Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『薔薇のために9』、「第61話 棘」、「第62話サマータイム」でございます。
お母さんの逆鱗に触れてしまいましたね。花屋敷家の世帯主ですからね。
お金を稼いで家族を養っているのはこの家ではお母さんですね。

<Sponsered Link>



嫌われている権力者としては、自分の意志に反するものは罵倒するわけですね。
お母さんだって百合の存在を無視できなくなっているのだと思います。
何でもやりたい放題に、やりつくしてきたようなお母さんも、家の中が変わってきたと感じています。

叩かれても百合は相変わらず得をしたのだと言っています。
ほとんど聖人に近づいているかな。

こんなにがまん強くていいものでしょうか。
百合の困難の乗り切り方でもありますね。

百合は大人物かもしれないし、それ以外の対処の仕方がないのかもしれませんね。
心身ともに、暴力的なお母さんはおそらく人の言うことは聞かないでこの年まで来ているのでしょう。
癖になってますね。何十年も、人生の軌道修正ができず、
何かいやなことがあれば人に棘を当てるばかり。

人は変わることができると信じたいふくろうですが、実際現実だと、
そう簡単に変わった人を知りません。
自分の大事な人が天に召されるとか、そういう非常事態になってようやく
、軌道修正がされやすくなる気がします。

癖になっていることをたやすくは変えられなくても、
気持ちがあればきっといつかは変わり始めると思います。
このお母さんはやりたい放題やって幸せかというと、違うでしょうね。

人を傷つけたら、気分のいいものではありませんからね。
自分自身が痛いはずです。

お母さんに本当にためになることを、耳が痛くても言ってくれる友はいるはずもないですよね。

<Sponsered Link>




こんな血圧が高くなるようなことを妊産婦、特に高齢のお母さんがやると、
案の定大変なことになります。
妊娠中毒症を侮ってはなりません。

初産から何十年たっていると思っているのか、と歯がゆくなります。

何時も毒舌な芙蓉さんが悲痛な感じです。

親子で和やかにしていられない事情が分かってきます。
芙蓉さんが気の毒になります。
ここでお母さんが死んでしまったら芙蓉さんが倒れるでしょう。

謝ってほしいと芙蓉さんが思っていても、そういうことが理解できるお母さんなら
ここまですれちがってはいないでしょうに。

間に入って調整してくれる人物がいたらまた違っていたでしょう。
金には困らないけど、
人徳というものがおおよそ欠落している人物は
幸せとは言えないかもしれないですね。
仕事をしていても自分を磨くのは大事です。

この二人生きている間に何とか和解できたらいいですね。

この世のことはこの世で何とかなるものだと誰かが言ってました。
そうなら救われますね。
芙蓉さんが悟りの境地に至るでしょうか。
お母さんは変えられない。自分が変わるしかないですかね。

期待はしないで待ち続けるのはいかがでしょう。
ふくろう、人は変われると信じます。
神様に任せましょうかね。棘で傷つけあうくらいなら、
棘が当たらない距離で付き合うのもいいですよね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket