カテゴリー:映画の記事一覧

本や映画を旅するふくろうの日記帳

カテゴリー:映画

宮廷女官チャングムの誓い 第12話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第12話』でございます。

命がけのチャングムの人生修業は続きますね。食べ合わせが原因だと突き止めたチャングムでございます。

自分の身体を実験台にして王室のため尽くすチャングムですよ。

わからないことは明らかにしたい、純粋な探求心ですが、一歩間違うと命が危険になります。

後先を考えないチャングムらしいエピソードですね。
しかし、トックのおじさんを助けたい一心で頑張ったのですね。

チャングムは情が深いのです。
<Sponsered Link>



リスクを折ってこそ道が開けてきます。
でも誰でもできることではございません。

はっきり言って無茶。

さて 
チョン尚宮の助手務めることになるのですが、
予期せぬことが起こります。

チャングムが作った料理が不評に終わります。
実はあの実験の後遺症らしいのですが、味の感覚が鈍くなっているのでした。

楽観的なチャングムです。

まさかこんなことが起こるとは思ってもいないのですね。

チャングムってつくづく豪傑だと思いますよ。

誰かに恩を着せることはございませんが、個人の性癖として、人生で命が何度も危険にさらされそうな気がします。

危機管理のセキュリテイレベルが普通の人よりはひくいかも。

無鉄砲ですね。

でも人のために行動するのは徳が積み重なるのかもしれません。

このドラマにはいろんな性格の人物が出てきます。
誰がやるにせよ、水刺間で調理をする場面はとても魅力的ですね。

尊い気がするのです。
どんな人も食べるために働くのです。
今回チャングムの料理を、チョン尚宮に必ず味見してもらっていればこんなことにはならなかったと思いますよ。

チョン尚宮は味見をするべきでしたね。
このひと手間が足りなかったと思います。

必ず食べてもらう前に検閲しておくべきです。

チャングム自身が自分お変化に気が付いていないのが残念ですね。

まさかこんなことが起こるとは思いもしませんよね。

水刺間には年長者を敬う気風はないようです。
チョン尚宮に恥をかかせることはないと思いました。

人の心を忘れた人たちが闊歩している宮中ですね。
チョン尚宮はこの時点で10年間最高尚宮です。

クビにしたいと思っているチェ尚宮たちは、色いろと策略を巡らせます。

チェ尚宮は最高尚宮になる気満々でございます。

世襲制にしたいのですね。チェ一族で。
<Sponsered Link>



聡いチョン尚宮がこれに気が付かないわけはありません。

こういう社会では純粋な人ほど悩みますね。

腹黒い人や卑怯な人ともやって行くしかないのです。

賄賂はもちろん、黒幕のえらいさんの後ろ盾を最大限に利用します。

チョン尚宮は引退するとしても,一矢報いたいはずです。
そこである行動に出ます。

王様に次の最高尚宮を競合で決めることを提案します。

チェ尚宮たちの腹がわかっていますから、チェ尚宮たちの思うようにはしたくないでしょう。

王様は賛成し許可をします。

ハン尚宮とチェ尚宮で競うことになります。

そこにはチョン尚宮の願いがりました。
料理を政治に利用する輩が許せなかったのです。

チェ尚宮が最高尚宮になれば、毒を料理に入れられる可能性がありますよ。
ここはハン尚宮に勝ってていただきたいところです。

ハン尚宮も覚悟を決めます。助手にはチャングムをというのですが、チャングムは呆然とします。

自分は、味覚が鈍ったので務まらないといいます。

戦力にはなれないといいます。

チャングムっていつもがけっぷちに立っていますね。
そしていつでももうダメかなと考えては進んできました。

治るといいなあ。チャングム。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第11話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。 
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第11話』でございます。

チャングムが殺されるかもしれない。ハン尚宮は、昔の友の事件を思い出していました。

チョン尚宮は、長い間の様々なことを正したいといいますが、それでは罪のないチャングムは友のように殺されてしまう。

ハン尚宮は二度とそんなことはしたくないと思っています。
<Sponsered Link>



チョン尚宮はクミョンとチャングムの二人を義禁府に突き出そうとします。

しかし、ハン尚宮がチャングムの話をしたら、
誰が止めても決して動かなかったチョン尚宮は、今回の事件を隠すことにします。

この人にはこの人の思いがありましたね。

食べ物を出世の道具に使う輩を許したくはないのでした。

ただチャングムを助けるにはこの事件を表ざたにしないほうがいいのですね。

どう考えてもクミョンやチェ尚宮が怪しいのです。

全く宮殿には魔物が棲んでいますね。

裏取引が横行しています。

一方ハン尚宮は、チャングムが隠し持っているというものを捜しています。
助けたい一心です。

やがて、チャングムもクミョンもおとがめなしになります。

今回の事件でクミョンはすっかり悪の手先になってしまいましたね。
チャングムがきいたときも、あなたでしょと、いいました。

なんだか人が変わってしまいましたね。
料理を作る人がこんなに腹黒かったら、困りますよね。

正確はともかく料理はうまいよねという人もいるとは思いますが、心もきれいな方がいいなあ。

チャングムはハン尚宮にきかれても、こたえられませんでした。
何故答えられないのかという理由をチャングムはここで話しています。

普段はそんなことを考えていたとは、誰も思わないですよね。
明るくて元気なチャングムですから。

その口から語られる過去は、けっして明るいものではないのでした。
誰にも両親の話はしてはいけなかったのです。

両親がなくなったのは、自分のせいだとチャングムは思っています。

確かに誰が見てもそう見えますよね。

いらんことを行ってしまったチャングムは一生後悔し続けるのかもしれません。

あのタイミングで、言わなかったらよかったのにと、ふくろうも思いました。
<Sponsered Link>



今回はハン尚宮がチャングムを何とかして守ろうとする姿が描かれます。

人は人生で何かしら後悔することがあると思います。もう取り返しのつかないこともありますね。

後半に、元子様のことが語られます。

トックおじさんがピンチになります。

そしてチャングムは足が立たなくなっていますね。

何かおかしなものをたべたにちがいありません。つまるところ自分の体でじっけんしたのですね。

自分なりの仮説を証明したのでしょうか。

幸せそうな顔ですね。

チャングムって科学者みたいですね。
実験が大好きなのでしょうね。

ただ、無謀とも言えますね。

自分で試すなんて。

無鉄砲で軽率です。

でも人のためになることかもしれませんね。

身体がいくつあっても足りないとも思います。

探求心、本当のことを知ろうとする性分でしょうね。

今回はチャングムの背負った十字架がチャングムを窮地に落とすかもしれないと思いました。

明るく見えるチャングムにも、重い過去がございます。

人はみんな何か苦しみますね。
チャングムは富にも権力にも屈しない人物だと思います。

苦労があるからこそ喜びもございますね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第10話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第10話』でございます。

何とか力を合わせてクミョンとピンチを乗り切ったチャングムでございます。

普段の精進が物を言いましたね。

王様もご満足でした。
ご褒美?
いやいや、
そもそもミン尚宮たちのミスが原因でしたね。

寧ろ罰がありそうですね。
<Sponsered Link>



宮中での料理番は、本当に神経を使いますね。
無事に何とかなったのでよかったです。

タイプの違うチャングムとクミョンはいいコンビですね。
二人がいなかったら王朝が全滅だったかもしれません。

さて今回はミン尚宮たちの代わりに退膳間に出入りできるようになったチャングムの行動がもとで、自ら窮地にはまっていくチャングムでございます。

ふくろうも、彼女の行動にはついていけません。
これが我が娘ないつも心配し続けるでしょう。

まず、自分の気持ちに正直な人間ではありますがじっくりと計画を練るタイプではないのですね。

思いのまま行動して、隙だらけでも、強く生きていけるタイプだと思います。
毎晩、夜の当番を積極的に変わるなど、絶対に目立ちます。

慎重さにかけますね。
ヨンセンがおかしい思ってチャングムにわけを聞きますが、こたえられるわけがないのです。

お母さんが隠した料理集だなどと、いくらチャングムでも、漏らしませんよね。

同じ時期にクミョンは一族の悪の洗礼を受けます。

実は王妃様のお腹の子が女の子に変わるようにというお札をクミョンは隠します。

クミョンは、まだ悪には染まっていませんが、苦しみながら宿命を受け入れようとします。

必要悪だとでもいいたいのか、チェ尚宮は畳みかけます。

クミョンの人生は悲しいですね。

情けない話です。

出世するため?いやいや悪徳を積むなんて最低でございますよ。

でもクミョンは、この宮殿で生きるつもりですから、結局は悪事に手を染めます。
ところがヨンセンが目撃者ですから、話はややこしい方向に行き始めます。
そして、同じ時に同じ場所にうろうろしていたチャングムに罪を擦り付けることをチェ尚宮は指示します。

チョン尚宮の依頼でトックおじさんは、お札の意味を調べます。

濡れ衣ではありますが、チャングムは、退膳間にいた理由をこたえられません。

人を信じやすいチャングムは,他人の悪意には頓着しませんから、どんどん巻き込まれてきます。

ヨンセンと明るい時にクミョンが隠したあたりを捜すと、何かが落ちてきました。

素早く、そういうのはチャングムは拾いますよ。

それはお母さんがチャングムに残した大事な料理集でした。

誰にも言わないこと、これをお母さんと約束していましたね。
そこは守ります。
よかったです。
チャングムのこころにはお父さんも自分の口が招いた禍で命を落としたことも記憶しています。

知恵がないのかといえば、そうでもなく、しかし、一言多いので、大事な人を失ってきましたね。

その経験はつらいけど、チャングムが言葉に気を付けるようになったとは思います。

<Sponsered Link>



大体、退膳間にこそこそいって自分に目的を果たすために一生懸命になる、子供ですよね。

思いがすぐに行動に直結するチャングムは、
知らない人が見たら泥棒さんと変わりません。

このドラマの主人公は、才能があふれる娘ですけど、
完全無欠のスーパーウーマンではございませんね。

だからこそ共感できる部分がございます。

こういう女性は科学者が似合います。

研究実験にいとまがない人生がきっとこの女性には幸せなのかもしれません。

ただ、家族や友人はどうでしょう。

元気なチャングムは、意見なところにも、どんどん踏み入ってしまいます。
叱られても、すぐに立ち直って、前進する逞しいタイプでしょうね。

あの世のお母さんとお父さんはやっぱり心配の種が尽きないと思います。
でもそばで教えてやりたくても、そうはいきません。

料理集を見つけたチャングムは足を痛めたヨンセンを放っておいてどこかに行きます。

本能に忠実な子供ですね。

それは、両親のことがチャングムにとってものすごく大事なことだからです。
おそらく親の事はここでは話せません。
いくら口が軽くても言えません。

ヨンセンにも言えないです。彼女も口は軽いです。

義禁府にチャングムとクミョンをチョン尚宮は送るといいます。

チェ尚宮はどう出ますかね。

チョン尚宮は黒幕がわかっていると思いました。

いうことを聞かないのはチャングムはいつものことでしょう。

しかし、お札をチャングムがそこに置くとはだれも考えないですよね。

黙っているしかないか。
ながれに任せていくしかないでしょうか。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第9話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第9話』でございます。

チャングム、あわや落第というピンチでございます。

しかし、ここに大妃様が登場です。

味見をしておいしいとチャングムの料理をほめます。

庶民には小麦粉は高価すぎますから、庶民のためにはチャングムのやり方がいいと思います。

<Sponsered Link>



元はと言えばノ尚宮かかわりの事件ですから、はやく一言いってほしかったですね。
材料の管理について考えました。
ほとんどチャングムには不可抗力かもしれません。

番をする女官は居眠りをしていました。

小麦粉がなくなったのに、気が付いていません。

この人の責任を問うてほしい。

チャングムを叱るなら。

さらに決まった材料を使わないと失格だといわれます。

仕方がないのですが、チャングムはいつもこうなりますね。
アイデアはすごい。

しかし、根回しをすることはないので、いつもこんなことに。

マイペースなので、周囲に理解されないと不利なことになりますね。
盗んだあの女官のことも訴えないなら、自分が罪を追うことになります。
平気でしょうか。

チャングムはいつもこういう神経で物事に対処します。

職場に好意タイプがいたら、そうですねえ、上司とか、先輩と科でだれかがひいきにしてくれるなら、やって行けそうですね。

後ろ盾もないチャングムですから、実力だけで勝負するしかございません。
ですが、目上の引き立ては大事です。

正直だけでは世の中わたって行けないかも。
自然体の強さはチャングムにはしっかりありますね。

大人になるということは、自分以外の人の気持に疎くては生きにくいでしょう。

さて、ノ尚宮のお話が始まりました。
それで女官は王に仕える身ですから、口は堅くないといけません。

何かあれば自分の責任です。

本物の女官に慣れたことをお母さんの墓にチャングムは報告します。
お母さんはきっと喜んだと思います。
素敵なお母さんでしたね。

命がけで王様に仕えるお仕事ですよ。

このグリーンの着物いいなあ。

いつみても、お料理のシーンはいいですね。
食欲が出ます。
<Sponsered Link>



ところで女官になったら部屋割りがあります。
ヨンロとヨンセンはもめています。

この二人はどちらもわがままですよね。

みたまんま、仲良くやるにはどちらも何かが足りません。

仲が悪いので部屋を変えてもらいます。
大人でないのですよ要するに。

相性もあるけど、我慢がないのです。
チャングムの目標は最高尚宮になって母の恨みを晴らすことでしたよね。

そしてノ尚宮は引退されて、この後は尼寺に行かれるのかな。

実の母を自害させられて宮中で育てられたあの女官、可愛そうでしたね。

ハン尚宮から実はチャングムもハン尚宮も知らないのですが、チャングムのお母さんの包丁が娘のチャングムにわたります。

これはすごいことですよね。

運命の流れですね。
まだ知らないチャングムはお母さんと一緒に水刺間でお仕事をすることになります。

守ってくれますよ、お母さんが。

幼い娘を残して死にたくなかったと思います。
チャングムも岡さんが恋しいはずです。
よくここまで頑張りましたね。

ハン尚宮が話す理由が、その友達がチャングムに似た人だったからということですね。

一方チャングムの実家?、トックおじさんの家ですが、里帰りしておばさんにしみじみ
女官の心得を聞いています。何だか微笑ましいです。

武官のミンホがトックおじさんに会いに来ます。

人のいい夫婦は用心しながら対応しています。

最後で王様の狩に同行して冷麺を作ることになります。

ハン尚宮以下、毒にやられて倒れます。
クミョンが頼りです。

料理って結構怖いですね。
安全に調理すること、注意深くないといけません。

命がけですねある意味。

では。
<Sponsered Link>



Pocket