Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『花より男子~Boys Over Flowers~(字幕版) 第19話』でございます。

蓮の花の相の乙女ジャンディは、ジフとおじいさんの関係を心配しています。この二人は修復可能か否か。

おじいさんとジフの間にあるのは、傷がまだささくれ立っているような、そんな雰囲気ですよ。

エピソードがいまいちわかりにくいのです。
誤解もあると思いますね。

幼いジフにおじいさんは気がいかなかったということ?
頭が真っ白だったのではないでしょうか。
<Sponsered Link>



よいこのジフはすらさもさみしさも我慢しておじさんに甘えたかったのでしょうね。
がまん強い子です。

今も、おじいさんの前から逃げるしかなかったのですね。
怒りと悲しみと、寂しさと、誰とも分かち合えなかったのかな。

心配するジャンディの前で倒れてしまいます。
介抱するジャンディはおいしいおかゆ定食を用意して置いていきます。

ジャンディにそばにいてほしかったかな。

後で目が覚めてジフが食べていましたね。
ジフのお部屋自体とても素敵ですが、

そこで過ごすとこんな青年になるのかな。

こういうお部屋は理想です。
癒されそうな空間ですよ。

一方戻ってこないジャンディを心配するジュンピョです。
ジュンピョの立ち位置はどこなのか。
勉強をしてなさそうな大学生、会社のオーナーですか。
ガスの元栓を開けないで、ラーメンをフリーズしたままで食べるなんてなかなか思いつきませんよ。
ゴキブリには弱い男ですね。

室長はジュンピョのみかただと思いますが、今回ジュンピョのお母さんに叱られています。
雇い主ですからね。

ジュンピョが部屋を借りたのがばれて、早速ジャンディに文句を言いに来ました。
この人はF4にもひどいことを言いますよ。

一方イジョンも、なんかまだ子供ですね。
カウリャンを道具にするなと思いました。
グダグダ言いながら、カウリャンには甘えています。

お父さんは放蕩三昧みたいでその遺伝を気にして、本命の彼女に告白しなかったのかな。
逃げたのでしょうか。
視聴者のふくろうはどの相手がだれか知っていますが、カウリャンは知らないかな。

とにかく、消極的ですねイジョンは。
運命を決めるのは自分かも知れないですよ。
お兄さんもいましたね。
この人も陶芸を目指していたのですが、イジョンのほうが才能があると認めてから、出ていったのですね。

<Sponsered Link>



お父さんは息子たちを心配するより、いい年して、まだ若い女性をひっかけています。
成長がないですね。

そんなお父さんのせいだというのですね。
そのこだわりはお父さんへの反発でしょう。
いずれにしろ、片づけないわけにはいかない問題でしょうね。

お母さんが自殺仕掛けたとき、お父さんもイジョンも信じられないことをしていました。
何だかもう家族とは言えないですね。
お母さんを守ってあげようとは思わないのか、イジョンは。
そういう感情が全くないとは言えないでしょうに。
イジョンが跡継ぎなのはおじいさんがその才能を見込んだというわけですね。

しかし、カウリャンはやさしいです。本当にいい子です。

さて、F4はカウリャンと一緒にジャンディの応援に、お祝いしにやってきました。
部屋の模様替え、いいな。

可愛いですね。ジャンディの部屋。
スッキリしていてこんな部屋に住みたいですね。

さらにジェギョンさんもジュンピョとやってきます。
この集まりで、真実ゲームをやっています。
ジェギョンさんも何かは気付いていると思います。

この中で一番描かれ方が少ないのはウビン先輩ですね。
この人の存在はいいですね。

ウビンは頼りになると思います。社会性がこの中では一番あるかも。
変人ではないという意味でもね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket