カテゴリー:映画の記事一覧

本や映画を旅するふくろうの日記帳

カテゴリー:映画

屋根部屋のプリンス 第18話 予兆

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『屋根部屋のプリンス 第18話』「予兆 残された時間」でございます。

やられてばかりで反撃がまだでしたね。
セナが写っています。
何よりの証拠ですね。

皆様、世子の手が消えそうになりますよ。
残された時間はあとどのくらいでしょうか。
その時間が尽きたら、いったいどうなるというのでしょう。
今を楽しみたいと世子が言います。

世子には自分に残された時間があまりないことがわかっているのでしょうか。

<Sponsered Link>



テムは世子が警察に捕まるように仕組みます。
留置場の世子には打つ手がありません。
悔しいですね。
現代に来て
プリンスもいろんな苦労をしていますね。
人として、幅が出るとは思いますが、報われてほしいですね。

悪いやつにいつもいとも簡単にだまされるって、
どうしてなんでしょう。

ところが運命というのはちゃんと道を示しています。
消えそうになる時、世子は留置場から出ていけるのです。
天の理ですね。
このお話の魔法のルールは面白いです。

大事な会議に駆け込む世子でございます。
テムの思い通りにはいきません。
そうこなくてはいけません。

さてパクハちゃんの家に、セナがやってきます。
もちろん世子を呼び出すために動いているんです。

気を許したパクハちゃんは、
ケータイを盗まれたのも気が付かない。
置きっぱなしはいけませんてば。
善人はこんな風に利用されるんですね。
まさかそこまでやるとは思わないから悪人から見たら
スキだらけでしょう。

疑うことをしないのは美徳でもあるけれど、
相手を見てからにしないとね。パクハちゃん。
それはパクハちゃんの今世での課題かもしれません。

セナの思うようになんでもいくなら、セナにとってはためになりません。
成長の機会がないということになりますね。

<Sponsered Link>



というわけで着々と世子の暗殺計画が進んでいきます。
ということは300年前よりハードな展開かも知れませんね。
こういう相手に対処するには、
善人の論理では後れを取るんですね。

ヨンスルがついていない状態では、何かあったら、
取り返しがつきませんよね。
テムという相手が見えていないのでしょうか。

プリンスの地位にいたわけですから、あのあたりの人の心の機微を
気が付かないのかもしれません。
ハングリーとかが少ない立場ですよね。

しかし、おめでたいですね、世子は。人がいいんです。
気が付かないんでしょうね。
チサンの話で気が付いたパクハちゃんが
池に駆けつけます。

間一髪で世子のピンチを救い、自分の身は
危険にさらされますね。
相変わらず行動的なお嬢さんですね。
世子を思うが故の行動です。

何だか300年前の事件と似ています。
あの時も世子の命を守ったんですね。
パクハちゃん、いやプヨンは、亡くなったはず。
視聴者のふくろうはそこが見えますが、ドラマの中の主人公たちには
どの程度わかっているのでしょう。

あの時の真実を理解して、今世でその過ちを繰り返さないといいですね。
これは世子も乗り越える課題かな。

現世に来て、初めて過去の事実が発覚する仕組みになっている気がします。
何と手の込んだ運命なのでしょう。

覚えていようがいまいが、ここを乗り越えてこそ、魂の成長があるのかな。

結局、現代のパクハちゃんはどうなるんでしょうか。
助かるといいですね。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket

屋根部屋のプリンス 第17話 因縁

  • 投稿 2017/08/09 
  • 映画
Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『屋根部屋のプリンス 第17話』「因縁 現世の繋がり」でございます。

セナは自分がチャン会長の娘だったと知ります。
パクハちゃんは実の妹です。
チャン会長はセナにわびます。

気持ちの整理が必要でしょうか。
テムにパクハちゃんを解放するようにいいます。
さすがにセナの心のどこかにわずかなひびが入ったようです。

<Sponsered Link>



一方世子はパクハちゃんを救うためにテムと対決します。
急がないとパクハちゃんが危ないでしょう。

テムは卑怯にも世子を痛めつけようとします。
そこにヨンスル登場。めちゃくちゃ強いです。
時を超えた戦士です。かっこいいです。
パクハちゃんのもとに急ぐ世子。
危機一髪でした。救出成功です。

世子はパクハちゃんを介抱しながら
オムライスを作るんですよ。
パクハちゃんも好きな人にオムライスを
作ってもらってうれしいですね。
このシーンは楽しいです。愛情がこもっています。
こういうのって幸せですね。

