Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンイ~信義~ vol.12』でございます。

手帳の秘密、とけたのでしょうか。
解くといったって、ウンスがどうにかするしかないようです。
どうもはっきりしませんね。
ヨンは天界では有名人だとウンスが話しています。
それを聞いたヨンはどう思ったかな。
ウンスがくれた花を薬の瓶に入れておいたヨンの気持ちって
皆さんどう思われます?
<Sponsered Link>



ふくろうはヨンは純粋な男性だと思うのですが、
ウンスに特別な思いを抱いていると思います。
ものすごく大事な存在でしょうね。
そばでお守りできるだけで幸せな気持ちになるのではないでしょうか。
思いがあっても、なにをいったらいいか、わからない。

言葉が出てこないくらい深く愛している、とも言えます。

口下手で女性にも無愛想なタイプに描かれています。
この寡黙な武人は、あまり顔に表しませんが、
行動は結構わかりやすいですね。
自分の気持ちにはウソはつけません。
愛する人には正直になるでしょう。

この物語はちゃらちゃらした恋愛ものではありません。
真剣なラブストーリーです。
脱走するヨンとウンスは待ち合せます。
待ちわびたウンスがヨンを見つけて飛びついていきますね。
このシーン可愛くて好きです。素直なウンスの気持ちが出ています。
この時代で頼りになるのはヨンですもんね。
家族にも会えないウンスにとって、一番親しい高麗人なのです。
一番信じられる人です。

揺るがない気持ちに至ることは、素敵なことですね。
人生が豊かな深いものになるでしょうね。

さて悪人が正々堂々なんてありえませんが、
トックン君の策略、陰湿ですね。

いつの時代にも、いけ好かない、さわやかでないタイプがいるものですね。
なぜこんな奴にウンスはみすみすはめられるのか。
ウンスが情に厚いからでしょうか。

正義や愛を貫こうとすると、ついつい、こういう卑怯な輩に利用されたりします。
卑怯な輩ほど、人の弱さにつけ込むのがうまいです。

<Sponsered Link>



ヨンの言った言葉が何だか皮肉に思えます。
「早く謎が解けたらさぞかし早く帰れるでしょうよ」
みたいな感じに聞こえました。
心の中では「帰らないでくれ」って言ってるんでしょうね。

真実ゲームをしているウンスです。
別れが来ると思うだけで寂しくなるでしょうね。
ヨンも正直に答えています。平気だとは言えないと。
切なくなりますね。

しかし、そういう風に言ってもらえるウンスは幸せです。
生まれてきてよかったと、思ったのではないでしょうか。

この時代の人々が大好きになったウンスです。
この人たちとは浅からぬ縁を感じますね。
なにより、ヨンと会えなくなることが悲しいはずです。
ウンスの告白とも取れる発言。
そうですねえ、ヨンにはもう伝えておいたほうがいいでしょう。
なんせ、先が見えないですからね。

この時代と現代との関係がまずどうなっているのか。
誰か説明でもしてほしいです。
ぜーんぶただの偶然とするわけにもいかないでしょう。

では思う時代と場所に行きたいとしたらどういう風にしたら行けるのか。
ただ単にこういう人生だと割り切るとしても、何のためにウンスは今こうなっているのか。
謎は多いです。

このあとウンスが大変なことになります。
大切な人を守るためにヨンは王と対立してしまいます。
大切な人が天に召されると思えば、
何だってできますよね。愛の深さがわかる瞬間です。いいですねえ。

こんな複雑な状況をヨンはどう乗り切っていくのでしょうか。
愛する相手とは複雑な事情でつながっている関係です。

戦うヨンの姿がとても美しいです。

ではまた。
<Sponsered Link>



Pocket