Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『シンイ~信義~vol.3』でございます。

時代劇の世界観にはふくろうとても興味がございます。
こういう風に映像で見られるのはとても楽しいですよね。

歴史を踏まえたファンタジーとして、どういうルールが使われているのか。
ふくろうはいつもそこが気になります。
物語を書く人は一つの世界を作るわけですから、
大変なご苦労があるでしょうね。

<Sponsered Link>



見て楽しむふくろうとしては、
好きな物語は何度も見て楽しみたいので、
見るたびに細かい部分とかに新しい発見があったりすると
うれしいですね。

好きなもの、好きなドラマ、好きな本などは
身近に置いて何度でも楽しみたいものですね。

国を作り物語を作る、人間が行うことのうちで、
素晴らしいものの一つだと思います。
想像する。創造する。人生の奥行きが広がりますね。

そういう場合の情報として、歴史の知識などがあると、
より現実感が出て面白いでしょうね。
実在の人物を登場させるのも、非常に楽しいですね。

ところで、いつみても王妃様の装いはステキですね。うっとりします。
それから王様の寝殿もいいなあ。
薬草園もあったんですね。わお。

王様のお召し物の色はゴールド、この色は王様だけが使える
んでしょうね。感じがいいです。

実は王様と王妃様は前にあっているんです。
このエピソードは大切です。
その時は王様は王妃様とは気が付いていないんですね。
ココの伏線はいいですね。王妃様はわかっています。
あとに続きそうですね。

<Sponsered Link>



悪者キチョルは、頭の飾りがどうしても鬼の角に見えてしまう
んです。危ないパックなんかして、ナルシストですよ。
どこまで美しくなりたいのか。
でも悪党だからこそ、小奇麗にしてほしいですよね。
美学は欲しいところです。

この役者さん、ふくろうは結構好きでございます。
面白そうな方ですね。

この世界から自分の世界に帰れないウンスはストレスが
限界です。家のローンもあったらあせりますよね。
わかるわかる。

けれどヨンを治さないと罪悪感から逃れられません。
ウンスはそういうたちですよね。

いつの時代でも政治や国を動かすには人材が必要です。
王様もウンスにいてほしいし、
キチョルはヨンを引き抜きたいと思っています。
なんとかハンティングというやつですかね。

王様にも歯に衣着せないウンスは歴史談義に花を咲かせます。
刺激的な存在でしょうね、当時の人たちにとっては。
ウンスも青磁器や王様の絵がほしいと、ミーハーぶりを発揮します。
有名人と言われて、心なしか王様も嬉しそうにしていてチャーミングですね。、
笑っちゃいました。こういったなごんでいるシーンもいいですね。

ずっと前の時代の人に出会ったら、どんな気持ちになるだろうかと、
ふくろうは考えました。
先祖のおじいちゃんとかが頑張って生きているところを見ることができたら、
間違いなく泣くと思います。

取り巻く状況は現代ほど便利ではないかもしれませんが、
まとっているものを取り去ったら、人は見な同じだという気がします。

天界の医者は予言する、そう高麗の人々は考えます。
ウンスが珍重されるのも、先の時代のことを知っているからですね。
高麗の人々は先の運命を知ったほうがいいのでしょうか。
そのところ、神様はどういう風にお考えでしょうか。
ヨンはウンスのことをいつも「あの方」と呼びますね。
呼び捨てにしたことがないです。
言葉は少ないですがヨンの気持ちは、驚きもあるし、責任も自分が引き受けるつもりだと思いました。

そして家臣の死の謎にヨンはせまりますよ。
この謎解きからも目が離せません。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket