カテゴリー:小説・文学の記事一覧

本や映画を旅するふくろうの日記帳

カテゴリー:小説・文学

女たちの海峡 平岩弓枝

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は、平岩弓枝作『女たちの海峡』でございます。

昔テレビで音羽信子さんがローザ役だったのをかすかに覚えています。
平岩さんの作品にはいつも外国が出てきます。

文章から想像できる範囲で、素敵な風景や出来事がたくさん描かれていますね。

何十年か前に読んだこの作品を今再び読みたくなって手に取りました。

年齢のせいか、読め方が以前と違いますね。

経験が宝だというのがわかる気がします。
<Sponsered Link>



どこが違うのかと比較してみました。
年を取ってから、わかる気持ちが増えたからではないかと思います。

いろんな人の気持になれるからでしょうね。

そういう意味では若い頃よりも描かれるシーンを思い浮かべやすいということかな。
平たく言えば理解ができることが増えて、同じ作品を読む際にイメージできることが多くなるからでしょうか。

山本陽子さんも大好きでしたね。この方は平岩作品にはぴったりでした。

華道が描かれる部分も美しいです。和服もそうですね。

外国に関係のある作品ですが、フラメンコのシーンが好きでした。

ローザの衣装が黒一色で描かれるフラメンコの踊りが美しく立ち上がってきます。

聞こえてくるというか見えるというか、読み終わった後に印象が一番残りましたね。

何十年前より冷静に読めた気がします。

時間的な余裕の違いかもしれませんね。いや単に時間だけでもないですね。
おなじ本の読後感が違う気がするのも時間が流れているせいなのか。

過去のふくろうは過去のものですね。

今ここまで進化してきたふくろうの立ち位置から見たものが以前と変わっていても当然でしょうね。

主人公の麻子の複雑な生い立ちが気の毒でした。

美しい女性です。
二人の男性から愛されて求婚されますが、麻子の置かれた状況では結論を出すにも

慎重にするしかないのでした。

誰が誰の子供なのか、この点で麻子は苦しみます。

ローザは実の母ですが、子供からしたら、許しがたい気持ちになるでしょう。

自分の子供の父親が誰なのか、そのくらいちゃんとはっきり把握しておいてよねと、
ふくろうも憤りを感じました。

実の娘の麻子からしたら、どう考えたらいいのか、さしあたって、怒りをぶつけるしかないでしょうね。

時を隔てて、子孫に迷惑な所業が影響します。

けじめがつかないとか、情におぼれたとか、誰かに寄りかかりたかったとか、
そりゃあ、人間ならだれでもあるでしょうけど、

責任はとれていません。
<Sponsered Link>



自分の好きなようにみんなを振り回した挙句、勝手に線を引いて、自分の人生の絵を描き続けるローザでございます。

ふくろうは哲郎の恋を応援したかったから、ローザのおばさんに腹が立ちましたね。

先延ばしし続けた、しかもすでに間に合わないことを、ローザが気になって見に来たわけですね。

子どもを育て、子供とともに暮らすことを選ばなかったローザの中に、麻子への愛が少しでも残っていたということでしょうか。

そもそもローザは何をするために日本に戻ったのでしたかね。

ひとめ我が子の成長した姿を見たかった、これはわかります。

麻子が父親がおなじ哲郎と恋をしたら悲劇であることを案じてはいたのでしょう。

知らなかったとしても、先で事実がわかった時にみんなが傷つきますよね。

遺伝子検査をしてからでないと結婚できません。

麻子に責任があることではありません。

実の母でなくても小夜子の愛情があったからこそ麻子がいい子に育ったのですね。

いい関係の義母ムスなのでした。

ある意味理想です。

小夜子は人が良くて辛抱強い女性です。徳を積んでいると思います。
麻子が大事にするのもわかります。

知之のおじとローザの関係にはついていけませんね。
おじさんが今から青春を取りもどしたいのね、とは思いましたが、
主役じゃないのよ~と言いたかった。

麻子は大人ですが、自分が置かれた状況からどう立ち上がっていくのか。

ラストで、ローザは勝手に幕を下ろし、
麻子の気持ちの整理はまだつきません。

さっさと消えるなら初めから中途半端なかかわり方をするなと言いたかったです。

古代なら父親が同じでも婚姻はあり得たかもしれません。

ふくろうは哲郎君一押しでした。いい息子さんだと思いました。
いずれにしても気になる物語でした。
では。
<Sponsered Link>



Pocket

銀河英雄伝説 黎明編 田中芳樹

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は田中芳樹さんの『銀河英雄伝説 黎明編』でございます。

いやもうじっくりやっと一巻読みました。

楽しかったです。

文章から、主人公たちの姿が浮かび上がります。

イメージを描くのに、宇宙とか戦争とか、なかなか描きにくかったので、
こういう時はアニメがあったなと、一巻読んだ後アニメも見てみました。

誰かが描いた形を楽しませてもらおうと思いました。
<Sponsered Link>



ある意味制約でもあるけれど、
要塞とか基地とか、
銀河系で戦うとか、どういう絵になるのか、一回みてみようと思いました。

それでやっとここに出てくる人物たちがどこに帰って行って、そこでどんな風に生活するのかががわかってきました。

超能力者とか宇宙人とかは出てきません。あえて言うなら登場人物たちがあるいみその宇宙人と呼ばれるのかなと思いました。

舞台は銀河系の宇宙。
戦争と言っても宇宙での戦いです。

酸素はどうなっているのか。科学に弱いふくろうは単純い疑問に思いました。
科学の進歩で何とかなているようなので、あまり考えずに読み進めました。

書物で小説をよみ、アニメになったものを視聴して、自分なりにその世界に行ってみました。

長く続く戦いの中で、人々は疲れています。

同盟軍の提督になったヤンはふくろう一押しの登場人物でございます。
このお話の中では彼が一番好きですね。
駆り出されたヒーローですね。

一方、ラインハルトは姉を救うために軍人になり、その才能を武器に成りあがっていきます。

ものすごくスケ―ルの大きい戦争なので、すぐにはそのすごさがわかりにくかったのですが、アニメとともに何とか理解した次第です。

主人公たちがなぜ立ち上がるのか。
どちら側にもちゃんと理由がございます。

100年以上も続く戦争で、銀河系の人口は確実に減少しているはずでしょう。
だって男性が少なくなって行きますよね。
なのに、いつ終わるのかわからない戦争なのです。

<Sponsered Link>



人生、命について考えました。

こういう未来は来るのかな。

お話の中に、地球でのことも出てまいります。
人類がどこに向かうのか知りたいですね。

現実感が豊かですから、読んでいて本当に楽しかったです。

SFって面白いです。

特にふくろうは田中芳樹さんの作品が大好きですね。

頭の中身が揺り動かされます。

主人公たちのかっこよさもですが、戦争の駆け引きの面白さもございます。

重厚な物語です。

ふくろうには予測不可能なので、先が楽しみです。

アニメを見た後はやるぞーという気分になります。

次の巻やアニメを見るのはこれからですが、時間をかけてこの物語の世界に行って戻ってまた行って見ようと思います。

宇宙船祈って果てしない距離を進む感じがいいなあ。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

県庁おもてなし課 有川 浩

Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は有川浩さんの『県庁おもてなし課』でございます。
県庁にそんな部署があるのかと、以前思いました。
各都道府県によって、そういう、独自の部署があったら面白いですよね。
ネーミングはそれぞれでも、むしろ個性が出せるでしょうね。

<Sponsered Link>



主人公は県庁に努める若者です。
「おもてなし課」発足って、何をやるのでしょうか。
その疑問を持ちながら読み進めていきました。
少なくともふくろうの住む地方では聞いたことがないです。

地方の抱える問題には、ふくろう、とっても興味があります。
固いお話だろうなと思ったのですが、予想と違い
実は大変勉強になる面白いお話でした。

現実感がすごくあって、
読みながら一緒にこのおもてなし課と
考えさせられ、主人公を身近に感じました。

新鮮なストーリーです。
400ページをじっくり考えながら読みました。
間違いなく脳が活性化したと思います。

確かに県庁というところには
我々庶民はあるイメージを持っています。
ふくろうにとってはやはり固めのイメージがありますね。

読み始めてすぐに、ふくろうは思い出したことがありました。
東北が災害に会う前のことなのですが、
福島県の観光課でしたか、
ある祭りのことにつて電話で質問したことがあります。

そこの職員のかたがすごくやさしくて親切だったのと、
送ってもらったパンフレットがきれいだったので
いつかその祭りを見に行ってみたいなと胸を膨らませておりました。

対応がいいと、その県のイメージは確かによくなりますね。
近頃の各県のPRビデオみましたら、
めちゃくちゃ楽しかったですよ。
アイデアも個性もグッとくるものが多かったです。

<Sponsered Link>



この物語は読み始めるとすぐにイメージがスクリーンとなって
目の前で展開される気がしました。
いろんなひとがいてそれぞれの立場や思いがあり、
そして、登場人物たちがそれぞれの立場で、
自分の住む県を愛し、発展させようとします。
建設的なお話ですよね。

現実のそういうことを、具体的にどうやって行くのだろうかと、
ふくろうは興味津々で読み進めました。

苦労しながら主人公の掛水さんが、
真摯に立ち向かう姿に共感します。
この青年好感度が高いですよ。
とにかく素直にできています。

誠実に苦労し続ける若者、いいですよ。
話が進むにつれ掛水青年が成長するのが見て取れるのも
楽しいです。

地道にコツコツやることの大切さがよくわかります。
やる気をもって変わっていく「おもてなし課」
がいい感じです。

この人たちの本気が、何をどう変えていったのか、
読み応えがあります。

何より故郷への愛があふれています。
何かを生み出すことは、感動しますね。
ふくろうも何であれ何かを生み出す人生でありたいと願っています。

登場人物たちがひとりひとり魅力的で、
新鮮です。
実在の人物かと思うほど存在感があります。
みんな大好きになってしまいました。

大切な人のために、大切なもののために
人は変われると思います。

このお話の世界に行くと、ふくろう元気になれました。
生きていく勇気をもらえましたね。

希望を感じる楽しい小説です。

では。

<Sponsered Link>



Pocket

心霊探偵八雲10 魂の道標 神永学

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『心霊探偵八雲 10 魂の道標』でございます。

いよいよ八雲の10巻目、ふくろうも首を長くして待っておりました。
八雲まだまだ大学生でございます。
会えない間は、元気に食べているだろうかとか、心配しておりましたよ。

<Sponsered Link>



さて後藤刑事は、懲戒免職となった後、心霊事件専門の探偵事務所を始めました。

ここはベロニカ・マーズのヴェロニカのパパと似た状況ですね。
自分が意図したわけではないのに、人生はままならないものですね。
しかし、生きてかなくてはなりません。

家族を養いましょう。

転職ということになると刑事だった後藤さんの経験が生きるのは探偵家業でしょうね。
今までの経験が無駄にならず、これからの仕事にも断然有利に働きます。

ただ、後藤さん自身は心霊関係の事件に遭遇させられていますが、心霊に対して何かできる、またできたという経験はないのです。
そんなことでこの商売やっていけるのか。

心霊をあくまでメインに、世の中に謎の解けない事件は結構ありますよね。
そういった普通誰も受け付けないような事件を引き受けるところといったほうが、顧客が集まりそうですね。

心霊専門のパートナーが必要です。八雲しかいませんよね。
しかし、八雲は積極的に参加したいわけではないのです。
実際、自分の人生だけでも大変重いんです。
しかもボランティアが今までほとんどでした。

他人のことをどうこうするなんて眼中にないかもしれません。
ビジネスパートナーとしてすんなりと働くのは無理ですね。

ところで、今回八雲には異変が起こります。
備わっていたと思った力が働かないのです。
医学で何とかなるかどうか、わかりません。
普段より一層事件解決に協力することはできませんね。

八雲自身のことを最優先に考えれば周りがせかすのはいけませんね。
もともと八雲は自由であるはずですから。

この青年の生い立ちを考えると、様々なトラウマがあって不思議ではないと思います。
ふくろうは現在不安障害を抱えています。
しかし、八雲みたいな若いころには、八雲のようなハードな人生はなかったです。逆境にはいたけれど、これほどではなかった、という意味です。

若ころから厳しい人生の八雲は大丈夫なんだろうかと、ふくろうは心配です。

後藤さんが多分そういう部分も全部見てきたのかなと思います。
物語ではたくさん描かれてはいませんが、
現実として、八雲が自分の困難な状況をどうしてきたのか。
乗り越えたのだとふくろうは思いたいですね。

<Sponsered Link>



今回八雲の唯一の肉親の奈緒にも魔の手がせまります。
心も体も傷を負った八雲ですが、動かざるをえません。
八雲、主人公ですからね、この青年が動かないと話も始まらないですね。
黒幕はもしかしたらとふくろうも思っています。

七瀬美雪も出てまいります。
この人に関してはいつも肝心なところで逃げられています。
怖い人です。

しかし、なぜいつもこの女性には逃げられてしまうのか、この点がふくろうには疑問ですけどね。
次から次から起こる出来事が濃すぎて、対処に追われるうちに、レシーブする手が足りなくなってしまうのかもしれません。

八雲が自分の存在価値に言及しているところがあります。
一人ぼっちの子供が、自分に自信を無くしているイメージが出てきます。

周囲は八雲に気を使いますが、この状態の特効薬は晴香しかいませんね。
のちに晴香のことを八雲は自分の道しるべだと告げています。

八雲に好意を持つ晴香は八雲から好意を表してもらいたいと思っていますね。

普通の恋愛ドラマを期待するのは無理ですから、晴香としてもどうしたらいいのか迷います。
独り相撲に見えるのは悲しいと思います。

八雲はもしかしたら、そういうことが言えない症候群を抱えているのかな。
生い立ちを考えたら何か抱えていてもふくろうは納得しますね。

細かいことはわからないですが、八雲は何か苦しんでいるためになかなかそういうことに積極的になれないのだろうとふくろうは思っています。

予想通り八雲と例の人物との戦いだと分かってきます。
使われる奈緒が可愛そうになります。

ラストで八雲の口からある言葉が出てきます。
ふくろうもそう来るか。と思いました。
八雲よく言った。
対する相手がたじろぐのがわかります。
しんどいだろうけど、正面突破するにはそれが一番かもしれません。

とくにこの世に体を持たない相手だと、何が有効かわかりませんよね。
実在の人間でも、
憎しみ、恨み怒りなどのネガティブなものに立ち向かうには、同じように打ち返してもだめですね。

もっと強烈に打撃を与えるのは、愛ですね。そう思いました。
愛のある言葉が威力を発揮します。それと揺るがない自分の信念ですね。

痛めつけようとして来る輩も、利用しようとする輩も、弱さを暴露しているのです。

ふくろうも過去何度かありましたね。
人間は守りたいものがはっきりしていればアイデアが出やすい気がします。

今回、八雲が出した結論、考え抜いた末ですね。
一件落着に見えますが、まだ火種は残っていそうです。
次巻が気になりますね。
では。

<Sponsered Link>



Pocket