Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンイ~信義~ vol.16』でございます。

ウンスが帰れるチャンスまで、あとわずかです。
元の役人はウンスの公開処刑を望んでいます。
実はトックン君はウンスに逃げるよう言っています。
<Sponsered Link>



ヨンとウンスの逃避行が始まります。
ウンスを治療するためには天界に返すのがいいとヨンは思っています。
二人だけの大切な大切な時間でしょうね。

高麗は元から見れば属国扱いですね。
独立した国として、生きていきたいですよね、誰だって。
力で対抗できないと、話もできません。
政治もきれいごとではできませんね。
王様にとってヨンはやはりほしい部下ですよね。

ところでキチョルの手に異変が起きています。
いったいどうした事でしょう。
まあ、特別な力を持っているので、こういうこともありでしょうかね。
何だか危機感が高まりますね。

さてマッコリを飲んでる場合じゃあないのよ、ウンス。
付け狙われる二人です。
自分の首に賞金がかかってるので、人を見たら敵に見えますね。

歴史ではコンミン王は王妃様をとても愛しておられたようですね。
お二人は仲睦まじかったみたいです。
この吐き気らしいものは、ふくろうにはすぐわかりましたが、
王様は初めてですもんね。

子供が授かること、人生の中でもっともすばらしいことです。
おめでとうございます、王妃様。
無事に生まれるといいですね。

チェ・ヨンも歴史上の人物ですね。
清廉な人物らしいです。
そうであってほしいとふくろうも思います。

このドラマではイ・ミンホさんのかっこいいイメージで
最後まで見る気になりました。
寡黙でクールなところがすごくいいですね。時々見せる笑顔がいい。
飛び切り腕が立つけど、深い目をしていて、頭もいい。
さらに、女性に対しては不器用ですが誠実ですね。
身体能力もずば抜けていたと思うんです。

<Sponsered Link>



心がきれいで誠実な感じがいいですね。
お金とか欲に転ばないタイプとして登場しますが、
実際の将軍も名将だったと思います。
歴史にそういう風に名前が残る人ってすごいですね。

ウンスによれば、「超有名人なの」ということです。

これはSFですが、歴史の中ではこんな駆け引きや命のやり取りが、
日常茶飯事だったんでしょうね。
純情な王妃様は再び命を狙われます。

ところで、伝言をウンスに残したのは、別の道を選んだウンスなのでしょうか。
ほらもうこのあたりでふくろうは思考がスローダウンします。

ひょっとして一人の人物が、時空を超えて、
何かを変えようとしているんでしょうか。
誰か説明してほしい。
もしくは、誰かがわかったことを口に出して呟くとかしていただきたい。
お話のルール、むずかしいです。でも面白いので見ています。

「私は未来のあなた」と言っていましたが。
いったいどういう関係?
目が離せませんね。

ではまた。
<Sponsered Link>



Pocket