Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第8話』でございます。

ヒョンミンをどう連れ出すか、ハウォンのお手並み拝見です。
これも孫子の兵法ですかね。

打たれ弱かったヒョンミンは睡眠負債を解消するつもりなのか、
眠れる貴公子となっています。

そしてある朝王子様が目覚めると、そこは飛行機の中でした。
特別機ですね。

こういう子はこれに限りますね。
空の上なので諦めてもらいましょう。
とりあえずパニくって慌てておりましたね。

世界的にさらし者になり、
挙句誘拐もされましたからね。ばてたかな。
<Sponsered Link>



やがて騙されたことに気が付いたソウが
ぶつぶついいますが、
プラス思考で諦めもはやいですね。
いい性格です。

しかし、合宿のつもりのハウォンと
集団行動に向かないほかのメンバーは
ばらばらで過ごすことになります。

こういうのは初めてのハウォンは楽しみたいのに。

でも、ここまで来ただけでもいいじゃないですか。
ハウォンには達成感がなくても、
ふくろうから見たらすごい速さだと思いますね。

今まで動かなかったモアイ像を、たたせて動かしたって感じです。
ハウォンの神通力でございますよ。

ところでへジは幼いころの思い出に浸っています。
この旅行に期待もあるでしょう。
プールでピンチになったへジを
フルスピードで助けるヒョンミンは、
本当はへジを好きなんでしょうね。

そのことを認めないのはどうしてでしょう。謎ですね。
そもそもの間違いはそこだと思うのですが。
そりゃあ、おかしくなりますよ。
自然じゃないですから。
自分をだましているうちに、本当はどうしたいのか、
どうしたらいいのかがわからなくなってくるのかな。

昔のハウォンの思い出のシーンが出てきます。
仲良さそうでしたね。
お母さんはどんな人なのかな。

幸せな子供時代はシンデレラの宝物ですね。
そういう時代がわずかでもあったなら救われます。

ハウォンが馬にニンジンをやっていると
ジウンがやってきます。
一人で過ごすしかないハウォンを乗馬に誘います。
二人の乗馬シーンがとても素敵です。
癒されました。
いやあ、お馬さんにのんびりと王子様と一緒にのれるのはとても幸せですよ。

このシーンで、昔、
ふくろうもどこやらの子供の国に行ったのを
思い出しました。
子ふくろうたちがてんでに動物たちとかかわって
幸せな時間が流れていました。
夏だったから暑かったけど、おいしい牛乳も飲めたし、
アスレチックもあったので、
ターザンロープに子ふくろうと挑戦しました。
楽しかった思い出です。
思い出があるのは助かります。

ジウンとハウォン、失くしものを一緒に探す二人の距離は近づきますね。
風が流れる草原でのシーンも素敵です。
結局ジウンが一番ハウォンの事情を分かっているかな。
二人だけの秘密の時間ですね。
これはデートでは?

一方ソウは事実を知って怒ろうと思ったところに
ユンソンからおしごとを振られます。
そしてジャヨンからハウォンの情報をききだします。
壮絶な人生を聞いて怒りを感じます。

シンデレラの母も元気に暗躍していますね。
自ら仕事を作っています。
ここで出会うヨンジンは
ハウォンのお母さんの知り合いらしいです。

確実でないことでも、よく知らないことでも、
シンデレラの母は、
自分のやりたいようにかき回していきますね。
<Sponsered Link>



この先の伏線が少し見えてきます。
ハウォンには、ふくろうは自分の幸せを後回しにせずに
自分の番もちゃんと入れて生きてほしいと思います。

それにしても、
へジに相変わらずヒョンミンは冷たいですね。
ヒョンミンは本当の分けを言いません。
ジウンも入れて三角関係でしょうか。

さて会長の健康問題が出てきますね。
後継者が決まっていないのも、もめそうです。
時間の猶予はあまりないかもしれません。
会長の新婚の奥様も何となく得体が知れない気がします。

シンデレラのお母さんは、
お仕事上の守秘義務は守りませんね。
自分に利用する一方です。
ハヌルの奥様にはあまり相手にされませんでしたね。

ところで今回、
お酒と牛乳を間違えて飲んだハウォンは
すっかり愉快になってしまいます。
見てわからなくても、飲んだらわかるでしょうに。

酔っぱらってお堅いユンソンに絡んでいます。
怖い文無しはもともとですが、最強になってしまいます。
でも、愉快なコンビです。
ユンソンも変わってきています。
みんな前より明るくなりましたよね。
普通に若者らしいです。

ジャンパーをそろえたハウォンの気持ち、
可愛くなりますね。
さらにユンソンも素の姿を見せてくれます。
硬派ですがお酒が弱いんですね。

みんなで盛り上がりそうなそうでないような
ゲームをしています。
いいたいことをガンガンいっているハウォンです。
ヒョンミンにもズバッといえる女の子って
ハウォンだけでしょう。

それからソウもどうやら恋をしているらしいのですが、
ファンにとっては「みんなの彼氏」なので、
こちらも恋愛禁止だそうです。
この時ソウが書いている詩がとても素敵です。
実はこの詩の副題はハウォンへでしたかね。
ソウがハウォンに恋をしているのはみていてわかりますもん。

ソウは素敵ですね。

いい声です。

今まで生活に追われてきたハウォンは
恋愛どころではなかったはずですね。
貧しくても一人で武者修行してきたのでしょうね。
ハウォンは安心して酔える場所、見つけたかな。

この集団も若者の集団らしくなってまいりました。
ユンソンはリラックスして寝てしまいます。

ギャップが素敵です。

会長もきっと、ユンソンに楽しんでもらいたかったのでしょう。

ラストは
ハウォンとジウンの急接近でしたね。

いい感じのカップルだと思います。

ハウォンにもやっと恋の季節が訪れたのですよ。

では。
<Sponsered Link>



Pocket