Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『シンイ~信義~ vol.14』でございます。

謎を含んだまま物語は進行中ですね。
依然として、ふくろうには、わかる部分とそうでない部分がわかれています。

世界観の全体を俯瞰してみたらどういうことになっているのか。
どうしてもかすむ部分があって見えません。
自分で推測しながら考えています。
<Sponsered Link>



今思うことは、自分という人間は、一人だけしか存在しないのか。
まあ、あまり深く考えるとしんどくなるので、自分的には適当に
自分なりに納得できれば、良しとしていたりします。

これはそういう物語なのだと思えばいいわけです。

ウンスは自分あてに書かれた手紙の後半を知りたいのです。
なぜなのか。どうやらこれから先おこることが書かれている模様。
何者かがウンスに頼み事をしているかと思われます。
この手紙があとで、ヨンの命を救うことになるのです。

お花と戯れる王妃様が少女のようで愛らしいです。
恋する乙女ですね。
つかの間、安全なところで一息つかれたのでしょうか。

さてウンスとヨンは、キチョルとともにトックン君のもとに向かいます。
毒を飲まされてもトックン君は、しぶとく駆け引きをしてきます。
筋金入りのいやなやつですね。

今までくれていた解毒剤は偽物でした。
初めから約束など守るつもりはなかったのです。
悪人が約束を守るとは思えませんけどね。

一方王様は面白いことをなさっています。
民の声を聴いていますね。重臣たちも動き出しました。
やがてヨンは閉じ込められて、命が危なくなります。

それを救ったのはウンスです。
救うためにはトックン君と祝言を上げることになります。
納得できないヨンは、怒ります。
<Sponsered Link>



まずは生きていないとね。
生きてれば機会をうかがいまた何とかできるかもしれませんから。
二人とも残された日を二人でともに過ごしたいと思っているのです。

それにしても腹黒いやつらを相手に、ウンスの行動は
軽率な気もします。
無鉄砲はあなたよ。チェ尚宮もそう思ったことでしょう。
ウンスの神経だけは時々ずぼらな気もしますね。
黒い輩にウンスの論理は通用しません。

手紙を書いた人物とウンスの関係もまだ見えません。
ここなんですね。ふくろうが困るのは。

もし、ウンスがウンスに書いたなら、二人は同一人物なのか否か。
同一人物なら、この人物は時代を旅する人だったんでしょうか。
しかし、その人物の足跡をたどることが今のウンスやヨンの助けになるなら
同一人物の可能性もあるかな。

もうどんどんややこしくなるばかりです。
誰か物語の中で責任者が現れて視聴者に説明してほしいとふくろうは思っています。
ふくろうのような視聴者もいますから。

さて王の玉璽もあたらしくなり、ヨンも復職します。
回想のなかのヨンのソフトな笑顔はいいですね。

王様はいよいよ、トックン君を玉座から引き下ろす作戦を開始します。

毎回王様のお召し物を見るのは楽しみになっていますよ。
ふくろうにとってはファッションショーですね。
さらに今回のウンスも同様です。
天女のファッションですね。きれいです。

ヨンの本心が今回は聞けます。
そして謎の手紙に書かれているのは、
ヨンのことだとウンスはいいます。
どうしてそうなのか。なぜそうだと言えるのか。

この謎、早く知りたいですね。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket