ふくろうの  books and movies
検索:

赤いろうそくと人魚 小川未明

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
2021年も残りわずかとなりました。

皆様、新しい年に向けての準備はおすみでしょうか。
師走はふくろうもあちこちを走り回っておりました。

今日は🎄、クリスマス、雪は今夜あたりから降るかもしれません。

今夜は、小川未明 名作選集より、「赤いろうそくと人魚」を読んでいます。
実はこのお話、初めて読んでいます。

淡々と物語が語られていきます。

ふくろうのイメージでは、昭和よりも少し昔かなと思うのですが、

物語を読むときは読者によって、いろなイメージで描くことができますね。
年末、やっと少し落ち着いた土曜日、この物語の文章が、わが父の声で聞こえてきます。
現在は弱い90歳を過ぎて穏やかな時を過ごす父ですが、若いころからお話し上手でした。

おさないころに父の声で聞かされた、おとぎ話には心を躍らせたものでした。
ふくろうの原点は、父が寝る前に、弟と私にしてくれたおとぎ話だと思います。

この人魚のお話は、静かに心に響きますね。
よみながら、わけもなくふくろうの子供時代からの情景が、なぜか走馬灯のように浮かびました。
遺伝子といいますか、体の中で物語に反応する感じです。

なつかしさが溢れます。

主人公の人魚は自分の人生を受け入れて生きていくのですが、ふくろうのイメージでは、
悲しんだことは見当がつきますが、物語の結末が語られて終わる時、
たぶんこの結末は人魚にたいする人間の仕打ちが招いたことかなと思いました。

でよんだあと、その余韻にゆっくりと浸る。
父なら自分の解釈をわかりやすくしてくれたかもしれません。

美しい絵画を見たような、そんな気持ちになりました。

では。

Pocket

井伊直虎 作・那須田淳  画・十々夜

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は那須田淳さんの『井伊直虎』
「戦国時代をかけぬけた美少女城主」でございます。イラストは十々夜さんです。

女性なんですが、男性の名前をもっている御城主です。
実ははじめてお目にかかりました。こうやって取り上げられないと知らずに生きてしまいますね。
<Sponsered Link>



大河ドラマ毎週楽しみにしています。
いったい戦国の世で何がどうなったのか、この本では
わかりやすい物語になっています。

ざっとかいつまんで把握した後で、詳しい歴史の本を読まれるのもいいかと思います。

ふくろうはこういう弱肉強食の時代には生きられそうもないのですが、一人の女性が生きるためにどう行動したのかは気になりますね。

いつの世でも思うとおりにばかりは生きられません。
命を懸けて選択していかなければならない道がございます。
結婚相手を選ぶことも自分の意志ではなかなかできなかった時代です。

生きることが最優先されます。其れほど命のやり取りをせざるを得ない時代でもありました。

この直虎さんは賢い女性だと思います。自分が誰かのためにできることを全力でやって生きています。「この娘が男であれば・・」と言われていました。

女性は歴史の主役になれそうもなかった時代ですね。
でも探せば、いるんですね。

 

歴史の本当の姿は歴史の教科書とはまた別のところにあるのかもしれません。
時間が進むにつれて歴史の真実が明らかになることがありますよね。
<Sponsered Link>



ふくろうはそういうことに出会うと、
今までの歴史で書かれている小説は読めなくなります。
時代が進めば進んだ歴史小説に出会うことになるでしょうね。

楽しみといえば楽しみです。生きていたいですね。
若いころにあれほど好きだった歴史小説が今ではそれほど読みたいとは思いません。
余計な心配ですが、
今は21世紀ですが、さらに時間がたち歴史が進んでいけば、歴史の事件も単純に多くなるなら、歴史の教科書はだんだん分厚くなりそうな気がしていました。
何冊にもなるとか、重さが増すとか、このままでは済まされないのではと、以前は暇な心配をしていました。

しかしそれは書籍の形であって、今では便利なものが多いから、大丈夫かもしれません。
20世紀に夢見た、科学の世界が現実となり、うずもれていた本当の歴史が次第に現れてくるようになるでしょうか。

何らかの変化や事実が突き付けられるでしょうね。
う~ん、ドラマもきっと変わってくると思います。

長生きして歴史ドラマが進化するのもみたいですね。

これは子供も大人も読みやすい本だと思います。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket

はしれ おてつだいねこ 竹下文子・作 鈴木まもる・絵

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は竹下文子さんの『はしれ おてつだいねこ』でございます。

主人公のおてつだいねこがものすごくかわいいです。
ねこに触れたときの触感が蘇ります。
こんなねこがいたらなあと本気で思いますね。

ねこって抱くのにちょうどいいサイズですよね。
<Sponsered Link>



何か役に立ちたいと思っているしましまねこですが、
いつも可愛い失敗ばかり。

だけど、志が素敵です。
なにかねこに手伝ってもらおうとは、誰も考えてはいないみたいですが、
このねことふれあうことで、やさしいお話が展開されていきます。

ねこの可愛さが余すところなく描かれていますね。
自然な存在感が出ていて、
お話の主人公だと分かっていても、このお話の世界にははいりたいと思いませんか。

ふくろうは物心ついてからはねこは飼ったことがありませんが、
幼いころに爺ちゃんの家にいた黒いねこのことは覚えています。

爺ちゃんのところは代々、ねこも犬も、その時その時で飼ってきました。
クマという名のねこがキジを取って、引きずって帰ってきた話が残っています。
自分の体より大きなキジだったので、爺ちゃんも手伝ったんだと言ってました。

 
このお話のねことは違って、性格は荒く、近所の大きな犬もうちのクマにはみんな近
づきませんでした。

なんせ、強烈なねこパンチがお見舞いされますから、
近所のイヌたちは学習していたみたいですよ。

ふくろうは子供心にそのクマの顔を想像する時、
出てくるイメージは可愛いとは程遠かったですね。

餌をくれる婆ちゃんにだけはおとなしかったということです。
なるほど、最低限の仁義はわきまえています。
昔気質の暴れん坊のイメージですね。
<Sponsered Link>



ふくろうはたいていの動物は好きなので
この本のようなねこがいたらいいなと本当に思いましたよ。

 

この主人公のねこの存在感がとてもいいです。
わざとらしくないんです。

お話をして行動するこのねこは
なんていったらいいのか、ねこを主人公にしたお話のなかで、ふくろう的には
吾輩は猫であるの猫と同じくらい上位にはいりますね。

ひた向きに誰かのためになりたいと願う小さなねこを 応援したくなります。
このねこ、善意の塊です。

小さいけどハートは愛でいっぱいのねこです。
ふくろうは近頃ペットはよそのペットを拝見するだけになっています。

猫や犬が大好きでも、ぬいぐるみや 空想の世界で飼いたいものを飼う、に終始しています。
いまのところ、自分で飼う生活はお預けです。
夢は夢のままで終わるかもしれません。
それなら、動物のお話くらいたくさん読んで人生を過ごそうかと考えています。

 

ふくろうにとって動物は心をやさしく前向きにしてくれる存在です。
そういう動物パワーを元気でいるために有効活用したいと思っています。

では。
<Sponsered Link>



Pocket