カテゴリー:映画の記事一覧

本や映画を旅するふくろうの日記帳

カテゴリー:映画

青い海の伝説 第2話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『青い海の伝説 第2話』でございます。

最初は時代劇の部分が出てまいります。

人魚の話が続いていますね。

そして、現代の部分になります。

こういうパターンかな。

美しい海が必ず出てきます。

海が写っていないシーンでも、海が見えてきそうなそんな気がします。

メルヘンですね。
<Sponsered Link>



ホ・ジュンジェ。これがこの青年の本名です。

例の県令とどういう関係かはわかりませんが、
そっくりなのは楽しいです。

さて、このジュンジェですが、詐欺師なのです。

人をだますのが仕事なのですが、いつも悪事をやっているので、
このまま人生を安泰に生きられるかは、定かではございません。

だました相手が悪人であったとしても、本人が罪を重ねているのは確かです。

だから、何か起きることはあるでしょう。
人を苦しめたりしたら、そう、天罰だって当たるでしょう。

騙した相手が世界の果てまで追いかけてくるとは思わなかったのかな。

緩いですね。そしてチャラい。

追われる身となって、仕方なく変な女も一緒に逃げることになります。

大人数のほとんどはなぜかこの変な女がやっつけてしまいます。

確かに怪力女ですよ。

いとも簡単に投げまくりますよ。

痛快でございました。

ジュンジェは知らないのか、怪力女は実は人魚です。

まだ視聴者しか知りません。

いやはや、新鮮な展開ですね。
アンデルセンもびっくりですよ。

寧ろ、ジュンジェのボディガードをやっているのがこの女なのでした。

実際たくさんの男たちを倒したのは彼女です。

ジュンジェが気が付いていないのかもしれません。

うぬぼれが強くて,何もしていないのに、自分の手がらだと言わんばかりに
喋り捲っています。

とにかく、彼女の運動神経は素晴らしいですね。
格闘センスもなかなかです。

人間にできることは人魚にはできるのだと、言っていたと思います。

それを聞いたらものすごい運動能力の持ち主なのだと思いました。

人間よりよほど進化した存在でございますね。

迷路のシーンが面白かったと思います。
とにかく彼女はすごく頼りになると思います。
ボディガードですね。

見ているふくろうは、へえ、人魚が、ふーん。
と楽しんでいます。

力の世界にいますね。

こんな強いといったい何を食べているのか気になります。

一応人魚は哺乳類でしょうか。

教会に行っていきなりしゃべり始めたときは、びっくりですね。

はっきりと人間の言葉を話します。

学習能高力高そうですね。

板と言っていましたが、パソコンを一晩中使って、会話を覚えたのでしょう。

知能も高いですね。

<Sponsered Link>



ところで協会に行って、ジュンジェの旧友だとばかり思っていましたが、
この彼も、詐欺師なのでした。

人魚だとはだれも思っていません。
ジュンジェは変な女だと思っています。

ヒスイの腕輪、女に返しました。

女には名前がないのかな。

人魚には関係ないからいらないのかもしれません。

悪者に追いかけられてがけっぷちに追い詰められた二人でございます。

女とともに、海に消えたジュンジェです。

海の中では、ジュンジェの前で女は人魚の姿です。

海に入った途端に人魚になりましたね。

あなたは私を置いていかなかったと、彼女は言います。

二人がどんな縁で結ばれているのか、よくわかりません。
ただ最初のシーンで、誰かが語っていましたね。

ここでは人魚だとわかっていますし、話もできることがわかります。
さらに心で話していたと言いました。

人魚は音声でなくても会話ができるのですね。

現代と昔のそっくりな二人、現代でも昔でも出会っていたということでしょうか。

人魚はともかく、県令のほうは現代まで生きていたとは思えませんが。

これからおいおいわかってくるのでしょうね。

時代劇のほうにいる人魚と、現代にいる女、海に入ったら人魚になりましたが、
同一人物なのか、お互いに転生してまた巡り合ったのか。

面白そうな話はたいていこのあたりがややこしいですね。

人魚って長生きですかね。

とにかく最初に出てくる時代劇のシーンと現代の二人と、
なぜこんな風に描かれるのか。

見るための情報として必要なのでしょうね。

時系列に起きたことだけど、
毎回少しづつ、情報を見せてくれている?
二人の記憶? 過去に生きた時代の記憶がどこかにあるのか。

時代劇で見たことがあるような人物を現代のシーンでも見ますね。

この物語の魔法のルールはいったいどうなのでしょうか。

海に落ちた二人はいったいこの先どうなるのでしょう。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

青い海の伝説 第1話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『青い海の伝説 第1話』でございます。

イ・ミンホさんて海が似合いますね。

このドラマは海が出てくるので見ようかという気になりました。
人魚の出てくるお話らしいので、人魚の描き方がどうなのか、興味がありますね。

ふくろうは実際に人魚を見たことはございませんが、いるかもしれないと思うだけで何だかワクワクします。

16世紀の話が最初に語られます。

そこでまず人魚が登場するのですが、とても美しい映像になっています。
<Sponsered Link>



昔々のこと、海が大荒れで これは津波かな?
人びとがパニックになっている場面があります。

その後天候が落ちついて、人々は洞窟に動けなくなった人魚を見つけます。

最初は見世物にされそうになりますが、一人の県令によって海に帰されます。

人魚のイメージは、たいてい下半身が魚の上半身が女性の姿で描かれます。

女性だけに限られるのはなぜでしょうね。
そういうお話しかふくろうが知らないだけかもしれませんね。

このドラマでは女性として描かれています。

時代劇かと思いきや、昔の出来事が現代にうつって、
人魚は同一人物みたいですが、青年は県令にそっくりなのです。

人形は騒がず、黙っておとなしくしているようですが、
現代、海から上がって青年の部屋にはいってしまいます。

現代にどうやって現れ、どういまの人類にかかわってくるのか、
作家さんのイマジネーションに期待したいですね。

最初から人魚はしゃべりません。

声を出すことはあっても言葉がわかるのかどうかも、ふくろうにはわかりません。
しかし、海を泳ぐ様子が様になっていて、こんなにきれいだったらどんなにいだろうと
思ってしまいます。

美しい映像です。

まるで絵巻物の一場面ですね。海、夜、月、人魚。

さて現代に場面は変わります。

あの件例に似た青年は、どうやら凄腕の詐欺師のようです。
鮮やかにお金を巻き上げて、さっそうと去っていきます。

人魚のキャラクターをみると、海にいるときは尻尾があるのに、自ら上がるとなぜか人間の足になっています。

人魚自体が驚いていましたね。

服を着ることや、食べ物を食べることは人魚もするみたいでしたね。

おとなしそうな人魚でもないようですね。

警察に来てもらって人魚は連行されます。
テイッシュのシーンが楽しいですね。

子どもと同じで、興味津々なのです。笑えました。

子ふくろうも昔、一箱からにしました。

テイッシュには魔力がありますね。

詐欺師の青年はいろんな顔を持っていますね。

人魚を写した写真から、人魚が手にヒスイの腕輪をしているのに気が付きます。
それを奪おうと機会を狙うのですが、結局人魚の面倒を見てしまいます。

人魚にとって、あの腕輪は大事なものでしょうね。

変身できたのはもしかして腕輪のせいかなと、ふくろうは思ったのですが。

どこの海でしょうか。きれいですね。

人魚が泳ぐシーンは見たかったシーンです。

きれいなシーンです。

海の色も素敵です。
<Sponsered Link>



なんせ人魚は人間の言葉を放さないのです。

物語は展開していきますが、青年側の視点が主です。

まさかこの女性が人魚だとは、ふくろう以外には誰も知りません。

人魚は人間世界でどんな反応をするのかな。

アンデルセンのお話しか人魚を知らなかったのですから、

このドラマはとても新鮮です。

人魚のけりの力がとても強いです。

足を初めて持った人魚はちゃんと仕えていますね。

ガラスを知らずに飛び出ようとして気を失うシーンが面白かったです。

運動能力たかそうですね。

どんなことができるのかな。
もしかしてイルカみたいに超音波と課でコミュニケーションできたりするかもですね。

人間は自分の思い込みや言葉で話しかけますが、人魚の側からの気持が見えません。

人を恐れてはいないようですね。

怪力があるので、恐れる必要がないのかな。

それとも、もしかして何百年も生きているなら、人間という生き物についてよく知っているのかもしれませんね。
「タムリョン」というのがキーパーソンの名前でしょうか。

昔の県令の名前ですね。

あの県令が現代に転生?したとしても、全く同じ顔の人物になるかどうか、
ふくろうにはよくわかりません。
人魚が今の世界のどこかにいるかどうかはわからないのですが、

昔々のいつか、人魚はいたかもしれないと思っています。
根拠はないのですが、なんとなく。

美しい女性のすがたですが、行動はどうも一味変わっています。
小さな子供のキャンデイを奪ったり、無邪気ですね。

好奇心の塊で、チャーミングでございます。

人魚の役作り大変でしょうね。
素敵な女優さんです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

シンデレラと4人の騎士<ナイト> 最終話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第16話』
最終話です。

夫の手術の日に、立ち会わない妻です。
一つ間違えば危ないでしょうに。
もうこのあたり、何だか人間性を見た気がします。

家族や親せきなら、手術に
みんなで駆けつけてということもあるでしょうね。

総会の結果、会長の解任は否決されました。
やりました。
ユンソンに悪態をつく母親、ユンソンは耐えています。
お母さんを止めたかったユンソンですね。
やはり、ユンソンは好青年でした。
うれしいです。

堅実で誠実な有能な働き者です。
ハウォンのことも認めておりましたね。
彼を入れて4人のナイトなのですよね。
<Sponsered Link>



一方ジウンは目覚めません。
ジウンは覚悟して手術をしましたよね。
しかし、他の人たちは知りませんでした。
家族だと思ったのに。

これで、爺ちゃんは助かったけど、
孫は助からないのでは悲しすぎます。

事実を知ったハウォンは、気が気ではありません。

ユンソンは去ります。悲しいなあ。
個人的にユンソンはいい若者だと思いました。
そして夫人は離婚です。
ユンソンは夫人が母であることを初めて打ち明けます。

可愛そうですね。寡黙な青年は黙って出ていきます。

助かった会長は何を思ったでしょうか。
ふくろうなら、
なぜジウンが反抗しながらも助けてくれたのか、
深く考えたいですね。

お金をすべて捨てても、
ジウンのそばにいたいハウォンですが
ここに問題が起こります。

身内を助けないわけにはいかないハウォンです。
わかるけど、
身内が足を引っ張る形になってふくろうは残念です。

働いたお金があったのでよかったですけど、
お金持ちと知り合いでしょ、といわれても、
じゃ貸してもらえばいいとか、
ハウォンは考えないと思いますね。

お金の意味、一番よくわかっているハウォンですよね。

弁護士さんには相談しないんでしょうか。
一度に払えるなんてすごいことですよね。

お父さんは言うつもりはなかったけど、
知ってしまったらお父さんが大事なハウォンは
ほってはおけないです。
そういうやり方しかないのかもしれません。

ですがみんながみんなそうするとも思えませんけどね。
ハウォンみたいな苦労人はなかなかいないでしょう。
家族を捨てないのは偉いですが、
家族のほうももっと大人になっていただきたいですね。
退院したジウンは、ハウォンを捜します。
可愛そうですね。
これはないよね。
入院している間に去るなんて、
ちょっと辛すぎるでしょう。

お互いのことを思いながらもめていますね。

会長を裏切れないハウォンでしょうか。
何故ハウォンだけこんなことになるの?

ヘジとヒョンミンの場合は反対はないのかな。
疑問です。
ハウォンだけ、違うの?
会長の「君は我々と違う」といった言葉が
カチンと来ているふくろうです。

このドラマは家族再生の物語ですね。

ダメ男だった3人は今や頼りになるいい若者たちですね。
ハウォンは、ジウンの制止もきかずに去っていきます。
しかし、本心は違います。

泣き崩れるハウォンです。
心無い会長の言葉がこたえたのでしょうか。

本当の原因は何でしょうか。なぜ身を引くのでしょう。
ジウンは会長に迫ります。
もう我慢なりませんね。
肝臓を移植させてくれた孫に、まだぐだぐだと、
寝言を言ってるおじいさん、反省しなさいよ。

思いやりはどこに行ったのでしょう。

いうべきことは言っておきましょう。
これ以上不幸な人を作ってはなりません。

ジウンを慰めるソウですよ。
とことん潔いソウですね。
ふくろうはソウが一押しでございます。ソウ君最高!
<Sponsered Link>



一方ソウは、全国路上ライブを始めます。原点でしょうか。
マネージャーの助手ジャオンも新しく加わりました。
歌うソウはいつも素敵です。

ヒョンミンとへジはやっと恋人らしくなってまいりました。

さて意地悪だったハウォンの継母と姉、変わりましたよ。
お父さん、やりましたね。
家族になっています。
お父さんの力が必要だったのですね。

人生では何かは学ばねばなりません。

人は変われると信じたいふくろうです。

そして会長はハウォンに孫のことを尋ねます。
この時のハウォンの言葉はふくろうも同感です。

ジウンとの付き合いを許されるハウォンですよ。
まだ三か月たっていないんですねこのお話は。

会長の謝罪の言葉と指輪がジウンに渡されます。
でもこの指輪ジウンには見覚えがあるのです。

まだまだ、最後に明かされる仕掛けがございます。

「シンデレラの靴」皆さま覚えておられますか。
片方づつ、ユンソンとヒョンミンが拾っていたのでした。
「好きな人の下に行きたいと思ったらはいていけ、
逃げたり隠れたりするな」とヒョンミンは応援しています。

ジウンのお母さんの指輪が
ジウンのもとに戻ってまいります。
象徴的な展開ですね。息子のもとにかえる日、
その指輪が亡くなったハウォンのお母さんとの縁を
教えてくれます。

指輪は語る、でございますね。
亡き家族たちの思いもひとつになりますね。
忘れていた思い出の中に愛しい人はいたのです。

幼いジウンはハウォンにやっぱりやさしかったんですね。
そして、その時の約束を果たす二人です。

あのシンデレラの靴は素敵な場所に
シンデレラを連れて行ってくれるでしょうか。

祝福される二人になれそうですね。
亡くなっていたお母さんたちの思いが後押ししましたね。
二人の後ろにはいつでも
お母さんがついて守ってれたのだと思います。

やがてヒョンミンがユンソンを尋ねます。
ユンソンももう家族です。絶対そうですよ。

さらにサプライズは、最後の会長の赤い薔薇のシーンです。
許すこと、ですね。
みんなでこれから家族始めましょう。

ユンソンも喜ぶでしょう。
人は仲良くすれば幸せが何倍にもなりますよね。

この物語は、思いっきりハッピーエンドです。
ふくろうの大好きな物語です。

このドラマのOSTを毎日聞いています。
元気になれます。

シンデレラのハウォンがとっても素敵でしたね。

新鮮で美しい現代のシンデレラを思い出すとふくろうは勇気が出ます。
このドラマ、大好きです。
では。

<Sponsered Link>



Pocket

シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第15話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第15話』でございます。

検査の結果手術は可能です。
しかし、麻酔アレルギーというジウンの体質が危険らしいです。

それでもジウンは決心しましたね。愛でしょうか。
救世主ですよ。
自分が危険だけれども、おじいさんを助けたいとおもったのでしょう。

さてそれを聞いておばちゃまとソウとヒョンミンが
とった行動はご覧の通りです。
このように家族への愛が有り余っていたのですね。
慣れていないだけです。
あまり深刻でないのもいいですよ。
<Sponsered Link>



しかしハウォンに一喝されます。

家族初心者の集まりですかね。
ほほえましいですね、みんなの気持ちが。

特別室ですね、きっとジウンがいるのは。家族みんなで過ごせそうなくらい広いですね。
お金がありますね。

会長夫人、いったい何様でしょうね。
明らかに人が変わったように行動しています。
自分のやりたいように、
会長が眠っている病室で、謀反を企てています。

あなたは会長ではありません。
妻は夫の仕事の変わりはできません。
これは、会議でいわれましたね。

しかもこういう状況での役員招集は
いかにも胡散臭いやり方ですね。

手術の日と役員招集が同じ日なのです。
これはもう意図的にぶつけたのですね。

ここでヒョンミンは不審な動きが目に入ります。
夫の意図が見えています。
おかしいですよね。
ユンソンに会いに行きますよ。

意識のないときに妻によって追い落とされる夫ですね。
解任をここぞとばかりにやる人ってふくろうなら信用できません。

欲しいものは相手が寝ている隙に持って逃げる。
妻ではなかったか。違いますね。

ユンソンともめたヒョンミンは啖呵を切ります。
「俺が守る」と。

会長不在中の後継者問題が勃発です。
会長夫人は、本当にあほですねえ。
ユンソンのお母さんとは思えませんね。
いったいユンソンは敵に回ったのでしょうか。

会長も寝てはいますが
家の中にこういう人物を飼っていたと思うと
寝てる場合じゃないですよ。

身から出た錆でしょうか。

こういうお金に群がるような人ばかり寄ってくるのは、本当に大事な人を
遠ざけることばかりやってきたからですね。

今の今までなかなか見抜けなかったのも、結構自分勝手に自分の子供や孫を扱ってきたからではないでしょうか。

愛情はありますが、愛す家族が大事にする人たちを遠ざけたり排除したりを続けていましたね。

いまだに体質が変わったようには思えません。
だから孤独なのですね。
<Sponsered Link>



危機に孫3人は結束します。
ヒョンミンも行動を起こします。
会長への愛を3人が自覚してきたのですね。
お互い、心強いのを感じたと思いますよ。

手術の日が来ます。それは、総会の日と同じです。
手術が怖くないといえばうそになるとふくろうは思います。
ふくろうはやはり怖かったです。
あまり考えないようにしましたね。
ジウンのような立場ではなかったですけど、
家族がついていてくれたら、
勇気だして臨めると思います。
ハウォンにはジウンにずっとついてあげてほしいです。

ハヌルの3人が守ってくれると思います。
会長は起きてから対処しましょう。一つ一つですね。
夫人の言ったことはヒョンミンにでも、
聞いてもらえばいいでしょう。
決してみんなハウォンを追い出すような子ではないですよね。

ただハウォンは、こだわるでしょうけど。

さてヒョンミンとへジ、二人とも癒されますかね。
癒されるといいな。

やっと理解し合ったでしょうか。
今までのようなことはもうないほうがいいですね。

二人にも幸せになってもらいたいです。

それからへ次の夢をかなえてほしいです。
才能はあると思います。
笑顔が輝くヘジであってほしい。

さて最後の夜」とジウンは言います。
そうですねえ、普通でも不安な状況ですが、実はジウンにはみんなに話していないことがありました。

ふくろうは、なぜ黙っているのかなと心配になります。

ふくろうならみんなに相談くらいはするでしょうね。
だって自分が目が覚めないことだってあるのなら、

おじいさんを助けても、後でおじいさんも悲しい思いをするでしょうからね。

ひょっとして、本当に最後になるかもしれないなら、後悔しないようにしたほうがいいでしょう。
二人きりで過ごす夜でございます。
デートに繰り出す二人です。

気分転換したほうがいいですね。
さきはまだまだながいと思いたいですね。

さてヒョンミンの戦いでございます。
臨時株主総会の日に、若武者ヒョンミンは、
ハヌルを、守れるか。
御曹司やっとやる気になったのですね。

今まで食べさせてもらうだけだと思っていた
ヒョンミンが変わります。
いやいや成長著しいですね。
この状況は危機感がありますからね。

社長の座を狙っているものは山ほどいる。
ユンソンが言っていました。
妻を始めとして、その息子ユンソンまで、狙っているとしたら、
会長は人を見る目がないと思います。

孫を何とかしたいなら、先に自分が変わっていくことが必要だったかもしれません。
この状況になってヒョンミンもソウの、ジウンも、なかなか頼もしいじゃありませんか。
いいこですよ。

孫が遊び人や女たらしなのも遺伝じゃと言えるのかな。

会長自身も発展家だったのでしょうね。

ところでシンデレラのお母さんとお姉さんですが、見事にダメ娘とだめ母をやっていますね。
横着の極みの二人が、この先変わっていくのでしょうか。
お父さんの仕事かな。

何とかしていただきたいですね。
この先お父さんがなくなったら、またハウォンが苦労するかもしれませんよ。

株主総会はどうなったでしょうか。

では。
<Sponsered Link>



Pocket