Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『花より男子~Boys Over Flowers~(字幕版)エピソード15』でございます。

ジフのこと好きな彼はあきらめたのではなかったか。
ふくろうの誤解でしたかね。

ジフとジャンディは財布も忘れて、楽しんでいます。
大丈夫でしょうか。

そこでジフがとった行動が、貴公子ですね。
霞を食べて生きていそうなのに、
この生活力はいったい何でしょうね。
<Sponsered Link>



いい声です。まいりましたね。
二物以上あたえてもらってますね。

ジフって、がつがつしてなくて、アーティストで、欲がなくて、
いやあやっぱりふくろうは一押しです。

路上ライブで資金を集めてしまいます。
冷静でかっこいいですね。

慌てない慌てない。
靴が追われたら背負ってくれる彼は大事にしなきゃね。

それを見守るジュンピョでございます。

朝からトイレ事件があって、ジャンディはすっかり落ち込んでいます。
貴公子のジフが相手ですから、恥ずかしいですか。

ジフ一人散歩中のシーンがいいですね。
癒されます。

ジフの心遣いが素敵です。
朝ご飯食べたら忘れましょうね、ジャンディ。
足が使えるエコノミーは無理なジフとジャンディは韓国に戻ります。
ジフはジャンディに靴を履かせます。
高価な靴ですね。ジフのことだから値段なんて見てないかも。

空港にやってきたジュンピョはジフを殴りつけます。

暴力の出るタイプは先思いやられます。
どうしてジュンピョはこんなことになったのか。

結果ジュンピョも靴をもってきていたのですが、
ジャンディはジフの靴をもらってはいています。

ジャンディの働くおかゆ店がいいですね。
ところでジャンディは失敗ばかりです。

未来が見えませんね。でも高校生だからそれは普通だと思います。

店長の言うとおりに出前にいったジャンディはそこでおしごとを手伝うことになります。
そこにいたのはあのちょっとうるさいおじいさん、ドクターでした。

お産も手伝ってきました。
何でもできるお医者さんですねこのお爺さんは。
<Sponsered Link>



あれ、ジフ、決めていますね。
いやあ素敵です。

ピアスにネクタイ、素敵ですね。

ジャンディ、医者を目指すみたいです。
ジフは応援しています。

いいですね。
穏やかな日常を続けたらいいと思います。

しかしジュンピョのニュースを見たら思い出しますね。
それを見つけたお姉さんは、ジャンディをお茶に招きます。
このお姉さんだけには聞いてもらえそうです。
ジュンピョとのことにけりをつけることが次へのステップにつながるのですか。

いずれにしてもジュンピョとの付き合いは疲れますね。

しかし、お姉さんはジュンピョは必ず帰ってくるというのです。

まあ先のことは誰にもわかりませんよね。
急がなくていいから、まず自分自身の夢を追うことから未来を創るのもいいですね。

一方イジョンは、カウリャンを呼び出します。

ジュンピョは芝居をしているかもとイジョンは言いましたね。

そしてジュンピョの誕生日にジャンディとカウリャンは出かけていきます。
会長からの招待もあったようです。

会長というのが何だかいやな感じがします。エスコートはジフです。

ジュンピョは操り人形みたいですね。
無表情です。

そこで会長はジャンディにピアノを弾いてほしいとみんなの前でいいました。
ジフは連れて帰ろうとしたのですが、ジャンディは弾くといって帰りません。

引き語りを始めます。

お歌はうまいです。

ここまでジャンディにさせる必要があるのかな。F4は気が付かなかったみたいです。
なかなか良かったですね弾き語り。
真実味があって。

なおけなす会長です。醜いですね。

重大発表はジュンピョの婚約発表でした。
そのためにわざわざジャンディまでよんで、恥をかかそうとしたんですね。
罠にかけたつもりですね。

ばばあが呼んだら罠がある。そうですね。
そしてやっぱりジュンピョも抜けてますね。

罠に気が付かなかったF4もどうかしています。
喜ぶのは会長だけですね。

狡猾な魔女に若者たちはまだまだ無防備です。

では。

<Sponsered Link>



Pocket