カテゴリー:未分類の記事一覧

本や映画を旅するふくろうの日記帳

カテゴリー:未分類

宇宙の仕事 エピソード1

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宇宙の仕事 エピソード1』でございます。

ふくろう、ムロツヨシさん大好きです。
菅田将暉さんも、賀来賢人さんもいいですね。

コントというか、舞台のシーンの連続ですね。
会話が面白く、謎が謎を呼ぶ感じが面白いです。

一体全体、なんで、地球防衛軍にこういう人たちが選ばれたのか。
体臭の問題らしいのですが、とにかく、ありえない発想が楽しいです。
<Sponsered Link>



場所は宇宙ステーションでしょうか。
月が見えますから。
この建物を出たら、酸素はないでしょうね。

興味津々で見ているとついに宇宙人が登場です。

予備知識なし、でもお仕事続けながらで結構な、宇宙人をやっつけるお仕事だという政府に
ふくろうは驚愕します。

宇宙人が嫌がるにおいを持つ5人を安易に地球防衛軍に即任命というイージーさがおかしいです。

この5人の安全は守られるのか。

武力行使はなるべくしないで、平和的に説得するほうがそりゃあいいですよ。

太陽系のみんなで仲良くするのがいいでしょ。

ほとんど冗談とギャグの連続ですけど、飽きない面白さですね。

政府の言い草が、宇宙人は防衛軍のメンバーのにおいを嫌がって避けるといいます。

役者さんの演技力があるので、面白いドラマになっています。

このドラマを書いた人の想像力ってすごいなと思いました。
ふくろうはどんな宇宙人が出てくるのか、とにかく楽しみです。

時代は近未来かな。
そこはよくわかりません。

会話がすごく楽しくて、他がどうであろうと妙に納得させる強烈さがあります。

ただ、こんな理解の仕方でいいの?

バイト料がいくらか知らないけど、かなり高額なのかな。

本当にあの政府の人たちを信じていいのか。

ふくろうだったら、自分の記憶が確かなのか自信を失うところですね。

宇宙人が地球に移住するつもりです。
話してみると、弱そうな宇宙人です。

お互い相手が宇宙人なのですよ。
何か助け合えることがあるのでしょうか。

いや実際、人道的には、宇宙の難民を受け入れられるのか、地球人は、ということになりますか。

しかし、地球人を絶滅させてから住むというんですね。

それは無理だと思います。

共存が建前でしょう。
メンバーがバラエテイに富むので、会話が弾みます。
それぞれの事情が絡むところがまたおかしくて笑えます。
説得と言いますか、宇宙人にどうあきらめさせるかでしょうか。

この5人が地球の安全を任される?

それぞれは言いたい放題ですが、
どうやら勝手に地球には戻してもらえそうもありません。

国のやり方。うーむこの物語はこれからどういう風に深くなっていくのでしょうか。

ラストに、可愛い女の子が防衛軍に入ってまいります。

とたん態度を変える男性陣でございます。
人間味あふれるメンバーはどう才能を発揮するんでしょう。

次はどんな宇宙人が出てくるかな。
展開がはやくて、面白コメディです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第21話

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第21話 すれ違う想い』でございます。

今回も呉天宝ののどかな笑顔に癒されるふくろうでございますよ。
彼の笑顔を見ると思わず笑いたくなりますね。
元気もらえます。

弘文学院で行われる何やら格闘系球技大会に、
お偉方も来られています。

しかし目に余る卑怯なプレーに雲ひは審判に抗議に行きます。
レッドカードでしょ、という許しがたいプレーにも、
だーれも何にも言わないのはおかしいですよね。
<Sponsered Link>



この審判はどなたかの回し者かもしれません。
以前雲ひの婿選びのときに雲ひと戦って負けた人ですね。

最初ふくろうは、弘文学院の教育をつぶそうとしている黒幕の息のかかった
人物ではないかと思いました。
しかし、この人は東方殿がこられると知って態度が変わります。
東方殿というのはえらいさんのなかでも最高にえらい方ですよね。

となると、お金でやとわれて弘文学院に不利な判定をするわけでもないのかな。

ルールはあってなきがごとしの
無法もの相手に、フェアプレーで戦う弘文学院の
チームメイトたちです。

それで勝てたら完璧ですけど、
あまりにも理不尽なので、ふくろうも頭にきておりました。

さて、試合中の審判の豹変ぶりが面白いです。
この人は長いものには巻かれるタイプかも知れません。

まあ、弘文学院にとっては、審判がやっと普通に審判するようになって
よかったなと思いました。

健全なる学生たちの試合を記念すべきものにできそうです。
一致団結した弘文学院、君たちは強い!
大山、ピンチかな。
命がけですね。

大体、レッドカードが山ほど必要なゲームですよ。
狩りだと思ったほうがいいです。
大同も再び参加して、若き血潮が燃えますね。

何とあの秘技を大同がやりますよ。
人間業ではありませんね。でもすごい!
見ていて感動しました。
大同、只者ではなかったのですね。
ふくろう以外にこの技でなにかを思い出した人がいます。

<Sponsered Link>



実は傲天が生徒に謝ります。

早く謝ってほしい。
そのことを文星さんに追及された傲天ですが、
反省しながら文星さんをけん制していますね。
足音を数えていました。傲天すごいですね。

大同の良さも慕容月に理解できたようですね。
でもただそれだけだといわれてしまいます。
でも進歩です。

さてこのドラマで素敵なのは、
いつも誰かから出る名言があります。
今回は人生の勝敗について
例の審判さんがかたるシーンがあります。

ふくろうも同感です。
勝ち負けにこだわらない、
いかに戦うかであると。

さて勝ったら祝勝会ですね。
呉天宝は準備を整えます。
この人物を見ていると、古典落語に出てくる
大店の若旦那を思い出します。
スポーツをやりそうにないですよね。

ヨウヨウには罪な男です。
でも友達思いのいいやつでございます。いや、どうだろう。

ところで文文は何だかすっきり来ません。
男でやっていくわけですよね。
秘密を抱えて進むのは結構大変です。

大同との友情も、悩みの種ですね。
大同はいいやつですもん。
だからなーんにも気が付かない元気印の友人として
付き合うしかないでしょう。

そのもどかしさも人生ですね。
自分に課した目的のために辛抱や我慢が必要なら、
そこをやり遂げる人物なのかもしれません。
青春はそんなもんでしょうか。

こういう昔にどんな学校があったか
興味がわきます。
それから男女共学についても知りたいですね。
画面がカラフルで楽しいドラマです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

veronica MARS 第8話 ピュアテストで大混乱

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『veronica MARS』「第8話 ピュアテストで大混乱」でございます。

リリー殺害の容疑者エイブル・クーンツは死刑になりたがっている?
今回、ヴェロニカはクーンツに面会することにします。
この男、ヴェロニカを見破ってさらに、ヴェロニカの出生の秘密かもしれないことをぐさっと言ってしまいます。
検査しないと本当のことはわからないと思います。

<Sponsered Link>



こういう相手に常識とか思いやりを求めるのは間違いですが、
ヴェロニカは切れものでも、高校生の乙女としては心に傷ができますよね。

自由に行動し捜査するならこういうことにも出会います。
大人じゃないです。言われただけでも苦しく悲しいですね。
一人だけで戦うのなら、相当つらいですね。

なぜクーンツはこんなことを言うのでしょうか。
ヴェロニカを傷つけたいとしか思えません。
ヴェロニカが一番つらいことですね。
気の毒です。

さて高校生たちの意地悪にもあきれます。ヴェロニカの衣服はトイレに捨てられていました。
何があったのでしょうか。
明らかに恨みをかっていますね。

ピュアテストとういうのがはやっています。幼稚ですね。
お陰で学校内は大パニックです。
信じるとこうなるってこと?

疑う人はいないのでしょうか。
そんなことに血道を上げる暇があれば学業に専念しろといいたいですね。
この子らには物事を慎重にすることや、用心することを考えてほしいです。

今回ヴェロニカはマックという女の子と知り合います。
PCに強い子だそうですが、まさかハッカーでは?
まだまだ謎です。

メグは困っています。結局例のテストでうわさを流されてひどい嫌がらせにあっていました。
学校を休んでしまいます。

正体が見えないモノとは付き合わないほうがいいですね。
他人のパスワードが使われている事実があります。
ヴェロニカは早速調べています。被害者はたくさんいるかもしれません。

本人が悪いのではないけれど、誰かがねたんだりうらやんだりして、
こっそりと悪事を働く場合、どこにいっていけばいいのでしょう。

迷惑かけられる方としてはどうしようもない場合ですね。

一方、ウォレスの家では、下宿人が居座って嫌がらせをしています。
母子家庭のママが頑張っていますよね。
男の子二人を育てるの大変です。
そこでヴェロニカはパパを薦めています。
パパは
そういうのを追い出すのは得意らしいです。その才能を今回見せてもらえますよ。
どうやるのかふくろうも知りたかったです。
パパいかす~。でしたね。
本当に朝飯前に片づけてきましたよ。ふふふ。

<Sponsered Link>



ところで、

調べる人が調べたら、勝手に人のパスワードでログインしたらわかるようになっているんです。
やっと犯人がわかりました。

結果、他人のパスワードを使った奴もさんざんな目にあうんです。
ヴェロニカは許せないとおもいます。
やられたらやり返せるんだぞと相手に思い知らせるのも一つのやり方ですね。

ヴェロニカはタフですがきつい子だと思われるかもしれませんね。
そういわれて気にするかどうかはヴェロニカが考えればいいことです。

孤立しがちなのはほとんどの高校生が考える以上のことも考えられる脳みそのせいですね。
歩く道はそれぞれ違うということだと思います。
しかし、人として対等でありたいものですね。
ヴェロニカが通う高校の生徒たち、どうなってるんでしょうか。

優しいメグが最後にヴェロニカにいった言葉が印象的です。

毅然とするのはいいことだけど、やり返すほうは考え直したら?と。
でメグはヴェロニカの友達だよといってました。
なかなかいいことをさらっと言ってました。

一理ありますね。
ヴェロニカには言いにくいことを言ってくれる友達が必要かもしれません。

ただヴェロニカにはヴェロニカの言い分はあるでしょう。

やり返さずにはいられない理由ですね。
さらにきっちりやらないとなめられるのもこりごりかもしれません。
メグ、あんたは甘いよ。と思っているかもしれません。

短い人生で散々な目にあってもいますし、
ある意味逆境を生き続ける高校生としては、戦うことで、生きる実感があるのかもしれませんね。

裁判に持ち込む場合だとこういうケースがどうなるのか知りたいですね。
ヴェロニカの人生はメグの人生とはかなり違っているはずです。

ふくろうにはキュートな高校生のヴェロニカが、時々若武者に見えるときがあります。
悪は許せない。私はそうするよ。そう思っているのでしょう。
そういう目で世の中を見ている気がします。

リリーの事件を追い続けていける胆力と執念は環境もですが、
生まれ持ったものだと思います。
そしてこういう人物も世の中には絶対に必要です。

前にメグが「いじめられているのに何ともないの?」とヴェロニカにきいていましたね。
そうでした。ふくろう、ついうっかりしていましたが、
この物語が始まって以来、学校ではヴェロニカはたいてい嫌われ者扱いで、
いじめられたりしているのに、
困った時だけヴェロニカを利用したい子がいます。

学校でそういう立場にいて
何ともない人間はいないと思いますよ。
ヴェロニカは怒りをエネルギーに変えていってます。

それぐらいでは負けないんだ、っていうガッツ。
ふくろうはほめたいと思います。
ふくろうから見たらヴェロニカは幼いのに、「お嬢ちゃん、よくやってるね」といいたいです。
この物語に出てくるいけ好かない悪もの達にスキを見せたら、さんざんな目に会います。

このテストを作ったのも誰か、正体をヴェロニカはちゃんと見抜いていました。
さすがです。この相手とは今のところ敵にはなっていません。
しかし、こんなものを今の時代に作って何が目的なんだよと、いいたいですね。
世の中に幸せをもたらしたとは思えないけど。

ダンカンとヴェロニカはまだ未練はあるようですが、
付き合うわけにはいかないとお互いが思っているようにみえます。
見ていて切ないふくろうです。

とにかくヴェロニカが元気に育ってほしいですね。
では。

<Sponsered Link>



Pocket

Welcome to my library!

  • 投稿 2016/06/11 
  • 未分類
Pocket

こんばんは、ふくろうです。夢見る鳥類のブロガーでございます。

このブログは山里に住む、ふくろうの庵でございます。

皆さま、山の中ですが、どうぞ一休みしていってくださいね。

 

ふくろう、とり年もまったりと物語の世界に出かけてまいります。

今年も面白い本をたくさん読みたいな。

面白い本は何度でも読みたくなりますよね。

この頃、気に入った本を何度も読む、ということにはまっています。

好きなものは何度でも味わいたいと思います。

 

そうやって何度も読みたい大好きな本だけはこの庵に並べていきます。

読書やドラマ、映画も心の筋トレ、心のエステでございますね。
<Sponsered Link>



 

本のにおいとか手触りがふくろうは大好きです。

五感で味わい尽くしたいと思っています。

本は手に取ってページをめくりながら読む、これが楽しいです。

読みながら睡眠状態にスムーズに移行できるのがふくろうの特技でもあります。

 

眠っていてもお話の中に行ったりします。

還暦を過ぎて親の介護もしながらてくてくと毎日生きておりますよ。

ここには狸も鹿も住んでいます。

サルもいのししもいます。

山里に生きる動物たちも餌が不足しているようで、

先日も我が家の敷地にイノシシ君が掘り起こした跡がそこここにありました。

ミミズでも探したのかな。

 

生きるということは大変です。動物も人間も生きている仲間ですね。

ふくろうだって同じです。

ふくろうの生活にはいつも自然があり、動物の姿が見えています。

動物が大好きなふくろうは、動物がいると元気になりますね。

 

癒されますよね。可愛いです。ちなみに、今。認知の入った父のためにロボット猫を飼っています。

今年もとにかく五感を使っていろんな物語に出会い、味わってみたいです。

 

本や映画との出会いも人との出会いと同じですね。

一期一会だと思います。

 

皆様との出会いも大切にしたいです。

では。
<Sponsered Link>




 

Pocket