Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『花より男子~Boys Over Flowers~(字幕版) 第12話』でございます。

ハジェがこんな奴だったとはジャンディはショックですね。

人生がそう簡単になんでも行くことはないかもしれませんが、
いったいジャンディを拉致して何が目的でしょう。

ハジェが言うには、この事件の黒幕はジュンピョのお母さんなのです。

異常な家族ですから何があっても不思議ではないですね。
何をどうやっても、ジャンディをつぶしたいのですね。
ジャンディの命もこの人は、何とも思っていません。
<Sponsered Link>



ジュンピョの荒れ方が、ジャンディに会うまでどんなにひどいものだったか想像もつきません。

ただ、ハジェは兄のことで相当恨んでいますね。
そのほかもジュンピョに恨みがあるみたいでした。
さもありなん、ですね。

極悪非道の、御曹司だったわけです。

死人が出てもおかしくない非道ぶりだったと思います。

誰も反抗してくるものがいないので、やりたい放題で、人生終わっていたみたいでした。

学校ごっこしながら、幸せではなかったんですね。

ですが、被害を受けたほうは恨むと思います。
犯罪ですから、ジュンピョの行動は。

そこの整理ができていないと思いますから、今後も何かあるかもしれません。
まあ。修業はかけられるでしょう。
やってきたジュンピョは、以前よりは人間らしくなっています。
ジャンディを守るために、我慢します。今まで暴力で人に迷惑をかけた分、付けを払わされている感じです。

母親と戦っている感じが否めない気がしますね。
勘違いしているとこのお母さんは気が付く日はいつか来るでしょうか。

この大ピンチはF4が助けに来ます。
ここは友情です。

ハジェはどうなるんでしょうね。
お母さんが計画したとジュンピョは知ったでしょうか。
知らないとね。

犯罪行為ですから。

ところでジャンディのお母さんは、ジュンピョのお母さんに謝罪に出向きます。
そして借金を返すために、ジュンピョのお母さんにお金を借りてきます。
<Sponsered Link>



そこが、違うんですよね。

このおばさんに簡単にお金を出す、担保は何でしょうか。
人はそうやって人生を誤るのですね。

自分が何とかしないといけない部分です。
まずどこかに相談する必要があります。
お母さんはお父さんにも了解を得ていませんでした。

ジャンディは家族でこの点を話し合い、お金を返しに行きます。
お金で人生を操られるのはごめんですね。

このお母さんをはじめ、犯罪者の高校生まで、悪役には事欠きませんね。
三大魔女も、今回はジャンディの命を危うくします。

彼女らの論理も許されることではありません。
ジフがかんかんになりましたね。

山小屋に向かったジャンディをジュンピョは追いかけます。

ジフも気が気ではないのですが、仲間と待つことにします。

F4がこの学園御のリーダーだというなら、モラルの点でも指導力を発揮すればいいんですよ。

三大魔女も、警察に突き出されないとわかりませんかね。
お金があれば。解決できるのでしょうか。

はっきりしているのは世間ではこの子等のやったことは盗人ですよね。
お灸をすえたほうがいいですけどね。

ジャンディは落したのではなく、盗まれたのですから、ここらでガツンと
思い知らせた方がいいのではと思います。

とにかくいつも危険な状況にならざるを得ないのがしんどいですね。

こういう犯罪関係の結末がどうなったか知りたいですね。
どうせこの神話学園は学校とは名ばかりの、教師だって社員程度の発言権もないのかもしれませんね。

そこで何の教育が行われているのか、怪しい気もします。
今回も至る所でジャンディを思うジフの気持が見えています。
二人のシーンで流れる曲が素敵です。

そうこうするうちにジュンピョのお父さんが危篤状態になります。
ピクニックの約束、流れましたね。

命がけでジャンディを守ったジュンピョ、変わりましたね。

人は変われます。

では。
<Sponsered Link>



Pocket