カテゴリー:映画の記事一覧

本や映画を旅するふくろうの日記帳

カテゴリー:映画

屋根部屋のプリンス 第1話 序章 

  • 投稿 2017/07/22 
  • 映画
Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『屋根部屋のプリンス 第1話』
「序章 輪廻の出会い」でございます。

こういうタイプのファンタジーは大好きなふくろうです。
過去から現代にタイムスリップしたプリンスと家来が
朝鮮時代の殺人事件の謎を追って現代にやってきます。

ふくろう、実は、ハン・ジミンさんが大好きで、
以前「復活」だったか、可愛いなあと思ってみてました。

あの時、可憐さに参りましたね。
確かプールに飛び込んで人助けをするシーンが印象に残っています。
かっこよかったです。

今回も、チャーミングな役ですね。

<Sponsered Link>



一方ユチョンさんも「成均館スキャンダル」をみて
ファンになりました。
今回は気品ある世子さまで活躍します。

最初,朝鮮時代の王朝から物語が始まります。
事の起こりがゆっくりと描かれています。
世子のお妃になるということは当時、女性としたら
もう大出世ですね。

ファヨンとプヨンの姉妹にも
世子妃のチャンスが巡ってきます。
妹のほうを父親はお妃候補に出そうとします。
え?姉のほうではないんですかね。
なぜ妹を?とふくろうは思いました。
その説得力のある理由を知りたかったです。

この謎が最後まで残りましたね。
上の娘から出すのが自然な気もしました。

妹をねたんだ姉が、自分がお妃になれるように妹を陥れます。
周りもそのことに気が付かないのでした。

妹が顔にやけどをして、姉が望み通り妃になります。
このことは偶然ではないんです。
姉の性格がこれからじわじわとわかってきます。
妹は姉のために身を引きます。

<Sponsered Link>



姉が妃になっても妹のプヨンも宮中にいますね。
これはありなんですかね。
お姉ちゃんはあまり楽しそうにないですけど。

妃が殺されたと思う世子は、
この時亡くなった妃の顔を見ていませんね。
見ていれば人生がまた違っていたかもしれないのに。
理由はお話が進むにつれてわかってきます。

前半ハンカチの刺繍の蝶が動き出します。
面白いなと思いました。
この蝶は現代にもやってきているようですね。
現代にも似ている人たちがいます。

転生してきたんでしょうか。
ジミンちゃんふんするパク・ハの方に蝶が止まるところが
素敵です。

この蝶は神様の使いかも知れないですね。

さて朝鮮時代の世子は
知恵のあるマンボ、武勇のヨンスル、
さらにえーと、よくわかりにくいけど、
ユニークなチサンの三人を従えて、事件の真相を探ります。
4人は宇宙に飛んで行ったようですが、
現代に続く道がどこかにあるのかな。
このお付きの三人は今後大活躍します。

一方、数奇な運命に翻弄されるパクハちゃん。
お姉ちゃんの意地悪に、すっかり記憶をなくして、
お母さんを手伝う生活です。

人を信じているんですね。
昔話では必ず意地悪な悪役がいますね。
このドラマでは現代にいても似た環境にパク・ハが暮らしています。
本人には過去の時代の記憶なんてないかもしれません。

パクハちゃんが自分の部屋に戻ると、
誰かがいます。
このシーン、一瞬ぞっとしたふくろうです。
よりによって
一人暮らしの女性の部屋になぜこの4人が出現したんでしょう。

「何者?」
そこにはドッキリ風の時代劇衣装の4人組が登場。
これから話がどう進展するのでしょうか。
パクハちゃんを応援してふくろうみてまいります。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket

明朗少女成功記 第16話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『明朗少女成功記 第16話』でございます。

追い詰められたナヒはギテに打ち明けます。
さて、ギテはどうしますかね。

ヤンスンのおばあさんをひいたのはナヒです。
最後まで悪人には慣れなかったナヒでございます。
チュンテと結婚しても待っているのは地獄です。
永久にギテとは決裂したままになりますね。
<Sponsered Link>



わざとじゃあないですが、
いつものナヒの物事の処理の仕方が
すべてこんなんじゃあないのかな。
悲しいですね。
周り人が傷つきます。

ギテは自首をすることを進めます。
自分もついていくからと。

実際おおごとですよ。
しかし、決着をつけないと、もうこれ以上はつらすぎますよね。

ヤンスンたちは
ファンウを売ることができなくて困ったのですが、
ヤンスンの機転により、
あることを実行します。
いやあなかなか画期的な展開でした。

身体にいいということは、
イコール、食べられる、という発想です。
こういう発想は素敵ですね。

現実に食べられるような化粧品があるでしょうか。
食べ物で化粧品として使えるものはどうでしょうかね。

変質の出始めたチュンテのネッサンス化粧品は
危険な代物です。人の顔がどうなってもいいのかと
思いますね。
<Sponsered Link>



ナヒを自分の持ち物扱いするチュンテは
情けないやつですよ。
はなから対等ではない結びつきは破滅をたどります。

ナヒは全部お母さんにも打ち明けましたね。
ナヒが道をこれ以上誤らなくてよかったですね。
のちにヤンスンにナヒは謝罪します。

チュンテは最後の悪あがきをします。
会社をひとりの人格と考えれば、チュンテは会社からも
嫌われると思います。
ヨンちゃんもスパイをやめてはっきりとチュンテたちと
決別します。

ヤンスンたちは最後の戦いに挑みますよ。
素敵な商品が出来上がります。

なかまと一つの目標に向かって進むときは
いい時間ですね。
力を合わせて夢をかなえる時間です。
みんなの思いがこもった「ピュア・スノイ」
が誕生します。

消費者はどちらを選ぶでしょうか。
貴族になっても生きていなくてはね。

やがて人望のないチュンテの悪事も
白日の下にさらされます。
「正義は、勝つ!」ですね。

ヤンスンはやさしい子ですね。
ヤンスンが最後にナヒにかける言葉が胸を打ちます。

人を憎んで生きるのはしんどいことですよ。
健康ではいられそうにありませんね。

ヤンスンの立場なら、恨んで当然かもしれません。

一件落着したところで、
ヤンスンは夢を求めて軍隊に入隊です。

おじさんのプロポーズは
三年後までヤンスンの返事はお預けです。
おじさんはほえたいとおもいますね。

でも、
この際だからおじさんにも応援してもらいましょうね。
愛が試される時間が始まりますよ。
ヤンスンは20歳ですからね。
ゆっくり進むべきですね。
一皮むけて帰ってくるはずです。

それでも、
アフリカでもおじさんはついていくみたいですよ。
相変わらず経済力だけはあるようです。
その後もおじさんとは順調に仲良く生きるでしょうね。
こういう愛の形、ありですね。

めでたいです。
二人が幸せになるなら何よりです。

では。

<Sponsered Link>



Pocket

明朗少女成功記 第15話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『明朗少女成功記 第15話』でございます。

こういう逆境を乗り越えて勝ちに行くドラマは楽しいですね。
さらに復讐するドラマでも、
内容的にいいなと思えるものは好きですね。

このヤンスンには感情移入しやすいので、
ついつい自分の事のように、
ドキドキしたり、悔しがったり、
喜んだり泣いたりできました。
<Sponsered Link>



物語の中を旅するといいますか、
主人公とともにいろんな経験をするようで、面白いですね。

愈々全面対決ですね。一応、善と悪の勝負ですね。
ファンウは復活ですよ。
靴ひもをギュッと締めて頑張りましょうね。
苦労しましたが、
みんなで力を合わせて一つのことを成し遂げるって
感動ですね。

一緒に成功を喜べる人たちがいるのが何より宝です。
正直に生きていると、いいことが待っていますね。

ナヒは複雑な顔ですね。
思ったようには幸せではないようです。
ナヒのお母さんはなぜ反対しないのでしょうか。
わかりませんね。

さてヤンスンの体力つくりが始まりました。
本格的ですね。

怠惰なおじさんにはわからないと思いますが、
実はヤンスンは軍隊に行く夢がありました。
志願するつもりです。
えっと、ふくろうも思いました。

このあたり
並のラブコメのヒロインとは感じが違っていますね。
ヤンスンはおじさんに比べたら若いですから、
最終的に結婚とかを焦るのは感心しません。

ヤンスンはヤンスンの人生をまず歩くべきだと思いますよ。
後悔するより、
思ったことをやりつくすほうがいいかもしれません。
<Sponsered Link>



もうおじさんはパニック状態です。
使命を果たしたヤンスンは自分の夢に向かって
歩きたいのです。

気になるんなら自分もくっついて
軍隊に行ってはいかがでしょう。
おじさんは軍隊に行ったのでしょうか。
そのところがあまり出てきませんね。

ふくろうはヤンスンを応援したいなあ。
今しかできないことは今やるしかありません。
そういう志を持っていることが素敵です。
貧しくて苦労して
ここまで生きてきたヤンスンの夢がそれなら
かなえてほしいです。

自分の意志で自分の人生を決めていくのは
大事なことです。

だけどこれは女軍といって3年間は会えませんよ。
二人は結婚の約束まではしていませんからね。

おじさんはほっておいてもいいかなと思います。
どうしても好きなら待ってるでしょうよ。

そうこうする間にチュンテは何かやらかしそうですよ。
ナヒはナヒで、八つ当たりにやってきます。
新聞を使う卑怯なやり方に、ファンウチームは
どう対処するのでしょうね。

商標の件、困りましたね。

ナヒは、自首するのでしょうか。
ギテには本当のことを言いましたね。

殺人のせいで結婚すると言ってますが、
自分が自首すれば結婚はしなくて済みますよ。
そのほうがましだと思います。

チュンテは危ないですよ。
バラ色の未来はないと思いますね。
そんな相手と家庭は築けない。

ナヒはお母さんに本当のことを早くいってほしい。
人生には真摯に向かい合ったほうがいいですね。
わざわざ遠回りをする意味がわかりません。

心をほぐしてくれるひともいなさそうですよね。
やる気があれば一人だってできます。
若いんだからやり直せますよ。
では。
<Sponsered Link>



Pocket

明朗少女成功記 第14話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『明朗少女成功記 第14話』でございます。

ふっと黙り込むヤンスンですが、ギテは
その気持ちに気がついていません。
人の気持ちに疎いおじさんではありますが、
人間苦労をすればたいてい、人の気持ちがわかるようになっていくでしょう。

シンデレラの王子様が人の気持ちがよくわかる人だったか、時々考えるふくろうです。
シンデレラは苦労人でしょうけど、
王子様も適度に苦労人なのかどうか、そうだったらいいなと思いますね。
<Sponsered Link>



現実にはなかなかそんな人はいませんよね。
素敵な人に巡り合えたら、どの程度それから鍛えていけるかだと思います。

それにしても、
純粋な人間が振り回されるのは見ていて心が痛みます。
ナヒはしてやったりでしょうね。
しかし、物事はこのままでは終わらないでしょう。

さていよいよ会議が始まります。
ギテは勝運を呼び込めるでしょうか。

命運がかかった会議です。
作戦開始ですね。
でもソックはギテをヤンスンにあわせようとします。
いい人ですね。
ソックオッパは人としてなかなか上品な方ですね。

そして、ギテが着くまで会議の引き延ばしを
することになります。
これはヨンチャンがボべに頼まれてやるんです。
さてヨンちゃんの知恵でどこまでやれるでしょう。
ヨンちゃんの知恵を当てにするしかないですね。

ヤンスンはギテに相談して、
チームのみんなで考えてみたらよかったかもと思います。

黙っていてはナヒの罠にはまるだけです。
一方ナヒはギテとどこかに行く気です。

ナヒはいつでも相手の気持ちが入らない
自分だけの考えですね。
でも、脅されてチュンテと結婚するのは
さすがにいやでしょう。

緊迫した場面で、それぞれの思惑が
入り乱れます。
ファンウを生産不可能にして
新しい化粧品で勝負しようというのは
やりすぎですね。

ギテの話に追い詰められるチュンテ親子です。
間一髪で間にあいました。
<Sponsered Link>



ギテはナヒにも終結宣言をします。
悪事をやり続けるナヒには
とめてくれる人がいないのですかね。
どこかに可愛げがあることを祈りたいです。
このままろくでなしのままで終わるのか。

悪者たちも何やらもめています。
悪事をするのに心が一つになれるのか。
疑問ですね。
悪者たちの集団がまとまるのかどうか。
たいてい独裁者が存在していて、
他の人を対等に見ているとは思えません。
だから、内部から割れるとか、
いろんなことが起こるのは当然でしょう。

民主主義なんてことはないだろうなあ。

さて出家でもしそうなチェ技術長を追って、
チームは動きます。
偏屈そうだけどチェ氏の理は通っています。
持久戦ですか。

いやいや釣り大会でした。
大漁です。ふくろう、ボべの大ファンになりました。
中々の実力者です。生活力があるタイプですね。
出世しそうですね。
こういう気の置けない仲間がいると楽しいです。

チェ氏も仲間になりましたね。
暖かい人柄がいいですね。

みんなの前でプロポーズするギテに、
ヤンスンは拒否。
まあムードもへったくれもないカップルとは言え、
困りますよね。
断りますか。

ですがヤンスンには心に決めたことがあるようですよ。
もうナヒには負けません。

一か月の販売競争が始まります。
因縁の対決でございます。

乞うご期待。
<Sponsered Link>



Pocket