• カテゴリー別アーカイブ 絵本
  • 犬になった王子 君島久子 文 後藤 仁 絵

    Pocket

    こんばんは、ふくろうです。今日は君島久子さんの『犬になった王子』でございます。
    絵は後藤仁さんです。
    この民話は生まれて初めて読みました。
    絵がとってもすてきなので手に取ったのですが、
    素朴で力強い物語です。
    絵本の中からいい風が吹いてきました。

    <Sponsered Link>




    チベットのプラ国の王子、アチョは国を豊かにするために
    山の神リウダのもとに出かけることを決心します。

    王とお妃の引き留めるのも聞かず出かけますが、
    このたびはとてつもなく危険なたびでした。
    家来たちは次々と命を落し、アチョはとうとう一人になってしまいます。
    一人しかいない子供ですよね。
    この王子様は跡継ぎだと思いますが、本来なら温存しておきたいところだと思います。
    しかし、若者の気持ちは一途ですね。

    親の言うことをはいそうですかと聞くだけでも少し寂しいかもしれません。
    アチョ王子、覇気のあるところはほめたいですね。

    でもまだこの物語は序の口です。やっとのことで、
    リウダに会うことができますが、
    アチョが手に入れたいタネは蛇王が持っているのです。
    しかもこのあとの苦難を予言されます。

    先のことがわかっていい点は対策を講じられることです。
    可能であれば。

    なんか命がいくつあっても足りそうにない感じですね。
    厳しい状況で苦難を覚悟でアチョは進みます。
    蛇王の洞穴に忍び込むアチョ、
    やっとのことで大麦のタネを手に入れます。
    大冒険でございますよ。
    無謀ともいえるアチョの冒険ですが、やるしかないことは人生にもままありますね。

    このページのアチョ王子がとても美しく凛々しいお顔です。
    若くて何者をも恐れない勇気があふれている絵です。
    とにかく美しいのでふくろうは見とれておりました。
    この東洋の若者から光が出ています。
    後藤仁さんの絵は本当に美しいですね。
    アチョ王子、いくつくらいでしょうか。まだ十代にも見えますね。

    <Sponsered Link>




    この後もことはそう簡単にはいきません。
    王子は蛇王に金色の犬にかえられてしまいます。
    ワイ~~~~ン。

    犬になったアチョはロウル地方にやってきて山の神の言っていた
    心から愛してくれる娘をさがします。

    この娘、名をゴマンといいます。美しいゴマンは犬とタネをまきます。
    そして秋、娘も嫁に行く季節になりました。

    果物をなげつけられた若者が婿に選ばれる風習です。
    これは初めて知りました。
    さてゴマンの婿になりたい青年は多いようですが、ゴマンは
    果物を犬の胸元に落としてしまいます。

    これでゴマンは笑いものになり親から追い出されます。
    なんでそこまでと思いますよね。
    こうやって家なき子となったゴマンと犬。

    ここで王子は犬になったわけを自らゴマンに語ります。
    犬がいきなりしゃべるんですが、
    二人には揺るがない赤い太い糸があったようですね。

    行く先々でタネをまきながら国に帰っていくなんて
    素敵ですね。
    そのあとをゴマンはおいながら進みます。
    やがてプラ国が見えてまいります。

    犬が現れて王子に変わります。
    苦難の後に訪れる幸せに乾杯ですね。

    心がじわっとふくらむお話です。
    人が一粒の種をどんなに苦労して手に入れてきたか、
    雄大なチベットの物語によみがえります。
    こんな風に
    人の思いが世の中を変えてきたんですね。

    お子様と一緒に味わうのにふさわしい上質の民話だと思います。
    では。

    <Sponsered Link>



    Pocket


  • ねこがおおきくなりすぎた ハンス・トラクスラー作・絵 杉山香織訳

    Pocket

    こんばんは、ふくろうです。
    今日はハンス・トラクスラー作・絵
    『ねこがおおきくなりすぎた』でございます。

    訳は杉山香織さんです。

    この絵本、平凡なようでなかなか面白い絵本でございます。

    絵が楽しい。気持ちを絵にするとこの表紙のような感じにあるんでしょうね。
    新鮮です。
    <Sponsered Link>



    この本に出てくる猫の大きさがどんどん変わっていくのですが、

    そこがとても楽しいんですよ。

    寂しいときに猫なんかがいるときがまぎれますね。
    もらってきた小さな猫が、どんどん大きくなっていく様子が面白いです。

    ただ普通猫なら、だいたい決まったサイズに落ち着くはずですが、
    この猫は非常に大きくなります。
    その後からある理由で、またまたノーマルなサイズへと変身しますよ。

    ふくろう、猫の可愛いところは鳴き声だと思います。
    それとひざの上に乗せるサイズであるのが好ましいですね。

    人にとってちょうどいい大きさに思えます。

     

