• 投稿 2017/11/25 
  • 映画
Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『花より男子~Boys Over Flowers~(字幕版)第2話』でございます。
ジャンディを襲った犯罪者高校生は、ジフの登場で未遂に終わります。

ふくろう、胸をなでおろしました。黒幕はジュンピョだといいましたね。
ジフのさりげない気づかいがありがたいですね。
優しい人です。恩に着せないでしょうし。

詳しくはジュンピョの命令を勝手に忖度したということらしいですが、
ジュンピョの影響力を考えたら、責任はありますよ。
<Sponsered Link>



さて、K嬢の話題がネットになっています。
これはあからさまな嫌がらせです。

これもジュンピョでしょうか。
そこでジャンディはジュンピョと対決します。
臭いにおいは元から断たなきゃですね。
見事な回蹴りでございました。

ジャンディ、根性ありますね。
しかし蹴られてジュンピョはうれしそうですね。
一説によればジュンピョのお姉さんに似ているとか。

そのうえ、ジュンピョは、ジャンディが自分に惚れてるに違いないと言い張ります。
無理だろうけど、根拠を述べてもらいたいです。
自分で自分のカリスマ性を述べるしかない子でしょうね。
頭をけられておかしくなったかな。

ジャンディは頑張って通学しています。
そこでいきなり現れた男たちに拉致されてジュンピョの家に連れていかれます。
もうこれって犯罪ですよ。
エステやドレスアップしてやっとジュンピョの仕業だと気が付きますね。

そこまでおとなしくされるままにしているって、不思議ですけどね。
麻酔をかがされていましたね。

もはや犯罪以外のないものでもないやり方ですが、ジュンピョの辞書に不可能とか
常識とかはないのでしょう。
お金をかけてもじぶんの思うようにしたかったのですね。
相手の気持ちを考えないのではまず、コミュニケーションが成立しません。

高圧的で上から目線、ものすごく恩着せが増しい感じですね。
これに対してジャンディは、くず男と言い放ちます。

ジュンピョの心には強烈なパンチでしたね。
もしかしたらうたれ弱いこかな。
ひ弱なくず男ジュンピョは、貧弱なアイデアでジャンディに復讐しようとしたのです。

金で買えないものはないというジュンピョにジャンディは反対します。

<Sponsered Link>



ジュンピョに拉致されたジャンディが、怒って帰りかけるとジフが待っていました。
たぶん事情を知って待っていたのだとふくろうは思いました。

ジフはナイトです。
ジュンピョとジャンディは天敵同志です。

体育の後もあなたのすべてが嫌いと言われたジュンピョは意気消沈してしまいます。
ひ弱ですからね。
現実を見ないし、受け止めることもできないのです。

一方修学旅行が海外だったはずですが、なぜかジャンディたちのバイト先に出現するジュンピョ達神話のクルーズでございます。

ありえない偶然は大変おかしいです。
わかりにくくてわかりやすい男、ジュンピョは自信がないのでしょうね。

ソヒョンを迎えてのパーティに、参加したジャンディは、三大美女のせいで
またまたピンチになります。
ジフとソヒョンが助けてくれます。

自分のジャケットをさっとかけるあたり、ジフは本当にかっこいいですね。
となると出遅れたジュンピョは穏やかではいられません。

ジフが初めて助けた人はジャンディです。
この変化にソヒョンも驚いています。

「あなたは特別なひと」とソヒョンは言います。
ジュンピョに宣戦布告したこともジフが話していたんですね。

ジュンピョは寂しいのだと教えてくれます。

ドレスアップしたジャンディは可愛いです。
ジフがエスコートしますよ。
ジャンディ、すてきな思い出ができそうですね。

ふくろうはジフのファンですので、このまま仲良くしてくれたらうれしいですね。
自然なかかわりがあるのは素敵なことですよね。

孤独なジュンピョもジャンディに構ってほしいようです。
このままジュンピョが黙っているとも思えません。

青春、いいですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket