Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『花より男子~Boys Over Flowers~(字幕版) 第18話』でございます。

大体未成年が4人で旅行なんぞという、お金のかかることを平気でできるのが、ふくろうには解せません。

こいつら自分で働くわけでもないし、わがままもいいとこだし、
働いてから愛でも恋でも語りなさいといいたいですね。

人生、恋や愛だけでは生きられるわけはありません。

働かないで食べていると人間の感性が育たないと思います。
<Sponsered Link>



ジャンディは精神的に参っていると思います。

チェギョンさんはやけ食いですね。
例のネックレスのイニシャルを見ていますね。

ジフが上着をジャンディにかけてあげるシーンは大好きです。
ジャンディとジフはついにお寺に来ます。
ジフなら絶対に行きそうだとふくろうは思いましたね。
そこで一人の僧侶でしょうか。

ジャンディの人相を見て言います。
泥を浄化する蓮の花の相だと。
ジフに家族を作ってくれるといいました。

意味深ですね。
ジャンディは医学部に入って、ジフのおじいちゃんの医院を手伝えばいいですね。
おじいちゃんのあとつぎ、いませんもんね。
それにジャンディのいたわりは宝です。病気の人は会いたい人物ナンバーワンですね。
家探しにも人の力が働きそうですね。

さてウビンの気持わかりました。
イジョン、愛ある説教をいたします。

俺たちは違わない。そうですね。
本当の友達はそうでなくっちゃ。

イジョンはところでどうしてこんなに泥酔しているのでしょう。
今なら普段からひどい目に合わせてやろうと思っていた連中がやりたい放題で、
イジョンの黄金の手が負傷します。

ウビンが駆けつけて、何とかイジョンは救出です。

一方ジャンディの家族は大変なことになっていました。

そしてジュンピョの家にはチェギョンさんが朝ご飯を作っていました。
いい人ですね。
ジュンピョとは違うタイプ財閥です。

イニシャルを見たジュンピョは機嫌が悪くなります。

これはやはりあのネックレスに何かありそうですね。
ジェギョンさんは気が付くかもしれませんね。

このところF4も波乱の生活ですね。
みんな笑っている人がいません。

イジョンの大事な思い出が見えるシーンが美しいです。

イジョンが幸せそうな顔をしていますね。

今イジョンの手が心配ですね。イジョンは自分を大事にしていません。
ジュンピョはそこで、ジャンディが水泳をやめたわけを知らされます。

好きな女を傷つけるってイジョンは言いましたよ。

ジュンピョは何を思ったでしょうか。
ジャンディはジュンピョを助けて水泳ができなくなっても、
イヤミひとつ言いませんでした。

人間の大きさですね。
愛情深いです。

<Sponsered Link>



ジュンピョとは大違いですね。
スキなら目を離すなとふくろうはいいたい。

所詮付け焼刃ですよね。ひ弱です。世間知らずです。
ぬいぐるみだいて寝てろ、ですね。

放任されて育って、人を大切にするやり方をまるで知らない。
この子にももっと性根を入れてやりたいですね。

モデルになる大人がいませんよこの家には。

ただでさえ働かないと食べられないジャンディが気の毒です。

そして、ジュンピョはジャンディの隣に引っ越してきます。
あほなので、どうも何かまたおかしなことにならないといいんですけど。

お金持ちのわがまま息子は貧乏な家に勝手に上がり込み、ラーメンを搾取しますね。

幼い弟のことも考えろ。と思いました。

こうやって兄弟で争って食べるって思い出になるでしょうね。

ジュンピョの飢えているものがジャンディの家には全部あるのですね。
弟君までかわいいしね。

幼い子の上前をはねる悪代官のジュンピョですよ。
極悪非道です。

それにゴキブリくらい自分でしまつしろ、ですよ。
どこでもすぐに眠れるジュンピョが痛々しい気がしました。
ここはジャンディの近くだからいいのかな。

カウリャンはイジョンに告白します。
優しく断るイジョンですね。
ふむふむ。

図書館で眠るジフを見つけて、何だかホっとします。
この貴公子はどこでも眠れますね。
ひとたび起きたら、ジャンディのために美術館を進めたのですが、閉館なのに、
あれ、ジャンディのために開けてもらってました。

何と、こういうのはいいな。デート?かもね。

ふくろうはやっぱりジフ一押しですね。

一緒にうとうとしてるのが本当にうらやましい。
ほほえましい。
横顔を描いてジフにプレゼントですね。

ジフからは蓮の花の焼き物です。浄化する花、それはジャンディですね。

いいなあ。うらやましい限りですよ。
では。
<Sponsered Link>



Pocket