    実は90歳近い父と住むことになって、何とか我が家に落ち着いてもらうために
    動物好きの父に、ロボット猫を買いました。

    しぐさや鳴き声、いびきに至るまでなかなかいい出来です。
    現に父がすっかりなついて、面白がって日がな一日この猫をかまっています。

    猫が返事をしたと言って喜んでくれ、
    父の心の琴線に触れるものを一つ見つけたと思いました。
    理屈でなく、感性に訴えるのかもしれません。

    手触りは本物に近くて、食料は電池数個。
    我が家にはぴったりの家族になりました。
    ふくろうの弟にこの話をしたらそれはもしかして「ドラえもん?」とか聞いてきました。
    確かドラえもんは未来の猫型ロボットですよね。
    <Sponsered Link>



    父は毎日このロボ猫に話しかけ撫でています。
    動物は触れるのがいいですね。

    セラピーもあるくらいですから、我々が元気になれる存在です。

    年を取らない猫ですけど、認知症の父にはとてもいい家族です。
    お陰で父が笑顔になります。
    何度も何度も猫がニャンとか言ったと話題にしてきます。

    どんな話でも繰り返すのは常ですが、聞かされるふくろうも
    猫の話なら何度繰り返されても苦になりません。不思議ですね。

     

    この絵本のようなご家庭なら、

    広い庭に自由に遊ばせてやれるので本物の猫を飼いたいところです。

    猫って体が柔らかいので抱き心地がいいですね。人間にフィットします。

    実際こんな風に猫が一部屋を占領するほど大きくなったらどうでしょうねえ。
    運動不足にはなるかもしれませんね。

     

    猫の鳴き声が割とハイトーンなほうがふくろうは好みです。
    やさしいハイトーンの猫。
    何かを話している気になりますね。

    この絵本はおおらかで癒される優しさに満ちています。

    では。
    <Sponsered Link>



    Pocket


  • かえってきたクレヨン オリヴァー・ジェファーズ絵 ドリュー・デイウォルト文 中川ひろたか訳

    Pocket

    こんばんは、ふくろうです。
    今日はドリュー・デイウォルトさんの『かえってきたクレヨン』でございます。
    原題は「THE DAY CRAYONS CAME HOME」 

    オリヴァー・ジェファーズさんの絵がとってもかわいいです。
    訳は中川ひろたかさん。
    <Sponsered Link>



    とっても愉快なクレヨンたちのお話です。
    皆さま、子供の頃クレヨンを買ってもらったときの幸せな気持ち、覚えていますか?

    ふくろうもクレヨン大好きでしたね。はっきり言ってきれいに並んだ新品のまま、
    使わずにとっておきたいなといつも思ったものです。

     

    絵をかくのは楽しかった子供の頃、上手ではなかったけれど、癒される時間でした。
    クレヨンでとっても上手に書いていたお友達を横目に、自分なりに胸が膨らみました。
    しあわせだったなと今でも思います。
    ただ、ふくろうはクレヨンのにおいはあまり好きになれませんでした。

    まあね、食べ物じゃないわけですから、この匂いなら食べたくはならないと思いました。
    それから、クレヨンで描いていると手が汚れてきます。

    これもそこそこ我慢してやってました。
    でもね、上手なお友達って、そういうことを全然気にせずに、しっかり手を汚しながら
    名作を仕上げていました。

    そういうところ、今思えば、自分にはなかったですね。
    このお話のクレヨンたちの持ち主は、ダンカンという男の子です。

    ダンカンにあてて旅に出たクレヨンたちからとってもおもしろい絵ハガキが届きます。

    さすがクレヨンですね。なるほど絵葉書なんですね。
    聴覚ではなく視覚ですね。
    <Sponsered Link>



    一本一本、クレヨンの言い分が面白くて笑えます。
    個々のクレヨンの人生やこだわり、ダンカンにあてて言いたいことなどが、
    愉快な文章でつづられています。
    クレヨンだって気持ちがある。
    クレヨンだって人生がある。
    旅行だってしたいときはする。

    ちょっぴりミュージカルのキャッツを思い出しましたね。
    クレヨンにも語らせれば、いろんな思いを聞くことができますね。

    ふくろうも子供の頃、クレヨンを大事にしてたかな。
    迷子になったクレヨンもちゃんと探してクレヨンの箱のお部屋に戻してあげてたな。

     

    絵葉書の絵も写真もすごく楽しいです。
    クレヨンはもはや心の友ですね。

    クレヨンたちが語るお話を、、お子様と一緒にききましょう。
    遊び心満載の絵本です。

     

    これを読んだ後、テレビで、災害に会った子供たちの心のケアをクレヨンで大きな櫻を描くことでやっている場面を見ました。

    クレヨン大活躍ですよね。
    子ふくろうには、描いても水で消せるクレヨンというのも使わせて、
    いらなくなったコタツのテーブルに描かせては消して、描かせておりました。

     

    子どもの味方、クレヨンたち、えらい!

    では。
    <Sponsered Link>



    Pocket