Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第27話』でございます。

さて、悪人の描いたシナリオで、チャングムたちは捕らわれの身に。

金の力で動くものがたくさんいますね。

内禁衛の長官が仕切ることになります。うまくいくといいと思ったのですが、

なにがあっても、悪の黒幕たちは次々と手を打ってきます。

法の網の目をくぐることに慣れておりますね。
<Sponsered Link>



しかも、一族の息のかかった宮中の中にいるものも、すべて団結しているかの如く、見事なチームプレイに見えます。

ハン尚宮はチャングムと二人で、もう一度アヒル料理を作ることになります。

それで料理が大丈夫だということがわかればいいのです。

ところが、悪のシナリオのほうが上手なのでした。

誰に試食をさせるのか、ですね。

何と綿密な計画でしょうか。

下働きのホンを利用しています。

ホンは高熱で倒れてしまいます。

用意周到な悪人たちは、ジョンホの部下、アヒル商人、ハン尚宮、チャングムたちを拷問で痛めつけようとします。

口を割るものが出てきます。

悪人たちの思うつぼですね。
ハン尚宮はチャングムだけでも助けようとしますが、、状況は悪くなるばかりです。

打ちひしがれるハン尚宮に、チェ尚宮は毒を吐きますね。

わがままを通したいがための悪事、うまくいかなければ全部人のせいにします。
もう何様でしょうね。

頼みのジョンホも、なかなか活躍できません。

悪人側が上手ですね。

ホンの病気は作られたものです。
悪人以外は善人でうかつなので、誰も悪のシナリオに気が付きません。

ヨンセンたち助けたくて気をもみますが、どうにもなりません。

一体チャングムたちは死罪になるのでしょうか。

チェ一族の横暴は一気に何とかできる感じではないですね。

もっと味方が多くなって、買収されない証人とかをそろえて、王様の力も必要だと思います。

この王朝でチェ一族のような存在が存続できているのは、王朝自体にそれを許す体質があるからでしょうね。
しかも、心あるものたちはいとも簡単に命を落とす。
<Sponsered Link>



今回、ジョンホも危なくなります。

長官はジョンホを動けなくします。

ジョンホが大切だからです。

この国の主はいったい誰でしょうね。王様ではないのでしょうね。

王様が統治する国というのは違うかもしれません。

表向きはそう見せかけていても、裏で勝手なことをやりたい放題人間がいます。

ジョンホはそういう人物を洗っておりましたね。

悪人のほうが力がございます。

難航しています。

見えないところでは何でもやっています。

王様のために忠実に働く家来はどれくらいいるのでしょうか。

こういう信頼できない家来の中で、寝起きし、食事も食べる。
何だか飼われているだけという気がします。

王様がリーダーシップをとるのは取れるものだけということになりますか。

治安とか法とか、とにかく無法地帯だと思います。

統一感がないです。

重臣のオは、王様に報告したいように報告するでしょう。

王様も、真実に気がついていても、口だけでは、どうにもできませんね。

王様の人生もむなしいなあ。

今のハン尚宮にできることはありません。

チャングムの母のごとく、ただ我が子を守ろうとします。

チェ尚宮の仕業だとわかっていても手が出ません。

チェ尚宮は死んでほしいとハン尚宮に告げます。
悪魔ですね。

ミョンイ、ハン尚宮、二人の頼みはチャングムに生きてもらうこと。

娘を生かしたい、母としてふくろうも同感です。

一緒に死なせるのは悲しすぎます。

やがて。済州島に官婢として送られることになったチャングムとハン尚宮ですが、
舟に乗るまでにハン尚宮はこと切れてしまいます。

母として、娘の背中で生涯を終えるなら、ある意味幸せかもしれません。
前に進み続ける愛しい娘を見ながら、帰らぬ人になります。

今回はもう涙が流れて仕方がなかったです。

見送りに来た親友、こっそり見ていたクミョン、チェ尚宮。

天罰がどうくだるのか、ふくろうは見届けたいと思います。

では。

<Sponsered Link>



Pocket