Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第5話』でございます。

パーティの支度が始まりました。

ハウォンの作戦次は何でしょうね。
カギは「家族」らしいのです。
へジを心配するジウンはどうするんでしょうね。

ヒョンミンとは対決姿勢ですね。

今回はソウがハウォンの気持ちを察して動きます。
これはすごいですね。
全くの他人だったのに、
今までの間に何か化学変化があったみたいです。

誰かのためにパーティの準備をするのは楽しいことですよ。
ユンソンとソウはワクワクしてませんか。
誰かを喜ばすことは自分も幸せになれますよね。

ハヌルの家、史上初のバースデイパーティかな。
<Sponsered Link>



若者二人、対決にハウォンを巻き込む姿勢が迷惑ですね。
バイトのおもちゃの取り合いを何故するのよ。
一触即発のタイミングでしたね。

しかし、サプライズだとばかりにパーティが始まります。
まあもともと、
ハウォンは誰の言いなりにもならないですけどね。

3人3様のリアクションがおかしいな。
でも、家族初の集合写真がとれましたよ。

落ちが良かったです。
今日じゃないけど祝ってくれてうれしいハウォンですね。
ふくろう、ソウ大好きになりそうです。
思い込みや勘違いが人を喜ばせて歴史を変えるのでしょうね。

スキやポカもその人の魅力ですよ。
愛さずにはいられないですね。
人気があるのもうなずけます。

会長、感動でしょうね。
ボーナスも、ハウォンの立場を考えてありましたね。
この時の会長もいい人かなと思いますね。
これはユンソクがひそかにハウォンのことを
考えてくれているからですよ。

何があっても初心忘れずのハウォンがかっこいいです。
一方ハヌルの奥様に取り入ろうとする継母でございます。
こういう相手には奥様のような切り替しがいいですね。

自分が何でも思い通りに人を利用できる、
賢いと錯覚している人には
感謝がないですね。

さてハウォンの大事なお母さんを何とか守れそうですね。
あの誕生日、うれしかったですよね。わかります。
ソウの瑞々しい勘違いがハウォンを幸せにしています。

薔薇を一本ジウンのお母さんにおすそ分けですよ。
ジウンのお母さんも喜ばれたでしょうね。

そして次のミッションは
3人を法事に参加させることになります。
この子らは家族のこういう公式行事には
参加したことがないのです。

会長も絶望的になるミッションです。
ハウォンはドルフィンキックで泳ぐジウンに、
三角関係を聞きただします。

賢いハウォンは知恵を絞ります。
シャワー室のシーンはきれいです。
「本気」だとなぜまたジウンはハウォンにつげるのか。
へジの味方をするためですかね。

ソウは隠し子として生きていたんですね。
何かわかる気もします。
ソウには素直さがありますね。
ヒョンミンは母親との折り合いが非常に悪いです。
そのわけもおいおいわかってきます。
ヒョンミンが怒るのは当然だと思えるふくろうです。

さて、法事に3人は初参加するでしょうか。
ハウォン、これは大事業ですよ。
突破口がどこにあるのか知りたいハウォンは
あくせくと3人に話しかけます。
正面から行きますね。

ハウォンの言葉がきっと化学反応を導き出しますよ。

ヒョンミンのお母さんに見下されながらも
善意で行動するハウォンでございました。
どうみても感じの悪いおばさんです。
善意は通じません。

ふくろうもこういう親がいたら、ショックですね。

ハウォン、ファイティン!

ハウォンはヒョンミンの逆鱗に触れてしまいます。
ハウォンは恋愛禁止を守っています。
友人として友人のお母さんを手伝ったつもりということです。
家族に対する考えはそれぞれ違うと思います。

言い争ううちにヒョンミンの本音が出ます。
「友達じゃあない」それが本音でしょうね。
もともと接点はないのだし。
じゃあ利用する関係なのに、余計なことをするなといいたいのね。
冷静に説明すればいいのにできないんですね。

傷つくでしょうね、ハウォンは。
<Sponsered Link>



ハウォンは、会長ともヒョンミンとも雇用関係です。
情が深いハウォンはついつい動いてしまうんですよ。
友達だとは思われていなかったのね。

一人でうっぷんを晴らすハウォンに
ジウンは針治療をしてくれます。
唐突に親切にされると戸惑いますね。
お陰で胃もたれがなおります。ジウンすごいなあ。

ジウンは本当はやさしいのね。
二人はお母さんの話、お父さんの話をします。
本当のお父さんに会いたいとハウォンは言います。
二人でコンビニで食べていますね。楽しそう。
ジャストなタイミングで法事の話をするハウォンです。

ハウォンならではの言葉が出ます。
家族で寂しい思いをしているのは同じですよね。
しっかり者のハウォンも泣きたいことがあります。
結構気の置けない関係の二人ですね。
いびきもかけるハウォンです。
普通の友達にはなれそうです。

車の中で舟をこぐハウォンを見ていると、
安心して眠れる家族のそばを与えてあげたくなります。
望んでもなかなか得られないなら
せめてその代わりになるものにたどり着いたらいいですね。

ところで、ソウとお母さんは仲がいいですね。
自慢の息子ですよね。
ソウはお父さんに曲を書いています。
以前、それをハウォンがコメントしましたよね。

一方、ハウォンに怒鳴ってしまったヒョンミンは、
かまってほしいんですね。
ここでもまたハウォンの言葉が心に残ります。
今回ハウォンはコツコツと3人の心のドアを
やさしくノックしましたね。
等身大の自然体のハウォンから出る言葉にふくろうは
胸が詰まります。

本物として生きているハウォンの言葉を
3人それぞれが受け止めたでしょうか。

みんな傷を持っています。で
もわかってくれる友達が一人でもいたら、
人生、やっていけそうですよね。

3人の父親の法事の日、ハウォンはお寺で待っています。
法事の料理を手伝っていましたね。
ハウォンの気持ち、伝わるでしょうか。

今回は会長の寂しさがよくわかりますね。
家族写真が初めてだと言いましたね。

ふくろうも、家族写真、とれなかったなあ。
もちろん、できなかった理由があるのですが。

人生には自分一人の力ではどうにもならない時期があるのです。

会長、写真を喜んでいましたね。

法事のほうはまだ誰も来ていませんね。
ミッション失敗でしょうか。

失敗したら、ハウォンの進退に変わるのですよね。
このお仕事は。
ふくろうはハウォンの仕事に取り組む姿勢が好きです。

ハヌルの家に投げられた石だと思いますよ。

波紋が広がっていきます。

ジウンが今回からいやにかっこよく見え始めました。
ジウンの気持ちの変化がじわじわと見えてきました。

3人の若者のハウォンに対する考えが好意的なものになっています。

ハウォン、しっかり育っていますね。
なかなかの人物ですね。

まずしく、家庭的にも暖かさに恵まれず、
必死で生きている人に、リスペクトし、学ぶのでしょうね。

人の心を動かすハウォンですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket