カテゴリー:映画の記事一覧

本や映画を旅するふくろうの日記帳

カテゴリー:映画

トキメキ!弘文学院 第31話

Pocket

モーニング!、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第31話 芽生える友情』
でございます。

やっと相思相愛になれた傲天と雲ひですが、実は
前途多難でもあります。
それを感じているのは今のところ傲天だけです。
そこには、まだ雲ひが知らない事実がありました。

いつかは知ることになるのかな。
いずれにしてもこのままでは終わりそうにないですね。

<Sponsered Link>



文星さんも変わってきましたね。
人に対する態度が全般的に。
雲ひとは友情でつながっているだけでも
良しとするしかないでしょう。

二人が肉まんをほおばっているシーンがいいですね。
本当においしそうです。

豪快に肉まんをほおばる方法を雲ひが伝授。
雲ひって、食べることにも豪傑ですよね。
何だか自然体の若様を見るとふくろうも楽しいです。

一方傲天は刺客の見当はついていますから、
東方どのに懇願します。
雲ひへの想いがあればこそですね。
いろんなことが起こっていますが、人の気持ちが
次第に変わってきています。

二妹はついに憧れの人を見つけて、攻めの姿勢ですね。
この方にかなう人はいないと思います。

ところで、
お芝居の発表の問題点が浮き彫りになっています。
結局、大同と文文のコンビが演じることになりました。

慕容月のプライドはものすごく高かったんですね。
少しだけ負けておくとか、
みんなの苦労を思って妥協するとか
そういうことはできない性格でしょうね。

協調性にかける、ということでもあります。

しかも、状況は最悪で、セリフを覚えていない大同に
クラスメイトもうんざりですね。

結局、大同と文文のコンビで大正解になります。
文文相手だと
みんな感動の嵐で、涙をそそっていましたよ。
大同、なかなか良かったです。
実はここにも一つの愛が存在しました。

<Sponsered Link>



お芝居といっても、演技というより、この形を借りた、当事者たちにとっての
愛の表現になったということですね。

ついでと言っては何ですが、よかったですね。
感情の入り具合が本物なので、それはそれでけっこうなことですよ。

この感動は愛のなせる業といえます。
仲間の協力もあったからですね。

昔も今も、演劇鑑賞は人々の楽しみだったんですね。
この学院の十八番といいますか、
何代にもわたって同じ演目が上演されてきたのですね。
歴史と伝統があるのです。

そんなことはともかく、相変わらず調子のいい学監は、
このお芝居で
資金不足を改善しようと頑張っておられます。
ちなみにこの方は20年前にこのお芝居の主役を演じた方です。

背景の蝶はとても美しいですね。
あと水墨画もいいです。

見ていて楽しいですね。
衣装も素敵です。
心に残る言葉がまた一つ。
「高慢さを捨て、みんなの輪の中に入る」

このドラマはそういう、ためになる言葉が入っています。
傷ついた慕容月には呉天宝の優しい言葉が特効薬でしょう。

やっぱり、ふくろうは天宝君大好きですねえ。
登場人物、それぞれが友情を育て、成長しています。
さわやかです。

文星さんもそのうち生き方を決断する時が来るでしょう。
越えなければならない壁が誰にでもあると思います。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第30話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第30話 発表会の大ピンチ』
でございます。

雲ひのパパ、のっけから叱られています。
旧勢力の黒幕に。
言い訳として、パパは冷静な分析ですよ。
傲天は強い。

自分の手を汚さずにこき使う横着なおじさんの理屈、
理解できませんね。
パパはいい人だから悩みます。

<Sponsered Link>



ところで、学院の発表会の練習で
ふくろうのお気に入りの天宝君が大けがをします。
もうこの学院は生徒がタフなので救われています。
天宝は男の中の男でございます。
容月をかばって負傷したのですね。
かっこいいですよ。

愛は強しでございますよ。
学問も恋も命がけでやることになりそうですね。

大体この学校は安全管理がなってませんね。
小道具、大道具、ちゃんと検査しないとね。

運動会だってちゃんと調べて使えるかどうかを考えますよね。
責任者がよくわかりません。
安全な小道具を使うことですね。
ふくろうも違和感を持ちました。
だってぶら下げてある、いや釣るしてあるものが、
重そうで、本物の重い石でも使っているのかと思いました。

学芸会で使うようなもっと軽いものにしたらいいのにと思いました。
誰かが仕掛けたのでなければいいのですが、
いまいちこの学院は胡散臭い感じが否めません。

教育現場として、管理者はチャンとしないとね。

まあ、必然的に誰がこの役をやるかということで
慕容月はおーりた、ってことになりますか。
天宝以外が相手では、やる気なしでしょう。

相性もあるし、他の人にやってもらうほうがいいかもしれません。
この場合、一人づつ選ぶのでなく、
ペアで選んでみてはどうでしょう。

<Sponsered Link>



しかしこの事故は仕組まれたものでしたね。
いったい誰がこんな危険なことを考えたのでしょう。

以前、火が出たりしたこともありましたね。

さてここで、ごくつぶしの大同が代役をやりますよ。
天宝君、名演でしたのに、惜しいです。
涙を誘うすごい演技でしたね。

恋心見え見えでございますのに、否定する天宝です。
お見舞いに琴を弾く慕容月でございます。
いい恋人ですね。素敵です。

犯人はわかりました。
あれのどこがわざとじゃないのか。
説明、わかりませんね。
ねじが一本抜けています。

ところでみなさま、
登場人物のイラストがとってもかわいいです。
愛しいかわいさです。
今日も怒ってる文星若様、着物も含めて素敵です。

一方傲天と一緒に考える生徒たちは
衝撃の事実を知らされます。

でも、窮すれば何とかです。
みんなは犯人をゆるし、対策を立てます。

そうですね。一緒に前を向いて進みましょう。
文星さんも一緒です。

最初から背景は描けばよかったのよ。普通そうでしょ。

あの重量級の雲を小道具にしたのはまずかったですね。
切ないシーンでいきなり雲が主役めがけて落下します。
石で雲を作ったのかしら。
とにかく、資源がたくさんある国なのでしょう。

実際主人公の重責を担うには大同はどうでしょうか。
不可能に限りなく近い状態です。
それに、大同は容月に興味があまりないみたいです。

この回は天宝君は痛い目にあうのですが、
逆に容月から大切にされます。
看病してもらえます。よかったですね。
幸せな奴です。

発表会、どうなりますか。
では。
<Sponsered Link>



Pocket

ときめき!弘文学院 第29話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第29話 打ち明けた想い』
でございます。

衣装が気に入らない慕容月を黙らせるのは
やはり柳傲天ですね。
的を得ています。

お嬢様の暮らしぶりがよくわかります。
高価なものばかり着て育ったのですね。

貧しい衣装でも慕容月は気高く美しいですよ。
呉天宝も素直な想いを慕容月にのべています。
天宝も本気で容月を好きみたいですね。
幸せなことですね。

<Sponsered Link>



さて、旧勢力は東方殿の隙を突くことを考えています。
東方殿も一人で行き来するのは、狙われやすいですよ。
無防備すぎます。
護衛くらいいないとダメでしょう。

東方殿を襲ったのは昔と同じ相手のようです。
傲天が現れて、ことなきを得ますが、
深い傷を負わされます。

襲われたらまず逃げられません。
東方殿も以前とは違い年を取っています。
傷も治りが遅いでしょう。

雲ひが傲天のところに鼻歌で行くのを見ているのは
雲ひのパパですね。
この方は、
忍玉乱太郎の実写版に出てきそうなおもしろそうな悪役です。
悪役といいうには、ふくろうなんかは愛しすぎておりますね。
楽しい愛すべきおじさんに思えます。

だってそうでもなければ雲ひがいい子に育っていないでしょうよ。

傲天は東方殿の手当てをしますが、
雲ひは二人の関係を誤解します。
後を追う傲天は初めて雲ひへの想いを打ち明けます。
両想いであるのは間違いないですね。
結ばれれば乱世を生き抜けるコンビになれるでしょう。

悩む雲ひに聞かれた文星さんは信じた人を
このまま信じていいのか考えたといいましたね。

人を信じられるほうが
そうでないより何ぼかいいとは思いますが、
相手によります。
相手を見定めずに、
やみくもに隷属するのは信頼とはいえないでしょう。

<Sponsered Link>



「人を信じるな」と教えるのに、
とんで降りる文星さんを受け止めてくれない人
の言うことを聞けませんよね。

何だかむちゃくちゃな親子鷹でございますね。

一方東方殿を襲った悪者を傲天は調べています。
これは意外な人だと後でわかります。

どこもかしこも秘密でいっぱいでございますよ。

ところで、今回雲ひのパパが例の必殺技を見せてくれます。
あり得ないバランス感覚。この世離れした技ですね。
それに結構年をとってもできるのはすごいです。

体力とかではないのかもしれませんね。
いわゆる技というものだからでしょうか。
いつでも魅了されてしまいます。
でも、二妹を助けてくれるパパは、いい人ですよね。

お茶目で憎めない人ですよ。
若いころは仕方がなかったのだと思います。

ところでこの時代劇の中の風景を見ると癒されますね。
自然と美しい衣装と素敵な音楽がセットで味わえます。

ついでに黒髪の青年のヘアスタイルは
長髪のポニーテール系がいいですね。
着物に似合ってとてもいいです。おしゃれです。

そういうところも癒されています。
特に音楽は非常に気に入ってます。
いい曲ばかりです。

ふくろうは映画とかドラマには美しさを求めます。
何かひとつでも美しいと思えるものを目にしたら、
いい夢を見らえそうな気がしませんか。

生きている間美しいものを身手付けたいふくろうでございます。

それにしても文星さんも深い話が雲ひとできて
幸せそうでした。

青春ですねえ。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第28話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第28話 演技上手は誰?』
でございます。

オーディションですよ。楽しみですね。

この回はまず悪役が最初から出てまいります。
彼は旧勢力の黒幕で、今の皇帝に服従する姿勢を
形だけ見せながら、腹黒く策を弄してきました。

ことごとく皇帝派の劉傲天によって阻まれています。
傲天は密偵でございます。
学院を去ってからも多くの生徒たちの心に残る教師です。

<Sponsered Link>



さていきなりですがオーディションがございます。
そのために主役を取りたい大同は仲間に手伝ってもらって
練習しています。

あまりの下手さ加減に業を煮やした呉天宝や
宋文文に助けてもらっています。
天宝と大同は本当に名コンビですね。
ふくろうの大好きな二人です。

宋文文を相手役に練習するとどういうわけか
大同は名演技になります。

でそのままオーディションもいけるかと思いきや、
まるでぎこちない。

そこで慕容月相手に呉天宝が演じると
これがまたものすごい名演技なんです。

主役に抜擢された呉天宝に、
あまり悔しそうに見えない大同ですね。

こういう風に、
これは演技だという、なんていうか大義名分があると、
本当の気持ちを出しても平気なのかもしれません。

大同は、禁断ですが、文文にときめいてますし、
呉天宝も禁断のはずではありますが、
ついつい素直な思いが知らないうちに
にじみ出てしまいますね。
どちらも感動の名作になってしまいます。
この場合の禁断というのは、
二人の若者が恋をしている相手にその気持ちを告げてはならない
と思っている場合という意味です。

演劇でこういうセリフを言うチャンスがあるのもいいですよね。
これをやって恋の魔法にかかったのだと思います。
<Sponsered Link>



よくよく考えればこの子らは演技ではないですね。
正直に自分の気持ちを出せる状況下にある、だけです。

ただ慕容月は、天宝が好きみたいですね。
この二人はお似合いですよね。
この二人でやったらいいんですよ。

このオーディションの模様がとっても笑えます。
先生たちも興味津々。

小道具に至っては、
いつの時代のものかというような古くてもろいものばかりで、
壊れたりして、予算のない学院では難事です。
雲ひでさえ、けちけちで劉学監に似てきたと
文星さんも言ってますよ。

ただでさえ厳しく悩む文星さんですが、
恋の悩みはなかなか思うようにはいきませんね。
雲ひのことが好きなのはふくろうにもわかります。

困ったことばかりですが、傲天の教えが生きています。
座っていてもどうにもならないなということ。
文星さんも、雲ひも動いて考えています。

ところでこの学院のインテリアにいつも感動です。
渋くて素敵でふくろう好みです。
書とか水墨画はいいですね。
それと文星さんの服、模様が素敵です。

ところで劉氏がヨウヨウを丸め込むシーンが楽しいです。
ふくろうもこのやり方には学ばねば。

この弘文学院のギャグはふくろうにはとっても心地よいです。
ツボもタイミングもすごく楽しいです。
このドラマを見ると、楽しくなりますね。

行って戻ってまた行きたい世界です。
元気になれる世界です。

では。
<Sponsered Link>



Pocket