね。
百合が欲を持つのも当然ですよ。

そして更なる悩みは、スカートがきつくてはいらない。これですね。
共感できますねふくろうにも。

要するに運動不足というか体の中の収支決算のバランスが崩れているというか、そのあたりでしょうね。

<Sponsered Link>




考えてみるとお母さんは枕野一郎さんだけを愛して、今も愛し続けているのですね。
子供たちもそういうように愛することはできないのでしょうか。

お金がある生活ではお金を使ってストレス解消もできるでしょうが、
そうでなければお金がなくても工夫をして生きるかもしれません。
枕野さんはお母さんを引っ張っていくタイプではなかったんでしょうね。

お母さんを束縛したくなかったとも考えられます。
対等の関係を保ち続けるのが大事かと思いますが、相手を想っているからこその行動だと信じても、
相手にどう伝わるか、わかりませんね。

お母さんと枕野さんは話し合う時間もあまりなかったのかな。
枕野さんの病気のことも、お母さんはわかっていなかったんですね。
一番大事な人が、天に召されるというのに、時間を無駄に過ごした感があります。

優しい枕野さんは、そういう未来になることを予想しなかったんでしょうか。

では。

<Sponsered Link>



Pocket