Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日はいよいよ
完結編の『ブレイキング・ドーン』PART2です。
いろんな特殊撮影があってとても楽しい、なんていうかな、ファンタジー?
もしくはSFでもある、不思議なストーリーです。

ベラが新しい力に目覚めます。
シールド、それも強力な守る力があります。

仲間を守れそうかな。期待したいです。

不死身となったベラがどう変わるのか、
ふくろうは興味津々で見ておりました。
<Sponsered Link>



娘に会う前にエドワードと一緒に狩に出かけます。

岩山を登る人がいて、この人も、こういうの好きでやっているのでしょうが、
ふくろうには無謀の極みにしか見えませんね。

狩をして血の流れるシーンはございません。映像化でもそこは見せないようになっています。ありがたいです。

今回はいよいよ、レネズミを巡って、
ヴォルトゥーリがやってきます。
アロって映像化したらこんな感じなのでしょうね。
もういやーなおじさんですよ。

彼らが恐れるのは「不滅の子」でございます。
要するに自分たちの存在が脅かされるのが一番嫌なんでしょう。

何百年も生きていたらいろんな悪事をやっていたことでしょう。

今昔も、いつだってこんな連中に敵う人間はいませんよね。

いまだに。

もう悪の軍隊ですよ。アロたちって。

実際に
レネズミがそうかどうか、
エドワードたちはそうではないという証拠を
見つけようと苦心します。

アリスとじジャスパーが姿を消した理由も
後からわかりますよ。

世を忍んで生きているヴァンパイアたちって
世界のいろんなところにいたんですね。
ふくろう、なんだかうれしくなってきました。

ヴァンパイアネットワークがこのパート2では見られますよ。

仲間がいるっていいですね。
いろんな考えもあるし、名案も出てまいりますよ。
寒い夜に薪に火をつけるのも自由自在なヴァンパイアもいます。

その焚火の周りに次々とササッと、スピーディに寄ってくる彼らがおかしかったです。

このお話ではヴァンパイアの能力として人間より早く動ける能力がありますね。

あれは便利だわ~。
ついついあこがれてしまうふくろうです。
つまりこれは狩に必要な能力とも言えますね。

まともなら平和に暮らしたいですよ。
元はみんな人間だったのでしょうか、ここに出てくる連中は。

転生してからは何百年も生きているのでしょう。
現代の人間はいないかも。

べラ、くらいでしょうか。
なので、一人一人ヴァンパイアの人生を語ってもらったら、
なかなかの物語をだれでも持っていますね。

そのあたりも面白くて聞き入ってしまいます。

色んな時代、いろんな国に、いろんな能力を持っているヴァンパイアが存在することになっています。

<Sponsered Link>



雪原でアロたちと対峙した時に、さまざまな服装で世界各地から集まってきていますね。
だけど、普通に体温が低い彼らは、人間とはそのあたりが違うようです。

遅れてアリスたちがやって来て、アロに映像で未来を見せました。
この雪原のシーンとても面白かったです。

特にアロが命を落とすシーンが出てまいります。
あれ、やられてしまうんだ。
もし戦ったとしたら。

実際、カーライルの体が吹っ飛んだ時には
ふくろうは泣きそうになりましたが、
実は、
もし戦ったらこうなるとアリスがアロに見せたんですね。
アロはすぐに襲撃をやめますね。

王者として君臨していたヴォルトゥーリのアロが真っ青になりましたね。
勝手に君臨していたのですし、他を敵に回すと実際にはどうなるのかが見えるのはいいなと思います。

それにどうやらレネズミは150年は生きるみたいです。
パートナーはもちろんジェイコブです。
刻印の相手だそうです。

よかったじゃないですか。おかしな三角関係だとばかり思っていましたが、
何か大きな意味があったというわけです。

縁って不思議なものですね。

今後ヴォルトゥーリがどう出てくるかはわかりませんが、
陰気な悪いヴァンパイアのイメージが
この物語で変わりましたね。

人間的に生きようとするカレンファミリーに乾杯です。

姿が変わらずにずっと生き続けるベラとエドワードです。
感動ですね。
うらやましいかも、です。

この永遠を手に入れるために
ベラはどんなことも乗り越えてきましたね。
一人の女の子の青春物語、しっかり見届けました。
ヴァンパイアたちも笑顔で生きていると思うと、
なんだかうれしくなりました。

実写版でみたら、ヴォルトゥーリのメンバーもやっと
わかりやすく整理できました。
ヴァンパイアたちのいろんなキャラも面白かったです。
いろんな個性のヴァンパイアたちが一堂に会します。

さらにチャーリーに説明するのにジェイコブがとった方法も
びっくりしました。
ふくろうがチャーリーだったら、やっぱり、
何とか納得しようとすると思いますね。

ジェイコブじゃあないけど、
世の中いろんなことが起こります。
知らないだけで、
いろんな世界があるのかもしれませんね。

全編通じて音楽が素敵でした。
自分だけの青春、皆様もお持ちのことと思います。

心の中で永遠に輝くものが見つかったら、幸せなことですね。
ベラを見ていてそう思いました。

今後その能力でどんな人生を送るのか興味がわきますね。
二人が紫のお花がいっぱい咲く原っぱで語らうシーンがきれいでした。
全編通して、美しい景色がいっぱいです。
幸せが永遠にありますように、そんな気持ちになりました。

では。
<Sponsered Link>



Pocket