Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第18話』でございます。

人間の人生は本当に山あり谷ありですね。

疫病騒ぎを利用して、チョン尚宮は疑わしいとして、宮中から出されてしまいます。

チェ尚宮たちの企みですね。

ヨンセンはおかしいというのですが、チェ尚宮たちはなかなか悪事のタイミングを逃しませんね。

人を嘘で陥れる、そんな一族なんですね。
チェ一族は。

料理にかかわるものでありながら、人の口にも心にも毒をなみなみと注ぐのです。
<Sponsered Link>



善人が損している感じですね。

正義を行おうとする人はつらくて厳しいようですが、悪事を行うチェ尚宮はためらわずに思うようにやっています。

誰も咎めない上に悪人たちのネットワークが発達していて、うまくチェ尚宮は泳いでいます。

さらにクミョンはその賢い頭脳を、一族の悪事に使うのでした。

ジョンホがチャングムに親切なことをねたんでいますね。

愛される立場から遠くなっていきますよ。

悪の一族も、みんなで力を合わせて目標に向かっていくのですね。

金、物、名誉や地位、それらを思うように動かそうとします。

とにかく、チョン尚宮をやめさせてチェ尚宮を最高尚宮にしたいわけですね。

大妃様に取り入ろうとします。

ですが決めるのは後回しにして、チェ尚宮を代行とします。

水刺間は驚きに包まれます。

チェ尚宮は明の使節を歓迎する仕事をハン尚宮とチャングムに指示します。

太平館に言ったチャングムとハン尚宮は、明の使節が糖尿病だとしって、体のためを思うメニューをだしますが、明の使節は、機嫌を悪くします。

ハン尚宮は退かされ、嘆願するチャングムに使節は厳しい条件を出し、チャングムに食事を作らせます。

5日間食べ続けて体調がよくならなかったら、チャングムは罪に問われます。

事の次第を聞いたチェ尚宮とクミョンは,使節に御馳走を出すように太平館に出向きます。

チャングムは、罰せられると思ったのですが、
ハン尚宮の意志通りに、使節の健康が良くなって、感謝されます。

やりましたね。
普通の人間なら感謝します。
遠い国の見知らぬ料理人が自分の身を案じて食事を作ってくれるなんて、感動ですよ。
<Sponsered Link>



この物語を見続けて、ふくろうは。山野草に興味が出てまいりました。

おじさんやチャングムが山に入ってほって探していましたね。
あのシーンがとても好きです。

自然から人間が受け取るものは、多いですね。

昔の野山と現在の野山に生えている植物の栄養価は同じでしょうか。
そこはふくろうは気になります。
空気も水も、地球の自然のなにもかも、変わっているのかもしれません。

チャングムの時代は、薬草も、食べる植物も、何だかよくききそうな気がします。
食べてもその栄養価で病気も防げるとドラマの中でチャングムたちが言うように栄養分が濃い気がします。

本当ところはよくわかりませんが。

一方ハン尚宮に頼まれてトックおじさんは、チョン尚宮の様子を見に行きます。
そして手紙を預かってきます。
チョン尚宮はあの秘伝の書を持ち出していました。

当然のことですね。

チャングムは決して人前では愚痴を言いません。
けれども、今回のことは、チャングムも不安が募っています。

ハン尚宮はチョン尚宮が疫病ではないのに宮中を追い出されてしまったこと許せないといいました。

誰がどうやったのか、たぶん見当がついていますよ。

ただわかっていても、その相手を成敗することがかないません。

今すぐには無理かもしれません。

とにかく、チョン尚宮にもどって来てほしいですね。

このドラマで見る明と朝鮮の関係は明に従属する感じですね。

チャングムの処分を明の使節に伺いをたてていました。

王様が気の毒になったふくろうです。

それにしてもチャングムの前には次々と難関が用意されています。

いつだって命がけ。

勝負するしかないですね。真心を込めて戦うしかございません。

道が開けるといいですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket