Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第15話』でございます。

検査の結果手術は可能です。
しかし、麻酔アレルギーというジウンの体質が危険らしいです。

それでもジウンは決心しましたね。愛でしょうか。
救世主ですよ。
自分が危険だけれども、おじいさんを助けたいとおもったのでしょう。

さてそれを聞いておばちゃまとソウとヒョンミンが
とった行動はご覧の通りです。
このように家族への愛が有り余っていたのですね。
慣れていないだけです。
あまり深刻でないのもいいですよ。
<Sponsered Link>



しかしハウォンに一喝されます。

家族初心者の集まりですかね。
ほほえましいですね、みんなの気持ちが。

特別室ですね、きっとジウンがいるのは。家族みんなで過ごせそうなくらい広いですね。
お金がありますね。

会長夫人、いったい何様でしょうね。
明らかに人が変わったように行動しています。
自分のやりたいように、
会長が眠っている病室で、謀反を企てています。

あなたは会長ではありません。
妻は夫の仕事の変わりはできません。
これは、会議でいわれましたね。

しかもこういう状況での役員招集は
いかにも胡散臭いやり方ですね。

手術の日と役員招集が同じ日なのです。
これはもう意図的にぶつけたのですね。

ここでヒョンミンは不審な動きが目に入ります。
夫の意図が見えています。
おかしいですよね。
ユンソンに会いに行きますよ。

意識のないときに妻によって追い落とされる夫ですね。
解任をここぞとばかりにやる人ってふくろうなら信用できません。

欲しいものは相手が寝ている隙に持って逃げる。
妻ではなかったか。違いますね。

ユンソンともめたヒョンミンは啖呵を切ります。
「俺が守る」と。

会長不在中の後継者問題が勃発です。
会長夫人は、本当にあほですねえ。
ユンソンのお母さんとは思えませんね。
いったいユンソンは敵に回ったのでしょうか。

会長も寝てはいますが
家の中にこういう人物を飼っていたと思うと
寝てる場合じゃないですよ。

身から出た錆でしょうか。

こういうお金に群がるような人ばかり寄ってくるのは、本当に大事な人を
遠ざけることばかりやってきたからですね。

今の今までなかなか見抜けなかったのも、結構自分勝手に自分の子供や孫を扱ってきたからではないでしょうか。

愛情はありますが、愛す家族が大事にする人たちを遠ざけたり排除したりを続けていましたね。

いまだに体質が変わったようには思えません。
だから孤独なのですね。
<Sponsered Link>



危機に孫3人は結束します。
ヒョンミンも行動を起こします。
会長への愛を3人が自覚してきたのですね。
お互い、心強いのを感じたと思いますよ。

手術の日が来ます。それは、総会の日と同じです。
手術が怖くないといえばうそになるとふくろうは思います。
ふくろうはやはり怖かったです。
あまり考えないようにしましたね。
ジウンのような立場ではなかったですけど、
家族がついていてくれたら、
勇気だして臨めると思います。
ハウォンにはジウンにずっとついてあげてほしいです。

ハヌルの3人が守ってくれると思います。
会長は起きてから対処しましょう。一つ一つですね。
夫人の言ったことはヒョンミンにでも、
聞いてもらえばいいでしょう。
決してみんなハウォンを追い出すような子ではないですよね。

ただハウォンは、こだわるでしょうけど。

さてヒョンミンとへジ、二人とも癒されますかね。
癒されるといいな。

やっと理解し合ったでしょうか。
今までのようなことはもうないほうがいいですね。

二人にも幸せになってもらいたいです。

それからへ次の夢をかなえてほしいです。
才能はあると思います。
笑顔が輝くヘジであってほしい。

さて最後の夜」とジウンは言います。
そうですねえ、普通でも不安な状況ですが、実はジウンにはみんなに話していないことがありました。

ふくろうは、なぜ黙っているのかなと心配になります。

ふくろうならみんなに相談くらいはするでしょうね。
だって自分が目が覚めないことだってあるのなら、

おじいさんを助けても、後でおじいさんも悲しい思いをするでしょうからね。

ひょっとして、本当に最後になるかもしれないなら、後悔しないようにしたほうがいいでしょう。
二人きりで過ごす夜でございます。
デートに繰り出す二人です。

気分転換したほうがいいですね。
さきはまだまだながいと思いたいですね。

さてヒョンミンの戦いでございます。
臨時株主総会の日に、若武者ヒョンミンは、
ハヌルを、守れるか。
御曹司やっとやる気になったのですね。

今まで食べさせてもらうだけだと思っていた
ヒョンミンが変わります。
いやいや成長著しいですね。
この状況は危機感がありますからね。

社長の座を狙っているものは山ほどいる。
ユンソンが言っていました。
妻を始めとして、その息子ユンソンまで、狙っているとしたら、
会長は人を見る目がないと思います。

孫を何とかしたいなら、先に自分が変わっていくことが必要だったかもしれません。
この状況になってヒョンミンもソウの、ジウンも、なかなか頼もしいじゃありませんか。
いいこですよ。

孫が遊び人や女たらしなのも遺伝じゃと言えるのかな。

会長自身も発展家だったのでしょうね。

ところでシンデレラのお母さんとお姉さんですが、見事にダメ娘とだめ母をやっていますね。
横着の極みの二人が、この先変わっていくのでしょうか。
お父さんの仕事かな。

何とかしていただきたいですね。
この先お父さんがなくなったら、またハウォンが苦労するかもしれませんよ。

株主総会はどうなったでしょうか。

では。
<Sponsered Link>



Pocket