逆にいつもひどいなと思うのは、
セナのマノクさんに対する扱いです。
どうしてこんなに育ったのか。
これも因縁ですかね。

パクハちゃんがチャン会長の娘であることは今後も
隠しておきたいのでしょう。
何のために、ですよね。
とにかくどこまでもせこい娘です。

セナが本当の母親についていくので
マノクさんは泣いています。
反対しないマノクさんはいい人ですね。
見返りを期待しないのが愛ですもん。

さてこれからがテヨンの出番です。
テヨンのPCにはあの写真が入っています。
このPC,テムはセナに盗ませようとしますよ。
いつも思いますが悪者、
横着せずに自分でやれと思います。

セナに盗みをやらせて平気な男との将来はたぶん、
地獄ですよね。

<Sponsered Link>



ところがこの時、ハルモニがセナを見咎めて、
逃げるセナともめて、重傷を負います。

年を取っていたら、
相手はたいてい自分より力が強いかもしれません。
あとで、誰かに知らせて調べさせてもよかったですね。
残念です。

それにハルモニの家に人は誰もいなかったのでしょうか。
無防備ですね。

もっと世子が早く帰ってきてほしかったです。
ハルモニは帰らぬ人になりましたよ。
このあたりのセナとテムの表情が見ものです。
役者さんたち、すごいですね。

この後セナが荷造りをするシーンが出てきます。
リアルでいいです。
この感じわかりますね。セナ役のかた、うまいです。

チャン会長と一緒に行くはずのセナですが、
パクハちゃんがチャン会長の娘だと分かったのを知って、
姿を消します。
このあたり親の心子知らずだといえますね。

たとえどんな子でも、
自分の子を放っておきたいとチャン会長は思わないでしょう。
可愛いはずだと思いますよ。

セナも年を取っていけば、変わる可能性はあると思います。
時間は必要かもしれません。

やはり、パクハちゃんがインジュだったんですね。
真実はいつか必ず明らかになりますね。
どんなに横槍を入れるものがいても、です。

ふくろう、すっきりいたしました。
パクハちゃんの身になってよといいたかったのです。

セナの野望はこのまま潰えてしまうのでしょうか。
この後テムはどうするでしょうか。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket

屋根部屋のプリンス 第16話 作戦

Pocket

モーニング!ふくろうです。

今日は『屋根部屋のプリンス 第16話』「作戦 偽物のテヨン」でございます。

テムのライブ、意識不明のはずのテヨンが起き上がりました。
じっくりとテムに冷や汗をかいてもらいましょうかね。
打ち合わせなんてないのですから。
人は予定にないことは慌てますよね。

テヨンがすべてを思い出したら、テムは大変なことになりますね。

実況で本当のことを全部話してやればいいのにと思います。

実はこれはテヨンと入れ替わって、世子が演じています。
なので、テムの思うようにはいかず、
記憶をなくしたテヨンがもどってきたことになるんです。

<Sponsered Link>



この作戦は、パクハちゃんは知らされていません。
え?どうして知らせてないんでしょうね。
家で待っても誰一人帰ってきませんね。
みんな朝鮮王朝に帰って行ったのだと思うしかないですね。

もしそうなら、黙っていかないでほしいですね。
残っているのはあのハンカチだけです。

でも後で世子だと気が付きます。

本物のテヨンはとある場所で眠ったままです。
世子はテヨンに誓います。
ややこしいんですが、世子とテヨンは別人格でしょうね。
似ていて何やら深い関係もありそうなのですが、
別人と考えたほうがふくろうにはわかりやすいです。

テヨンのピンチを救うために
世子はここにいるのかもしれないですね。

単に二人の関係に注目するのではなく、
神様とか宇宙とか、
とにかく大いなるものの描くシナリオの中にみんないるから
いろんなことが起こってくるのでしょうか。

世子も、あれもこれもで、ミッションは重そうですね。
でも、テムは心臓が凍りつくような思いをしていることでしょう。
あの日の記憶がテヨンに戻ったらと、心配で仕方がないはずです。

やっぱり悪いことをしたら、安眠はできないことになっていますね。
させたくないですね。

このあたりの世子はなかなか頼りになる感じですね。
それとなくパクハちゃんを見守っていますよ。

<Sponsered Link>



テムのもとへ脅迫のFAXが送られてきたり、
あの日の写真が送られてきます。慌てるテムをご覧ください。
これは王朝3人組がやっています。ふふふ。

この3人ももはや現代にうまく適応していますね。
違和感がありません。
人は分かり合えるものです。

一人では戦えなくてもみんなで戦えば大丈夫ですね。

そこでテムはパクハちゃんのところに行って暴れたりします。
ドラマでもものが壊されるシーンは悲しいですね。
いい大人が、力はもっと他に使えといいたい。

物を壊す奴は同情できませんよ。
物だけで済まないと、人にも当り散らします。

たいてい、自分より弱いと踏んだ相手にだけ暴力は出しますね。
しかも、閉鎖的な空間で。

卑怯な根性なしのすることだと思います。
相手がクマだったら、しないはずです。

セキュリティを考えると一家に一台、SPロボットが欲しいな。
そういう時代が来るかとふくろうは期待しています。
ロボット込みの自立して暮らせる高齢者のためのシステムが作られたらいいです。

家ごと、空を飛んだりして移動できるとか、もいいなあ。

一方、慌てたテムはパクハちゃんを呼び出します。

パクハちゃん、簡単にテムを信じちゃダメなのに、
とうとう、拉致されてしまいます。
車には簡単にのっちゃいけません。

完璧な人はいません。スキを突かれるとさすがのパクハちゃんも弱いです。

このあたりから世子が活躍しますね。
世子はパクハちゃんを救うことができるのでしょうか。

ところで世子のめがね、よく似会います。素敵です。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket

屋根部屋のプリンス 第15話 転生

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『屋根部屋のプリンス 第15話』「パクハの前世」でございます。

やっと、
世子はパクハちゃんがプヨンであったことに気が付きました。

転生について、わかりやすく何か説明とかあったらふくろうはすごくうれしいですね。
わかっているようで、わかっていないものですから。
このドラマを見る方のほとんどは、暗黙の了解になっているのかもしれませんね。
世子は二人きりで花火大会に行きたいものだから
3人組に用事をいいつけます。これが笑えます。
世子の考えることは、おおらかというか、単純というか、
わかりやすいですね。

でも後でばれます。マンボはかしこいですからね。
命じる世子も世子ですが、
無理難題もやり遂げてしまうこの人たちもすごいです。
手を抜きませんね。えらい。

<Sponsered Link>




さてセナは芝居のつもりでもチャン会長には、
自分の娘が嘘をつくのを見ていることになります。
哀れですね。
セナは今までこういうやり方で生きてきたんですね、
自分より年長者を簡単にだませると思っています。

こういう身の程知らずに育ったのは、自分のせいだと
チャン会長は思います。親なら悲しいでしょうね。

セナとテムの思惑通りに事は運びません。
チャン会長はパクハちゃんを秘書にしてしまいます。

テムを代表理事に選んでほしいと何度も何度も
チャン会長に言うセナです。
明らかにやりすぎですよね。
チャン会長はそういう策略にはひっかかりません。
おかしいと思い続けて悩みます。

なので、テヨンにチャン会長は投票します。

セナとテムは世間をなめまくっていますからね。
なんでも思うようになることはないと学ばねばなりません。

セナはマノク母さんを大切にしないので
パクハちゃんはおこります。
そうですね。誰か一人くらいマノク母さんのために
怒ってあげてほしい。

苦労してセナを育てたのに、大切にされません。
こういう部分、ふくろうも、親としてじわっときますね。
<Sponsered Link>



ところで、今回突然世子の姿が消えそうになります。
これは面白いですね。
ここにはこのお話の魔法のルールがあって
これからの展開が楽しみです。

別れが近いという暗示でしょうか。
パクハちゃんは泣きそうになります。
視界から消えていく、いったいどこに行くのでしょうね。

テクスさんには偽物と見抜かれてしまいますが、
本物のテヨンの消息も分かります。
実は生きています。

テムは会社を乗っ取りたいのですね。
ここからは世子たちはテクスさんとの共同戦線を張ります。
いいですね。頼りになります。

テクス役の俳優さんは、ふくろう大好きでございます。
愉快な役が多いですね。ほかのドラマでも、面白いです。

パクハちゃんの前から4人は姿を消してしまい、
朝鮮王朝に戻ったのだと思ってパクハちゃんは悲しみます。

ひやひやモノでしたが動けない本物のテヨンと
世子がうまく入れ替わり、
テムの病院からのライブ放送が意外な展開になっていきます。
ふくろうとしてはスカッといたしました。

それにしても300年前に起こったことが
また現代でも起こるんでしょうか。
世子たちがパクハちゃんの家にやって来た理由を
世子は考えさせられるんでしょうね。
しかし、こういうことが起こるのは誰の意志でしょうか。

世子は本当のことを知らなければならないんでしょう。
それができるまでは、
こういう修行がかけられるのかな。
きっと意味があるはずです。

ミッションをやり終えろという天の意志なのか。
やり残したことなのかもしれませんね。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket