Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第16話』でございます。

一回目の勝負はチェ尚宮の価値になりました。

その理由、ハン尚宮はわかっていると申します。

クミョン、偉かったですね。

民の立場を考えたのですね。

チャングムはよい肉と骨を求めていて遅くなりましたね。

勝ちたい一心で基本を忘れたことが原因ですか。
<Sponsered Link>



チャングムは保母尚宮のお世話役にいかされますよ。

わかりませんね。罰ですか?

ハン尚宮はわかっていて、放っておいた気がしますが。

はやめに指導するとか、やり方はこれでよかったんでしょうか。

チョン尚宮は、大目に見るようにいいますが、ハン尚宮は許せないのでした。

それってこの競合の責任者はハン尚宮のチームはハン尚宮ですよね。

チャングムではございません。

ハン尚宮の怒りが解けない限り、チャングムは居場所がないのですね。

療養中の尚宮のお世話に出かけます。
一方クミョンは、お料理を楽しそうに作っています。
おいしそうですね。

ミン・ジョンホさんに作ってきたみたいです。

チャングムの後任を狙うヨンロたちは、チャングムと同じやり方で試されますが、

ハン尚宮のやり方についていけるものはいませんでした。

このやり方は確かに誰にでもわかりやすいとは言えません。

弟子にとってはなかなか難しいことですね。

そこが見抜けない者には、進みようがございません。

チャングムだからこそできたといえます。

代わりはいないということですね。

チャングムは自分で何とかしてきましたからね。

ヨンセンじゃないけど、そんなチャングムをどうしてよそにいかせたのか、ですよね。

ハン尚宮はどうしちゃったのでしょう。

ところでチャングムが遣わされたお寺には、すでに、トックおじさんもいっていました。

この二人は食べることに関する仕事で結びついていますね。

尚宮は弱っていました。

そして、幼いころに兄に食べさせてもらったコメが食べたいというのでした。

尚宮は悲しい思い出があるのですね。

こんな謎解きみたいな仕事はチャングムにうってつけかもしれません。

でも、チャングムはやる気が出ませんでした。
納得ができていないということですね。

ここはやはりわかるようにもしくは、心が納得するように言い聞かせる必要がございますよ。

<Sponsered Link>



立ち直れないチャングムをトックおじさんは
海に連れていきました。

海を見るのは初めてですねチャングム。

この、チャングムが浜辺で海を楽しそうに踊るようにはしゃぐシーンが大好きです。

生命の喜びを感じているようで、素敵です。

そこには、ミンジョンホ武官もいました。

おじさん、飲みすぎたけど、しあわせに酔って眠ったようです。

ジョンホに両親のことを聞かれて、チャングムは初めて親の話をします。

やばいですね。これ他の人に知られたら、ただでは済まないかもです。

ジョンホは黙っていてくれそうですが。

いつも明るいチャングムにも、悲しい歴史があるのです。

話すのはつらいですね。自分のせいで亡くなったのですから。

実は汚職についてジョンホは調べているようです。

怪しい一団に囲まれますが、切り抜けます。
強いですね。

ここでチャングムはおいしい料理に出会います。
そしてオルゲ米にたどり着きます。
尚宮のいうコメは用意できるのでしょうか。

みんなの協力で尚宮は喜んで泣き出しました。

願いがかなったのですね。

よかったわあ。

チャングムは料理に込められた真心をわかったようでした。
人に勝つ努力だったのだと。
小細工だったと気が付きます。

最短距離を見出すことはできても、それでは人を感動させることはできません。

さて2回目の競合が始まります。
クミョンは、ジョンホとチャングムが仲がいいのを知ったようですね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket