Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第31話』でございます。

チャングムの新しい目標は医女になて宮廷に戻ることです。
しかし、ウンベク医師は、怒りをもって医術を学ぶことを叱ります。

復讐のために、これは実はチャンドク医女が行おうとしたことでもありました。

いかすことと殺すことを同時に勉強し生かすツボと殺すツボを一緒に覚えたとのことでした。

そして苦しみましたね。
<Sponsered Link>



済州島に来てからチャングムの着物の衿が擦り切れていますね。
何だかチャングムの心情と似ている気がします。

医学を目指して鍼を打つ練習もしますが、失敗をしてはいけないと思いなかなかうまく打てません。

師匠のチャンドクにうって危険な目あわせたのが理由らしいです。

さて敵討ちを一体どうするのか。
難しいところです。

気持はわかります。
ジョンホもチャングムの気持ちを聞くだけです。

倭寇の襲撃に備えてジョンホは留守にしてしまいます。

雪が降っていますね。いいですね。
寒々とした感じが伝わってきます。

首医女も留守にします。

警備が手薄になります。
其処に急患が参ります。おじさんでした。カン・トック。チャングムを訪ねてはるばる済州島までやってきたのですね。

鍼に自信が持てないチャングムでございます。デカいお灸をすえています。

あれ、おじさん、おばさんに子どもができたのに、もう失ったお言っています。

お気の毒ですね。

風の強い夜、チャングムはまた外にでています。

危機管理がどうもいけませんね。

そこに何者かが現れてきます。見たところ倭寇でしょうか。
歴史はよくわかりませんがピンチでございます。

これは避難しかないでしょうね。
日本語が聞こえます。

逃げ遅れたものはつかまっています。

おじさんもチャングムも牢の中でございます。

曲者たちはどうやら医者を捜しているようですね。
おじさんの口は軽いですよ。

ここであなたが言う?
<Sponsered Link>



追い詰められるチャングムでございますよ。

無理難題を暴力で強制するわけですね。

助けてくれない人ばかりですね。

今がチャンスだとしたら、チャングムは感覚を研ぎ澄ませます。

おじさんを救うためにチャングムは開眼したようですね。

しかし、チャングムを連れてここを去るというのですよ。

ジョンホが連絡してきました。

やがてチャングムたちはジョンホたちによって助けられます。

今日もふぶいています。冬のロケは過酷そうですね。
しかし、この済州島のシーンは好きです。

おじさんは手柄話にしています。

調子が良すぎです。

チャングムの人生を象徴するようにふぶいています。

ジョンホの思いがチャングムを包んでいますから、暖かい一コマでしょうね。
幸せな時間です。

支えがあると人生がいい感じになっていきますよ。
おじさんは元気です。

そしてまたまたチャングムは逮捕されます。

今回、鍼がうてないと思い込んでいましたが、思わぬ展開でチャングムは会得しました。

喜ばしいことですが、国の掟がのしかかります。

チャングムが鍼を使って治療したからこそ、
蛇、ムカデ、

みんなが生きていられるのは、チャングムがいたからですよ。

優秀なのは確かです。

チャングムは虫毒による治療法まで習っています。

蛇、ムカデ、ナメクジなどを使って治療ができるなんてすごいですね。

生き物の存在価値を思いました。

なるほど。

<Sponsered Link>



Pocket